『DBPro』の事

ここ数日間『DBPro』(の会議室)にすっかりハマってしまっていた。
実を言うと、"わたしとコンピュータ"シリーズでも『DBPro』について書く予定はなかった。
その理由は、単行本執筆(共著)以外で関わった記憶があまりなく、印象も極めて薄かったので、何か書きたいという気もしなかったためである。

ところがである。ひょんな事から古い友人に『DBPro』のニフティ会議室ログをいただいて、ちょっと覗いてみたら、ぐいぐい引き込まれて病みつきになってしまったわけ。つまり「けっこう入れ込んでた事が分かった」(;`ー´)

これまたテキストファイルで 36,000行もあり、読破するのに膨大な時間を費やしてしまったのだが、ようやく読了。
「桐たんす」や「桐ごみ箱」はななめ読みしていたのに、なぜ『DBPro』だけななめ読みが出来なかったのか。

理由はカンタン。相変わらず自分がミーハーだから。何しろ今回は立派なカギ括弧付きや。( ´ー`)
『DBPro』は、自分のコンピュータ人生の中でもちょっと異色、というより"異端"の存在なのである。

"桐"と同様、ニフティ内に専用会議室が開設され、社員が実名で参加していた。一般ユーザーにとって、製品の開発技術者と直接コミニュケーションが実現するというのは望外の(←この表現好きやなぁ・・・)喜びだった。
とにもかくにも、当時の名物プログラマーであった"k16"氏や"中村正三郎"氏が気まぐれにとはいえ、回答やアドバイスのコメントを付けてくれるのだから。さすがに社長は登場しなかったが・・・
何よりも、直接対話する事で、自分たちの要望希望が(運が良ければ)製品に反映されるという喜びもあった。

DBPro_SC.jpg
『DBPro』は、「ソフトヴィジョン」社より1992年末から発売されていたデータベースソフトウエア製品。
という紹介をしたって、"桐"関係者以外にはまったく理解出来ないだろうが、それなら"桐"だって同じだろうし、今さら製品自体についてくどくど説明する気はない。

・・・といいつつ、少しだけ。( ´ー`)
当時は、"Microsoft Windows"の台頭により、長らく続いた"NEC PC-9800"シリーズによる我が国のパソコン支配(暗黒時代)がようやく終焉を迎えようとしていた時期で、一般ユーザーにとっては希望にあふれた新時代の到来。
誰もが目前に迫った"Windows"時代を予感し、わくわくしていた。「K3(管理工学研究所)」以外は・・・

おそらくは、"桐"を愛好するユーザーのほとんどは"Windows"で"桐"を利用出来るようになる事を期待していた。
"Windows 3.1"によって、PC環境が"MS-DOS"から劇的に変わる事を確信していたためである。
しかし、待てど暮らせど「管理工学研究所」からは何のアナウンスもなく、しびれを切らした"桐"ユーザーの多くが『DBPro』に心変わりし、仕様の違いに一喜一憂しつつ移行を試みていたのである。

『DBPro』は事実上、"桐 for Windows"だったので、スムーズに移行するのにうってつけだった。
「ここまで似ていて良く"K3"から訴えられないもんや」と心配になるほど酷似していた。だが"K3"は大人だった。
「ソフトヴィジョン」は「管理工学研究所」の社員が飛び出して設立した会社であり、その社長は"桐"の生みの親である"酒井俊夫"氏なのであった。以前に記事にした事のあるお宝書物の著者である。すなわち『DBPro』は、"Windows"に乗るために生まれ変わり、進化した"桐"というわけ。
両社の間に資本関係はなく、従って子会社でも分家でもなく完全な別会社。"K3"内で"Windows"に舵を切るか否かで大論争の末にたもとを分かったというのが経緯であろうと思われる。← これ、無責任なライター言葉 (^。^;

独立にあたり、様々な紆余曲折や苦労があったであろう事は容易に想像出来るが、それを象徴するのが、『DBPro』のベンダーが当初は「ソフトヴィジョン」ではなく、何と「新日鐵」だったのである。
ハードウェアそのもののメーカーである「新日鐵」が、多角経営の一環としてソフトウエア販売に乗り出すに当たり、「ソフトヴィジョン」に白羽の矢を当ててスポンサーになったわけである。
・・・のであったのではないかと思われる。ここはゲスのの勘ぐりに過ぎませんので。(;`ー´)

うまく移行出来たユーザー、諦めて"桐"に戻ったユーザー、その他の製品に移行したユーザー、さまざまである。
本家の"桐"は、何時まで経っても"DOS窓"という小さな世界から抜け出せない情けない存在になっていた。
さて。自分としては完全に見切りをつけた"桐"の焼き直しである『DBPro』にはほとんど関心がなかったし、触ってみる気もしなかった。もちろん製品も購入していない。関心の対象はまったく別のものに移っていた。

風向きが変わったのは、前回の記事で紹介した「初めての単行本」のためである。もう"桐"にもその同類にも関わりたくなかったが、共著とはいえ、製品を知らずして原稿が書けるわけがない。
とにかくライターデビューという千載一遇の好機のため、嫌々ながら『DBPro V2』に取り組んだ。
その作業は苦痛以外の何物でもなかったが「単行本の著者になれる」という望外の喜びがそれを打ち消してくれた。

以下、次号。(^。^)

『DBPro』の事 - テクニカルライターへの道

『DBPro』会議室のログを読んでいて発見した事がいくつかある。
その中のひとつで、自分でもオドロキだが、"桐"に見切りをつけた後で、ごく短期間とはいえ『DBPro』で社内システムを再構築しようとしていた時期があったのである。
これまでの記憶とは完全に異なっていた。つい最近会議室ログに目を通すまでは。
今思い返しても、どう考えてもそんな事はあり得ないのだが当時はそんな時期もあったらしい。
う~む、そうだったのだな。自分にとってもウソみたいな本当の話である。

DBPro_2.jpg

"Windows"に乗ったとはいえ『DBPro』は"桐"の亜流でしかないのであり、"桐"への関心を完全になくしていた自分は、会議室に関しても他のパワーユーザーとは一線を画した、ちょっと冷めたスタンスで参加していた。
当時の会議室ログを見返すと、『DBPro』の優位性を語る材料としてやたらと"レコードロック"という言葉が使われていた。当時の"桐"では最後までまともなネットワーク対応が実現していなかったためである。
『DBPro』は、レコードロックを実現していた。PC用DBソフトとしてけっこう画期的な出来事であった。
しかし自分としては、ネットワークに悩んでいたとはいえ、その事は特に重大な関心事ではなかった。

本能的に「それだけではない。自分が求めているのは本物のRDBMSなのだ。」と確信していたため。
"レコードロック"は、その中のひとつの要素に過ぎなかったのである。

なぜ『DBPro』に心が傾きかけたのか。ひとつにはニフティ会議室の存在である。
ソフトヴィジョンの会議室は「桐たんす」以上に居心地が良く、積極的に発言もしていた。それは、自分にとって「理想的な会議室」だったからだ。その理由は前回書いたのでここで重ねて書くことはしない。

そして、もうひとつは単行本の執筆者として名を連ねるきっかけになった事が何より大きい。
イヤでも『DBPro』について深く学ばねばならないのだが、"桐"の亜流に過ぎないのでその作業はただただ辛いだけだった。製品としての完成度の低さも、それに輪をかけてストレスを助長してくれた。
しかし、関わる時間が多くなるにつれ、会議室の効果もあって生みの親の「ソフトヴィジョン」社へのイメージの良さも手伝い、どうしても"愛着"というものが生まれてしまう。複雑な心境であった。
そんな心境の変化から、"社内システム再構築"のツールにしようとしたのだが、高度な要求レベルに対して『DBPro』はすぐに限界を露呈してくれたため、必要以上の試行錯誤をしなくて済んだのである。

技術評論社から出版された「一歩先を行く DBPro V.2 for Windows 100%活用法」という単行本は、その中で生み出された、一生忘れられない宝物である。自分が担当したのは主として"サンプルプログラム"。
共著とはいえ、自分が書いた本が書店に並んで世に出るのである。人生で始めて訪れた千載一遇の好機。
いやがうえにもモチベーション(気合)が高まり、それまで自分が"ゴミ本"と呼んで馬鹿にしていた入門書とは完全に一線を画した素晴らしいプログラムを送り出した、と今でも自負している。

実に440ページにもわたる大著であり、しかもマニュアル本等と比較しても圧倒的にスクリーンショット(画面写真)の量が少なく、ほとんどが解説文という良心的な書籍だった。著者チームは膨大なエネルギーを注ぎ込んだ。

そして、売れなかった。まったく売れなかった。もらった印税もあきれるほどに少なかった。
しかし、その事態は全員が予想していたので、誰もめげる事なく、視線は既に次を見据えていた。

『DBPro』の事 - テクニカルライターへの道Ⅱ

経緯はほとんど記憶にないのだが、「一歩先を行く DBPro V.2 for Windows 100%活用法」完成とほとんど間を置かずして同じ著者チームで「これからはじめるデータベース for Windows」にとりかかる事になった。

ただし、さすがに出版社は同じではなく今回は「ビレッジセンター」。
「技術評論社」とは異なり、「VZ EDITOR」等で有名な、ソフトウエア販売元でもあった会社である。

DSC01957s.jpg
装丁もずっと洗練されて、フツーのソフトウエア解説書らしくなった。ただし、中身は相変わらず"DBPro V.2"。
しかも、製品版がそのまま付録に付いてくるというとんでもない(フツーなら超お買い得な)書籍だった。
何しろ、少し前まで2~3万円で売られていた製品版が付いていて、その価格はたったの 3,500円なのである。
表紙上部の"挑戦状"というキャッチコピーが、ソフトヴィジョン社の当時の状態を物語っている。

この単行本が発売された時期はすでに『DBPro V.3』の誕生直前。『DBPro V.2』を叩き売りに近い価格に下げてもまったく売れず、ついに創業時からのパトロンであった「新日鐵」と袂を分かち、『DBPro V.3』を社運を賭けた製品として世に問う事になっていた。その販促活動の一環であったわけである。
※この段落の大部分は勝手な妄想につき、つっこみはご容赦下さい (;`ー´)

マイクロソフトのような巨大な会社は別だが、ソフトウエア製品メーカーと出版社は基本的に対等な関係である。
どちらの立場が上という事はないし提携する事もほぼないのだが・・・
表紙にはわざわざ"株式会社ソフトヴィジョン提供 / 株式会社ビレッジセンター発売"と明記されている事が、両社の関係の良好さを示している。何しろ同社は"show"氏がHPのネタに使っていた"みかん星人"の生みの親でもあるのだ。
この辺は面白いエピソードなので、知らない人は google 神にでも問うてみて下さい。( ´ー`)

当時は、解説書の有無が製品の売れ行きに大きな影響を及ぼすと考えられていたし、ある程度真実でもあった。
現代のようにインターネット上で使いこなしのための情報が容易に得られる状況にはなく、パソコン通信にも縁のない大多数の人々にとって、ソフトウエアの解説書の存在は、ある意味製品そのものよりも重要だったのである。
この辺を云い出すと「卵が先か鶏が先か」的な議論にもなるのだが、特にデータベース製品については、素人がカタログやデモ画面を見たくらいではまったく判断のしようがないので、実際にどんな事が出来るのかそれがどんな手順で実現するのかをある程度事前に知る事が出来る解説書の存在は、極めて重要な役割を果たしていた。

『DBPro V.3』は、完成度の高い良い製品だった。『V.2』の数々の問題点を克服し、"使える"製品に成長していた。
その品質は、自社の基幹システムの刷新に際し、選択肢に加えようかと一時は真剣に検討したほどであった。

それほど優れた『DBPro V.3』に取り組んでいた事もあり、不完全な製品であった『V.2』の記事を書くことは以前にも増して辛く、画面を見るだけでもイヤだった。降りようと何度か悩んだほどだった。
しかし、降りて良いはずがない。せっかく掴みかけたチャンスなのだし、誘ってくれた諸先輩に背く事にもなる。

そこで考えた。『V.2』も『V.3』も、紙面に載る画面は変わらない。ならば、『V.3』の新機能さえ使わなければ、そのまま『V.2』の記事としても構わないわけである。
というわけで一気に気が楽になり、大過なく仕事を終える事が出来た。
そして、この本もまったく売れなかった。
「何でそれが分かるのか ?」って、答えはカンタン。「増刷」されなかったから。( ´ー`)

とにかく、半ば修行のような二冊目の共著が終わった感想は「もうイヤや。今度こそ"桐"とも"DBPro"とも関わりたくない。」だったのだが・・・