FC2ブログ

レザーシートのクリーニングには"クイックブライト"

2018-09-17_DSC08887.jpg
自転車シュギョーのアオリを受け、ほとんど置き物状態になってしまっている、もう一台の愛車。
とはいえ、こんなにデカイ"置き物"なのでその存在を忘れることはない。( ´ー`)
ようやくサイクリング熱も一段落したし、久々にメンテする事にした。
愛車となってからちょうど一年近くになるが、このクルマになってからずっと気になっていたのが内装の汚れである。
"Hi-Line"仕様でベージュカラーのレザーシートと内装。このクルマは2011年式で実に8年目になるわけだが、内外とも経年劣化というものをまったく感じさせない。何度か書いているが、汚れや変色などを心配して明るい色調のレザーシートを敬遠するのは馬鹿げている。
これまでのBMW車遍歴でも内装色はほとんどがグレーやベージュであり、しかも日常のこまめな手入れなどした事がないのだ。
とはいうものの、今の愛車で唯一の問題点が納車当初から気になっていた運転席周りの汚れ。(*´・ω・)
他の部分は新車同様に近いほどの良い状態を保っている。つまり、経年劣化ではなくて扱いの悪さによるものだと断定出来る。

2018-09-17_DSC08890.jpg
特にひどいのが、アームレスト。こんな変な汚れ方を見たのは初めてである。もちろん何度かクリーニングを試みたが無駄だった。
特に、右手でつかむ部分はどんな扱い方をしたらこんなになるのかと思えるほど、変色とともに多数の小傷がついている。

2018-09-17_DSC08893.jpg
シートも他のシートは新車同様といえるコンディションなのに、運転席のみ良く見ないと気が付かない程度だがシミや黒ずみがある。

2018-09-17_DSC08889.jpg
というわけで"クイックブライト"。アメリカ生まれのクリーニング剤だがかなり前に日本市場から撤退し、今は楽天市場でしか買えないようだ。
優秀な製品のはずだが、ネックはこのサイズだろうな。これでも数種類ある中で一番小さいサイズでお値段4,000円だから。
それはともかくとして、ネット情報ではクルマのレザーシートをクリーニングするにはこれ一択しかないらしい。
いや、何を云っている !? そんな事あるわけないはずで、世の中にはメーカー純正品を始めとして多数のレザーシート専用クリーナー製品が存在しているのだが、本当に効果があるのはこの"クイックブライト"だけのようだ。実際、数種類試した他の製品ではまったく効果がなかった。

2018-09-17_DSC08895.jpg
人畜無害でココナッツオイル主体の成分らしいが、気持ち悪いピンク色である。(;`ー´)
説明書では少し水で薄めるように書かれてあったが、効果がないようなので直接ウェスにすくいとって作業する事にした。

2018-09-17_DSC08896[4]
やはりウワサは本当だった。シートの黒ずみは完璧に消去され、カーペットの頑固な汚れも一部を除いてキレイになった。
特筆すべきは、ゴシゴシと力を入れずとも、軽く丁寧に拭き取るだけで汚れが落ちてくれるので作業がとてもラクな事。

2018-09-17_DSC08905.jpg
内張りの、靴先が接触して黒ずんでいた部分もあっさりと消えてくれた。

2018-09-17_DSC08901.jpg
スカットル部分に頑固に付着していた汚れも、さっとひと拭きするだけで跡形もなくキレイになった。

残念ながら、二枚目の写真のアームレストは汚れの質が異なるようでまったく効果がなかった。まったく、これほどクルマ全体のコンディションが良いというのに、前オーナーはよほど右手が汚い人物だったようで、もう諦めるしかないか・・・(*´・ω・)

結局作業時間はかなり丁寧にやって一時間もかからなかった。他の部分は作業の必要がないから。( ´ー`)

BMW 523i (F10) アクセサリー電源工事に挑む - 完結編

2018-05-25_DSC04499.jpg
今回の電源工事に使った資材と工具たち。真ん中にある赤い小さな部品が電源線分岐パーツ。

2018-05-25_DSC04505.jpg
作業にかかる前に、先人のアドバイスに従ってトランクルームにあるバッテリーのマイナスプラグを外しておく。

2018-05-25_DSC04484.jpg
これがターゲットである41ピンコネクタ。後からこの写真をみればピンと来たのだが、作業中は外すのに四苦八苦だった。
何しろ極めて触れにくいヘンな位置にあるため、仰向けに寝転んでダッシュボード一番奥の方までアタマを突っ込まないと作業が出来ない。
さらに、上半身をよじって腕を深く曲げてようやく手に出来るという厳しい体勢にならざるを得ない。
そして、ベルトのような部分を押しても弾いてもまったく外れてくれる気配がなく、ここでめげそうになったほど・・・(´д`)

2018-05-25_DSC04486.jpg
そして、一息入れて戻ってきたらピンと来たのだった。ベルト部分を手前にずらしてやればあっけなく外れてくれたのだった。
自慢じゃないが、毎朝ヨガ体操のプチトレーニングを続けている効果か作業後に身体があちこち痛くなるという後遺症はなかった。(;`ー´)

2018-05-25_DSC04488.jpg
ところが、またまた最後に難関が !! 配線が分からない !! ( ≧Д≦)
事前調査で14番ピンへの配線から取れば良いとなっていたのだが、コネクタ本体がカバーと一体化しているようで、どうしてもカバーとコネクタ本体の分離が出来なかった。そのため、どの線が何番に接続されているのかまったく判別出来ないのだ。
この時点で既に作業開始から2時間半近くが経過していて、もうこれ以上チャレンジするエネルギーが残っていなかったのだった。

2018-05-25_DSC04496.jpg
唯一のよりどころが、「緑色に白色の線」という事だけは分かっていたのだが、これがまた細い線の色分けが判別しにくく、白色なんてはっきりと見分けられる線がわずか一本しかなく、しかしそれは「青色に白色」なのだった・・・
結局最終的に選んだ緑色ベースの候補が三本もあり、とりあえず何となく白色にみえている線に見込みを付けた。
どうみても白色ではなく、不鮮明な薄い灰色にしか見えないのでとても自信が持てなかったのだが、他の線は、目がしょぼつきかけていた事もあり、緑色との組み合わせが黄色か橙色にしか見えなかったのだ。(´д`)

2018-05-25_DSC04503.jpg
先にアースを確保してと。アンダーカバー内を選択したのは、アースが容易に取れそうだというのが理由でもあった。

2018-05-25_DSC04504.jpg
そして、選択した配線に分岐コネクタを取り付けてバッテリーのアース端子を接続し、息を呑んでエンジンスターターボタンを押してみたら・・・まったく反応がない。エンジンスタートしても反応なし。失敗か !? ( ≧Д≦)

2018-05-25_DSC04508.jpg
モチベーションの限界に近づいていたので原因を追求する意欲などまったくなく、またまたバッテリーのマイナスを外し、予備のコネクタで再度試してみる事にした。今度は「緑に黄色」にみえていた配線にトライ。
これでダメだったら・・・何しろ開始後すでに3時間オーバー・・・もうあきらめるか・・・(;´Д`)

2018-05-25_DSC04506.jpg
バッテリーを元に戻し、おそるおそるエンジンスターターボタンを押して見ると・・・シガープラグのLEDが点灯 !
今度はビンゴだった !!
感動の一瞬だった。もう結果オーライ。本当に正しい配線になったという保証はないが、微弱電流しか必要ないHUD用なのだし。

2018-05-25_DSC04509.jpg
ようやく工事終了手順。HUDに飽きた時に外しやすいようシガーソケットはドライバーズポケットからアクセス可能な位置に固定した。
ドライバーズポケットの内部に配線を引き込んで収納したかったが、もうそのエネルギーは残っていなかったのだ。(´д`)

2018-05-25_DSC04521.jpg
今回の工事で活躍したすべての工具たち。※今回は使わなかったが基本的に電装品の加工では検電器やテスターが必須
最終的に、作業時間1時間程度の見積が苦労の連続で実に4時間近く費やしてしまった。
次に同じ作業をやれば1時間以内でこなす自信は出来たが、やはり二度とやりたくないというのが今の感想。(*´・ω・)

2018-05-25_DSC04529.jpg
めでたくエンジンスターターボタン連動となったヘッドアップディスプレイ。

2018-05-25_DSC04530.jpg
工事成功で気を取り直し、完成記念に反射防止シートを貼ってみた。
シートの効果は予想以上にクッキリハッキリで視認性もほぼパーフェクト。苦難にめげず頑張ったかいがあったかな。
今回の工事も、最後は「自分をほめてあげたい」の心境でした。おしまい。( ´ー`)

BMW 523i (F10) アクセサリー電源工事に挑む

少し前にヘッドアップディスプレイ(HUD)を取り付けて悦に入っていたのだが、宿題が残っていた。
「挑む」などと大げさな標題にしたのは、そううそぶきたくなるほど苦労させられたから。とにかくシロートなもので。( ´ー`)

2018-04-29_DSC04041.jpg
シガーソケットにプラグを差し込むだけというのはお手軽で良いのだが、常時オンのため乗り降りの度に抜き差ししなければならない。
これはやっぱり不便。一ヶ月近く経って、HUDに問題はなさそうだと判断し、電源工事をちゃんと済ませようと決意した。
しかし、以前の愛車"BMW 525i(E39)"などではグローブボックスからカンタンに取れたのだが"F10"では同じ手が使えない事が分かっていたので「あんまりやりたくないなぁ・・・(´д`)」と、出来るだけ先送りにしていたのだった。

2017-11-22_DSC02985.jpg
検索してみると、グローブボックス奥やオーバーヘッドコンソールから取り出す方法が多く見つかったが、どちらも気が進まないので、第三の方法としてステアリングシャフトの近くから取る方法を採用した。その理由はカンタンに出来そうだと感じたのだったが・・・

2018-05-25_DSC04516.jpg
まず、センターコンソール前端の先に伸びるカーペット固定ネジを取り外す。
その理由は、アンダーカバーの下部がこのカーペットに固くカバーされていて、そのままでは取り外しが困難なため。

2018-05-25_DSC04515.jpg
しかし、ネジを外しても中々めくれてくれない・・・

2018-05-25_DSC04514.jpg
他に固定しているようなネジが見当たらないので、思い切って「エイヤッ」と剥がすようにすると外れてくれた。

2018-05-25_DSC04512.jpg
アンダーカバーは同じくトルクスネジ二本で固定されている。
前述のカーペット部分がまだめくれていない状態だが、これは工事が終了してからの内装復旧時の撮影のため。
工事の着手当初はカーペットめくりの必要性に気づかず、かなり手こずったのだった。(´д`)

2018-05-25_DSC04511.jpg
ネジを外してからぐいっと引っ張り出せば、内側のフックが外れてくれるので、そのまま引き出せばOK。

2018-05-25_DSC04475.jpg
アンダーカバーの最奥部にも軽く噛み合わせ部分があるのだが、少し力を入れて引っ張れば外れてくれる。ダラーンとした黒いコードは、アンダーカバー内に押し込んであった HUDの仮設配線が顔を出してしまっただけ。

2018-05-25_DSC04483.jpg
今のクルマは、ほとんどの内装部品に電源や制御信号用のコネクタがくっついているが、このカバーにも重要パーツである OBDコネクタがしっかりと付いていた。こいつがどんなにやっても外れなかったのだが、一息入れて観察するとブルーの部品をスライドさせるのだなと気づいた後はカンタンに外れてくれた。と、書いてみたらそれだけの事なのだが、方法が分かるまでは外すのに四苦八苦して実に10~20分くらい作業が停滞してしまったのだった。とにかく、クルマの内装いじりはこれが大きなハードルのひとつになるので気が進まない。
各種のコネクタが多種多様の方法でガッチリ固定されていて、力任せにして良い事はほぼないので、身につけたノウハウ数の多少によって作業時間が大幅に変わってくる。このコネクタなど、構造が分かってれは数秒で外せるのだった。(;`ー´)

2018-05-25_DSC04509.jpg
ステアリングシャフト右側にあるドライバーズポケット。二本のネジを外して、力を入れて引き出せば内側のフックが外れてくれる。
この付近から電源を取れればラクなのだが、そう甘くはないのだ。

2018-05-25_DSC04478.jpg
ターゲットとなるコネクタはステアリングシャフト最奥部の、しかも左側の更に上方にあるので、ここからはアクロバティックな体勢を余儀なくされる事になるのである。以下、次号に続く。(*´・ω・)

プロセッサーの次はヘッドアップディスプレイ !! ( ゚∀゚)

2018-04-29_DSC04056.jpg
"ゴルフ6"の計器盤。

2018-04-29_DSC04042.jpg
"523i"の計器盤。デザイン自体は両車とも問題を感じていないのだが、"ゴルフ"にあって"523i"にないものがいくつかある。
それは、シフトポジション表示と後席シートベルト警告それにデジタルスピードメーター。
その中でずっとしゃくだったのが、最後の"デジタルスピードメーター"。必需品というわけではないしBMWのメーターの視認性にも何ら問題はないのだが、走行速度がひと目で判別できるデジタル表示は「ないものねだり」とはいえオーバーにいえば憧れでさえあった。
しかし、実は"523i"にもその機能はあるのに日本仕様では封印されているのだという事を最近になって知った。
クルマの機能を変更する裏技である"コーディング"によってそれは可能になるのだが、速度は日付表示部に表示されるのため、位置が低い上に文字が小さくて視認性が良くないし、コーディング自体があまり気が進まない事もあり諦めていた。(*´・ω・)
ところが、ある日ひょんな事から悩みを一気に解消してくれる素晴らしい製品を見つけたのだった。

2018-04-29_DSC04046.jpg
憧れのデジタルスピードメーター、しかもフロントガラスに表示される"ヘッドアップディスプレイ(HUD)"。( ゚∀゚)
BMWにももちろんオプション設定はあるのだが、"イノベーションパッケージ"として他の機能と抱き合わせで299,000円。とても手が出ないし後付もおそらく不可能。それがスピードメーターのみとはいえ、取付わずか 3分で実現してしまったのだった。
まぁ、恐ろしく安い製品なのでダメだったとしても笑い話で済むのだが、レビューがすごく高評価なので期待はしていた。

2018-04-29_DSC04010.jpg
それが"ニコマク HBX67"。何と、アマゾンでのその価格は実に 2,980円 !! 衝撃である。アマゾンなので税込みで送料も無料。聞いたこともないメーカーなのは別に良いとしても、それにしてもこの価格は・・・ホンマに使えるのか、これ !? (。゚ω゚)

2018-04-29_DSC04007.jpg
製品構成はたったこれだけ。ヘンな日本語の説明書も付いているので基本的な使用方法は理解出来る。( ´ー`)
調べてみると、この種の製品は沢山販売されているがそのほとんどがクルマのコンピューターシステムと接続して情報を専用ディスプレイに表示するタイプ。直接接続なので精度は問題ないにしても、取付工事が若干面倒だし必然的にある程度高価になる。
その点、この製品はダッシュボード上の前方にゲルシートを敷いて本体をポンと置くだけ。

2018-04-29_DSC04041.jpg
本体の位置と角度を調整し、電源をシガーソケットに差し込んでおしまい。( ´ー`)

2018-04-29_DSC04052.jpg
写真ではシャッタースピードの関係もありかなりぶれて見えるが、実際にはほとんど気にならないし、付属の反射防止シートをフロントガラスに貼り付ければ見事にクッキリと表示されるようになるのだが、それはしばらく様子を見てからにしよう。
気になる精度は、60km/hまでなら プラスマイナス 1km/h 程度という素晴らしい性能である。グリーンの発色も適切だし、明度自動調整機能により、晴天時でもちゃんと判読出来る。GPS方式なのでトンネルでは0km/hとなるようだが、欠点にはならない。
電源オンから衛星電波の受信完了まで20秒程度だが、短時間の再使用ならほとんど瞬時に受信完了となり使い勝手も満点。
スピードメーターに特化しているが、付加機能として速度警告も可能になっているが、"523i"には標準装備なので特に必要ない。
ムリに弱点を探すと、実際の速度と表示結果にわずかなタイムラグがある点のみ。こんな素晴らしい製品が衝撃の 2,980円 なのだ。
多数のレビューは軒並み好評なので耐久性等の品質についても、心配ないと"思われる"。( ´ー`)

2018-04-30_DSC04159.jpg
BMWのシガーソケットは常時通電式なのだが、車外からもからハッキリ見えるので電源の外し忘れはないだろう。
後付の宿命で露出配線となるが、ACC電源との接続を含め、きっちりと処理するのはある程度使い込んでからにする。
それにしても、こんな製品がなぜ国産品で存在しないのか不思議だが、こんな値段で出されたらもう勝負にならんよな。
ひそかに念願だった"HUD"。各種の製品は様々な情報が表示出来るようになっているが、しょせん本当に必要なのスピードメーターとしてだけではないかと思う。見事なニッチ製品に拍手 ! ( ゚∀゚)

BMW(F10) "プロセッサー"導入でオーディオ天国完成 !!

2018-04-07_DSC07780.jpg
"BMW 523i Hi-Line"が愛車となって早くも半年が過ぎた。相変わらず完全ノートラブルで快調である。

2017-11-19_DSC07219.jpg
ただ、クルマとしてはケチのつけどころがないのだが、最大の不満が"サウンド"である事は何度も書いた。
意を決して DIY でスピーカー交換工事を敢行したのだが、「あれ ? あんまり変わってない !? (*´・ω・)」と気落ちして終わっていた。
しかし、格段に高品質なスピーカーに交換したのだから良くなっていないはずがない。実際、ある程度ボリュームを上げて行くとどんどん音質が向上し、「ちょっと大きすぎるかな ?」というレベルまで上げると、スピーカーが発するサウンドが直接耳に入って来るようになり、不満はほぼなくなった。はっきりとスピーカー自体の品質を体感出来たのだった。
純正スピーカーではボリュームを上げれば上げるほど、単にうるさくなるだけだったので、やはり効果はてきめん。
・・・なのだが、もう十二分にオトナになってしまっている事もあり、バカみたいな大音量で聴くことはほぼない。いや、まったくない。
中程度以下の音量では、社内の音響特性の方が勝ってしまい、スピーカー交換だけでは音質向上に限界があるのだと痛感した。
前車(F30)でのスピーカーの交換後はほぼ納得出来る音質向上があったのだが、このF10(エフテン)ではそうはいかなかった。

2018-04-27_DSC07807.jpg
音の悪さが気になってくると、車内で音楽を聴く気になれなくなってしまった。乗ってるだけ、のんびりドライブしてるだけで気分が良いクルマなので、別に音楽なんかなくたってかまわないというのも事実であり、達観した気分だったのだが・・・
しかし。けっきょく二ヶ月近く経過して「やっぱりイイ音で音楽も聴きたい !」との不満レベルが爆発寸前に達して来ていた。
クルマの中では割とFMラジオを良く聴いているので、基本的に音楽放送局であるFMの音質が悪いとストレスがどんどんたまるのだ。
現状ではFM放送であってもAMのような音質にしか聞こえないという情けないレベルなのである。(*´・ω・)
そんなわけで、またまた「ソニックプラスセンター大阪(サウンド21)」へ。

2018-04-27_DSC07790.jpg
事前に相談済みだったので、最小限の投資で一発問題解決期待のアイテムが"プロセッサー"。一昔前に流行った"DSP"である。
ただ、単に"プロセッサー"と呼ばれるようになった昨今では"サラウンド効果"の強調などではなく、あくまで車内の音響特性を補正して、オーディオ機器本来の性能をフルに発揮させるという重要な役割になっているようだ。正に現在の自分のニーズにぴったりである。
"DSP"のウンチクについては、ここが分かりやすいので興味があればどうぞ。

2018-04-27_DSC07794.jpg
選択したのは、ベノム社の"PANDORA VPR-4.6DSP"。アンプ内臓なのに、この種の製品としては超低価格の65,000円である。
もちろん、こんなのは半月ほど前までは全然知らなかった。何となく訪れたショップで、おすすめ商品として教わったのだった。
"プロセッサー"を導入するにしても予算は10万円。それ以上コストをかけるつもりは全くなかったのだ。
実際にはもっと安い製品もいくらか存在するのだが、価格と性能を考えるとこの製品が唯一無二との事だった。
行きつけの"サウンド21"ではこんな予算では到底ムリだろうと「セカンドオピニオン」のつもりで相談してみたのだったが、その後ダメ元で島田社長に打診してみると意外な事にあっさり「その予算でOK。4月中に施工も可能。」と快諾されたのだった。( ´ー`)
気持ちよく相談に乗ってくれたそのショップには申し訳ない気持ちもあるので紹介しておこう。
大阪府寝屋川市にある"カーオーディオスタジアム"さん。実績充分のようだし、とっても親切で印象の良い店でした。

2018-04-27_DSC07799.jpg
工賃節約のため、作業はトランクルーム内だけとの事で、入庫するとたちまち内装が撤去されて作業開始となった。

2018-04-27_DSC07795.jpg
そんなわけで、ほとんど撮影の機会もないし、のんびりと店内で休憩、といきたいところだが、作業内容によっては当日中に終わらない可能性もありとの説明を事前に受けていたので昼過ぎには退散し、自宅待機とした。

2018-04-27_DSC07810.jpg
鋭意施工中の様子。これだけ見るとシロート目には半日もかからないようなものだが、取り付けてコネクタを接続しておしまいというわけにはいかない種類の製品という事も承知している。複雑で緻密で高度なスキルを要する"調整作業"がはるかに重要なのだ。
そんなわけで、10時前からの開始でほぼ丸一日経過した17時過ぎに完了報告があり再出撃。そして・・・

施工後のサウンドについては、一聴して別次元のレベルになっていた。写真で音質を表すのはムリなのだが、例え"YouTube"などに載せたところで、きちんと音質性能を伝えるのは不可能なのでやめておく。オーディオ評論家先生のようには書けないが・・・
とにかく結果は今度こそ 劇的向上!! となったのだった。( ゚∀゚)
超低域から超広域までバランス良く響き、ボーカルはきちんと前方に定位し、音の解像感もクッキリ。耳を澄ませば個々の楽器の演奏をきっちりと聴き分ける事が出来る、「臨場感のある瑞々しい音」となり、渇望していた"カーオーディオ"と呼べるレベルになった。
例えて云うなら、純正スピーカーが壁一枚隔てた場所で聞こえる音。スピーカー交換後は分厚いカーテン越しに聞こえる音。そして、今は、自宅オーディオをそのまま(※)聴いているかのような感覚であり、クルマとしてはパーフェクト。
※実際には差はあるがそれをゼロに近づけようとこだわり出すと、恐ろしいオーディオ地獄が待ち受けているので、そこには決してて踏み込まない事にしている。(*´・ω・)

今や、ボリュームを上げなくても不満のない素晴らしいサウンドを聴かせてくれるようになった。
「ひょっとしたら純正スピーカーのままでも良かったのかも・・・」と思わせるほど"プロセッサー"の威力は絶大だった。
わずか工賃込み10万円という投資額でこれほどの効果が実現するとは期待していなかった。もうこれ以上は望まない、満点である。
これで唯一最大の弱点もなくなり、ますます乗る事自体が楽しみとなった"523i"。
今度こそ10年間は付き合えそう・・・と望む。( ´ー`)

| NEXT≫