FC2ブログ

キャッシュレス消費者還元事業の闇 2

謹賀新年だが・・・ペイペイの残高は年を越しても状況変わらず。

IMG_0349.png
12月6日に決済した 59,110円の 1.5%にあたる 886円が 1月7日頃に加算される見込みというのみ。ひどいもんや。
問題はこの状況に対してどこに文句言うべきなのか分からない事でもあるのだが、大元である経済産業省の分は還元が実行されているので、あとはペイペイの問題である。とはいえペイペイに問い合わせてもおそらく時間の無駄になりそうな予感がするため、とりあえずは取扱事業者である光洋自動車さんに問い合わせてみた。
すると、光洋自動車さんも寝耳に水との事で大至急ペイペイに問い合わせてくれたのだが、担当窓口の対応が杜撰(ずさん)の一言で、呼びつけた営業マンは「経済産業省からのチラシが届いていれば有効なはずで・・・」などと言い訳するばかりで話にならなかったらしい。審査の結果やその認可日時を聞いてもまったく答えられなかったそうである。信じられんハナシ・・・(´д`)

原因は、ペイペイ等の事業者とのキャッシュレス契約とは別に 店舗から消費者還元事業への申込みが必要 なのだという重要なポイントを、ペイペイ営業マンが最初の売り込みの際にきちんと説明していなかった事にあるらしい。
店舗(光洋自動車さん)はその事を良く知らなかったため、ペイペイが申込みをやってくれていると思いこんでいたので申込みをしていない・・・すなわち 3.5%分が還元されないのは当然 という事になる。
営業マンは兎にも角にも新規契約の獲得が最優先で、付帯説明をおろそかにするというのは良くあるハナシ。
とはいえ、店としてもホームページで"ペイペイで決済すれば5%還元"を大きくうたっていたのだからやはり責任はあると認識し、ペイペイへの責任追及が不調に終わった場合には何かのカタチで返金しますと約束してくれた。
まったくの新しい制度で、店舗側の知識不足が問題だったのだとはとても云えない。すごく良心的なお店であり、賠償の負担をしてもらうのは自分としてはまったく本意ではないので、そこまでは望んでいないと伝えておいたのだが。
その後、光洋自動車さんのホームページからは"5%還元"のキャッチコピーは削除されているようだ。
この続きは結果が出たあとでまた。( ´ー`)

キャッシュレス消費者還元事業の闇

cl01_s.jpg

「キャッシュレスで(最大) 5%還元」というPOPを多くの人が目にしているだろう。
これは、消費税増税の影響を和らげようという国による目玉施策のひとつであるが、実は要注意である。

消費者が恩恵を受けるには下記のような条件がある
❏ 中小零細事業者支援のための制度なので大企業が運営するスーパーやコンビニ等は対象外
❏ 期間限定(決済日時が2019年10月~2020年6月までの9カ月間)
❏ 現金払いは対象外であり、クレジットカードやQRコードによる決済のみ恩恵がある
❏ 店舗が"消費者還元事業"加盟店である

ここまでは分かるが、しかし、問題はこの後の条件
❏ クレジットカードはともかくとして、QRコード決済の普及率が低い(20%程度 ?)
❏ 店舗が消費者還元事業の加盟店でないと無効だし、消費者は自分の利用する店舗が加盟店であるかどうかが分かりにくい
❏ POPが貼られていても、店舗が消費者還元事業に登録申請していなければ無効
❏ 店舗が消費者還元事業の登録審査を通過して認可されていなければ無効
❏ しかも、加盟店の申込みから審査完了まで実に 1 ~ 2ヶ月間以上もかかる !!
❏ 「5%のポイント還元」とされているが、いつどんなカタチで手に入るのかが良く分からない

最大の問題は、最後のふたつの項目だろう。消費者にとっても店舗にとってもとにかく分かりにくい。(´д`)
実は、2台の愛車の車検を依頼した地元整備工場を選択した理由が「キャッシュレスで 5%」還元をうたっていたのも大きい。
正規ディーラーの半値以下で済ませる事が出来たので大成功だったのだが、消費者還元事業加盟店なので、さらに合計額約20万円の 5%すなわち10,000円相当のポイントが得られるというのも魅力的だった。
誘惑に負けて、支払いに慣れない"ペイペイ"を利用したのもそのためだった。

さて、その結果はというと・・・ペイペイアプリで確認すると、現時点で得られたのが わずか 1,009円 !!
これは、10月28日に"BMW523i"の諸費用 67,310円をペイペイで決済した分の、たったの 1.5%である。(。゚ω゚)
12月7日にゴルフの諸費用決済した 59,110円に対する「還元処理中 886円」も 1.5%に過ぎない。
どうも、実際に還元されるのが決済してから丸一ヶ月間を要するらしい。この事がきちんと広報されていないのも大問題。
それでも、QRコード決済ならスマホアプリで状況確認できるのだが、クレジットカードの場合は調べる方法すらない(と思う)。

ちょっと事情(チャージが面倒くさい)があってペイペイで統一する事が出来なかったため整備料金はクレジットカード決済としたのだが、ともかくペイペイによる決済は諸費用合計 126,420円で、その 1.5%しか還元がない事になる。
これは一体どうなっているのか !?
続きは次号。

航空自衛隊奈良基地

以前に平城京跡の周辺をポタリングで何度か通りがかって、一度入ってみたいなと密かにあこがれていた「航空自衛隊奈良基地」の見学会があったのでいそいそと参加した。
ただし、ここは「基地」ではあるが全国で唯一飛行機が飛ばない場所でもある。何しろ滑走路がありません。( ´ー`)

2019-10-25_DSC00111.jpg
"ペトリオット"ミサイルなら飛ばせるのかというと、もちろんそれもない。(;`ー´)

2019-10-25_DSC00112.jpg
2019-10-25_DSC00115.jpg
展示されたミサイルのサイズ感を出すため、久々に人物を入れてみた。

2019-10-25_DSC00118.jpg
タービンエンジン。

2019-10-25_DSC00117.jpg
見学はグループ単位のみ。自衛官とは思えない、ユーモラスで話術の巧みな広報担当の松田さんが各所を案内してくれた。
領空侵犯防止の戦闘機スクランブル発進の実態などの解説も多々あり、かなり雑学が身についた。

2019-10-25_DSC00119.jpg
男子垂涎のバルカン砲は残念ながら写真だけ。

2019-10-25_DSC00124.jpg
基地内の食堂でランチ(400円)をいただいた。唐揚げ定食の予定だったのが、何と当日になってステーキに !!
特に見学者向けという事もなく、自衛官の方々と同メニューである。

2019-10-25_DSC00125.jpg
もちろん、ビーフではなくポークである。さすがに「口の中でとろけるような」品質ではあるはずがないが、悪くはない。
何しろ体力勝負の自衛官向けなのでボリューム満点。せっかくの機会だし、たまにはガッツリといただこうと何とか完食。
案の定、午後からは胃もたれが夕方まで続いて激しく後悔・・・

2019-10-25_DSC00126.jpg
退役戦闘機「F-1」。

2019-10-25_DSC00129.jpg
"機能美"やな。

2019-10-25_DSC00130.jpg
さて。滑走路もない基地が何のためにあるのかというと、ここは全国で唯一の"航空自衛官幹部候補生学校"なのだった。
食堂でもエネルギッシュな自衛官さん達が大勢いて、元気をもらった。
広報にも熱心なようで、来月には"CH-47J"ヘリコプターの体験搭乗会も開催される。

CH-47J.jpg
写真は広報HPから拝借した。応募者多数らしいが、当たるかなぁ・・・

オドロキの情報「大阪市が世界で最も住みやすい都市」のトップ5に !?

ネットのまとめサイト"Gigazine/ギガジン"が好きで良く眺めてるのだが、何と !!

>"イギリスの経済紙である「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が、
>2019年度版「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表しました"

との記事中で、我が大阪市が「世界第4位」にランクされたとの事。
詳細は元ネタを参照してもらうとして・・・

1位:オーストリア・ウィーン
2位:オーストラリア・メルボルン
3位:オーストラリア・シドニー
4位:日本・大阪
5位:カナダ・カルガリー

ちょっと信じられないランキングになってるではないか !?
ほとんど海外旅行経験のない身としては、この結果をどうこう評価する事は出来ないのだが・・・
4位以外は順当なのかなと・・・いや経験豊富な方々にとっては異論噴出でしょうが。(;`ー´)

「世界でもっと美しい女性」なんかもそのようだが、この種のランキングがごく少数者の主観によるものらしいがね。
大阪生まれの大阪育ちで、まさかの奈良県在住の一住民より。

何の脈絡もなくブログ記事が更新されてる事の方がオドロキなのかもしれませんが・・・( ´ー`)

{あのころ、電話線の向こうには“未来”があった}

最近はひまな時にパソコンでは「Yahoo!ニュース」をつらつらと眺めている事が多い。
今日も何となく眺めていたら標題のような面白い記事が目に入った。

pasokontuusin.jpg

もちろん、知らない人からすると実感なんて出来ないだろうし面白くもなんともないはずだが。( ´ー`)
「今では“ネット”といえば、ほとんどの人がインターネットを思い浮かべるでし。しかし、まだインターネットが一般的でなかったころ、“ネット”といえば「パソコン通信」が主流でした。」で始まる記事は、何で今頃こんなのが唐突に出てきたのか不明だが、とても懐かしいし、当寺を思い出して嬉しくもあった。
記事中では単に"インターネット"となっているが正確にはフェイスブックのような"SNS"だろう。
当ブログでもだいぶ前にシリーズネタにしたのだが、とても楽しみながら記事を書いた記憶が鮮明にある。コメントもたくさんもらった。
狭い世界のハナシだが、懐古趣味もいいもんですわ。年をとったって事やな。それもまぁ悪くない。( ´ー`)

| NEXT≫