FC2ブログ

究極のコンデジ現る

所有する三台のカメラの性能にほぼ満足していて、常々書いているが世間の撮影機材の動向にはまるで関心がない。
しかし、ふとした事からつい最近になってとんでもないカメラが存在するのを知って狼狽した。( ; ゜Д゜)
そいつの名は"SONY DSC-RX100M6"。特にSONY党というわけではないのだが、またまたソニー !! やってくれた !!

2019-03-22_RX100M601.jpg
"RX100"の小さなコンデジボディの中に、でかくてごつい手前のカメラ"FZ1000"の機能が一体化した事になる。
「コンデジ」とひとくくりに表現してはいるが、実際には同じ分野でこの"RX100M6"よりはるかに安くてずっと高倍率ズームの製品も複数存在している。それらの製品との決定的な差別化要素がカメラの生命線である、撮った写真の"画質"。
贔屓目でなく"快挙"。マニアにまではならない一般ユーザー用として最高機能のキラーツール誕生なのだから仕方ない。
・・・などとエラそうに書いてるが、この製品は半年も前に発売されていたのだと知って更に愕然とした。全然知らんかったのだ。
いや、もうこれがあれば一眼レフまでいかない一般ユーザーにとって他のカメラは本当に要らんよな。(値段を別にしたら)
価格がかぶるSONYの"RX10"なんか、完全に存在理由がなくなってしまったようでユーザーにはご愁傷様です。

2019-03-22_DSC05198.jpg
小さなコンデジの"RX100M3"。これが発売された時にも「これはもう買わない理由がない !!!」だったので速やかにゲットした。
手前のPanasonic"FZ1000"も同様。羨望の高倍率ズーム機がモデル末期で 5万円に値下がりしたのをみて速攻ゲットしたのだった。
今回も同様の事態。物欲モリモリなのだが、問題はお値段。現時点で 12~14万円。※"RX100M3"は 8万円台だった。
"RX100M6"。ライバルの存在しないオンリーワンのすごい製品であり、その価値はあるとは思うが・・・( ; ゜Д゜)

2019-03-22_DSC05203.jpg
最初は喜んで撮りまくっていたものの望遠撮影そのものに次第に関心がなくなり、大きくて重いしでこのところ死蔵に近くなっている、高倍率ズームのためだけに買ったような"FZ1000"。ポタリングを始めてからは完全に出番がなくなった。
小型コンデジとのズーム能力の差は圧倒的だったのだが、何とこの二台の機能が"RX100M6"一台に収まる日が来るなどほぼ期待していなかったのに、こんなに突然その日が来るとは・・・しかし"M6"はやっぱり高いし、あと半年くらい待つか・・・( ;´・ω・`)

とウジウジ考えつつ、ヤフオクでチェックしてみると、"RX100M3"と"FZ1000"の二台合わせて 7万円近くにはなりそうなので、5万円程度でこのスーパーウェポン"RX100M6"が手に入る事になるのだな・・・
気が付いてみると、"M3"もいつの間にか購入後 5年近くになる。"M6"はもちろんズーム性能だけでなく全方位的に進化していて、"M3"で物足りなかった・不満のあった要素を100%以上クリアしているのだ。ますます買わない理由がない。
いや、それでもやっぱりお値段が ・・・ たぶん夜中に酔いに任せてポチっといきそうな予感・・・( ;´・ω・`)

カメラの日付設定をチェックしろ

2018-07-16_DSC04665.jpg
時が経つのが早いといえば、"RX100M3"を手に入れた記事を書いたのがちょうど四年前になる。
ちゃんと写るカメラなのに"小さくて軽い"というメリットは健在で、トレッキングやサイクリングでなくとも手放せないアイテムである。
最新型で、このサイズのまま超望遠ズームまで実現しまったのはSONYの執念には大拍手であるが、まぁ今はお値段もそれなりなので手を出す気にはなれない。もし手に入れたら"FZ1000"の存在価値はほぼなくなるので早めに処分という手もあるが、ぼんやり検討中。( ´ー`)

2018-07-15_DSC04664.jpg
そして。常用機であるがゆえに、全然気にしていなかった日時設定に重大な問題が発生していた事が判明した。
先日のトレッキングの写真を整理している時に、時刻が変だという事に気づいたのだ。最近はカメラの撮影日時によって行動の記録代わりにしていたのが、どうも節目節目で記憶していた時刻とかなりずれている事が分かった。
振り返ってみれば、購入時に設定して以来一度も時刻設定を見直していないのだった。( ≧Д≦)
設定しようとした時刻は"PM6:45"。すなわち時刻のずれは約 30分の進みすぎ だったので、これまで写真の撮影日時を元に書いていた記事の時刻部分は、30分戻さなければ事実に反する事になる。
とはいえ、そこは個人のお気楽日記の気安さのおかげで、さかのぼって記事を訂正するつもりはない。記事を読み返した時にアタマの中で時刻補正すれば良いだけだし、だいいちどこまでさかのぼって訂正すれば良いかの見当もつかないし。(;`ー´)

身の回りの機器で、一度設定した時刻を再調整せねばならないというなどという事態には長らく経験していなかった。
ちなみに、より古い"NEX-7"では約5分の遅れで、"FZ1000"のずれはゼロだった。
というわけで、これからはこのカメラに関しては時々チェックする事を忘れないように、記録として残しておく。

落日の「ニコン」・・・なのか ?

デジタルカメラを初めて"フツーのカメラ"に準ずる実用品としてみなせるようになったのは、約20年ほど前になってから。
それ以前の黎明期は"コダック"のデジタルカメラがお気に入りだったが、それも長続きはせず、常に新機種を物色していた。
常に新製品に着目していたその理由は、当時のパソコンのように日進月歩で凄まじい技術進歩が続いていたからである。
そして、当時は高級カメラ(一眼レフ機)の知識などほとんどなかったのだか、なんとなく"ニコン"の名前は良く認識していた。
その"何となく"好イメージを持っていたそのメーカーから新発売されたカメラに大いに魅力を感じて飛びついた。

2017-02-15_coolpix800.jpg
「Coolpix 800」もう実売価格は忘れたが、かなりお手頃だった記憶がある。当時の画質判断の重要要素であった画素数が200万画素。
直前の愛機であった、コダックの"メガピクセル / DC210"の二倍だが、当時としては平均的なレベルだった。
しかし、このカメラらしいデザインにヤラれてしまった。カシオやコダックのおもちゃ的デザインとは完全に一線を画していた。
全体に"いいモノ感"があり、何といっても、この端っこに配置されたレンズと赤いアクセントカラーが素晴らしく魅力的だった。
じっさい、画質にも満足していて、3年後に"Canon IXY"に買い替えるまで、異例の長期間愛機となっていたのだ。
プロ用やハイアマチュア用としての"ニコン"ブランドが絶対的なものなのだと知ったのは、かなり後になってからだった。

その会社が最近は業績不振の類のニュースがひんぱんに流れるようになり、何となく気になってはいたのだが・・・

2017-02-15_NikonDL.jpg
強力な前宣伝を続けていた、大型新製品の発売を直前に中止するという前代未聞の事態を引き起こしたのだ。( ゚д゚ )
しつこく書いているように、カメラそのものにはほぼ関心がない自分としては、この"ニコンDL"の事は知らなかったのだが、今や、コンデジ業界の数少ない生きる道となった"高級コンデジ"マーケットへの遅過ぎた参入らしい。一挙に三機種投入なんて、社運をかけたといっても良いくらいの思い切った投資だったはず。一般消費者のブーイング以前に、"ニコン"自身の究極の決断だったのだろう。
「希望退職者1000名に1143名が応募した。」らしい。全従業員数が何名かしらないが、少なくない比率なのだろう。
意外なことに、株価の暴落はなさそうで、むしろ"堅調に推移"しているようだ。リストラは予想どおりという事か。
なりふり構わない改革の「次の一手」が"ニコン"の運命を左右するのだろうな・・・(*´・ω・)

などと書いてみたが、ハードウェアとしてのカメラにはほぼ関心がないのは当時も今も同じ。最大の違いは、"カメラ小僧"を自認するようになってからは、単なる記録写真(スナップ)ではなく、"作品"を撮りたいという意識。とはいえ、全然出来てませんが。( ´ー`)

"FZ1000"は万能ではなかった その1

FZ1000SPEC.jpg
"DMC-FZ1000"のスペック表。絞りの最大値が8.0。まともな流し撮りが出来ない原因はこれだった。(*´・ω・)
メーカーに再度のクレームをつける前に、念のため確認してみたのだが、危うく"クレーマー"になるところだった。(;`ー´)
"流し撮り"といっても一種類ではないのだが、自分が当面やりたかったのは、クルマやバイクの走行中の姿を撮る事。
"FZ1000"でトライした時は、2日とも真夏の晴天下だった事もあり、ファインダーで正常でも、プレビューがほぼ真っ白けの繰り返し。
"NEX-7"で一応納得出来る仕上がりとなったのはすべて"F11"以上だった。
「超望遠でも明るいレンズ」が裏目に出てしまったのだ。今のところ回避策は分からない・・・フィルターくらいか。(*´~`*)

2016-07-19_DSC07745.jpg
流し撮り計画で見事復活した"NEX-7+SEL2418Z"。絞りは22まで設定出来るのでシャッター速度の自由度が大違い。
"DMC-FZ1000"がメイン機種となって約2ヶ月が経ち、その間まったく出番がなかったのだが、今回久々に手にして、やはりそのサイズのコンパクトさと軽さに感心した。手になじんだこのサイズ感がベストだと改めて感じる。

2016-07-19_DSC07747.jpg
最近は"FZ1000"と"RX100M3"の二台体制で、"NEX-7"の活躍する余地はもうないかもとさえ思い始めていた・・・
理屈からして画質面で"FZ1000"が"NEX-7"にかなうはずがないのだが、しょせんモニタで観るだけではその差は感じないためだ。

2016-07-19_DSC07742.jpg
画質がほぼ変わらないとなれば、その意味では、"RX100M3"の性能はやはり驚異的であるとつくづく感じる。
ほぼ万能の"FZ1000"に、お気軽スナップやテーブルフォトに欠かせない"RX100M3"。本気で画質勝負なら"NEX-7"。
我ながら、なかなかバランスの良いラインナップと自画自賛だが、これ以上増える予定はまったくない。( ´ー`)

※今回の撮影は、完全にお蔵入り状態の"NEX-5"にて

FZ1000 超解像ズームの世界

画質劣化を抑えてデジタル処理でズーム機能を拡張する"FZ1000"の"iA超解像ズーム"。現在の設定では実に1120mm相当まで延びる。
「そんなんで使いものになる画が撮れるのか !? 」と眉にツバをたっぷりという疑惑満々なのだが、"FZ1000"の口コミサイトで腕の確かな人物が撮ったものを見ると「たしかにスゲェ !!」とうならされるのが多数。
ひと昔前の"デジタルズーム"とはまったく別ものであり、比較にならないような高品質なのだ。(。゚ω゚)
・・・という事で、ちょっとやってみた。

2016-05-08_P1020096_S.jpg
ハチさんが活動中のサンプル。まずは光学ズームのみで 400mm。被写体との距離は 2.5mというところかな。

2016-05-08_P1020096_T_S.jpg
上の画像をトリミングしてみた。かなりイイ感じで撮れてるのが確認できる。※写真をクリックすると等倍で表示される

2016-05-08_P1020099_S.jpg
同じアングルで撮った、目一杯ズームの 1120mmでトリミングなし。スゲー、ほとんど変わらないではないか !! ( ゚∀゚)
もちろんその気になって良ぉ~く見比べれば、劣化しているのは分かるが、ぱっと見では区別がつかないくらい。

ちなみに、これの元画像を等倍表示すると、もう見られたもんじゃないという事実も確認出来る。(;`ー´)

| NEXT≫