FC2ブログ

冬のポタリングに挑戦 !

ロードバイカーには軟弱者と嘲笑されるかもしれないが、12月から3月まではシーズンオフと決めている。
初期目標であった体重大幅減を達成しほぼ維持出来ている事もあるが、オフの最大の理由はもちろん「寒いから」(;`ー´)

しかし。このところ天候が安定していて、更にここ数日間は日中最高気温が10度を超える日が続き、久々にヤル気が湧いて来た。
そして、絶好の好天が期待出来そうなある日ついに掟を破って出かける事にしたのだった。
今回の写真は出発前ではなく、意気揚々と帰還して来た様子。実に余裕たっぷりである。( ゚∀゚)

2019-01-19_DSC09483.jpg
ただし好天とは言ってもそこはやはり冬。朝方の出発時は3~5度という気温なので防寒対策は欠かせない。という事で・・・
まだ一生懸命修行中だった夏の間に買っていた、防寒ウェアを引張り出して着込んでみるとみるみるヤル気がみなぎってくる。( ´ー`)
実は、このスーツが初の自転車専用ファッションなのだ。さすがに手持ちのスポーツウェアでは役不足なのでアマゾンで調達していた。
全身黒ずくめなど趣味ではないのだが、安価で評価の高いものを選択するとカラーの選択肢が他に見つからなかったのだ。それはともかくとして、さすがはサイクリング専用品。シェイプアップした身体にジャストフィットで気分もシャキッとする。
防寒性能はもちろんだが、冷気を入れないし、多少入っても風でバタつかないという点で身体にフィットするというのは重要である。
そして何といってもサイクリング用品の証である、サドル部クッションの快適性と背中のポケットの便利さを実感した。サイクルライダーなら所有していて当たり前の装備だが想像以上に快適だと今更ながら再認識した。特に背中、というより背後の腰部分のポケットがサイコー。
ロードバイクよりはマイルドとはいえ常に前傾姿勢なのだから、腹部に何もない状態は理想的。
スーツの他は、手持ちのスキー用グローブやネックウォーマー等で完全武装。中でもスキーグローブは手の保温には最強である事も実感した。ブレーキや変速レバーの操作にもまったく支障は感じない。ロングツーリングではどうなるか分からんが。( ´ー`)

そして、何よりも驚いたのが、3ヶ月ぶりというのに走り出してみるとやたらとペダルが軽く感じる事。なまっているどころか、脚力が進化したようにさえ感じるほど。その状態は最後まで変わらず、"地獄の上り坂"と呼んでいた自宅付近の坂道もほとんど苦にならなかった。
軽く2時間ほど流しただけだが、とても気分の良い朝になりました。これからもガンガン行くぞ ! とまでは言えないが。(´∀`)

奈良公園の紅葉は真っ盛り

2018-11-17_DSC09188.jpg
お気に入り定番コースとなった「秋篠川サイクリングロード」には自宅から30分程度でスタート地点に到着。ここを北上していくと「唐招提寺」を経由して平城宮跡までたどり着けるのだが、大して魅力を感じないので平城宮跡まではほとんど行かなくなった。( ´ー`)
※この写真だけは青空が澄み渡った一週間前のスナップ

2018-11-26_DSC09323.jpg
スポーツの秋、もちろんポタリングにも最適の季節なのだが最近は自転車熱もすっかりと落ち着いてきて、週一ペースとなった。
もはや「自分の限界に挑む」などという殊勝な心はさらさらなく、お気軽ポタリングですっかり満足している。
とはいえ初期の貯金が効いていて、今や一回の走行距離は50kmが基準となっている。30kmではかなり物足りないくらい。( ´ー`)
今年の最長記録は85km。そろそろ冬も近いし、100kmライドへの挑戦は来春の楽しみとしておく事にしている。

2018-11-26_DSC09332.jpg
斑鳩町や大和郡山市から「秋篠川サイクリングロード」を経由すると「奈良公園」までが25km程度なのでちょうど良い。このルートは途中のアップダウンがほぼないのでお気軽ポタリングには最適とあって特にお気に入りコース。

2018-11-26_DSC09318.jpg
さて。前日のローカルテレビ局のニュースで「奈良公園は今が見頃」との情報があり、いそいそ出かけたのだが、到着してもほとんど紅葉が見られない。ガセネタだったかと舌打ちしつつ・・・

2018-11-26_DSC09334.jpg
そこは自転車の強みで周辺を探し回ってみたら、ありました。当然のごとく外国人観光客で賑わっていたのは「春日野園地」。

2018-11-26_DSC09342.jpg
シカも紅葉を愛でている・・・なわけないな。

2018-11-26_DSC09336.jpg
「依水園」なら、水面に映る紅葉をバッチリ撮れるのだろうが、終日白い空だし今日は止めとこう。

2018-11-26_DSC09349.jpg
空は白いままだが、昼前後には気温は20度近くに上がり、心地よい秋日和。

2018-11-26_DSC09362.jpg
ポタリングでは三脚はおろかゴリラポッドも携行する気になれないのでほとんど自撮りする機会がないのだが、適当な切り株を見つけて、久々に収まってみた。ちゃんと装備品を取り付ければ小物くらいは収納出来るのだが、今はその気がないだけ。

2018-11-26_DSC09361.jpg
勝手に傾いたのだがあえて修正しない。この服装では分かりにくいが、現在の体重は実に63kg半ばで安定している。
先週は何度か62kg台に突入していたのだが、今の体調管理ではさすがにこのくらいが限界らしい。いや、もう十分過ぎるくらいのダイエット大成功なのでムリはしないのだ。4ヶ月間で8kg減となり服のサイズもLからMとなった。これ以上は望みません。( ´ー`)

2018-11-26_DSC09363.jpg
2018-11-26_DSC09367.jpg
2018-11-26_DSC09378.jpg
あと一週間くらいは見頃が続きそうですよ。( ´ー`)

奈良の紅葉ポタリング

まったく、日記ってやつはサボりぐせがついて一週間も空くと、もう後はモチベーションがなかなか戻らない。
もちろんこんなのは自分だけではないとは思うが。紅葉の時期到来で何とかヤル気チャージが少し湧いて来た。( ´ー`)

2018-11-26_DSC09292.jpg
ポタリングの定番コースのひとつ「龍田川公園」の入り口。

2018-11-26_DSC09293.jpg
自転車乗り入れ禁止となっているが、当然ながら誰も守っていない。( ´ー`)
もちろん、歩行者に接近する前に十分に速度を落としたり時には停車して待機するという最低限のマナーは守っている。

2018-11-26_DSC09295.jpg
見頃のピークは過ぎたようで、あまりフォトジェニックなスポットがないので、次の目的地。
そこは、忘れてはならない自宅からたったの30分足らずで通える天下の聖地。

2018-11-26_DSC09315.jpg
「法隆寺」でございます。( ´ー`)
この奥の大講堂は改修工事中で景観ぶち壊しが続いているため、こんな遠景でお茶を濁す事になる・・・

2018-11-26_DSC09305.jpg
2018-11-26_DSC09310.jpg
残念ながらこの日は気候が良くて晴天に恵まれるはずが終日白い空のまま・・・(*´・ω・)

2018-11-26_DSC09311.jpg
2018-11-26_DSC09313.jpg
紅葉は存分に楽しめるが、見頃はあと一週間くらいかな・・・

"ESCAPE R3" 初回点検

納車二ヶ月後に点検を受けに来るように指示されていたので、ジャイアントストア奈良店に出かけた。

2018-10-07_DSC09114.jpg
点検整備はみっちり30分ほどかけて丁寧に行ってくれた。
すこしガチャついていた変速機もチェーン洗浄等の効果で元通りシャキシャキ動作してくれるようになった。

ジャイアントストアの良いところは、定価販売の引き換えに毎年の定期点検までも無期限で無料サービスとなっている事。
フレームの破損も永久保証となっているし、これってけっこうすごく手厚いサービスではないかと思う。
自分のようなずぼらなヤツはタイヤ空気圧チェックや注油以外のメンテナンスなんてほぼやらないので、このサービスだけでもこの店で買って良かったとしみじみ思う。( ´ー`)

明日香村のポタリングまとめ

自分のようなサイクリングスタイルは、"ポタリング"と分類されるようだ。
スピード追求や長距離走行やヒルクライム挑戦などとは一線を引いた、自転車の気軽な楽しみ方の総称である。
日常生活では聞き慣れない単語だが、言葉の響きは悪くないので今後はそう呼ぶ事にする。( ´ー`)

さて。往路では"ならクルC7"コースを外れてしまった。そのために大きなロスが生じた苦い体験を踏まえて帰路は少しペースを落として慎重に標識を良く見ながら、帰途につくことにしたのだが・・・
"石舞台古墳"の周囲をいくらみてもその"C7"のスタート地点が見つからないのだった。どこにもその標識がない。焦った。( ≧Д≦)
時刻は予定を大きく超過していたので、迷わず郵便局に飛び込んで訊いてみたら誰も知らない。「サイクリングコースの事なら役場で訊いた方が良いよ。」とのありがたいアドバイスにより、すぐそばの明日香村役場に駆け込んだ。

2018-10-07_o.jpg
しかし、やはり大勢いた職員の誰一人として"くるマップ"の事を知らないのだった。みんなクルマだし自転車には関心がないのだな。(*´・ω・)
それはともかく。田舎の役場とあって職員はみな親切で、「二階に詳しい人がいるから待ってて。」と期待とともに待たされて約20分。結局その本人は現れずしびれを切らして立ち去ろうとしたら内線電話で何やら指示をしたようで、一階の職員が"くるマップ全図"を印刷してくれた。
で、このマップを見てそれでは役場から"C7"にたどり着くにはどう行けば良いのかを訊いてもやはり分からない。(*´・ω・)

2018-10-05_DSC09100.jpg
「ひょっとしたらそこの細い道がそうかも・・・」と教えられたのがここ。ビンゴ ! でした。
実に、役場玄関から200m くらいの地点だった。
県として力を入れているはずの"ならクル"コースの事を明日香村役場の人たちは誰も知らないのだという衝撃的事実だけが判明したのだった。

2018-10-05_DSC09101.jpg
すでに予定時刻を二時間近く超過しているが、それでもまだ14時。あせらずマイペースを保って帰る事にする。

2018-10-05_DSC09102.jpg
「二時間あれば十分帰れるはず。」と、帰路についた直後はまだこんな余裕があったのだが・・・

2018-10-05_DSC09103.jpg
やはりそれなりに疲れも出て来ていて・・・

2018-10-05_DSC09105.jpg
またまた、大和高田市に入ると標識を見落としてしまい、地獄を見た。いったんルートを外れるとどうしても"C7"に戻れない。( ≧Д≦)

2018-10-05_DSC09108.jpg
もう恥も外聞もなし。通行人やドライバーに聞きまくって何とかコースに復帰出来た。「今夜はこの標識が夢に出て来そうやな・・・」とつぶやいてしまうほど疲労が蓄積しつつあった。

2018-10-05_DSC09109.jpg
ようやく"飛鳥葛城自転車道"の起点に帰って来れた。やれやれ、ここから小一時間頑張ればウチに帰れると一安心。

教訓。知らない地方に遠出をする時はスマホが必須 である。
紙の地図ではどうしても肝心のターニングポイントが判別出来ないのだ。といっても、未だにスマホは持ってないし。
当分は iPad をポタリングに携行するしかないな・・・ま、その方が地図も見やすいし、と負け惜しみでおしまい。( ´ー`)

| NEXT≫