FC2ブログ

BMW320i(F30)との別れ その2

乗り換えが決まったら最初にすべきは愛車の価値を知ること。
ムカシと違ってネット時代では容易に査定相場が分かるのでありがたい。とりあえず"グー"で調べてみた。

2017-10-21_Goo買取相場
クルマのプロポーションが変だが、このように表示されたのだから仕方ない。
とにかく予想はしていたものの、ありがたくもない冷酷な数値が表示された。(´д`) ※あくまで2017年10月時点の判定
4年半で新車価格(諸経費別)の540万円から140万円と実に25%の金額になってしまうのだった。
長年の経験から、BMW車の価値なんてこんなもんだと分かっているのでショックも何も感じないし納得するしかない。
こうゆう事態が怖いと感じるのなら、ゼッタイにBMWを新車で買っちゃいけませんぜ。( ´ー`)
リセールバリューを重視するならクラウンやハイエース、はてはランクルでも買ってなって事です。
逆に言うと、BMWの中古車はものすごくお得というわけで、次期愛車候補は6年落ちの"523i"なのだ。こっちはショップの価格が155万円となっているので査定値は100万円を軽く切っているはず。700万円が100万円という事は・・・計算するのもバカらしいな。
あとは、自分の努力で価値向上を図るのみ。要するにあくまでも等価交換が目標なのです。( ´ー`)

個人売買が最良なのも分かっちゃいるが、まずはネットにある「一括査定」に挑むのが常道だろう。

BMW320i(F30)との別れ その1

"BMW5シリーズ"という高級車の味が忘れられず・・・
"BMW3シリーズ"だって、一般庶民の感覚からすれば十分に高級車に属するのだが、BMWのヒエラルキーとしては下の方。
この基準では、"5シリーズ"以上が高級車で"3シリーズ"は普及品の扱いである。などというメーカーの論理はおいといて、いくらかクルマの価値判断力が磨かれている者が"5シリーズ"を体験するとやはりその格の違いというものが一発で体感出来てしまう。
旧型の"525i(E39)"でもその良さは体験していたのだが、2010年に現れた"F10"シリーズは格の違いを思い知らされる衝撃の高品質だった。
"高級車 = 高価格車"なのであり、当時はまったく関心を持たないようにしていたのだが、ある日旧知の敏腕営業マンに騙されて(?)一度その味を体験してしまった後は注文書に署名するのに時間はかからなかった。(;`ー´)
この当時の新車価格は650万円プラス諸経費。もちろん超高額所得者ではない自分には、背伸びし過ぎの暴挙であり、資金計画も相当にムリをしたのだが、逆に言うと、当時ムリをすれば何とか買えた程度の資金はギリギリとはいえ用意出来てしまったのだった。
ただ、わずか数ヶ月で手放さざるを得なくなってしまったという事情は、さらっと書いたので覚えている人もいるかな・・・

2012-01-10_DSC05285.jpg
2012年1月初旬、涙をのんで別れを告げた日の記念写真。
ちょうど、新型3シリーズのデビュー直前だった時期でもあり、そちらに関心を持つように自分に言い聞かせていたのだった。

2013-07-21_DSC01950.jpg
そして、パートナーのサポートのおかげで翌年5月に、"320i Luxury"が手に入った後は、クルマ人生の中で最も走り屋になったほどに溺愛していた。バリバリの新型車であり、それまで体験したどの"3シリーズ"より高性能で乗り心地も良く、大衆車並の優れた燃費性能やオプション装備した"ACC"に感動しまくりの上まったく故障知らずの信頼感。パーフェクトな愛車。
これで満足すべきだった。他のクルマにも関心を持たないようになり、それこそ10年間以上も問題なく乗り続けられるはずだった。
それなのに・・・バチあたりな事に三年目あたりから"エフテン(F10)"の記憶がくすぶり始めたのだった・・・
究極的バカだと自分を責めつつ、何となく"F10"の中古車情報を眺める日が増えて来ていた。( ;´・ω・`)

2018-11-09_523i_155[1]
そして、ある日ついにこんなのを見つけてしまったのだった・・・また横浜か・・・
最近どんどん高額になって来た軽自動車やフィットの上級モデルより安いではないか・・・(;`ー´)
これなら等価交換で乗り換えが実現する可能性が高いなどと悪魔の囁きに抵抗しきれなくなる愚かな自分に辟易しつつも、ウジウジと悩んだ末、パートナーにおずおずとご相談申し上げると「そこまで欲しいんだから、別にいいんじゃない」と許可を得たのだった。(^◇^)

今さらながら、ホイールクリーナーを使ってみた

2017-09-15_DSC06852.jpg
満足出来る愛車を手に入れてからは、すっかりクルマへの関心が薄れているのだが、しかしなくなりはしない。( ´ー`)
時々はつらつらとクルマや BMW の情報を眺めたりするのだが、何となくホイールクリーナーが気になりだした。
これまでずっと水洗いで済ませていたのだが、さすがに水では除き切れない汚れが目につくようになっていたのだ。

2017-09-15_DSC06856.jpg
絶大な効果を謳う色々な製品が出回っているが、無難に選択したのはれっきとした純正クリーナー。
4,000円近くするプライスなのでこれまではスルーしていたのだが、ヤフオクで 旧型品を格安でゲット出来た。

2017-09-15_DSC06853.jpg
BMWユーザーの悩みのタネがブレーキダスト。前回のクリーニングから 100km 余りの走行後の状態でこれ。
この写真では大した事なさそうだが ・・・

2017-09-15_DSC06859.jpg
そばで見るとこうなっている。(*´・ω・)

2017-09-15_DSC06857.jpg
それではスプレーでシュッシュッと。最初は慎重に吹いていたがすぐに慣れてうまく吹き付けられるようになった。( ´ー`)
薬品に近い成分なのだろうから、それなりに臭いがきついが、屋外でなら問題なし。

2017-09-15_DSC06862.jpg
驚いた事に、わずか 2分程度で赤っぽい液体となって全体に滴り落ちている。
もちろん事前情報は仕入れていたので本当に驚いたわけではないが、自分の目の前でそれが起こるとやはりビビった。(;`ー´)

2017-09-15_DSC06863.jpg
しかし、これはホイールから血が吹き出しているわけではなく、ブレーキダストやタールなどの汚れ成分が浮き出ているのだ。

2017-09-15_DSC06866.jpg
更に様子を見ていると、3分後には思わず目を背けたくなるような惨状。( ≧Д≦)
しかし、これはいかにクリーナーが良い仕事をしているかの証明でもある。

2017-09-15_DSC06865.jpg
そして、おもむろに最高水圧で放水。あっという間もなく汚れが消え去っていく。
説明書きには「高圧洗浄を」と書いてあったが、そんな気の利いたものはウチにはないのだ。(;`ー´)

2017-09-15_DSC06867.jpg
同じく説明書きには高圧洗浄だけで完了みたいに書かれていたが、そんなわけにはいかないのは、ちゃんとスポンジブラシが付属しているという事実が証明している。高圧洗浄すれば本当にこの作業も不要なのだろうか・・・
単なる放水だけでも八割方の汚れは落ちていたのをスポンジがけすると本当にキレイになっていく。
水洗いの時とは違い、汚れは既に浮き出しているので軽く拭き取るだけ。まったくの力いらずでクリーニングがはかどる。
こんなにラクな事が分かってたら、さっさと買っとくんだった。(;`ー´)

2017-09-15_DSC06870.jpg
頑固にこびりついていたのも、ごく一部を除きすっかり落ちて、洗浄率 98% くらいにはなった。
すごい威力である。さすが純正 !! ※他の製品を試した事はないが ( ´ー`)

2017-09-15_DSC06871.jpg
二本目からは更に要領が良くなって、作業時間も半減。けっきょく 4本で10分かかってない。しかもラクラク。( ゚∀゚)

2017-09-15_DSC06873.jpg
足元がすっきりキレイになるのはホントに気持ちが良いもんです。

BMW 320i Luxury 燃費レポート

燃費至上主義でない事は常々書いているが、もちろんまったく関心がないわけではない。
元来何事においてもムダな事がキライな性分であり、それは当然燃料消費にも当てはまる。
箱根までの道のりで、車載コンピューターが 17.1km を示していたのだが、満タン法と比較して甘い数値を出す傾向がある。

2017-08-04_DSC06759.jpg
山道や一般道も含め、総行程は845kmだったのだが・・・

2017-08-04_DSC06765.jpg
全行程を給油なしで走破出来たばかりか、まだ給油アラートも表示されないほど余裕が残っていた。
そして、注目の満タン給油結果は 55リットルで、約 15.4 km/L だった。
エアコンも速度も控えめとはいえ帰路に後半で唯一遭遇した30分余りの渋滞も含んでおり「お見事 !!」な成績でありました。( ゚∀゚)
さすがにちょっと疲れていた帰宅直後の撮影で、まったくひどい写真だが、あくまでメモ帳代わりなので・・・(;`ー´)

5年め突入記念 (;`ー´) / ナビの新機能再発見

2017-07-26_DSC06710.jpg
BMW遍歴の最長不到記録を更新中の愛車は、51ヶ月目にしてようやく 20,000kmの大台(!?)を超えた。( ´ー`)
そして、ぼんやりと計器盤をながめていて、ある事を思い出した。

2017-07-26_DSC06709.jpg
"インフォディスプレイ"部のナビゲーションガイド表示。アイドライブの設定で任意に切替可能である。
新車納車当時はこうなっていたのだが、何となく気に入らなくて非表示にしてあったのだ。これを思い出して表示させてみようと、あちこちいじってみたのだが、なかなか見つけられなかった。なので自分用のメモとして・・・(;`ー´)

2017-07-26_DSC06711.jpg
"MENU"を表示させて。

2017-07-26_DSC06712.jpg
2017-07-26_DSC06713.jpg
2017-07-26_DSC06714.jpg
こんな風にしごくカンタンに出来るのだが、しばらくしたらまた忘れそう。その時は自分のブログで確認と・・・( ;´・ω・`)

2017-07-26_DSC06696.jpg
こんな走行距離なので、劣化とは無縁で洗車後は内外ともいつも新車同様。( ´ー`)
今後ともよろしくお願いします。

| NEXT≫