FC2ブログ

オロナインH軟膏で旧型PC復活 ( ; ゜Д゜)

2018-06-22_DSC04617.jpg
おそらくどこに家庭にもあるだろう、このおクスリがパソコンを救ったというお話。この万能薬がパソコンにも効くのだった。( ´ー`)

2018-06-22_DSC04619.jpg
本ブログでもかなり前に登場していた、デルコンピュータの"Vostro230"。とっくに現役ではなくなっていたのだが、これが実に優れた静音マシンで、本体に耳をくっつけないと騒音を聞き取れないほどの名機であり、処分するに忍びず予備機として保管してあった。
そしてつい先日、死蔵していたこのマシンをある用途に使いたくなって、一年ぶりくらいに電源オンにしてみたら、その直後から何と「ブォォーン !」の 騒音マシンになっていた。時間が経っても収まらないどころか更に悪化する始末。( ≧Д≦)
どれほど高性能だろうが、うるさいパソコンは大嫌いである。この機種は"Core2Quad"のCPUという完全旧式マシンだし、代わりを用意して捨てる事さえ考えたのだが、いや待てよ最低限の努力はしてみようではないかと思い直し内部をチェックしてみる事にした。
真っ先に疑うべきは、給気口や排気口をふさぐホコリである。
しかし、長期間保管していたからといって、そこはマニアックとさえいえる清潔好きのパートナーが存在する我が家である。
管理人の遊び部屋、もといミニ書斎も常に清潔に保たれているので、内外ともホコリまみれではもちろんなく、吸排気口やファンにもヒートシンクにもまったくホコリなどついていない。二枚目の写真では少し怪しい部分もある事が分かったが・・・(*´・ω・)

2018-06-22_DSC04620.jpg
そして、調査の結果は耳をそば立てるまでもなく、CPUクーラーのファン自体が騒音を発生させていたのだと直ちに判明した。その他のパーツからはまったく騒音が聞き取れない。クーラーのネジのゆるみかと考えて組み付け直してみたが事態はまったく変わらない。
はたと思い当たったのが、これまで何度かCPU交換をした事があるが、CPUとクーラーの間に密着安定用グリス等を塗布するのがジョーシキとされる、その作業をしていなかったのだ。さすがに古いグリース等は除去していたが、塗り直しは一度もしていない。(;`ー´)
これまでは、それが原因で不調になったという経験がなく、「マニアでもないし・・・」と特に気に留めてはいなかったのだ。
たしか、この"Vostro230"もCPU交換していて、その後ほとんど使用していない事も思い出した。

2018-06-22_DSC04621.jpg
断定は出来ないが、かなり怪しい。しかし、手持ちのグリスなどあるわけもなく、不確実要素のためだけにパソコンショップに走るのもバカバカしい。そこで思い出したのが「オロナイン軟膏」。ダメ元で試してみる価値はある。( ゚∀゚)
何を思い出したかというと、かなり前に目にした「アスキー」のちょっと面白い記事。興味深く読んで頭の隅で記憶に残っていたのだった。
案の定。クーラーを外してみたら、何とべっとりと古いグリスが固着したままだった・・・やっぱりこいつか・・・( ≧Д≦)
古いグリスを愛妻のお化粧用リムーバーできれいに除去して、オロナイン軟膏を丁寧に塗布。
写真は、軟膏を塗布して一度ぴったりと固定したあとで再度外してみた様子。まんべんなく行き渡っているようだ。
そして、応急処置の結果は・・・ 大当たりのビンゴ!! となった。(^◇^)
おそるおそる電源オンにしてみたら、格段に騒音が低くなり、30分後くらいからは元の超静音マシンに戻ってくれたのだった。

CPU_温度10分後
「これは科学的に実証しなくては」とばかりに"HWiNFO64"というソフトウエアで数値化してみた結果。( ´ー`)
CPUの4コアが44~45度という理想的な温度に保たれている。OS起動だけで、何の作業もしていないアイドルタイムでの計測。
写真は12分後の数値だが、30分後も2時間後も温度表示はほとんど変化していない。カバーを閉めた後は、前記の通り30分経過頃から騒音が聞き取れないほどになった。ヾ(o´∀`o)ノ
ちなみに、オロナインH軟膏の塗布作業前は起動直後から 70~75度近辺でずっと推移していた。
ユーティリティソフトが絶対的に正確な数値を表すとは限らないのはジョーシキだろうが、少なくとも同一マシンでなら信頼出来るだろう。

「何や、CPUグリスなんか要らんやんけ。」と声を大にしたいところだが、果たして軟膏が長期間の高温状態に耐えられるのかという問いには誰も答えられないだろう。そんなわけで、電源オンのまま放置して経過観察という壮大な実験の開始である。
果たして、何時間・何日持つのやら。ひょっとしてずっとこのまま使えるのかも・・・( ´ー`)

「Windowsセキュリティシステムが破損しています」にご注意 !!

あぶないアブナイ ( ; ゜Д゜)
人並み以上にはPCスキルがあるつもりなのだが・・・こんなのが突然現れてちょびっとヒヤッとしたのだった。( ; ゜Д゜)
最近、詐欺アプリが一段とレベルアップして来ていて、ほろ酔いだった事もありぼんやりしていて引っかかりそうになった。( ≧Д≦)
今回のは"カウントダウンタイマー"まで装備していて、正常な判断力を鈍らせるのに実に効果的である。( ; ゜Д゜)

2018-03-21_WIn10_Hasont.png
数秒後には直感的にカンが働いて事なきを得たが、このまま"更新"ボタンを押していたらどうなっていたか ? (;`ー´)
この画像は、その時「こいつはブログネタになるな・・・」とおもむろに"PrintScreen"キーを押してゲットしたものである。( ´ー`)
後で調べてみて、タイマーがゼロになっても何事も起こらないようだが、こいつは去年暮れくらいから頻発しているようだ。(*`Д´*)
で、この画像を良く良く見てみると Windowsアイコンがヘンだし。その時はそう感じる余裕もなかったが。(;`ー´)
自分は右上の"✕"ボタンで閉じたのだが、その後更に何度も警告メッセージ画面が表示されるに至って犯罪アプリと確信した。(。-`ω´-)
別に(特に今回は)怪しいアダルトサイトなんかを見ていたわけでもないのだ。(;`ー´)
OSやブラウザの種類を問わない上に、フツーのネット閲覧でも発生するようだ。気をつけようぜ、諸君。( ;´・ω・`)

Excel Tips

2017-06-25_ExcelTAB.png
前回のネタ元である統計局のデータは Excel(エクセル)とPDFで提供されている。ご親切なことです。( ´ー`)
とにかく今回はグラフを作成したかったので迷うことなく Excel ブックをダウンロードしたのだが・・・
シート下部には見出しタブがズラリ。「一体シートが何個あるんやろ !?」というくらい詰め込まれている。
他人様の Excel 文書でも時おり見かけるし特に珍しくもないのだが、これでは目的のシートを探すのがタイヘンである。(;`ー´)

2017-06-25_ExcelTAB2.png
そんな時には、シート移動ボタンを右クリックしてやれば、あら不思議。
ちゃんとリスト形式で表示してくれるのだった。( ゚∀゚)

2017-06-25_ExcelTAB3.png
今回の例ではこれでも足りない。こんな場合は"シートの選択..."としてやればすべてのシートがリストボックスに表示される。

何で唐突に「Excel Tips」などと銘打ったのかというと、恥ずかしながらこの機能があるのを今まで知らなかったのである。(;`ー´)
標準ではこの機能はないだろうとアタマから思い込んでいて、この程度の事でいちいち VBAマクロ を書く気もせず、時おりこんなタブ満載ブックに出くわすたびに「チェッ !!」と舌打ちしつつ移動ボタンでスクロールしていたのだった。
で、今回ふと思いついてネット検索してみたらあっさりと発見出来たので、喜びというより逆にガックリ来たくらい。

主に業務で Excel を常用するようになって早20数年が過ぎた。応用力のある自分には人並み以上のスキルがあるという自信が、こんな基本機能も知らなかったという衝撃の事実によりもろくも崩れ落ちたのだった。(*´・ω・)

「Excel Tips」というタイトルにしたが、シリーズ化するつもりは毛頭ない。そんなのはネット上にもゴマンとあるからね。
今回みたいな"目からうろこ"状態になる事があったら、またネタにしてみます。おわり。( ´ー`)

"アイピーエス"でなくっちゃ・・・

1ヶ月ほど前に、「横のものを縦にも・・・」などという記事を書いたばかりなのだが、実は数日間タテにしただけで終わってしまった。
それは、画面をタテにすると少し視線の角度が変わっただけで画面がぼやけて使いものにならないのが分かったから。(´д`)
少し液晶モニタに詳しい人なら誰でも知ってる事なのだが、液晶モニタの仕組みは一種類ではない。
長年愛用してきた"DELL G2210"は、安かった分"TN方式"のモニタだったのだ。フツーに使っている分にはほとんど気にならなかったのだが、縦位置で見ると、先ほど書いたように少しの視線移動による画質劣化がモロに効いてきて結局横位置に戻してしまったのである。

2017-03-22_DSC06259.jpg
解決方法はひとつしかない。それはモニタのリニューアルであり、1ランク高級な"IPS(アイピーエス)"式製品にする事が必須条件。
もうひとつ、縦位置使用時の水平方向解像度が自分の場合は最低でも1200ドットは必要という要件もある。
そんなわけでついに我慢ならなくなり、"DELL U2413"というちょっと前の高級なモニタを導入する事になった。当然中古品や。(;`ー´)

2017-03-22_DSC06260.jpg
横から見ても・・・

2017-03-22_DSC06262.jpg
上から見ても・・・見え方がほぼ変わらない。素晴らしい。( ゚∀゚)

2017-03-22_DSC06228.jpg
これで、縦型表示にしてもまったく問題なし。別にいつも頭がふらふら動いているわけでもないのだが、縦型表示のモニタを見る場合は時間が経つにつれてどうしても頭がわずかとはいえ無意識に左右に動いてしまうので仕方がない。( ;´・ω・`)
この"U2413"は、画面サイズが24インチで解像度が"WUXGA(1920✕1200)"。"G2210"が22インチの"1650✕1050"なのでいずれも画面の縦横比が"16対10"。サイズアップによりドットピッチもほぼ変わらず、違和感なくリニューアル出来たのである。( ´ー`)
現在のPC液晶モニタは"フルHD(1920✕1080)"が全盛で、"WUXGA"は今や少数派になってしまったので価格もかなり割高となる。
とにかく、垂直解像度が"1200"と"1080"というのは、PCモニタとしてはかなり使い勝手の差として効いてくるのだ。

2017-03-22_DSC06226.jpg
しかし。"WUXGA"モニタを手に入れて一件落着とはいかなった。何と、映してみると"フルHD"にしかならないのだった。( ;´・ω・`)
何と、アナログRGBコネクタがない !! それはおいとくとしてもPC側に"ディスプレイポート"もない !! 何やこれは !? (。゚ω゚)
安いだけあって、現用愛機は一般ユーザーのそれも入門用の位置づけで、最低限のポート(コネクタ)しか装備されていないのだった。
まいったなぁ。デルのPCにはもれなく"ディスプレイポート"が装備されていると頭から思い込んでいたのだ。
とはいえ、"HDMI"ポートは双方にあるので気を取り直して接続してみたのだが・・・
何と"フルHD"表示にしかならない !? まさかと焦ってデルの仕様を確認すると、たしかに"HDMIはフルHD"までとなっていた。(。゚ω゚)


2017-03-21_DSC06221.jpg
「はぁ~。」とため息つき( ´Д`)、事前調査を怠った自分の間抜けさを反省しつつ、我慢できなくなりビデオカードを仕入れる事にした。
もちろん解像度確保のためだけなので、"HDMI"と"DVI"ポート装備の一番安いヤツ。もひとつの必須条件は"ファンレス"。
案外この種の製品が少なく、この"SAPPHIRER5 230 1G DDR3 PCI-E H/D/V"も在庫僅少だったのを辛うじて手に入れた。

2017-03-21_DSC06223.jpg
今の愛機には購入前に"PCI Express"スロットがある事は確認していたし、問題なく装着出来た。
今回のはちょっと本格的なモニタなので、カラー調整などが難しそうだが、とりあえずはこれでようやく快適環境になりました。
ふぅ~、やれやれ。最近何かと予期せぬ出来事が多すぎなのだが、別件でまだまだ続くのだった。(*´・ω・)

買いもの失敗 ( ≧Д≦)

パソコンを新調してからは快適に作業出来ている。そして、何となくモニタも長期間使用している事を意識するようになっていた。
こちらも購入後 5年間以上経過した製品なのだが、特に表示品質に不満をもっていたわけでもない。しかし一度気になりだすと・・・
「解像度も一昔前の"1680✕1050"だし、ここらでフルHDにしてみるか・・・もう少し大きくしてみたいし・・・」
そんな事を考え出すと、問題なかったはずの表示品質が「最近小さな文字が少しにじんで見えるようになって来たな・・・」
「最新のモニタはさぞかしシャープに映るのだろうな・・・」こうなるともう止まりません。(;`ー´)

2017-02-17_DSC02279.jpg
ちょっと調べてみたら、ありました。"Acer K242HLbid "。何と、実に 24インチで12,000円。
購入ショップはこれも久々の"NTT-X Store"。オークションに出ている中古品の相場とほとんど変わらんがな・・・(*´・ω・)
もちろん、不急不要の製品選びで"安かろう悪かろう"であるようなものをチョイスするわけがありません。
入念に口コミなどをチェックして、「えぃっ !!」と購入ボタンを押した二日後に到着した。( ´ー`)

2017-02-18_DSC02287.jpg
新品モニタの購入は 5年ぶり。思い入れなどないとはいうものの、そこはピカピカの新品。気分良く開封していそいそと設置した。
さすがにここまで安い製品だと、久々に味わう「ぐらぐらで安定しないスタンド」で、笑っちゃうほど頼りない。( ´ー`)
画面位置が高すぎるが、そもそも高さ調整も出来ないし、後日モニタアームを取り付ける予定なのでそこは問題なし。
ちょっと不安ではあったが表示品質は問題なし。ドット抜けなども皆無。隅々までシャープで期待通り。
これほど安い製品に"色再現性"がどうのという要求はしない。自分でも細かな違いは分からないし。(;`ー´)
設置直後の驚くほどのまぶしさの画面も、適切に調整すればとりあえず納得出来る品質になった。

2017-02-18_DSC02290.jpg
お別れ記念に、現用愛機の"DELL G2210"とツーショット。並べて見ると一回りではなく、二回りくらいの差があるな・・・
自分にはダブルモニタなどという趣味も必要性もないので、一台はオークション出品である。
そして、出品決定となったのは左側のニューカマー"Acer K242HLbid "。(;`ー´)
先ほど書いたように、品質には何の問題もないのだが、自分の読みが甘かったのだ。これほど画面サイズが大きくなったというのに、あまり広々感が感じられないのだ。しばらく理由を考えてハタと思い当たった。
写真でも明らかだが、2インチもサイズアップしても横方向に広くなっただけでタテ方向がほとんど変わらないのだった !! (。゚ω゚)
垂直方向のピクセル数は"G2210"の1050ピクセルに対し、"Acer"は1080。たったの30ピクセル広くなったに過ぎない。
いや、そんな事は注文する前に分かっていたはずなのに、何となく「"フルHD"なのだから快適になるに決まってる。」と思い込みがあったのだ。前々回の記事に書いたように、自分としては今以上の横方向の広さはまったく不要、というかうっとおしいだけ。

「はぁ~・・・」と深い溜め息。買い物上手を密かに自負していたのに、やっちまった。( ≧Д≦)
このサイズで縦型画面にしたいとはまったく思わない。今だから分かる、"G2210"が理想のサイズなのだった。
おまけに、この機会にこれまで自動調整のままだった"G2210"を、念を入れて調整し直したら別もののようにシャープでクリアな表示品質に生まれ変わったのだった。今まで何やってたんや・・・(。゚ω゚)
そんなわけで、つかの間の"フルHD"体験でした。さぁて、この次買うとしたら"WUXGA"機しかないな。
え ? "4K"? ないない。まったくない。・・・(;`ー´)

| NEXT≫