Excel の表をブログで利用する最もカンタン確実な方法

当ブログはプライベート日記という事で、記事内容が写真とテキスト(文章)主体であるが、時には表組みを使いたい事もある。
このような場合は、ブログ用エディタ画面で"テーブル"を挿入するか、自分でHTMLタグを書き込むのだが、よほど簡易な表ならともかく、少しでも込み入った表にしようとするとあまりにも面倒くさくてやってられない。つまりやらないと諦めていた。( ;´・ω・`)
何がそんなに面倒くさいかというと、ブログを書いている側の人には説明不要。単に「Excel の表をコピー」とはいかない。
前述のような手段では、下図のような表はまず作れないのだ。Excel で作成するとしたら、まるで大して複雑な表ではないのだが、それでも「カラーリング・セル連結・セル内文字配置・フォント指定」等々と加工している。この他数値のカンマ区切りなども必要。
セミプロ級に慣れているのならスタイルシートを作成し、HTMLタグをコツコツと書き込んでいけばどんな装飾も可能ではあるが、個人的ブログ程度の用途では費やすコスト(時間と手間)にまったく見合わない。( ;´・ω・`)

FC2ブログ
連番 氏名 氏名(カタカナ) 性別 電話番号 生年月日 年齢 メールアドレス
1 大滝 伊織 オオタキ イオリ 0994790837 1986/05/26 32 mwspodijuqiori7321@jduoas.mn
2 鳥居 遥 トリイ ハルカ 0233082709 1996/09/05 22 Haruka_Torii@murp.kv
3 喜多 花凛 キタ カリン 0996360372 1995/12/18 23 karinkita@ccrkhcpuat.fvt
4 池本 理津子 イケモト リツコ 0742250734 1982/07/27 36 oikemoto@qgwje.tv
5 仲田 菜那 ナカダ ナナ 0988084857 1976/10/19 42 ymjcfunana030@knmiapx.ap
6 大内 心 オウウチ ココロ 0295294499 1995/08/22 23 kokoro5638@xdyl.ndkj.ct
7 河田 豊樹 カワダ トヨキ 0952639230 1977/01/22 42 toyoki23241@sjzwfh.xvg
8 難波 雅也 ナンバ マサヤ 0451549222 1965/10/31 53 ztugifmasaya15122@bsvmlxjb.fd
9 山脇 心菜 ヤマワキ ココナ 0782369934 1977/02/09 42 bdmhiokdshkokona861@byjcvum.vml
10 梅田 正文 ウメダ マサフミ 0993571572 1966/07/19 52 nyjjpjfwzrcbumasafumi76107@uwxxkvnhe.ur

そんなわけで、Excel の表をそのまま使えれば良いではないかというのは誰でも思いつくのだが、それがカンタンに出来るのなら自分に限らずあちこちのブログでとっくにやっているはずだろう。(;`ー´)
とはいえ、いつまでもめげてはいられない。この程度の課題はいつかはやらねばと、ようやく重い腰を上げて取り組んでみた。
Excel の表をブログで利用する安直な方法としては、画面の必要部分をハードコピーしてイメージファイルとして保存するしかないと思っていたのだが、そんな事はなくて、ひと手間いや 5手間くらいかければ実現する事が分かった。その 5手間とは・・・

2019-02-20_ExcelTable[1] Excel には Web 連携の便利機能がいくつか用意されているので、そのひとつを利用する。まずは必要なセルを選択。
※サンプルは Excel 2010 であり、他のバージョンではこの後のメニュー構成が少し異なるかもしれない

2019-02-20_ExcelTable_2.jpg [ファイル]メニューから、[保存と送信]-[他のファイル形式として保存]-[名前を付けて保存]とする。

2019-02-20_ExcelTable_3.jpg [ファイルの種類 = "Webペーシ"]-"選択範囲"オプションを指定して任意のファイル名を入力し[保存]をクリック。
生成された html ファイルを"メモ帳"などのテキストエディタや"Word"など文章作成ソフトで開いて、読み込んだタグをすべてコピーし、そのままブログエディタの記事作成エリアにペーストすれば完了。

2019-02-20_ExcelTable_4.jpg
ただし、そのままでは貼り付けたタグ部分がすべて改行され、記事の先頭行から長い長い空白が出来てしまうので、ブログエディタの[詳細設定]-"改行の扱い=HTMLタグのみ"とするのを忘れないように。慣れれば一連の手順は30秒もかからないだろう。( ゚∀゚)
記事本文は、貼り付けたタグ部分の外側の上や下に書き込めば良い。 ただし、このオプションを指定すると、記事本文中の改行も無視されてしまうので、表組み以外の文章では、必要に応じて行頭や行末に改行のための <br> タグを書く必要がある。
もちろん、今回の記事も本文には改行タグを多数書き込んでいるが、テーブル(表組み)の事を思えばまったく苦にならないし、下表のように金額や日付書式を多用する内容であれば、更に有用度が倍増する。

メーカー 品名 開始価格 出品日 落札日 入札数 落札価格 決済日 発送 受取
Acer KA240H bmidx 3,000 1月20日 1月25日 15 5,000 1月25日 1月26日 1月27日
3,000 1月20日 1月25日 1 5,000 1月26日 1月27日 1月28日
3,000 1月20日 1月27日 1 5,000 1月27日 1月27日 1月28日
3,000 1月28日 1月29日 16 5,500 1月29日 1月30日 1月31日
3,000 1月28日 1月29日 16 5,500 1月29日 1月30日 2月1日
3,000 1月30日 1月31日 2 5,500 2月1日 2月1日 2月3日
3,000 1月30日 1月31日 2 5,500
3,000 2月1日 2月1日 3 6,000 2月2日 2月2日 2月3日
3,000 2月1日 2月2日 4 6,000     2月3日
KA270H 7,000 1月20日 1月25日 7 9,209 1月28日 1月30日 2月18日
5,000 1月26日 1月31日 8 9,000 1月31日 2月1日 2月2日
5,000 2月1日 2月2日 3 9,000 2月2日 2月3日 2月5日
7,000 1月28日 1月29日 1 7,000 1月31日 1月30日 1月31日

注意点としては、罫線を実線で引く事と、すべてのセルの背景を着色する事くらいかな。
これまで何度か Excel の表をブログ記事で利用する方法を検索してはいたのだが、やたらと無意味な説明がだらだら続いたあげくに、手間がかかる割に表の書式を忠実に再現出来ないやり方ばかりで、納得できる記事は見つけられなかった。
これでいつでも凝った表を使えるようになったのだが、やっぱりこのブログではあまり使い途がないかな・・・( ´ー`)

「キングダム」にハマってます ( ゚∀゚)

毎号のようなこのアイドルさんの水着写真などどうでも良いというより"ウザい"だけなのだが、今回のお題は右下の「キングダム」。

2019-02-06_DSC04960.jpg
集英社から毎週木曜日に発売される「ヤングジャンプ」が待ち遠しくて仕方がない。これがテレビドラマなどだと、レコーダーに定期タイマー録画して一気に消費出来るのだが、定期刊行の雑誌だとそうはいかないが昔ながらの楽しみ方でもある・・・( ´ー`)
「イイ年こいて"ヤンジャン"て何やねん」と嘲笑されるのを承知で書いてるのだが、マイブームってやつなので仕方ない。
とはいえ、さすがにメインターゲットは青年向けの構成なので、本当に首を長くして待ちわびている連載ものはひとつだけです。

2019-02-06_DSC04961.jpg
それは原泰久氏の大傑作「キングダム」。何と実写映画化されて公開間近なので知ってる人も少なくないかな。
この作品は13年目という長い連載で、いわゆる大河ドラマなのだが自分が本当にハマりだしたのは、たしかここ二年前くらいから。

絵柄は独特で、ダイナミックなものの一見雑な描画に見えてしまうのだが実際には細部まで手抜きなく丁寧に描き込まれている。
長期連載ものはたいていそうだろうが、作者はどんどん画がうまくなって来ているなぁと感心しているし、加えて登場人物たちの能力や性格そして各々の成長による描き分けもとっくに一級品のレベルに達している。

終わりなき戦国時代を舞台とした「キングダム」は戦闘シーンが素晴らしい。主人公たちは普通の体格なのだが、強敵が相手だと数倍もの差のある巨人として描かれていて、大刀や槍の一振りで大勢をなぎ倒してしまう豪快な描写でヒヤヒヤわくわくさせてくれる。
平民出身で陽気で純朴な主人公"信"に対し、常にライバルとして立ちはだかる王族出身である超ストイックな性格のこの号の主役である"王賁(おうほん)"は槍の名手であり、少年マンガらしく随所で必殺技の名前を叫びつつ凄いパワーで敵を次々に倒していく。
一方の"信"はというと、特に必殺技などなくとも気合と勢いで力任せて敵をなぎ払うのだが、その"力"も回を追う事にレベルが高くなって来る。そして、それでも窮地に陥ると白目をむいて超人的な力を発揮するというのも少年マンガのお約束。( ´ー`)

2019-02-06_DSC04963.jpg
ところで「キングダム」の舞台背景は"中国春秋戦国時代"・・・って ?! 白状しよう「"春秋"って何 ??」だったのだ。
何となく言葉は記憶にあっても、それがどの時代を意味するのか「キングダム」について調べてみるまで知らなかった。(;`ー´)
日本の戦国時代ももちろんものすごく面白いのだが、この作品の時代背景はあの有名な「三国志」や「項羽と劉邦」の時代よりもかなり前の、秦国が中華統一を果たす直前まで。つまり、"信"の盟友にして人格高潔な"贏政(えいせい)"が「秦の始皇帝」となるまでのお話。
しかし、秦国が永年にわたり繁栄する事が出来なかったのが、その優れた始皇帝が高邁な精神を失ってしまったためだとすると、きっと「キングダム」もそこまでは描かないのだろう。この時代を書き残した書物の名称が「春秋」という事で"春秋時代"となったらしい。

ボロが出る前に付け焼き刃はこのくらいにしておいて・・・
いやぁ、それにしても一級品の作品を手がける作者を"マンガ家"なんて軽い呼称で良いのだろうか。特にこのように史実をベースとした歴史ものだと、描画力は言うに及ばずストーリーテラー(物語の創作)としての才能や能力以前の問題として、取材や勉強にすごいエネルギーと時間が必要なはずで、たとえ一雑誌への専属提供だとしても、全身全霊というくらいの打ち込みようなのだろうな。
いや、史実ものでなくとも"One Piece"を手がける尾田栄一郎氏のような狂気の天才も存在してるが・・・
実際、そのせいかどうか知らないがこの「キングダム」の最大の欠点が、休載が多い事。何しろ2ヶ月に一回は休んでる感じなのだ。意気揚々と"ヤンジャン"を手にして、いくらページをめくっても「キングダム」が出て来ないと心底脱力してしまう。( ≧Д≦)
たぶん、今や"ヤンジャン"を支える大きな柱として"ゴールデンカムイ"と双璧だろうから編集部としても特別待遇なのだろう。
そんなわけで、発売日から一息入れて金曜日に"ヤングジャンプ"を堪能するのが今や最大の楽しみのひとつなのでした。( ´ー`)

別れはいつだって辛いものとはいえ・・・

自分の家族が出来てから、現在に至るまで一度もペットと暮らした事がない。
今思えば、これは驚くべき事なのである。奈良県民となってはや15年ほどになるが、それまでずっと「大阪生まれの大阪育ち」であり、そして物心ついた頃からずっと実家にはネコがいたのだ。完全に生活の一部であり、それが当たり前の暮らしだった。
人よりもずっと寿命が短いため、何度も代がわりしながら次から次へと途切れる事なく様々な種類のネコがいつも家にいた。
"トラ猫"が一番多かったな。とにかく、ネコのいる生活が当たり前だった。もちろん自分もネコが大好きだった。
ただ、ある事がきっかけでネコと別れねばならなくなってしまった。
この時は本当に辛かった。何しろ自分の手によって愛猫を手放さざるを得なかったのだ。
あの日の数時間は今も忘れられない。唯一の救いだったのが、捨てたのではなく、一緒に暮らした最後のネコを愛猫家の方に無期限で預かってもらう事になり、大阪から京都までクルマで運ぶ間もおとなしくしていくれた。
子猫のときから粗相一つせず、それまでで最も賢いネコだったのだ。里親になってくれた方にお礼を言って去ろうとすると、奥の方にいたはずなのにトコトコっと玄関に現れて「ミャア」とひと声だけ鳴かれた。
「やっぱり連れて帰ろう」という衝動を抑え、一瞬だけ目を合わせた後は振り返らずその家を出た。もちろん「いつでも会いに来てあげて下さい」との言葉はもらったが、そこには二度と行かなかった。いや行けなかったのだ。
一年ほど経って連絡があり、最後を看取って下さったとの事。「本当に賢い子でしたよ」と褒められた。安らかな旅立ちだったらしい。
そうして"ネコのいる生活"が終わったのは今から数十年前の出来事。だからといって「もう二度とネコは飼わない」と決意したわけでもなく、今は戸建ての家なのでいつでも飼う事が出来るのだが、何となくこれまではあまり気乗りがしなかっただけ。

2019-01-30_cat.jpg
当時こんなのを撮る事はもちろん不可能。愛猫のうり二つの写真をフリー素材集から借用した。
最後のネコ「ちーこ」は品の良いシャム猫だった。ものすごく賢いネコだった。辛い時に寄り添ってくれて何度も癒やされた。
ところで、記憶にあるだけでも10種類以上のネコと暮らしていたのだが、ネコを看取った事は一度もない。
「ネコは飼い主に死に様をみせないのだ」と大人から教わっていたのだがその通りだった。

そして。一度だけ実家にネコとイヌがいた時期が数年間あった。
「コロ」と名付けられたそのイヌは父親が知り合いからもらって来た小型の雑種犬だったが、愛嬌があり良く散歩に連れ歩いた記憶がある。
このイヌは病弱でたしか三年くらいしかいなかった。最後はひどい皮膚病を患いとても自宅で面倒を見切れなくなり、保健所に委ねられたのだ。
その日学校から帰るとすでに「コロ」はいなかった。犬小屋もキレイに清掃されていた。不思議とあまり悲しみはなかった。
保健所に連れ去られた後の運命を想像する事も出来なかったし、相変わらずウチにはネコがいたのだった。
そんなわけで、幸か不幸かペットが旅立つ時に居合わせた経験がないのだった。

しかし愛犬家の方々はそうはいかず、何度も悲しい別れを経ては立ち直り新たな家族を迎える事の繰り返しなのだろうか。
パソコンやソフトウエアに関して人並み以上には関わるようになって"ドッグイヤー"という言葉を良く目にした。
日進月歩ではなく"分進秒歩"と表現されるほどに技術革新の速度が速かった30年近く前のハナシ。
ずいぶん乱暴な例えだが、"イヌの 1年は人の 7年に相当"だとしてこのような比喩表現が使われたようだ。
当然個体差はあるはずで、特に大型犬ほど寿命を迎えるのが速いそうで、つまり 7~10年ほどで旅立つ事になるらしい。
つまり、愛犬家は必然的に何度も辛い別れを乗り越えねばならない宿命のようだ。
イヌはネコ以上に人に寄り添ってくれる存在。可愛いペットから友だちになり、やがてかけがえのない家族となるだろう。
最期は当然基本的に自宅で看取る事になる。重い病気などで病院に預けたとしてもやはり見送る事になるのは同じ。
例えば親しい友人がその境遇になったような場合・・・
飼い主にとっては家族と同じなのだから、察してあまりあるとはいえ、ありきたりな気休めの言葉などかけようもない。

2019-01-30_71eb2df4.jpgt="405" />
写真はここから借りてます。
自分にはとても名文は書けないが、代弁してくれるようなページを見つけました。
暴れん坊で臆病者で甘えん坊のチャップと心優しい保護者へ。

Happy Christmas

別にアクセス数を稼ごうとして「Happy Christmas」をアップしたのではないのだが、しばらく更新をサボるようになってからは10年ぶりくらいに一日のアクセス数が100を割るようになり、ここ数日間は70そこそこと、さすがに寂しくなって来ていた。(*´・ω・)
そして、アップした翌日の本日25日にいきなり250超えとなった。さすがにオドロキである。

多くの人々と同様、毎年この時期にこの曲を耳にする度に胸が熱くなるのは仕方ない。何度聞いてもウルウルしてしまう。
そして、良く出来たYouTube動画を昨夜酔いに任せてアップしてしまったのだった。

この曲はある意味ジョンとヨーコの最高傑作といってしまって良いかもしれない。
ビートルズファンの憎悪の対象だったヨーコさんだが、長くなかったジョンの人生に安らぎと幸福をもたらしてくれたのだからファンとしては大いに感謝すべきだろう。気が付けば自分自身もジョンの年齢を大きく超えていたのだった。「Happy Christmas」でのヨーコさんの歌声は、これ以外は考えられないというくらいに完璧にこの曲の雰囲気にマッチしていて曲の素晴らしさを更に高めていると思う。
同じ日本人だからとかはどうでも良くて、最高のヒーローのひとりであるジョン・レノンの最高のパートナーだったヨーコさんに乾杯。( ´ー`)

20140707_ono_40.jpg
※画像はここから借りました

John Lennon - Happy Christmas

| NEXT≫