FC2ブログ

道頓堀で超絶美味いお好み焼き再発見 ( ゚∀゚)

7月23日。連日のうだるような不快な熱さにもめげず、なぜか長時間ウォーキングの修行に励んでいた。( ´・ω・`)
いや、修行を通り越して"苦行"に近かった。もうとっくに、お世辞にも若者とはいえない身体になっているというのに・・・
実に、天王寺の「あべのハルカス」から「JR大阪駅」まで決死のウォーキングを敢行した、いや、強いられたのだ。非情な隊長に。(;`ー´)

2017-07-23_DSC06678.jpg
ここは、その"苦行"のゴールを期待していた実に 5年ぶりの「道頓堀」。その先の「心斎橋筋」以降は完全に若者の町である。
ただし「道頓堀」は、大人にとっても「食の天国」でもある。
時刻は12時少し前だったが、フツーなら、自分としてはこんな場所で12時にランチしようという発想そのものがあり得ない。
しかし、この時の隊長はまったく意に介さない。「もう昼時やしこの辺でランチやな。」(;`ー´)

2017-07-23_DSC06683.jpg
鶴の一声で、きっちり12時に雑居ビルの一角にある「ぼてじゅう」に突撃となった。エアコンも何もないビル内の廊下 & 階段室で待たされる事約30分。繰り返すが、自分ではあり得ない選択だが、とにかく権限を一任しているので文句を言えた筋合いではない。(;`ー´)
「ぼてじゅう」とは、大阪人ならたぶん知らない人はいないはずの"お好み焼き"の名店チェーンである。

2017-07-23_DSC06684.jpg
はっきりいって「どうせチェーン店のお好み焼きやし・・・」となめていたのだが、一口食しただけで驚嘆した。(。゚ω゚)
「う、美味い !! これ、めちゃくちゃ美味いやんけ !!」と思わず素直で純粋な感想が口をついて出たのだった。「ぼてじゅうのお好み焼きって、こんなに美味しかったのか !?」
お連れ様がものの10分程度で平らげたのを無視して、30分くらいかけて一口ずつ、じっくりと味わっていた。( ´ー`)
とにかくその旨さに驚いた。味わうのに夢中で、撮影さえ数枚で終わってしまったほどなのだ。
卵と山芋等の風味たっぷりの生地もソースも「これぞお好み焼き !!」とガッポーズまではしなかったが本当に美味かった。
炎天下の長時間ウォーキングと、その後の生ビールの効果もあっただろうが、掛け値なしの一級品である
「日本一のお好み焼き」と評価した、東京都大田区のあの店や、おそらく大阪の超人気店の「きじ」にも負けてないだろう。
チェーン店でこの品質はオドロキ以外の何ものでもない。思い起こせば、大手のチェーン店になったというだけで敬遠していた「ぼてじゅう」さん、参りました恐れ入りました。完全にお好み焼きのシュギョー不足。不覚を恥じ入る次第であります。( ;´・ω・`)

2017-07-23_DSC06688.jpg
食後の腹ごなし、というより天王寺からの行脚で、これでも目的地のしばらく手前だった「中之島公会堂」。

2017-07-23_DSC06691.jpg
そして、道中のそこかしこで、まさかの「ポケモンGO!」マニアが未だに生息していたのも別のオドロキだった。( ´ー`)

楽しいどうぶつえん(;`ー´)など

2017-07-23_DSC06634.jpg
長年住み慣れた大阪だが、まだまだ知らない場所がたくさんある。この「茶臼山」も未踏の地のひとつ。
ここが悲運の名将真田幸村最期の戦いの地である事を知らない人はいないだろう。
・・・などとカッコつけてみたが、自分は知らなかった。去年の大河ドラマでもそんな印象はなかったし。(;`ー´)
ところで耳慣れた名称だと思ったら「茶臼山」と呼ばれる山は全国に200箇所もあるらしい。

2017-07-23_DSC06629.jpg
緑色の水面に映える真田カラーがとても美しい「わけばし」。(名称は後で調べた)

2017-07-23_DSC06632.jpg
天王寺公園のすぐそばにあるので、どこからでも通天閣が目に入る。( ´ー`)

2017-07-23_DSC06637.jpg
そして、気まぐれで小学校の遠足以来約半世紀ぶりの「どうぶつえん」へ。( ´ー`)

2017-07-23_DSC06641.jpg
動物園で動物を撮るなら高倍率ズームレンズが必携なのだが、ここは予定外の行程。
今回はお気楽コンデジの"RX-100M3"しか携帯していなかったため、自分が寄るしかないのだった。(;`ー´)

2017-07-23_DSC06645.jpg
いつものんびりのキリンさん。ここでは寄るといってもこれが限界。

2017-07-23_DSC06650.jpg
シマウマを見ると「マダガスカル」を連想するのは自分だけ ?

2017-07-23_DSC06654.jpg
こっちは、連想しなかった・・・
落ち着いているが、この直前に少し仲間げんかがあって、その咆哮はさすがの迫力だった。

2017-07-23_DSC06655.jpg
屋外で放し飼いのトラさん。だらだらと狭い敷地内を行ったり来たりを繰り返していて、ちょっと気の毒になった。( ´ー`)

2017-07-23_DSC06658.jpg
こいつらは屋内の空調の効いた涼しい部屋で快適に過ごしておられました。

2017-07-23_DSC06625.jpg
自分にとっては忘れられない想い出の「大阪市立美術館」。( ´ー`)
もう長い間ここには来ていないが、過去にはホームレスのブルーシートテントが周辺部に密集していて環境最悪だった。数年前に市が本腰を入れてすべて退去させたようで、今ではきれいに整備されている。

新世界

2017-07-23_DSC06659.jpg
天王寺公園を出るとそこは「新世界」。素晴らしい夢のある名称なのだが・・・(;`ー´)

2017-07-23_DSC06669.jpg
かつての大阪一の高さを誇ったシンボルタワー。今は300mの「ハルカス」に見下されるばかりの存在。( ´ー`)

2017-07-23_DSC06671.jpg
そういえば、地上からのエレベーターが見当たらないし、展望台にはどうやって登っていくんだったっけ ? (;`ー´)

2017-07-23_DSC06666.jpg
「コテコテ大阪」の面目躍如な風景。

2017-07-23_DSC06662.jpg
2017-07-23_DSC06665.jpg
2017-07-23_DSC06664.jpg
子供の頃はいつも「夜店」で夢中で遊んでいたスマートボール。すっかり大人のニッチな娯楽になってしまった。( ´ー`)

2017-07-23_DSC06672.jpg
大行列でおなじみの、さしもの超人気店も、さすがに開店前は静かなものでした。
小出しにしている大阪ウォーキング、まだまだ続くぞ・・・( ´ー`)

天保山

2017-07-22_DSC06525.jpg
優に8畳間くらいはありそうな、あべのハルカスのエレベーター。
アパートの部屋で「ここはエレベーター ?」とオードリーが無邪気に言い放った「ローマの休日」の名セリフを思い出した。

2017-07-22_DSC06533.jpg
洗面所まわりもなかなか豪華。

2017-07-22_DSC06532.jpg
すべてが揃っている。持ち帰りたい衝動を何とかガマン。いや、大体自分が宿泊しない他人の部屋だし。( ´ー`)

2017-07-22_DSC06596.jpg
「いいね !!」と思わずつぶやきたくなったハイセンスなヘルスメーター。

2017-07-22_DSC06537.jpg
かっこいいデザインのコーヒーメーカーも。

2017-07-22_DSC06541.jpg
さて。部屋を出て天保山へやって来た。標高4.53m ! となっている。( ´ー`)
元々は浚渫(しゅんせつ)工事で出た土砂を積み上げた20mほどの人口の山だったらしい。
「日本一低い山」だったはずだが、今は仙台市に 3m ! の山が認定されたのでその栄誉はなくなっているようだ。(by wiki)
もちろん撮影時はそんな事知るはずがないし、「おぉ、これが有名な・・・」と感心していた。看板もそのままだし。(;`ー´)

2017-07-22_DSC06550.jpg
たぶんハルカスのホテルよりも豪華な大型客船「スーパースター・ヴァーゴ」号

2017-07-22_DSC06551.jpg
何しろ全長286m ! 24mm程度の広角レンズでは、なかなか収まってくれない・・・

2017-07-22_DSC06552.jpg
船首をかなり通り過ぎて、この位置で何とか撮れたと思ってたら、まだアタマが切れてたな。( ´ー`)

2017-07-22_DSC06547.jpg
観覧車はいつ見てもいいもんです。

渡し船とユー・エス・ジェイ

2017-07-22_DSC06554.jpg
天保山から渡し船で対岸の USJ を目指す。大阪港付近は河川で陸地が寸断されているのためか渡し船が現役なのだ。

2017-07-22_DSC06558.jpg
隊長によると、大阪市内の渡し船はすべて無料なのだそうだ。全然知らんかった。(;`ー´)

2017-07-22_DSC06561.jpg
一応撮影禁止となっているが誰も気に留めない。大体、ぐらぐら揺れまくってまともに撮れんし。(;`ー´)

2017-07-22_DSC06563.jpg
復路で乗り込んでくるのは全員外国の方々でした。

2017-07-22_DSC06566.jpg
クリックすると拡大写真を表示。あれ、また船首が切れてた・・・(;`ー´)

2017-07-22_DSC06571.jpg
自分としては10数年ぶりのユー・エス・ジェイ。傾き補正、あえてしてません・・・

2017-07-22_DSC06572.jpg
ちょっとオドロキだったのが、土曜日夕方というのにゲートの行列がなくて閑散としていたほどの状態だった事。

2017-07-22_DSC06576.jpg
当然のように、場内はミニオンだらけ。

2017-07-22_DSC06581.jpg
クリックすると拡大写真を表示。一見したところちゃんと撮れてるように見えるが、コンデジでテキトーに撮っただけなのでコースター部分は若干ぶれてます。SS 1/400に過ぎないもんで。( ´ー`)

2017-07-22_DSC06587.jpg
一連の写真ではいかにも入場したように見えるが、実際は入場していないので料金ゼロ。
USJフリークの隊長は入場したかったらしいのだが、独断で却下したのだった。( ´ー`)

2017-07-22_DSC06622.jpg
電車でハルカスに戻り、広大なエレベーターに乗ってディナータイム。

2017-07-22_DSC06594.jpg
常連客の友人(隊長)のおかげで、都ホテルのしゃれたラウンジでぶっ倒れるくらいの高級ワイン飲み放題とローストビーフやオードブル三昧にもかかわらず、信じられないほど会計が安く済んだ。謝謝。( ´ー`)

2017-07-22_DSC06611.jpg
クリックすると拡大写真を表示。
ハルカス60階の展望台。別に出来が良くはないが、めったに撮る機会がない都市夜景なので。

2017-07-22_DSC06616.jpg
クリックすると拡大写真を表示。もちろんレインボーはインチキ。
フォトスポットの客寄せ用ギミックで、ガラス窓に映っているだけ。でも、とってもイイ感じではある。

ワインが効いた事もあり、さすがに足元フラフラの疲労困憊。歩数計によると、この日は 13000歩だった。