FC2ブログ

お値段以上の ・・・

新居計画の最後の難関がカーテン類です。そもそも土地・建物・外構・諸費用は必死で計画を立ててローンを組みますが、素人計画では、たいていの場合その中にカーテン類は入ってません。
そして、入居直前になって検討をし始め、見積金額を見て青くなる事になります。漫然と選んでたら、軽く100万円を超えたりしますから・・・(^_^;)
我が家の場合、特に細長タイプの上げ下げ窓を多用(20面!!)しているため、更に深刻です。
IMG_5039R.jpg
カーテンにしてもロールスクリーンにしても、最低でも 6,000円する事が分かり、かなり悩みの種となりました。そこで、ふと思いついたのが、TVCMでおなじみの「おねだん以上のニトリ」です。
ダメ元で、奈良南店を覗いてみたら、驚きの連続でした。すべての商品が異常に安いのです。品質も悪くありません。そして、見つかりました。注文通りの品が。
IMG_5038R.jpg
オーダーしたようにぴったりサイズのロールスクリーンが、何と1,490円!! (@_@)
IMG_5030R.jpg
ブラインドに至っては、驚愕の 499円!!!! 造りはしっかりしてるし、見栄えも悪くないです。その場で買い集めて、クルマのトランクに詰め込んで意気揚々と引き揚げた事は云うまでもありません。
ニトリの店に行ったのはこれが最初だったのですが、正に「インテリアのユニクロ」です。
高級品を求める人には向きませんが、デザインや品質を確保した上で、ちゃんとした実用品を驚きの低価格で提供するこの会社が、ファースト・リテイリング(ユニクロ)と並んで小売業の勝ち組となっているのは当然の感があります。
掃き出し窓用のオーダーカーテンや寝室用木製ブラインド等を含め、結局総額10万円以内で済んでしまいました。ニトリさん、ありがと!!

ホントは「イケア」に行きたかったんですが、慢性的な大混雑の情報に嫌気がさして、とりあえずニトリにしたんですが、大正解でした。

エアーウッド万歳 !!!

3月中旬に引っ越しを終え、ようやく落ち着いた生活が戻りましたが、無理してエアーウッドにした最大の目的のひとつであった、期待の防音性能は、まったく申し分ないものです。
今日も家族で(※)夜間に映画「ロード・オブ・ザ・リング」を観ましたが、地響き立てる大音響の戦闘シーンも心おきなく楽しめました。
以前の住居では考えられなかった事です。
夜中に同じ音量を出したら、5軒以上向こうまでの近所中に響き渡って、クレームの嵐間違いなしだからです。
以前に書いた「フーネモデルハウス」以上の性能かもしれません。
この閑静な環境にある戸建て住宅で深夜に堂々と大音響を楽しめるなんて、大げさでなく奇跡的な出来事です。
いろいろと計算外の不満はあるけれど、この点に関しては大大大満足ですわ。(^_^)v

(※)映画に関して、わたしはB級SFや戦争もの・ホラーもの等が好きなので、家族そろって楽しめるなんて、ライブラリの中の 2%程度なのです。そんなわけで、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズは貴重です。

"光"がほしい

我が家はとっくに(1ヶ月前)完成していましたが、「建築日誌」は終了しました。
建築着工当初は、よくある"マイホーム建築日誌"のように、詳細な進捗状況を書き込むつもりだったのですが、けっきょくは気まぐれに時折書いただけになりました。
この事は自分でも意外な結果だったのですが、考えてみると、いくら懇切丁寧に書き込んでも、しょせん自己満足に過ぎないとの思いがあったために、モチベーションが続かなかったのです。
身もフタもない言い方をすれば、ブログそのものが自己満足の産物なのですが、しかし、不特定多数に対する公開日記であるからには、どこかで少しでも他人様の役に立つような部分があるべきという考えから抜けきれません。
そんなわけで、毎日のように順を追って建築日誌を書くという事はしませんでした。そのようなブログは山のようにあり、終の棲家建築の参考にとあちこち見て回りましたが、最初は面白くても途中から急速に関心が薄れていく事の繰り返しでした。
そんな中で最も興味を引かれたのが「失敗談」です。そりゃそうですよね。「こんな風に夢を実現しました」という、他人にとってはまったくどうでも良い自慢話より「何でこの事に気がつかなかったのか」と悔やんでいる部分の方がよっぽど参考になるからね。
そんなわけで、竣工前から早くも後悔していた事がいろいろとあるので、それを記事にしていきます。

まずは「光」の問題です。
これまでに引っ越しは何度も経験してきているので、段取りには慣れているつもりだったのが、通信環境で落とし穴がありました。
電話回線の移転通知を、NTTには引っ越し 2週間以上前に連絡するのは当たり前の常識とわきまえていて、更に余裕をみて 3週間前に連絡したのですが、何と「移転先がサービスエリアの対象外なので光ファバーの工事には 3ヶ月以上かかる」との回答に凍り付いてしまいました。

高速インターネット環境必須の我が家では、ずっとひかり契約をしていました。大阪市内から菊美台住宅地に移転してきた時も、ひかり環境になるまで、やはり 3ヶ月程度はかかっていました。
ただ、移転といっても、同じ住宅地内でしかも徒歩 3分以内の場所なので、特に心配していなかったのが落とし穴でした。
やむなくとりあえずはADSL接続にしたのですが、これが遅くてたまりません。(-_-;)
gyaoスピードテストで、これまで平均速度が 30Mbps前後出ていたのが、何と今では 0.8から0.6Mbpsと、30分の一以下にまで落ちてしまった・・・
これが、ブログを書く気にもなれなかった要因のひとつではあります。
ま、こんな劣悪な状態でも、フツーにインターネットやメールを利用するには特別困るという事もないんですがね。わたしの利用状況はフツーではないのです。

建築日誌 - ほぼ完成

上棟したその日に防塵幕に覆われてしまったため、まともに外観が見られる機会がありませんでしたが、外装工事が終わってようやく日の目を見ることになりました。
2月24日の撮影です。ずいぶん間延びしたレポートですが、このところ公私ともに余裕がなく、なかなか更新が出来ませんでした。全然「日誌」になってませんね・・・(^^;)
外観初見参
もっとも見栄えを重視した南側のデザインです。屋根の上にドンと乗っているドーマーが非常に良いアクセントとなって、洋風イメージを高めています。
はい、"アクセント"です。何の機能もありません。屋根に乗ってるだけです。←開き直り(-_-;)
正確には"ドーマー風"の飾りです。新しい我が家はすべて"~風"に満ちています。
建物もあくまで"洋風"であり、"洋館"ではありません。外壁上部は"ラップサイディング(水平方向の板張り)風"、下部は"レンガ積みタイル風"、窓枠は"木枠風"という調子です。
今や見えなくなった構造材や、内装材もそのほとんどすべてが"~風"。
何を言っているのかというと、「自然素材」がひとつも使われていないのです。
現代のハウスメーカー製住宅はほとんどがそうだとはいえ、ちょっと残念・・・
そんなわけで、一世一代の作品ではあっても、これは「夢の実現」でも「理想の我が家」でもなく「妥協の産物」なのです。
・・・な~んて、一庶民の分際で大口たたいてると、どっかでバチが当たりそうなので今回はおしまい。

建築日誌 - 完成間近

上棟以来、急ピッチで進められてきた緑道プロジェクトは、いよいよ最終段階に突入しました。
・・・といっても、先月下旬の撮影ですが(^^;)
クロスを貼るための下地仕上げです。
ラストスパート
AVルームです。右手の壁の天井際にある開口部がプロジェクターの指定席です。
日曜日にもかかわらず、職人さんが一人でがんばって作業していました。ご苦労様です。
ラストスパート
玄関のタイル仕上げ中。ミニ・シューズクロークも見えますね。
ラストスパート
取付を待つばかりの INAXのトイレ用品。
ラストスパート

| NEXT≫