FC2ブログ

郡馬のだるま寺

2015-04-24_P1010729.jpg
大阪の「勝尾寺」のような寺が群馬県にもあった。その名は「少林山達磨寺」。強そうな名前ですな。( ´ー`)
※ロゴを入れ忘れたが機材はすべて"FZ-1000"

2015-04-24_P1010726.jpg
何と、積みあがっただるま達のてっぺんに"MINI"のだるまさん。販売絶好調のようだ。( ゚Д゚)

2015-04-24_P1010738.jpg
イイ感じで苔が生えているな。

2015-04-24_P1010736.jpg
ここでも、しばし写真のシュギョーに励む事になった。(*´~`*)

2015-04-24_P1010750.jpg
2015-04-24_P1010748.jpg
2015-04-24_P1010760.jpg
2015-04-24_P1010758.jpg
2015-04-24_P1010755.jpg
2015-04-24_P1010762.jpg
2015-04-24_P1010764.jpg
2015-04-24_P1010732.jpg
手入れの行き届いたきれいなお寺でした。これだけ整備が行き届いていても入場無料なのが素晴らしい。( ´ー`)
さてと。シショーもお疲れだし、そろそろ帰還の予定が迫って来ていたので、ここは小一時間で終了となった。

ほのぼの母娘を見かけたので

2015-04-24_P1010680.jpg
ここは、群馬県内のとある公園「鼻高展望花の丘」の花まつり会場。どんより曇った空がうらめしいのだが、花の美しさには関係なし。

2015-04-24_P1010678.jpg
良く知らないが芝桜はなかなかの出来なのかもしれない。自分としては特に好きではないし感銘は受けなかった。

2015-04-24_P1010684.jpg
ゆったりと散歩しながらしっかり支える母親孝行なお嬢さん。

2015-04-24_P1010664.jpg
ブルースカイならいう事なしだったのだが。今日はこんな按配なのであまり空を入れない事にした。(*´~`*)

2015-04-24_P1010666.jpg
地上の花に集中。よぉし、くっきりはっきり撮れたぞ。(^◇^)

2015-04-24_P1010691.jpg
"FZ-1000"の扱いにも少しは慣れて来た。もう"NEX"はいらんかも・・・いいのか、それで ? (*´~`*)

2015-04-24_P1010686.jpg
どっかで見たようなカメラマンも久々の出動とあってビシバシ撮っておられました。(;`ー´)

2015-04-24_P1010692.jpg
2015-04-24_P1010694.jpg
2015-04-24_P1010696.jpg
背景のぼけ具合などは、理屈上は"NEX"が 1ランク上のはずなのだが・・・

2015-04-24_P1010701.jpg
精緻な画が撮れたところで、何しろパソコンモニタかせいぜい"iPad"で見る程度なので、もうこれで十分満足な水準といえる。

2015-04-24_P1010705.jpg
心温まる風景。別に娘さんのお顔を隠すべきとは考えたわけではなかったが、偶然こうなってしまって結果オーライ。(*´~`*)

2015-04-24_P1010712.jpg
そんなわけで、今回の主役はこの孝行娘さんに決定。( ´ー`)

渡辺牧場・・・

2015-04-24_P1010619.jpg
草津から群馬県某所に向かう途中、「渡辺牧場」に寄ってみる事にしていた。

2015-04-24_P1010627.jpg
割と有名な観光地のはずなのだが、いざ行ってみると何と入り口付近は廃棄物やごみのようなものが山積されていて人気もなく、とても営業している様子がないので早々に諦めた。

2015-04-24_P1010624.jpg
奥の方の耕作地に人が何人かいるにはいたが、かなり遠くの方で作業されていて声をかけるのもはばかられる状態。( ´・ω・`)

2015-04-24_P1010634.jpg
黙々と作業中。

2015-04-24_P1010633.jpg
牛や山羊を撮りに来たのだが仕方ない、代わりにキレイな畑でも・・・

2015-04-24_P1010643.jpg
2015-04-24_P1010639.jpg
2015-04-24_P1010647.jpg
手前の道路脇にはまだまだ見頃の桜が多数あったのが収穫。( ´ー`)

高原道路を駆け抜けろ (^◇^)

2015-04-24_P1010592.jpg
今回のドライブツァーの目的のひとつが、"万座ハイウェイ"から"志賀草津道路"を走破する事だった。
早めの朝食を済ませて意気込んでホテルを出発したのはいいが、いきなりスタートでつまづいた。
何と草津方面は朝8時まで通行止めなのだった。( ゚Д゚) どこも凍結などしてないのだが、安全第一ってとこか。

2015-04-24_P1010593.jpg
はやる気分を抑えつつ、約20分ほど待機。これは志賀高原側のルート。

2016-04-24_DSC04967.jpg
ようやくゲートが開き、遅い先行車をたちまちぶち抜いて猛然と駆け抜ける !!

2016-04-24_DSC04965.jpg
・・・ってほどでもない。自転車も少なくないし、まぁまったりと走行する事にした。それにしても健脚な人が多いもんや。( ´ー`)

2016-04-24_DSC04964.jpg
オープンカーが最もうらやましくなる季節とシチュエーション・・・

2016-04-24_DSC04963.jpg
残念ながら眺めの良さそうなスポットはすべて駐停車禁止となっていて、随所に監視員までいるのでひたすら走り抜けるしかない。

2015-04-24_P1010595.jpg
ようやくたどり着いた、最初のフォトスポットにて。

2015-04-24_P1010597.jpg
下界を見渡すと、ぞろぞろとファミリーカーが登って来るところだった。

2015-04-24_P1010601.jpg
再発進後、ガマンしきれず少し激走して下ったところにもフォトスポットがあったので、既に死語となったかもしれない"激写"。

2015-04-24_P1010598.jpg
2015-04-24_P1010604.jpg
2015-04-24_P1010606.jpg
2015-04-24_P1010608.jpg
2015-04-24_P1010610.jpg
2015-04-24_P1010611.jpg
2015-04-24_P1010617.jpg
気分良く駆け抜けて、高原を下りきる前に一休み。

上田城 その2

ニューウェポンの"FZ1000"を手に入れたのは良いが、「なんじゃこりゃ !?」の駄作を量産して悩んでいた。( ≧Д≦)
ファインダーをのぞいてシャッターを切ると、大半が白っぽい露出オーバーなものしか出来上がらず、いくら絞りや露出調整をしても改善されないため、「もしかして不良品 ??」とさえ疑っていた。

2015-04-23_P1010557.jpg
そして、この地に来て石垣を撮ってみてようやくひらめいた。「何でこんな画にしかならんねん !?」と嘆きつつ設定項目をあらためてチェックしてみてようやく謎が解けた。何と"ISO=800"固定となっていたのだ。( ゚Д゚)
"FZ1000"の膨大なメニュー項目をみていくうちに無意識にセットしてしまっていたらしい。
そりゃことごとくハイキーになって当たり前やって・・・それにしても今まで気付かなかったのが間抜け過ぎのトホホだった。

2015-04-23_P1010558.jpg
とりあえず"ISO AUTO"にしてみたらば、あら不思議。ファインダーで見たままの画になった。(*´~`*)

2015-04-23_P1010569.jpg
これでようやく不安解消。ビシバシ撮るぞ~。

2015-04-23_P1010553.jpg
明日になったらごった返すのだろうな・・・

2015-04-23_P1010565.jpg
そうこうしている内に、そろそろ予定の時刻が迫って来た。

2015-04-23_P1010571.jpg
後ろ髪を引かれつつ、上田城を後にする。

2015-04-23_P1010573.jpg
この地域ではまだまだ桜も健在だった。

2015-04-23_P1010576.jpg
上田市から長野街道を走破して"万座ハイウェイ"をゆったりと駆け抜け、2時間ほどで「万座高原ホテル」に到着。
軽装では寒く感じる、10度を下回る気温で、山には雪がそこかしこに残っており、じんわりとリゾート気分が湧いて来る。

2015-04-23_P1010581.jpg
説明不要とは思うが、"万座高原ホテル"はプリンスホテル系列でスキーヤーのための定番ホテルである。シーズンオフとあってか、カンタンに予約が取れた上に、四人部屋が用意されていた。そして、安い方の部屋なので窓からの眺めはよろしくないのだが下界に目をやると何と混浴露店風呂が一望に出来るのだった。着衣の混浴とはいえ、何だかドキドキ。ま、撮影は止めておこう・・・( ゚Д゚)

2016-04-23_DSC04948.jpg
別の露天風呂でゆったりと旅の疲れをいやした後は、お決まりのバイキングディナー。とにかく年間通してカロリー制限中につき料理の取り過ぎに注意し、最小限のメニューとした。そもそも品数が多くなく、残念ながら天ぷらや刺身(寿司)などもないという淋しさ。
事前調査で分かっちゃいたが、実際に食したお味の方は並みのスーパーのお惣菜レベルであまり見栄えも良くない。しかし、ここで料理の質についてとやかく云ってはならない。何しろ、この時期の土曜日なのに一泊二食でしかも飲み放題付き 14,900円という激安なのだ。
想定客層が違うわけ。上質で豊かな食事タイムを過ごしたいという場合は、ここはとてもお勧め出来ないとだけ書いておく。
とはいえ、カジュアルホテルらしく、コンビニや自販機も完備しているので、コスト重視派ならOKと。ちなみに、飲み放題は1,000円のオプションだったが、久々に生ビールやチューハイをがぶ飲みしてじゅうぶん元は取ったぜ。ゲップ。(*´~`*)

| NEXT≫