ミラコスタ・レポート その6

「ミラコスタ・レポート」と銘打っておきながら、肝心の"ホテル・ミラコスタ"についてほとんど書いていない事に今更ながら気が付いた。(;`ー´)

20140308-374s.jpg
"ミラコスタ"という文字に目が止まったような人は、既に"ミラコスタ"について良く知っているだろうという先入観もあるし、何よりも、実際に宿泊してみて自分自身が大して感銘を受けなかったという事実がそうさせた。

20140308-322s.jpg
しかし一応最低限の事は書いておこうか。フロントでチェックイン手続きの間にDSに興じる愚息の図。

20140308-331s.jpg
いや、そうではなくて。それなりにカネのかかったゴージャスなホテルである事に違いはない。

20140308-396_edited-1s.jpg
ディナーはブュッフェスタイル。シェフが調理してくれるローストビーフがとても良かったです。(゚∀゚)

20140308-397s.jpg
で、ある時刻になると店内アナウンスとともに客のほとんどが席からいなくなるのであった。

20140308-399s.jpg
目的は、バルコニーからのショータイム。

20140308-403s.jpg
空中に浮かぶミッキーマウス。分かるかな ?

20140308-416s.jpg
ショーにはやはりドラゴンも登場したが、自分としては、"レジェンド・オブ・ミシカ"のような感銘は受けなかった。

20140308-387s.jpg
ミラコスタは非常に細長い構造のホテル。リザーブした部屋まで、奥へ奥へとひたすら進む。

20140308-394s.jpg
客室内の写真はなし。スイートルームでもないし、フツーの部屋なので。これは長い一日の疲れを癒やすバスタイム。

20140309-009s.jpg
"ヴェネツィアサイド"ではあるが、窓外の景色はこんなものでした。ガッカリ。(;`ー´)

20140309-010s.jpg
翌朝もきちんと早起きしてのモーニング・ブュッフェ。和食風に決めてみた。
相変わらずのモーニングビールの味わいははやはり最高。お値段も、300cc程度のグラスで実に840円や!!
高い料金をふんだくるだけあって、ブュッフェとはいえ、夕食も朝食も食事の質は良かったです。満足。( ´ー`)

20140309-105s.jpg
正面玄関前で、ありきたりな記念写真。

ミラコスタ・レポート その5

ディズニー・シーの水上ショー「レジェンド・オブ・ミシカ」。

20140308-187s.jpg
いちおう、ストーリーらしきものがあり、開演前に説明されるのだが、誰もそんなものは気にしていないと思われる。
もちろん自分たちもそうである。

20140308-188s.jpg
ダイナミックな音響効果と、眼前に展開される迫力ある出し物にひたすら圧倒されるのみ。

20140308-194s.jpg
ズーム最大で105mm相当レンズではここまで。とても大迫力の画にはならないが仕方ない・・・

20140308-197s.jpg
実は、このショーは割と好きです。自分としては、ディズニー・シーの一番の楽しみかもしれない。( ´ー`)

20140308-206s.jpg
花火も沢山発射されるが、ほとんどが砲弾のイメージですぐに消えてしまい、なかなか捉えられない・・・

20140308-216s.jpg
約30分間のショーの中絶え間なく噴水が噴きだしているが、バリエーションが豊富で飽きさせないのが見事。

20140308-229s.jpg
中盤で現れる多数のカイトの"演技"も素晴らしい。

20140308-246s.jpg
ファンタジーの世界に欠かせないドラゴンたちも大活躍する。

20140308-272s.jpg
しかし、記事を書くためにTDRのHPをチェックしてみたら、何と「2014年9月7日で終了」だそうである。(゚Д゚ )
2007年7月からの開始なので約7年間も続いた事になる。これだけのロングラン公演なのでそろそろって事かな。

20140308-296s.jpg
我々としては、夏休みにTDRを再訪する計画はないので、これで見納めという事になった。

ミラコスタ・レポート その4

飽き飽きしていた"バズ・ライトイヤー"の後は、ひとつはさんで待望の"スター・ツアーズ"、とても良かったです。
大スクリーンの3Dがものすごい迫力だった。座席の振動が画面と連動するのがとにかく効果的。
映画の世界を見事に再現していた、というよりはるかに素晴らしい出来。リピートするならこれが一番やな。
いち早く確保できたファストパスのおかげで、ほとんど待ち時間もなく入場出来たのがラッキー。
写真撮影は禁止となっていたが、絶え間なく動く座席のため、そもそも撮影不可能や。(;`ー´)

20140308-046s.jpg
"スター・ツアーズ"にはまだ時間があったので「ひとつはさんだ」のはこれ。説明不要やな。

20140308-014s.jpg
初めて家族でディズニーランドに出かけた時に最初に入ったのが、この"イッツ・ア・スモールワールド"。
いや、その時はちょっと感動しました。心が癒やされたってやつかな・・・

20140308-020s.jpg
毎回この船に乗ってはいるが、二度目からはほとんど何も感じなくなってしまった自分の感性にある意味感心。
今回も、ただお付き合いで乗ってみただけという感想。(。-ω-)

20140308-157s.jpg
"ぷーさん"も再開の気配がないし、予定通り昼過ぎに移動。
広場にはお決まりのパレード待ち群衆がいっぱい。彼らの忍耐強さには呆れるばかりです。とてもマネ出来ない。

20140308-160s.jpg
至る所で歩きまわっているミッキーヘアの女子たち。

20140308-303s.jpg
ようやく"ディズニー・シー"に到着。"トイ・ストーリー・マニア"のファストパスを確保しに走り去った家族を見送り、密かに憧れていた"タワー・オブ・テラー"に見とれる時間が出来た。

20140308-307s.jpg
しかし、びびりの家族が尻込みして体験はお預けとなった。こんなのに一人で入ってもなぁ・・・と。(;`ー´)

20140308-321s.jpg
さてと。そろそろミラコスタにチェックインしようか。

TDLで8時から12時過ぎまでのアトラクション制覇は、以下のとおり。
イッツ・ア・スモールワールド、バズ・ライトイヤー、ホーンテッド・マンション、スター・ツアーズ、カリブの海賊、それにモンスターズ・インク。ほぼ計画通り。特殊チケットを駆使して素晴らしい効率の良さであるが、けっきょく、この日はプーさんは終日動かずだった。明日までに直るのかどうか誰にも分からないらしい。( ´Д`)
このリストを見てお気づきの方もあるかもしれませんが、絶叫系は一切ナシです・・・

次回は、チェックイン前に始まった"レジェンド・オブ・ミシカ"です。

ミラコスタ・レポート その3

このところ更新頻度が目に見えて低下しているのは、最近になってブログに対するモチベーションがかなり落ちて来たためである。
特に理由はない・・・事もない。公私ともに気が滅入るような出来事が続いていた事に起因するのだが、それをここに書き連ねる意味はないので記事にはしない。
そんなわけで、遅々として進まないレポートだがぼちぼち再開といこう。

20140308-004s.jpg
早朝起床の後、窓ガラス越しにミラコスタを手に入れてご満悦の図。ここはヒルトンホテルの客室である。
ツァー最初の日は午後から新幹線鈍行の"こだま"号で移動なので、到着後ショップで時間をとられた事もあり、ホテルに付いたら入浴後に寝るだけとなった。
これまでのTDRツァーでは、朝の行動が遅かった事もあり、何をするにも常に大行列に悩まされていたのだが、今回は一同気合が入っていて、珍しく翌朝 6時前に全員起床という快挙となった。( ´ー`)

20140308-007s.jpg
「早起きは三文の得」。ヒルトンホテルのモーニングブッフェ(※注)に一番乗りという、これまた快挙である。おかけでゆったりと食事タイムを過ごす事が出来た。珍しくぼかしを入れているのはイマイチ冴えない表情だったため。

さて。複数のホテルを利用する事で問題なのが、荷物をどうするかであるが、朝食後に相談したところコンシェルジュの計らいでチェックアウト後にそのままミラコスタまで搬送してくれる事になった。
さすがのおもてなしである。ありがとうヒルトン(のコンシェルジュ)さん。

※注)"ブッフェ"でも"ビュッフェ"でも同じ意味なのだが、最近は"ブッフェ"と表記されているのが目についたのでこのように書いている。いや、ホンマにどうでも良い事ですが・・・

20140308-012s.jpg
さて。練りに練ってあった事前の計画通り、スタートはディズニーランドからとした。
我が家としては記録的な迅速行動で 7時過ぎに入場ゲートに着いたのだが、さすが超人気のリゾート。この時間でも既に大行列が出来ていて、結局入場まで小一時間かかってしまった。

20140308-062s.jpg
自分としては食傷気味のTDRだが、それでも体験してみたいアトラクションがない事もない。
その筆頭が"スター・ツアーズ"と"トイ・ストーリー・マニア"だったが、何と両者とも"®チケット"の対象外!!
そのため、入場後は"ファストパス・チケット"の発券所に猛ダッシュである。(;`ー´)
運良く、行列も出来ておらず"スター・ツアーズ"のチケットは難なくゲットする事が出来た。

20140308-050s.jpg
"スター・ツアーズ"の開始までかなり時間があるので、密かに一番のお気に入りである"プーさんのハニーハント"に迷わず出かけたのだが・・・
珍しく、行列が出来ていないと思ったら、何と設備の故障で入場不可なのだった。
実に三度目である。過去二回も故障で入れなかっというのに、またかよ!! ゴルァヽ(`Д´)

20140308-049s.jpg
"ファストパス"の入場時間で"ハニーハント"も超人気アトラクションである事が分かる。故障していて会場のメドがたたない状況というのに、朝の 9時過ぎでもうこれである。

20140308-052s.jpg
前回は雨に見舞われたのだが、今回は快晴。

20140308-086s.jpg
気落ちする間もなく愚息にねだられて、"バズ・ライトイヤー"へ。これも超人気アトラクションなので、早速"®チケット"を行使。2時間待ちの大行列を横目に、ものの 5分ほどで入場出来たので、ちょっとした優越感にひたる。

20140308-081s.jpg
TDRのアトラクションは撮影禁止なのだと思い込んでいたのだが、ダメ元で調べてみたらそうではない事が分かり、ビシバシ撮影するぞと意気込んでいた。もちろん本当に撮影禁止のアトラクションは少なくないが、入場前にスタッフがその事を連呼しているので、そこは素直にカメラをしまい込む事にする。

20140308-089s.jpg
しかし、ヘボカメラマンの分際で、動きモノのアトラクションをまともに撮れるわけがないのは当たり前という現実を思い知らされる事になった。結果は無残である。「一応撮ってみました」というだけ・・・( ´Д`)

続きは次号。※いつ頃になるか分かりませんが

ミラコスタ・レポート その2

バケーションパッケージを予約すると、約 1周間前にチケットが送られて来る。

DSC05750s_20140416044207974.jpg
ミッキーのクリアファイルに各種チケットが収まっている。これを開くのもワクワクするらしい。

DSC05752s.jpg
「アトラクションをめいっぱい楽しむ」プランにしたので、"ファストパス®チケット"が18枚入っている。
※"®チケット"については以前に書いているので知らない人はご参照下さい
一人に6枚。かなり価値あるサービスです。ただし、いつも6枚ずつではなく、日によっては 4枚だったりもする。
これだけあれば、通常の"ファストパス"との組み合わせによって、相当効率よくアトラクションを利用可能となる。
もちろん「6枚も付いていてかなりお得」とは一概に言い切れない。ちゃんと料金に反映されているからね。
ちなみに、今回の予約は10月に済ませてあったのだが、土曜日宿泊で 146,700円也。48,900円/人である。
最近の 6万円前後の料金を見慣れているとずいぶん割安に感じたりするが、部屋は特に豪華なスイートルームというわけでもなく、朝食のみのコースで 48,900円なんていうのは立派なボッタクリである。

20140307-45s.jpg
いや、単純なボッタクリは言い過ぎ。"2デーパスポート・スペシャル"や、18枚もの"®チケット"に"フード&ドリンク券"等もたっぷりと付いてくるので、実質的には 3万円/人程度と、ギリギリ納得料金かな・・・・

20140307-44s.jpg
今回のツァー日程は、金曜日午後に出発してその日は宿泊のみ。二日目はフルに、三日目は午前中まで過ごしてから余裕を持って帰還というスケジュール計画とした。
ミラコスタには一泊だが、TDRに行こうというのにそれだけではとてもゆったりと過ごす事は出来ないので、最初の夜は格安ホテルを予約しておいた。ミラコスタに二泊という選択があり得ない事は前回書いたとおり。(;`ー´)
"格安"とはいっても近隣の安っぽいホテルではなく、堂々たるオフィシャルの"ヒルトンホテル"です。
早期割引プランゆえなのだが、何とたったの 27,000円。
それでも朝食ビュッフェ付きなので、実にミラコスタのほとんど三分の一や!!
これでかなりの倹約コースにする事が出来たと自己満足なのであった。

20140307-39s.jpg
到着した日の夜のランド駅前のショップ内。20時過ぎというのに何たる混雑ぶりなのか。馬鹿高いグッズが飛ぶように売れているのには眼が丸くなるばかり。

20140307-23s.jpg
本日は無駄な買い物禁止令を出していたので、かぶりもののスナップでお茶を濁す事になった。

| NEXT≫