アクセスカウント 430,000 !

カウント 日付
----------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26
60,000 2013.01.20
70,000 2013.03.25
80,000 2013.05.22
90,000 2013.07.06
100,000 2013.08.19
110,000 2013.10.05
120,000 2013.11.21
130,000 2014.01.11
140,000 2014.02.24
150,000 2014.04.08
200,000 2014.11.30
250,000 2015.08.08
300,000 2016.04.16
350,000 2016.12.24
430,000 2018.04.08

----------------------

5万カウント毎にやろうと決めていたがすっかり忘れていて、何と昨年は一度もカウント数発表をしていなかったのだった。(*´~`*)
次回はいよいよ 50万 記念、それはさすがに忘れないと思う。今のペースなら2020年かな。( ´ー`)

奈良公園の桜は散り始め~葉桜

引き続き、本文なしのフォトアルバム。( ´ー`)

2018-04-04_P1090049.jpg
2018-04-04_P1090043.jpg
2018-04-04_P1090051.jpg
2018-04-04_P1090060.jpg
2018-04-04_P1090064.jpg
2018-04-04_P1090070.jpg
2018-04-04_P1090076.jpg
2018-04-04_P1090079.jpg
2018-04-04_P1090088.jpg
2018-04-04_P1090094.jpg
2018-04-04_P1090097.jpg
2018-04-04_P1090104.jpg
2018-04-04_P1090105.jpg
終わります。また来年、いや来週か ・・・ (;`ー´)

ナガシマリゾートのアクアリウムと「しーちゃん」

2018-04-04_aquarium.png
ナガシマリゾートに新しく出来たアトラクション。
700円という強気料金のせいか、入場者は少なかったが、ダイナミックな映像と幻想的イメージでなかなか素敵でした。
そして今回も手抜きシリーズ開始。( ´ー`)

2018-03-24_P1080882.jpg
2018-03-24_P1080883.jpg
2018-03-24_P1080884.jpg
2018-03-24_P1080886.jpg
2018-03-24_P1080887.jpg
2018-03-24_P1080888.jpg
暗い屋内での撮影はホントにむずかしい。こんな場所で三脚など使えないし・・・いや、立ててるヤツが何組もいたが。(*´・ω・)

2018-03-24_P1080880.jpg
ホテルに戻ると、こっちも"アトラクション"が。
そうそう、「ホテルナガシマ」は立派な温泉施設であり、当然大食堂も完備されているのだ。で、一瞬目が点になった。(。゚ω゚)

2018-03-24_P1080879.jpg
何と、この日はこのお方のご出演日なのだった。何というラッキー(アンラッキー ?)に恵まれたのだろうか !
この「しーちゃん」が歴代No.1の美人歌手だったという評価に異論のある人はそういないだろう・・・がしかし。
たしか10年くらい前にテレビでちらっと見かけた事があるのだが、その時でさえすでに別人だった。(*´~`*)
それが10年後にまさかこんな場所でお目にかかれる事になるとは。しかも、大食堂の一角のミニステージで。当然無料コンサート。
「ドサ回り」という言葉があったのを久々に思い出したのだった。そしてこれほど容姿が変貌しても、場内撮影禁止とされていた。
しかし酔客がそんなの守るわけもなく、スマホカメラがあちこちで光り、スタッフが厳重にチェックして回っていた。
ちなみに「しーちゃん」てのは別に自分が親しみを込めての表現ではなく、ご本人が自分でそう連呼していたので合わせただけ。

さてさて。若干の躊躇の後、怖いもの見たさで開演後見学してみた感想は・・・
幕が上がった瞬間、「やっぱり見なきゃ良かった ・・・( ≧Д≦)」でした。上のポスター写真でさえ、相当ムリして修正してるんだなとカメラマンに同情したくなるくらい、さらに別人だった。(;`ー´)
場内撮影禁止となっていたので場外から数枚撮ってみたが、やはり正視に耐えるものではなく掲載は自己規制。
こんな事を書いてるのは自分でも非情とは思うが、何しろ"美貌"だけで売れてた人ですからねぇ。
いや、それは言いすぎか。容姿のイメージに見合った美声で、歌手としてフツーに上手かったし楽曲も悪くなかったにもかかわらず、理由は忘れてしまったが、なぜか二年目以降から加速度的に人気が落ちていったのだった。って、単に飽きられただけか・・・
それでも、ひっそり引退とはいかない事情もあるんでしょうな、と遠い目になるのでした。
再度「やっぱり見るんじゃなかった・・・」と嘆息でおしまい。( ´ー`)

ブログランキング最高位更新 ( ;´・ω・`)

180326RankNo2.jpg
180326RankNo2-2.jpg

180326RankNo2-1.jpg
本日ふとランキングをチェックして目が点になった。((´゙゚'ω゚'))

何でこうなったのか良く分からないが、いつの間にか"サブジャンル"の第二位になっていたのだ。((´゙゚'ω゚'))
ブログカウンターが数日前に久々の200オーバーとなった後、株式相場のような急降下で 120前後に戻ってしまっていたので、こんな結果はありえないはずなのだが・・・
最高記録更新とはいえ、そんな価値ある記事を量産したわけでもないので、特に気分が良いわけではない。
あとは急降下するはずで、もう二度とないと思われるので一応記念としてネタにしておきます。( ´ー`)

熊野古道ハイキング

2018-03-10_P1080558[1]
好転に恵まれた3月10日(土)。和歌山県海南市にやって来た。目的は初体験の熊野古道ハイキング。
今回はワイフの通っているお気に入りトレーニングジムのメンバー有志によるトレック倶楽部の月例会に参加してみた。

2018-03-10_P1080559.jpg
さすがは過○地。土曜日であっても何と24時間300円のパーキングが駅から徒歩 3分もかからない場所にありました。( ´ー`)
海南駅集合でスタート地点となるのだが、電車では自宅から 3時間近くもかかる事と、コストも二人分なら交通費だけでも元が取れるので迷わずプチドライブとした。往路はほぼ100%近くを高速クルージング可能なため約70分で到着出来た。
帰路は急ぐ行程でもないし下道利用としたが、それでも 2時間で済んだ。総コストも電車利用とほぼ同じ。( ´ー`)

2018-03-10_P1080527.jpg
「熊野古道」は、多くのハイキングコースがあるが、今回はお手軽コースの"藤白山"コース。
ここは本コース唯一の観光スポットである「藤白神社」。

2018-03-10_P1080529.jpg
せがまれて、巨木の前で美女のツーショット撮影。(;`ー´)

2018-03-10_P1080530.jpg
巨木の他に特に見どころもなさそのなので、一応パワースポット風のを撮っておく。

2018-03-10_P1080531.jpg
良く分からんが"筆捨松(ふですてまつ)"。この先に"鈴木姓の元祖"とされる家屋が残されている。

2018-03-10_P1080533.jpg
このコースは登山途中で海岸風景が楽しめるのが最大の魅力のようだ。みかん畑もあちこちにあって、思わず手が出そうになる・・・

2018-03-10_P1080535.jpg
藤白山は低い山で、勾配も大した事はないのだが地面があまり良くないのでけっこう疲れてしまう。

2018-03-10_P1080536.jpg
大した事ないとはいえ、ところどころに険しい道もあるので、ただのスニーカーで出かけたりすると、かなりキビシイ事になるぞ。( ´ー`)

2018-03-10_P1080540.jpg
空と海が美しい。右手に関西電力海南発電所(火力発電)のある海南港を望む。
拡大写真あり。

2018-03-10_P1080541.jpg
水平線にうっすらと浮かんでいるのは淡路島。

2018-03-10_P1080547.jpg
2018-03-10_P1080549[1]
2018-03-10_P1080550[1]
「地蔵峰寺」でランチタイム。青空が素晴らしいね。( ´ー`)

2018-03-10_P1080552.jpg
お寺のすぐそばにある「御所の芝展望台」より。拡大写真あり。

2018-03-10_P1080555.jpg
おしまい。( ´ー`)

| NEXT≫