FC2ブログ

ブログ記事で画像のリンクをさせない方法

この記事はブログの閲覧者の方ではなく、作成者のためのものです。

Webブラウザの基本機能として、マウスポインターは通常は FC2EDITOR4.png だが、リンク設定された写真などでは FC2EDITOR5.png に変わる。
アイコンが指先に変わった時にクリックすると大きいサイズの写真等が表示されるという、おなじみの機能である。
FC2ブログでは、写真をアップロードして記事内に挿入すると必ず元画像へのリンクが同時に生成されるため、通常は何もしなくても良い。
しかし、本ブログのように写真サイズが大きめで、リンクをクリックして拡大という動作をさせたくない場合は工夫が必要となる。
なぜなら、指先アイコンをクリックしても同サイズの写真しか表示されないというムダで不親切な動作結果を排除したいからである。
記事への画像挿入時に"リンクを作成しない"というオプションがあれば良いのだが、未だに用意されないので仕方がない。

FC2ブログのサムネイル画像があまりに汚いため、表示品質を確保したい場合は、本文用と拡大表示用の二種類の写真をアップロードするようにしているのだが、あまりに面倒くさい。何しろ拡大サイズが必要となるような写真は最近はほとんどないという事情もある。(;`ー´)
つまり、マウスポインターを写真の上に移動しても矢印ポインターのままであり、クリックしても何も起こらないようにしたい。
それには、写真を記事に挿入して自動付加されるリンク情報を削除してしまえば良いのである。これでアイコンが変化しなくなるし写真の上でクリックしても何も起こらない。本ブログではほとんどの記事でこうなっている事に気づいた人も多いだろう。え ? 誰も気づいてなかった ? (;`ー´)

2018-07-08_FC2EDITOR.png
これはFC2の記事エディターで画像を挿入したところ。
最初のうちは便利に感じるFC2の記事エディターだが、慣れてくると非常に使いにくくて仕方がなくなってくる。何といっても表示されるフォントが小さすぎてもサイズ変更する事も出来ず、それだけでもイライラする。もちろんフォントそのものも変更出来ない。

さて、ここで必要な処理としては、写真のリンク情報を削除するために <a href= から、次の <img の直前までの部分を削除してやれば良い。
ただし、写真数が多くなると加速度的にストレスがたまって来る。限られたエディターのエリアの小さなフォントにイライラしつつ、根気良く慎重にマウスを操作しつつ該当部分を削除するという単純作業を強いられるためである。(;´Д`)
画像アップロード画面でリンクを付加しないというオプション機能がないため当初は記事の公開前に延々とこのイヤな作業を行っていた。
「何でそんな面倒な事を ?」なのだが、大げさにいうと自分の"美学"なのだから仕方がない。(`・ω・´)

そんなわけで、ストレス解消のため本ブログでは数年前から記事を別のテキストエディターソフトで書いている。
文章作成と編集のためのテキストエディタとしては優れたフリーソフトが多数公開されていて、自分が愛用しているのは"Mery"。
多くのテキストエディタにはベンリなマクロ機能が装備されている。これをうまく利用すれば自動化が実現するわけ。

2018-07-16_FC2EDITOR2.png
要領としては、FC2のエディタの画像挿入機能を利用して、画像処理部分だけを先に生成してしまい、そのままカットアンドペーストで"Mery"へ移動し、保存してあるマクロ(簡単なプログラム)定義ファイルを実行するだけ。

2018-07-16_FC2EDITOR3.png
見事、F4キーのひと押しだけで一瞬にして記事内容が注文通りに不要部分を削除して自動編集された。( ゚∀゚)

マクロ定義ファイルを作成するには、キーボード操作を記録できるキーボードマクロ機能を利用するのが手っ取り早い。
というより、ゼロから作成するには、それなりのプログラミング知識がないとムリなのだ。
※この"Mery"の場合は"JavaScript"というプログラミング言語が元になっている

実際の操作としては、次のような単純作業の繰り返しとなる。

  1. <target= "_blank"> 部分を先頭から検索
  2. 検索された行の先頭頭までを選択状態にする
  3. 選択した部分を削除
  4. <target= "_blank"> 部分が存在する間は最初から繰り返す

1. から 3. まではキーボードマクロ機能で作成出来るので、4.の繰りかえし部分のみ追加する

改良したプログラムコード。もちろん意味を理解しようとする必要はないし、"JavaScript"でマクロが動作するエディタであればこのままコピペしてもらってもたぶん動作すると思います。うまく行かなかったらごめん。( ´ー`)


document.selection.StartOfDocument(); // 文書の先頭にカーソルを置く
var 検索語=&quot;target=\&quot;_blank\&quot;&gt;&quot;; // 検索語を変数にセット
for(N=0;N&lt;100;N++){ // 以下は同じことを100回繰り返す
if(!document.selection.Find(検索語, meFindNext)) {break;} // 検索に失敗すると処理を中断
else{
document.selection.GetBottomPointX(mePosView); // 検索語を選択してその最後にカーソルをセット
document.selection.StartOfLine(true); // そのまま行頭まで選択状態にする
document.selection.Delete(1); // 削除を実行
}
}

アクセス数389 ! 突然の新記録 (。゚ω゚)

2018-05-02_20180502counter.png
4月27日にアクセスカウンターが突然 389 を記録していた。
これまで一度も300に届いたことがなかっので、オドロキである。(。゚ω゚)
過去最高は、常時200~250程度で推移していた 1年ほど前の298だった。ひょっとして300行くのかなと固唾をのんで見守っていたらあれよあれよという間に220くらいの戻ってしまったという淡い思い出があるのだ。

今回の理由は分かっている。詐欺メールと詐欺広告について書いた記事の反響である。
いや、他に理由を思いつかないもので・・・
やっぱりタイムリーでスキャンダラスなタイトルにすると関心を集めるわけか・・・別に多いほどうれしいわけではないが気分が悪いわけでもない。(;`ー´)

この時点で"サブジャンルランキング"は 2位
この後、同ランキングでトップ3をキープするようになったが、そろそろ落ちていくはず。
近頃は平均して5~6位近辺をキープしているので。

ちなみに、翌日の落ち込みからしてこの時の新規訪問者は直帰率ほぼ100%なのだろう。
しかし、それでいいのだ。( ´ー`)



アクセスカウント 430,000 !

カウント 日付
----------------------
10,000 2010.02.01
15,000 2010.08.19
30,000 2011.12.13
40,000 2012.06.06
50,000 2012.10.26
60,000 2013.01.20
70,000 2013.03.25
80,000 2013.05.22
90,000 2013.07.06
100,000 2013.08.19
110,000 2013.10.05
120,000 2013.11.21
130,000 2014.01.11
140,000 2014.02.24
150,000 2014.04.08
200,000 2014.11.30
250,000 2015.08.08
300,000 2016.04.16
350,000 2016.12.24
430,000 2018.04.08

----------------------

5万カウント毎にやろうと決めていたがすっかり忘れていて、何と昨年は一度もカウント数発表をしていなかったのだった。(*´~`*)
次回はいよいよ 50万 記念、それはさすがに忘れないと思う。今のペースなら2020年かな。( ´ー`)

ブログランキング最高位更新 ( ;´・ω・`)

180326RankNo2.jpg
180326RankNo2-2.jpg

180326RankNo2-1.jpg
本日ふとランキングをチェックして目が点になった。((´゙゚'ω゚'))

何でこうなったのか良く分からないが、いつの間にか"サブジャンル"の第二位になっていたのだ。((´゙゚'ω゚'))
ブログカウンターが数日前に久々の200オーバーとなった後、株式相場のような急降下で 120前後に戻ってしまっていたので、こんな結果はありえないはずなのだが・・・
最高記録更新とはいえ、そんな価値ある記事を量産したわけでもないので、特に気分が良いわけではない。
あとは急降下するはずで、もう二度とないと思われるので一応記念としてネタにしておきます。( ´ー`)

ブログ内ランキング - 検索クエリ

こんなのに関心があるのは、管理人本人だけなのは承知の上で、ブログの集計結果を続けよう。( ´ー`)
"Google アナリティクス"には"集客サマリー"というメニューで「新規ユーザーの比率」が分かるようになっている。
要するに「一見さんかリピーターか」の区別。これが直近一年間では約55%、直近三ヶ月間では約45%である。※画像は省略
ほとんどがリピーターだろうと漠然と考えていたので意外ではある。
1年前には常時200以上あったアクセス数が、最近は120~160程度になっているので新規ユーザーの訪問率が少なくなっているというのは理屈として合っているのだろう。ブログの趣旨からいうと、今でも出来過ぎとは思ってますが・・・

さて。新しくこのプログを見に来る人たちは、何が目的でどんな機会からなのだろうか ?
その回答が"検索クエリ"。どんなキーワードで「ググって」このブログを訪れたのか、が分かる。

2018-01-08_Serch2017.png
これは、"アナリティクス"ではなく連携ツールの"Search Console"の機能。
これを見て、何だか安心した。何と、ビートルズネタが第二位に入っているではありませんか。(´∀`) ※(other)は除く
マランツやシュアーの記事もかなりの人気。クルマ一辺倒ではなく、AV系がなかなかバランス良く分布しており「やはりクルマのネタしか受けないのかな・・・」という、漠然とした不満(?)が少し緩和された。
ただし、"Search Console"の集計対象期間は90日間以内なので、年間集計までは今のところ出来ないが、最近の傾向がつかめるだけでもありがたい。
また、上図では横幅が広がり過ぎて表示されていないが"平均掲載順位"という項目もあり、これまた非常に興味深い。

2018-01-12_query2017.png
これは最初の図から三日後のもので、いくらか順位が変動しているのはそのため。"スイフト acc"は不動の一位だが三位も同じと見なせるので、ふたつの記事を合わせると断然トップである。一位の"スイフト acc"は掲載順位が 4.1 となっている。このキーワードを Google 検索してみると四番目に表示されるはず。当たり前だが見事に一致した。

2018-01-12_query2017-2.png
趣味や道楽としてのブログでこのようなレポートが何の役に立つのかといえば、もちろん何の役にも立たない。( ´ー`)
"Google"がかなりのコストかけてこのような機能をタダで提供しているのは、当然ビジネス用途のはず。
例えばクライアントに対してクリック数に応じた報酬(広告料)が発生するような契約であれば、いかに重要なデータかは自明。
自分のような単なる一ユーザーは、タダ乗りでたまにこんなチャートを眺めては自己満足に浸るだけで終わりなので関係ないが。

自己満足の分析レポートはまだまだ続く予定。( ´ー`)

| NEXT≫