FC2ブログ

ゴルフが軽自動車と事故ったら・・・

2018-01-14_DSC07507.jpg
帰って来たゴルフ。何事もなかったように涼しいカオである。( ´ー`)
昨年末に追突事故を起こし、かすり傷がついたのを修復のため二日間の入院だった。
事故の状況は、直前を走行中の軽自動車が左折時に急減速したためにブレーキが間に合わずの追突。
運転者の「相手がウィンカーを出すのが遅かった」とか「急減速した」とかの言い分もあるが、基本的に追突の責任は100%である。
連絡を受けて駆けつけた時には警察の現場検証も終わりかけていた。相手のクルマを見るとちょっと古い軽自動車で、リアバンパーの中央が凹んでいた程度。幸い両車とも徐行速度だったのでこの程度で済んだようだ。ゴルフの方はといえばフロントバンパーにいくつかかすり傷がついた程度。もちろん双方とも傷害などまったくなしなのだが、軽自動車の方はひと目で分かる程度の凹みで、「やっぱり軽自動車はヤワに出来てるなぁ・・・」と不謹慎な事を思った。謝罪に対し相手の方は穏やかで紳士的な対応をしてくれたのもラッキーだったのだが・・・
軽自動車にとっては"追突"には違いないがゴルフには"ごくごく軽微な接触"に過ぎないのだった。

2018-01-14_DSC07508.jpg
「カーコンビニ倶楽部」に修理を依頼して、シロートの目ではどうみても修復したように見えないのは当たり前とはいえ、さすがプロの技術は素晴らしいなぁと感心。料金は 35,000円で済んだ。当然これは自己負担。

さて、相手方の状況はというと。ソニー損保がすべて対応してくれたのだが、診断結果は何と 全損!! だった。(。゚ω゚)
「何でやねん!?」や。どうみてもバンパー交換で済むはずだし保険不使用さえ検討していたので驚愕である。
しかし、ソニー損保提携の工場での診断結果との事なのでしぶしぶ納得するしかなくなった。
古い軽自動車なので全損保証が○万円にしかならない事が分かり、相手方の希望により修理となった。まぁ、そりゃそうだろう。
ただし、その結果修理見積が 20万円以上となり保険不使用の選択肢はなくなってしまった。( ≧Д≦)
しかもしかも。当然の処置として 3等級ものダウンとなってしまった。13,320円/年の負担増となる。
しかも、期間中の変更につき即支払わねばならなくなった。けっきょく、修理代と合わせて 5万円近い自己負担である。

"高性能の自動ブレーキ"装備車なら未然に防止出来たに違いない。ますます次期愛車の安全装備は必須となった。
※↑"高性能"とわざわざ注釈を書いたのは、現時点で販売されているクルマの大半が同じように"自動ブレーキ"をうたっていても、メーカーや車種によってその性能が千差万別だから。(;`ー´)

ゴルフ6 二度目の車検

"ゴルフ6TSIトレンドライン・ブルーモーション"の車検時期。早いもので、もう二年間が過ぎたのだな・・・(*´・ω・)
早めに済ませてしまおうと決め、前回同様、「フォルクスワーゲン奈良学園前店」に依頼した。
格安車検サービスもちらっと頭に浮かんだのだが、やはり安心感を優先したのだ。"安心感"とはいっても、格安店が手抜きをする可能性があるなどとは考えていない。長年営業している店ならいい加減な仕事をするわけがないだろうから。
それに、ディーラー工場だから信頼度100%などとも思わないが、まぁ古い価値観の根拠なき安心感ではある。( ´ー`)

2017-11-25_DSC07260.jpg
そして、今回はこの"安心感"が実証された。正規ディーラーならではの(と思う)サービスをしてくれたのだ。
まずは、初年度登録から 5年経過を迎えるので今度はバッテリー交換を見送る事は出来ないだろうから総額20万円と覚悟していた。
とにかく、アイドリングストップ機能を装備する今時のクルマの純正バッテリーがバカみたいに高いですから。(;`ー´)
交換時期は3年とされているので前回車検時も勧められたが、まだまだ行けると主張して見送っていたのだ。

一応事前チェックしてもらったら、電圧低下等の悪い状態であと一年も持ちませんよと警告を受け、交換確定となったのだが、うまい具合にディーラーのキャンペーン(VALTA製品)とやらで 1ヶ月ほど前に案内を受けていて、32,400円で済んでしまった。( ゚∀゚)

そして、上に書いた"サービス"とは、点検整備で ウォーターポンプの冷却水漏れ が発生しているのが発見されて交換の必要があると診断されたのだが、メーカーとの交渉で無償サービスとしてくれたのだ。
ふだんはまったく気にしていない部品だが、タイミングベルトとセットで10万km程度での交換が目安とされているようだ。
愛車はまだ 3万kmを過ぎたばかりでもあり、配慮してくれたようだ。これで数万円の負担増が助かった。
その他、点検整備の早期予約特典なとで、7,000円の値引きも確約されていた。

そんなこんなで、一応まとめておくと。
1.重量税 15,000円 + 自賠責保険料 25,830円 + 印紙 1,100円 + 代行料 16,200円 = 58,130円
2.工賃 62,660円 + 部品代 68,720円 + 代行料 3,620円 = 135,000円
合計 193,130円だった。5年目ではあるし、今回は細々とした"予防保全"についてはいちいち目くじらを立てるつもりはなかった事もあり、最初の見積から数項目落としただけで、結局20万円コースとなった。ま、こんなもんだろうと納得している。

2017-11-25_DSC07269.jpg
代車は例によって新車の"ポロ"だった。もちろん"ポロ"は優れたコンパクトカーなのだが、数日間乗った後、引き取りに行ってゴルフに乗り換え、数メートル進んだだけで「おぉっ!すんごい高級感 !」とあらためて感嘆してしまった。
現行型の最終モデルの新車である"ポロ"と、型落ち 5年落ちの"ゴルフ"という比較であっても、静粛性・乗り心地・剛性感などすべてが一ランク以上も格上という率直な感想はやっぱり今回も変わらない。( ゚∀゚)
オイル交換のプラシーボ効果か、エンジンフィールも更にスムーズになった気がする愛車とはまだまだ縁が切れそうにないようです。
相変わらず何も不満を感じていないので、"7"への乗り換えは何時になるかまったく分からない。( ´ー`)

ゴルフ記念日

2017-04-16_P1060554.jpg
4月15日は、"ゴルフ6TSIトレンドライン・ブルーモーション・テクノロジー"が我が家の一員となって丸二年の記念日。

2017-04-16_P1060551.jpg
"実用車のカガミ(ベンチマーク)"と称される名車。今でも、どこから見てもまったく色あせない飽きのこない素晴らしいデザイン。

2017-04-16_P1060552.jpg
この熟成版に巡り会えて本当にラッキーだった。「これ以上何も要らない。」のだから。( ´ー`)
以下、最終バージョンにのみ許された充実装備の数々をご紹介。

2017-04-16_P1060568.jpg
シンプルでクリーンな、手入れもしやすいアルミホイール。

2017-04-16_P1060562.jpg
本革巻きで手触りも最高に気持ち良いステアリングホイールとシフトノブ。

2017-04-16_P1060564.jpg
リバースギアに連動して助手席側が自動的に下側に向きを変えるヒーター付きドアミラー。

2017-04-16_P1060566.jpg
硬くもなく柔らかくもなく、とにかく、素晴らしい座り心地の一語に尽きるパーフェクトなイス。おっとこれは他バージョンも共通か・・・

2017-04-16_P1060567.jpg
オートライトにレインセンサー付きオートワイパー。

2017-04-16_P1060574.jpg
今回のハイライト。実は、最近になって偶然知ったのがこの贅沢装備。ビーエムでは当たり前のギミックだった、リモコンキーを押し続けるとすべてのウィンドウが全開または全閉になるというこの機能があるなんて思いもしなかった。( ゚∀゚)

2017-04-16_P1060570.jpg
左右独立調整のリアヒーターダクトとエアコン吹き出し口。

2017-04-16_P1060569.jpg
トランクスルーのセンターアームレスト付き左右非対称の分割可倒式リアシート。

2017-04-16_P1060575.jpg
夜には、リモコンキーによるドアロックと連動する"ウェルカムライトとリービングライト"。

2017-04-16_P1060591.jpg
乗り込むと足元にもフットライト。
必要なものはすべて備えている。あと足りないのは"キセノンライト"くらい。( ´ー`)

発進時にちょっと慎重さを要求される"DSG"だが、安全運転すれば済むことで、特に欠点とはいえないだろう。
必要な状況で小気味良く応えてくれる過不足ないエンジンパワーと不満のないレスポンス。低速域では本当に驚くほどの静粛性と高級車といえるしっとりとした重厚な乗り心地。そこそこ良い燃費にメンテナンスフリーの経済性。
そして、新型と比べても何も劣っていない、完成された飽きのこないデザイン。

もしもゴルフ6の中古車を検討中なら、"GTI"か"ブルーモーション"が一押しですぞ。( ´ー`)

ゴルフのタイヤ交換

2017-02-26_P1050497.jpg
"タント"も単体で見れば格別不足を感じさせない、良く出来たクルマとは評価出来るのだが、その後に乗り換えるとやはり"ゴルフ"は別次元の快適さである事をつくづく実感。あらためてその価値を見直した、素晴らしいクルマです。しかもこっちの方が安いのだし。( ´ー`)

2017-02-26_P1050498.jpg
ところで、実は二週間前にタイヤ交換していた。いや、そんなのはネタにするような出来事ではないのは認識しているが、ここで言いたいのは本当に手がかからない、すなわちカネもかからない良い子なのだという事。( ´ー`)
何しろ、我が家にやって来て2年足らずの間にかかったメンテナンス費用といえば、格安で済ませた車検の他にはワイパー交換で7,400円(!!) ほどふんだくられたのみなのだ。エンジンルームからの小さな異音と、リバース連動ドアミラーの不調もあったが、いずれもディーラー(VW学園前店)が無償で対応してくれて、かなりポイント上がりました。( ´ー`)
そんなわけで、今回が初の大型出費だが、不慮の故障というわけでもなくそもそもが消耗品なので予定通りでもあった。
実際には、あと半年後くらいの予定だったのだが、前回と同じタイヤがパンクして、SSに持ち込んだところ、修理不能の診断でやむなく全数交換としたのだった。占めて5万円。おかげで更に乗り心地が良くなったし、覚悟していたので痛い出費というほどでもない。

2017-02-26_P1050507.jpg
以前に書いた通り、元々は13,000km走行の中古車だった。23ヶ月経過で同程度の走行距離である。近場のちょい乗りがほとんどという使用状況で、平均燃費は概ね10km/L前後。ハイオクとはいえ数値では前車の"フィット1.5X"と変わらない。ハイブリッドでもディーゼルでもない小さなエンジンの、しかも一回り大きく重いクルマとしては上出来といって良いだろう。
当初は二年間くらいのつなぎと考えていたが、見事に何も不満がないので、"7"への道はまだまだ遠いようです。( ´ー`)

ゴルフの不満解消 / 警告マークの消去

ゴルフに関するコメントをいただいたので、ついでに久々の愛車ネタを。

2016-09-28_DSC05437.jpg
わが家にやって来て早一年半が過ぎた、"ゴルフ6 1.2TSI トレンドライン・マイスターエディション・ブルーモーション"。(;`ー´)
何の不具合も故障もなく、元気に日常の足として活躍してくれている。異音も振動もなく、高級車に匹敵する快適さは今も変わらない。
優れた実用品である事に加え数々のプラスアルファの魅力も備えた素晴らしいクルマである。当初は、1~2年くらいで"7"に乗り換えようかと考えていたのだが、今のところまったくその必要性を感じず、当分の間はファーストカーの地位安泰の見込み。
しかし、小さな不満はやはりある。以前にも小さな不満は取り上げたが、今回のものは最初からあきらめていた部分。

2016-09-28_DSC05449.jpg
エンジン始動の度に、"SERVICE"の不細工な文字とともに現れる"スパナマーク"。
本来は点検を促す重要な役目があるはずだが、何しろ年がら年中点きっぱなしに近い状態なのでうっとおしい事この上ない。
とにかく、最初の納車時直後くらいから現れ、昨年末の車検整備でようやく消えたが一ヶ月もしない内に復活しやがったのだ。(。-ω-)

2016-09-28_DSC05456.jpg
そこで、一念発起。あるワザを使えばコストゼロの簡単操作で解消出来る事が分かったのだ。
まず、"0.0/SET"ボタンを押したままでイグニッションオンにして・・・

2016-09-28_DSC05453.jpg
時刻調整ボタンを押す。操作はこれだけ。

2016-09-28_DSC05454.jpg
すると、あら不思議。いまいましい"スパナマーク"が出なくなって、すっきり気分。( ゚∀゚)
※当たり前だが、これは「自己責任」。これが原因で何らかのトラブルが発生しても一切責任は負えませんので、ご了承下さい。

まぁ、良くありがちなメンテナンスのための裏技なのだが、こんな操作が自分で発見出来るはずがない。(;`ー´)
ゴルフ愛好家の方の、こちらの記事を参考にさせていただきました。この場で感謝申し上げます。

| NEXT≫