上海ツァー その1

二年半ほど前から上海に単身赴任中の旧友、I氏に会いに行く事にした。
「今度遊びに行くからね。」と何度かお愛想は返していたのだが、マジで行ってみようかと思い立ったのである。
金曜日の朝9時半に自宅を出発し、"ラピート号"でいそいそと関西国際空港へ向かい、予定通り11時前に到着。
往路は 13時40分発 ~ 15時に上海の浦東(プウドン)国際空港着というスケジュール。
いくら何でも早く着き過ぎなのだが、「かんくう」は初体験なので、あちこちうろうろと見学したかったのである。

DSC03633s.jpg
隣国につき、関西国際空港からはたった80分ほどのフライト。これだけをみれば時間的には「ちょっとそこまで」なのだが、そこはご近所とはいえれっきとした海外旅行なので、旅慣れないものにとっては、そうカンタンではない。
恥を忍んで、たくさんのトラブルも織り交ぜながらレポートしてみよう。(;`ー´)

DSC03634s.jpg
行くと決めたら、何はなくともまずはパスポートが必要となるのだが、これだけでかなり苦労させられた。
前回の海外旅行は十数年前なので、更新しなければならない。その手続きそのものはどうという事はないのだが、思わぬところでつまづく事になった。パスポートに必須なのが顔写真。もちろん自前で準備したのだが・・・
「たかが顔写真なんて目をつぶってても撮れるさ!!」となめてかかったのがつまづきの元。(´д`)
5年くらい前から国際標準準処になったというわけで、やたら詳細な制限が多く、1mm単位でチェックされ、髪の具合がどうの背景の色合いがどうのと突き返されて、三度もパスポートセンターに申請し直してようやくOKとなった。

DSC03635s.jpg
ようやくパスポートをゲットし、早速定番の"エイチ・アイ・エス"で予約。
予約時期が早かったおかげで、今回の料金は37,760円也。しかも、これって午後便の往復やで。
時期によってはさらに1万円ほど安くなる便もあるし。
キャンセル不可等の制約はあるが、LCCでもないのに、やっすいもんやなぁ~。(´∀`)

DSC03640s.jpg
安さの理由はこれ。航空会社に"中国東方航空"をチョイスしたため。このあたりの会社は、遅延が当たり前などの悪評が少なくないので少し勇気が必要だったが、結果的には何の問題もなかった。

金曜日の午後で、しかも必要以上に早い時間とあってか、チェックインカウンターはがらがらで、待ち時間はほとんどなかった。手続き後は空港内をのんびりと見学して時間つぶし。あまり撮影意欲がなかったので写真はなし。

DSC03641s.jpg
早めに入ったイミグレーションでは荷物のチェックもほとんどなく、あっさりと終了し、いよいよ"ウィングシャトル"と呼ばれるレールバス発着所に向かう。
高級ブランド品に関心はないので、免税店街はスルーや。( ´ー`)

DSC03643s.jpg
"ウィングシャトル"発着所に近づく。この辺りになると、ほとんど日本語は聞かれない。(;`ー´)

DSC03645s.jpg
搭乗ゲートのあるターミナルビルまでは2分ほど。
外見では分からないが、日本語をしゃべってる人はゼロだった・・・

DSC03649s.jpg
ターミナルビルから、今回利用するジェット機を撮ってみた。
と思っていたのだが・・・
時間が来たので搭乗ゲート31番に入ろうとすると職員に制止された。「お客様のゲートは32番です。」
また赤っ恥や。ほぼ同時刻出発の他の機だった。もしも乗ってたらエライ事に・・・((´゙゚'ω゚'))

DSC03652s.jpg
というわけで、ようやく乗り込む事が出来ました。

以下、延々と続く予定。( ´ー`)

上海ツァー その2

「JAL」でも「ANA」でもない「中国東方航空」を利用するのは初体験で、若干の不安はあった。

DSC03654s.jpg
今は、未体験のものについては、Google検索("ググる"というらしい)してから選択するのが当たり前になっていて、もちろん"中国東方航空"についても調べてから予約した。
あまり良い評価はみられなかったが、"クソミソ"というほどでもない。とにかく自分で体験するのがイチバン、と思い切って利用してみたが、結論から言えば何の問題もなかった。
唯一感じたのが、「日本と中国間を結ぶ便なのに、スタッフがほとんど中国語オンリーなんて努力不足」。
実際には、日本語が堪能というよりも日本人スタッフが一名はいたのだが、スタッフ数そのものが最小限に近い人数なので、肝心な時に自分の席に来てくれず、ほとんどその恩恵に預かれなかった。

DSC03656s.jpg
乗降口は機体の最先端。華やかでにこやかなスッチー(あえてそう呼ぶ)に出迎えられた後は、ゆったりと配置された余裕のあるビジネスクラスのエリアを通り抜けて、"詰め込み状態"のエコノミークラスエリアへ。
まぁ、安い席を選んだのだからぜいたくはいえません。チェックイン時に窓側を指定出来ただけでも満足。

DSC03658s.jpg
着席してみると、前席との隙間はやはり最小限。

DSC03659s.jpg
そんな状態でも、長くもない足を組むという呆れた同列の乗客を横目にしつつシートベルトを着用。
着席率は100%近いと感じたが、何とラッキーな事に、足組み客と自分との間が空席となり、じゅうぶんにゆったりと余裕のある時間を過ごせる空間となった。ヽ(゚∀゚)

DSC03661s.jpg
噂とは違い、丁寧なアナウンスとともにほぼ定刻通り出発し、離陸するとあっという間もなく"雲海"の上へ。

DSC03664s.jpg
機内はちょっと暖房が効きすぎて暑いくらいだったが、ふと天井を見るとスポッライトの横にキノコのような送風口がある事に気が付いた。というより実際には前席の乗客がいじっているのを見ていて分かったのだが。
先端をつまんで角度を調整し、そのまま左に回すと爽快な空気が吹き付けて来て快適になった。

DSC03665s.jpg
そして、驚いたのが機内食配給。何しろ13時40分出発で二時間足らずのフライトなのでそんなもんはまるで期待してなかったのだが、離陸後安定飛行に入ってすぐにスッチーさんたちが機内を回りだした。
時間帯が時間帯だけに、空港内で軽く食事は済ませていたので、まったく腹は減ってないしイイものが出て来るわけもないし、断ろうかとも思ったのだが、その内容に興味もあったし、とりあえずは受け取ることにした。
ただし、自分の席に配給に来たのがスッチーではなくて男性の機内スタッフだった。しかも早口でいい加減な英語で話しかけて来るので、ほとんど意味が分からず、かろうじて"フィッシュライス"と"チキンライス"の選択を迫られていたようなので、"フィッシュライス(寿司??)"なんてごめんだと思って"チキンライス"を注文した。
と思って他の乗客のメニューをのぞいてみたら、そうではなかったようで全員に"寿司もどき"が配られていた。
その右端手前の"寿司もどき"はほんのひと口かじっただけで、「こんなの寿司じゃねぇ」と吐き出したくなるようなシロモノだった。(;`ー´)

DSC03667s.jpg
これが"チキンライス"メニューのメインディッシュ。自分が慣れしたんでいた"チキンライス"のイメージとはまったく異なり、食欲ゼロだったが、一応は味わっておこうと食してみた。
結果は、予想通り二口ほどかじっただけで終わる事になった。まぁ、"不味い"とまでは言わないが。( ´ー`)
とはいえ、何しろ往復37,000円ほどなので、食事内容に注文をつけるような筋合いはないという認識はちゃんとある。すなわち、サービスに不満は感じなかった。見回してみるとほとんどの乗客は完食してたし。

DSC03668s.jpg
食後に少し時間を置いてドリンクサービスがあり、オレンジジュースをいただいた。
そして、うとうととする間もなく浦東空港に近づいていた。

上海ツァー その3

関空のイミグレーションでは、荷物チェックもボディチェックもなしで拍子抜けのようなカンタンさだった。
乗り込んだ中国東方航空の旅客機は比較的新しい型のようで、乗り心地も悪くなく、まずまず快適に過ごせた。
ここまでは順調に運んでいる。乱気流に出会うこともなかったが唯一の不安要素が、有名な「大気汚染」。
わが国のメディアではもっぱら北京の惨状ばかりが報道されているのだが、遠く離れた上海ではそれほどでもないので心配いらないとの I氏の説明で一安心していた。しかし。
何とこの日になって突然状況が悪化し、AQI(空気清浄指数) 205 との報告。数値の意味になじみがないので意味が良く分からないが、これって、北京と変わらない劣悪状態らしい。何てこったい。((´゙゚'ω゚'))

DSC03670s.jpg
ついに"浦東国際空港"に到着。予定撮りの15時だが、現地時間では約1時間もどって14時となる。空港内はちょっと簡素な雰囲気と思っていたら、第2ターミナルの方は最新の設備でかなりイイ感じらしいと後で説明を受けた。
ここで早速困惑したのが「入国カード」。事前にガイドブックを見ていたのでこれが必要な事は分かっていたが、機内で客室乗務員から受け取って早速書き込んだら、やらかしてしまった。(´д`)

Imicard.jpg
まず、[姓]欄に"名"を書き始めてから気付き、取り消し線を入れたがそれで通るのかどうか分からない。
そして、9 の[滞在先]欄。これまでに見たガイドブックは例外なくこのサンプルのようなホテル名が書かれてあったが、今回の滞在先は友人宅である。マンション名でも書けば良いのだろうとは思ったが、これまでやり取りしたメールではすべて会社の名称と住所しか書かれていなかったので、焦った。どうせカタチだけのチェックだろうから、ガイドブックに載っているホテル名でも書いてしまえ、といつもなら開き直れるのだが、何しろ今回の相手はあの"中国"である。万が一質問されて答えられなかったらヤバイ状況になってしまうかもしれない・・・
着陸態勢に入るところだったのでスッチーたちはもう姿がないし、周りの乗客に日本人はおそらくゼロ。
なぜ分かるのかって、その根拠は機内での他の乗客の会話がすべて中国語(たぶん)だったから。

DSC03672s.jpg
こいつは参った。I氏にヘルプを求めようにもケイタイは通じないし、メールも使えない。万事休す。
最初の誤算がケイタイだった。事前に仕入れていた情報では、自分の持っているソフトバンク3Gケイタイはそのまま使えるはずだった。関空でも問題なく通話出来た。
しかし、現地入りしてみると通信不可!! 異国の地で誰とも話せないなんて !! 焦った。(;`ー´)

とりあえず降機してから他の乗客の列についていって、入国審査エリアにたどり着くと、ガイドブックの解説通りにあちこちにカードがおかれてあったので、新しく書き込むことにした。姓名は間違いなく記入し、滞在先には会社の住所を漢字で書いてやった。これまで目にしたどのサンプルにも、このカードに漢字で書き込んだ例はなかったが、もう開き直りである。で、それで難なく通りました。やれやれ・・・( ´ー`)
職員はたくさんいたが、日本語の通じそうな人物がいそうになかったのがツラかったなぁ。
そそくさと出口に向かうと、ガイドさん(I氏)がちゃんと待っていてくれて、肩の力がようやく抜けて楽になった。
※面倒なので、I氏の事は以降「ガイドさん」と表記する

DSC03673s.jpg
空港ビルを出ると、どんより曇った空と、聞きしに勝る大気の汚さにげんなりしたが、息が出来ないほどではない。マスクを付けている人もほとんどみなかったし、どうって事はないと自分に言い聞かせる。現にガイドさんだって、使ってない。「こっちはだいたいこんなモンだから。今日は特別にひどいのは間違いないけど。」である。
とりあえずは、宿舎である I氏の高級マンションに迎う事になり、タクシーに乗った。"リニアモーターカー"もあるけどどっちが良いかと問われてタクシーに決めたのである。お楽しみは後にしておきたかったし。

客待ちタクシーは沢山いたが、先頭の赤っぽいカラーのクルマに乗り込んだ。「実は赤色系統のタクシーはあまり良くない場合が多いのだが、もぐりではないので大丈夫だろう。」とのガイドさんの説明。

DSC03677s.jpg
タクシーを選択して大正解。早速現地事情を体験出来たためである。それは"カミカゼ運転"。公道レースをやってんのかと感じるほどのハイペースで飛ばすわ飛ばすわ。しかも、前車に追いついては10センチくらいの隙間を縫って追い越すジグザグ運転の繰り返しでスリル満点。(;`ー´)
他のタクシーだって同様なので、最初のうちはかなり緊張した。しかし、良く考えてみたらば、30~40年前のわが国だって、空気の汚さもカミカゼタクシーも当たり前だったわけで、それを思い出して気が楽になった。
それにしても、運転中に後ろを振り向いてタバコを勧めてくれるのには恐怖だった。((´゙゚'ω゚'))
ふだんはタバコをやらないというガイドさんだが、「断るとキレる場合があるから」と平然を装いつつ受け取って火を点けた。運転手もである。たちまち外気以上の空気汚染。当然窓を開けるが、20度近い気温なのが救いだった。
で、そんなに飛ばしてかなり早く着いたのかというと、逆だった。ガイドさんの予定では30分1時間程度の距離だったはずが、1時間半近くかかったのだ。「くそ、やられたな。」ガイド氏は何度か舌打ちするも「ここで降ろせ!!」とまでは強硬に出られないようで、仕方なく悪徳運転手のやりたい放題となってしまった。
ようやく目的地に着いたが、当然ながら料金も 2倍近く 1.5倍請求され、しぶしぶ支払う事になった。実際には、運転手は何度か進路をどうするか指示を求めて来てはいたので、悪徳と決めつけるわけにはいかないが、ほぼ二倍の距離を走行したようなで、結果は同じである。「やっぱり赤のタクシーはダメ」がこの地で最初に学んだ事。

DSC03686s.jpg
マンションに荷物をおろして、それでも夕食までには時間の余裕があったので、近所の散歩に出かけた。

DSC03683s.jpg
これは途中で寄った"カルフール"。もう日本ではお目にかかれない巨大スーパーである。やたら広すぎてどこに何があるのか分かりづらいので、ガイドさんもほとんど来たことがないとの事。
日本では何度か入ったことがあるのだが、ずらりと並ぶ水槽など、やっぱりここではかなり店内の雰囲気が異なる。

DSC03684s.jpg
やたらと目についたのが、ソーセージ。ガイドさんによると、ソーセージの開発は中国のほうが早かったらしい。

DSC03690s.jpg
この辺りは日本人居住者の多い地域との事で、こんな店もたくさん見かけた。

DSC03691s.jpg
なぜかフツーのマンションもあちこちでライトアップされているのだが、良く見ると電球切れが放置されていてあまり見栄えは良くない。最初にカネはかけるがメンテナンスはテキトーと。「お国柄」ですな。

DSC03693s.jpg
ちょっとドリンク類を買いたいと、ガイドさんが"セブンイレブン"に入っていった。
あぁ、やはりこうゆう看板を目にするとほっとするなぁ。

DSC03695s.jpg
店内の様子は当たり前といえば当たり前だが日本と変わらないが商品が違うのも当たり前やな・・・

DSC03696s.jpg
ここから見ると、完全に見慣れた風景で安堵する。(´∀`)

DSC03698s.jpg
何となくこんなのも撮ってみたが特にコメントなし。( ´ー`)

DSC03707s.jpg
撮ってる時は気付かなかったが、それにしてもこの異様な空の色はいったい・・・

その後何軒か回って、いよいよお食事 & 呑み会タイム。最初はちょっとこじゃれたレストランに入ったのだが、メニューをしげしげと見てもピンと来るものがないのでちょっと困った。ガイドさんとも「入るのは初めてだが、たしかにこの店は良くないね。」と意見が合い、何もオーダーせずに店を出た。気に入らねばそれで良いらしい。
次に向かったのはガイドさんお気に入りのイタリアンレストラン。ここでサラダやピザにリブステーキ等で満腹。
お勧めだけあって、さすがどの料理もとても美味かったが、雑談に花が咲いた事もあり、写真はない。
ま、ヘタに写真を出して某師匠からツッコミが入るのもかなわんし・・・いや、ジョーダンですよ。(;`ー´)
ゆったりと生ビールとワインを堪能する事が出来て、マンションに戻った。

ここで問題。
なぜ上海料理や広東料理の店に行かなかったのかという疑問は当然発生するだろう。もちろん自分もそれを期待していたのだが、事前にガイドさんから「あまりお勧めできない」と念を押されていたのである。
早い話が、日本の中国料理店のレベルは非常に高く、それより良い料理を出す店は数少ない高級店に限られているとの事であった。今回は最小限の滞在日数という事もあり、食事に不満が出る可能性は排除したいとのガイドさんの配慮により、こうなったのでした。( ´ー`)
自分としては、特に味覚のレベルが高いわけではないのでフツーの店でも良かったのだが、ここはガイドさんに素直に従っておくべきと判断した。

DSC03709s.jpg
そんなわけで。
今回は I氏の高級マンションに宿泊させてもらう事になっていたので、ホテル代ゼロという倹約ツァーが実現。
賃貸マンションであるが、ざっと90~100㎡の 2LDK。ちなみに I氏の本業は"副総経理"。さすがです。

DSC03702s.jpg
部屋に戻ってからもシャワーを済ませた後で、黒ビール等を手にして雑談に花が咲き、いつもの就寝時刻を大幅超過してからお開きとなった。
こうして初日の夜はたちまち爆睡モードに入り終了となった。

上海ツァー その4 二日目

この心地よいゲストルームで爆睡していたら、I氏に叩き起こされた。

DSC03713s.jpg
当然の報いである。前夜、「6時には起きている。」と豪語していたのが、時既に8時を過ぎていた。(;`ー´)

DSC03716s.jpg
飛び起きて、おもむろにカーテンを開けると、何と「青空や!!」
どうしようもない昨日の天候の翌朝とはとても思えない快晴。日頃の行いの正しさを実感した。ヽ(゚∀゚)
朝食には I氏手作りのペペロンチーノパスタをいただき、本日の行動計画をじっくりと協議して出発。

DSC03717s.jpg
マンションからのんびりと徒歩10分弱ほどで最寄りの地下鉄駅(駅名は忘れた)に到着。上海では、以外や鉄道網が非常に発達していて、しかも初乗り 4元(約60円)と信じられないくらい安い。
乗車券発行システムも進んでいて、すべてタッチパネル方式。

DSC03721s.jpg
地下鉄に乗り込む前から、初めて中国(というより上海)の人々の実態を体験する事になった。
列車を待つ間、整然と静かに列を作り、電車が到着してからもきちんと降車する乗客を優先し、我先に乗り込もうとしたり割りこむような輩は一人も見なかった。
地下鉄の車内は、日本の平均的な車両よりも 1メートルほども広いので満員にならなければ実にゆったりしている。

DSC03722s_201311201944572e5.jpg
つり革の数が驚くほど少ないが、その代わりに一定間隔で垂直に設置されたポールが実に効果的。そして、最も感心させられたのが、やはり乗客のマナーの良さ。渡航前に抱いていたイメージとはまったく違い、乗客は皆静かに過ごしている。"ワンワンキャンキャン"と大声でがなり立てるようなのは一人もいなかった。
あまりにイメージが違うのでガイドさんに聞いてみると、「上海の人たちは民度が他の地方とは段違いで、首都とされている北京よりもずっとレベルが高い。日本人よりもマナーが良いくらい。」との事だった。なるほど納得。

DSC03725s.jpg
そして、今日の最初の目的地は、かの有名な「外灘(ワイタン)」である。
上海に来たらまずはここを抑えとかなくっちゃね、というほどメジャーな観光スポットなのだが、晴天に恵まれたとはいえ、やはり昨日の汚染空気の悪影響は残っていて、遠景はこんな感じ。

DSC03734s.jpg
最寄りの地下鉄駅を降りて10分もかからないのだが、歩いている途中でガイドさんが突然「ここに入ってみよう。」と言って、とある建物内にどんどん進んで行くのでとぼとぼとついていった。
この写真ではどうみてもホテルの玄関アプローチなのだが、実際に入っていったのは奥の方の出入口。

DSC03726s.jpg
ある大富豪の邸宅か迎賓館という事だったが、私物とは到底思えない、すげー豪華な内外装に圧倒された。

DSC03728s.jpg
で、中央の大広間でデーンと鎮座していたのが、何の変哲もなさそうなこの古びたオルガン。
台座の説明書きを見てみると、何と"Abbey Road Studio"の文字が。
由緒あるオルガンであり、ビートルズやピンクフロイドも使用したとのウンチクが書かれていた。

DSC03733s_2013112019451379a.jpg

なるほど、セレブのコレクションとして自慢したくなるわけやな。( ´ー`)

上海ツァー その5 / 外灘(ワイタン)

DSC03737s.jpg
起床時には快晴と感じたのだが、宿泊地からこの「ワイタン」まで地下鉄で東に向けて約20分くらい。
けっこう離れてます。で、晴れてたはずがこの通り。
ガイドさんの説明では、大気汚染は東方の工業地帯から発生しているらしく、わざわざ近寄って来た事になる。
それはさておき。この日は休日だが、まだ朝早い時間帯とあってか、観光客の数もそれほどではない。
良く云えば"幻想的"、という事にしておこう。ガイドさんに促されてとりあえずは記念スナップを。

DSC03741s_201311212029217da.jpg
ガイドさんも、案外とこの地区はめったに訪れないそうで、熱心にシャッターを切っていた。ちなみに、ガイドさんの愛機はというと!?・・・えっと、良く覚えてない。たしか、ニコンの"D40"だっけ。違ってたら訂正して。(;`ー´)

DSC03743s_201311212029238d4.jpg
記念写真というよりも、「ちゃんと上海に来たのだぞ。」という証拠写真に近いかな。( ´ー`)


DSC03754s.jpg
いるのだな。こうゆうスポットには必ずこうゆう人たちが。(人´∀`)

DSC03760s_20131121203000bde.jpg
河の向こう側は未来都市だが、対照的にこっち側は由緒正しき欧風建築物が立ち並ぶ。そのほとんど全てが金融機関である。ガイドさんによれば、そもそもこの界隈は金融ストリートとして開発されたらしい。

DSC03763s.jpg
中国人は概して見栄っ張りで、しかも"ゴールド"を好むのだそうで、この有名ブランドもそれにならつていた。

DSC03755s.jpg
ワイタン通りを端まで進んで戻ってくるとまたいたぞ。別のが。( ´ー`)

DSC03757s_20131121203006750.jpg
さすが、この辺りの建物はどれもこれも何百年経っても劣化しないような立派な造りである。

DSC03772s.jpg
我々が到着してから 1時間くらい経ってからだろうか、目に見えて観光客が増えて来た。

DSC03771s.jpg
時間の経過とともに、空気も心なしか澄んできたようで、角度を変えるとちゃんと青空が見えるようになった。

DSC03750s_20131121202924291.jpg
それでは今のうちにと、証拠写真。ガイドさんも写真には一家言あるそうで頼もしい。
とうぜん"日の丸"写真なんてなしや。(;`ー´)

DSC03765s.jpg
あれ ? オレって、こんなにナルシストだったっけ ? 外灘の風景がそうさせているのか ?
しかし、何かをアピールしている事は分かる人にだけ分かるだろう。( ´ー`)

DSC03774s.jpg
さて、こんな風景ばかり目にしていると「ここは一体どこなのだ!?」というのが偽らざる印象である。(´・ω・`)
それではと。中国にやって来たのだという実感をそろそろ味わいたくなって来たので、次は上海ナンバー 2のスポット「豫園(ユィユエン)」へ移動する事にした。

| NEXT≫