FC2ブログ

ご先祖様をお墓にお迎えの準備

これまでの自分の人生は無宗派というより神仏そのものに無関心でここまで来たのだが、数年前から自分の身辺に起き続けている諸事情により、徐々に信仰心が芽生えて来ていた。
自分としてはこれは驚くべき心境の変化だが、割とフツーの事なのだろうろなという気もしている。
ちなみに、ちょうど5年前に決意した先祖ルーツ探しは早々と頓挫し、またいつかトライしようとは考えているがそれは今ではない。

2020-06-21_DSC00825.jpg
とりあえずは祖父さまが祀られている墓地へという事で、出かけたのは徳島県にある父方家系のお墓。
正しくは、先祖の墓に参らねばならないのだが、不明な場合は「出来る範囲で」という事になっている。
簡単な門構えがあり、しかもツインになっていてけっこう立派である。( ´ー`)
祖父さまは左側、右側は父方の長兄(つまり叔父さまやな)のお墓となっていた。この時は右が祖父さまと思っていたのだが、ルーツ探しの時に作成した家系図で確認したのでたぶん間違いない。もちろん今回の目的地は左側、本当の祖父さまの方。
※この時は曾祖父さまだと思い込んでいた・・・

2020-06-21_DSC00809.jpg
「お迎えにまいりました」のごあいさつの後に、持参した"般若心経"を5回繰り返し読経しなければならない。
写真では真面目に取り組んでいるように見えるのだが、お気楽家族にこれを繰り返し読ませるのはそれなりに苦労したのだ。( ´ー`)

2020-06-21_DSC00805.jpg
「この後は旨い徳島ラーメンが待ってるぞ。」というエサを与えつつ、何とか持ち回りで読経終了。

2020-06-21_DSC00815.jpg
墓の周りで10cmほど穴を掘って土を取り出すというミッションなのだが、墓の前方はコンクリート敷きとなっていて手が出せないため、墓と墓の間から土を取り出す事にした。持参したさらしの巾着にお清めした土を収納して持ち帰るだけ。

2020-06-21_DSC00827.jpg
この墓地には母方の家系の墓もあるのだが、何と更に立派なセットにリニューアルされていてびっくらこいてしまった。( ; ゜Д゜)
そんなわけで、指南役の先生の教えに従って今回の一連の作業を無事終了。
後は御霊の宿ったはずの土を持ち帰って、自分の墓に「魂入れ」をすれば完了である。この日は徳島県日帰りプランという、それなりの強行軍だったので、魂入れは後日実施する事にした。

お神札を祀る

お札をお祀りするには、正面を南または東向けにすべし、らしい。

2020-06-16_IMG_0613.jpg
とりあえず、南向きの適当な場所にお祀りした。神棚省略の簡易形式です。
カネをかけて立派な神棚や仏壇を造ろうが、こんなシンプルな形であろうが、肝心なのは収納場所ではなく、お札に手を合わせる心なのであるので、これでまったく問題ないはず。( ´ー`)

施工時間は 1分かかってない。探してみたら、こんな便利な製品があるのを見つけたのだった。

2020-06-16_kamiki2.png
楽天市場の「神木 -kamiki- フラット」という商品で送料込み1,760円。
もう、本当にカンタン。押しピンを本体に取り付けて、大体位置決めしてから軽く押し込むだけ。(まずは下段を固定してその後上段)
この方式であれば、神経を使う水平垂直の微調整がラクラク。外した後の穴の後を気にする事もない。素晴らしい !
すると、ポスターや写真なんかも、押しピンとマグネットシートさえあれば、オーケーと。軽めの額縁もこれでいけるな。
すでに思いついて実行している人も少なくないかもしれないが、またひとついい事覚えたっと。( ´ー`)

動くチョウザメ

やっぱり生き物を観るには動画でないとね。水底ばかり動き回るのは習性らしい。( ´ー`)



チョウザメの寿命は非常に長く、100年 !! も長生きする事もあるらしい。この子は今のところ体長は20cm程度。
これまた種類によっては大きくなると3mにも達するらしい。この子がどの種にあたるのかは調べときます。
名前は・・・まだない。(;`ー´)

これがチョウザメだ !

チョウザメ1

「キャビア・フィッシュ」のチョウザメにお目にかかるのは初めて。久々に"NEX-7"を持ち出して張り切ってはみたのだが。
意外と元気に泳ぎ回ってくれるので、シャッターチャンスが難しい。ガラス越しという事もあり、切れ味の鈍い画にしかならないし・・・

チョウザメ2 チョウザメ3チョウザメ4


インパクトのある写真を撮りたかったが、ご覧のように凡庸なのしか出来なかった。
ま、これが実力ですな。またシュギョーに励もうというモチベーションは残ってるかな・・・(;`ー´)

チョウザメの世界

知る人ぞ知る"チョウザメ"。
ちょいとわけあり、例によって最近になって知ったのですが・・・
いやぁそれにしても面白い生き物であるという以上に、セレブ御用達メニューである"キャビア"の食材でもあるようです。

2020-02-10_チョウザメ3
この写真はキャビアではなくて"チョウザメの刺し身"で、非常に美味であるようです。
いちいち、あるようです・・・って、恥ずかしながら名は知ってても食べたことないもんで (;`ー´)

2020-02-10_チョウザメ1
こうしてみるとちょっと迫力あるんですが、実際にはとても可愛らしい生き物らしい。まだ見たことないので断定出来ないが・・・
姿が似ているだけで、実は"サメ"とは何の関係もない、もっといえばあの"シーラカンス"のような恐竜の一種らしいです。

2020-02-10_チョウザメ2
恐竜といっても歯がないので全然怖くないようで。チョウザメの口に手を突っ込んで楽しめるというアトラクションがあるくらいです。ま、ヘタな説明よりも動画をどうぞ
絶滅危惧種であった、このチョウザメの人工養殖に成功した"株式会社フジキン"さんという企業の製品でもあります。
「フジキン ? そんな名前なんて聞いた事ないぞ。」というのもごもっとも。もちろん自分も知りませんでしたよ。( ´ー`)
あの"下町ロケット"の舞台となった、これまた知る人ぞ知る、ある分野で世界有数の技術力を有するスゴイ企業なんですね。
とりあえず今日はこんなとこで。( ´ー`)

| NEXT≫