FC2ブログ

「松」との幸福な日々

二ヶ月ぶりに「私とコンピュータ」シリーズの続き。( ´ー`)

小規模な会社としては、身分不相応ともいえる"ワードプロセッサ"システムを手に入れたわけだが、新しもの好きなM社長とて、もちろん好奇心だけで高価な機材の購入を決めたわけではない。
当時勤務していた「三和無線」は、個人向け無線機器販売から発展して家電量販店となった「ニノミヤ無線」などとは異なり、本格的な業務用無線機器や設備の施工と保守業務を専門とするかなり高度でニッチな業種。
そして、三和無線の元請会社 & メーカーである"日本無線(JRC)"が官公庁主体取引であり、クライアントへの提出資料として何かと多数の書類が必要なのであった。
お役所指定の書式がほとんどなので、ワープロを導入するまでは、主にJRCの"和文タイピスト"が作成してくれた書式を複写機でコピーして手書きでデータを記入していた。
JRCとの関係は非常に良好だったが、何しろ役所相手の取引なので書式の数も半端ではない。時代の流れとして、JRC自体が、目玉の飛び出るほどの本当に高価なワードプロセッサ装置を順次導入し始め、タイピストさんたちも、気の毒な事に失職の危機に怯える日々だったが、実際にはワープロオペレーターとして延命出来たようだ。
なので徐々に「そろそろ書式の自社制作くらいしてくれよ」との要望(圧力)が高まって来ていた時期であった。

倹約家のM社長にしては大胆な決断で高価な文書作成機を導入した結果は、しかし大成功でありました。
その理由はわたくしが在籍していたから。・・・ホンマやで。( ´ー`)
他の誰も触りたがらないので、この高級システムが事実上の自分専用機。嬉しかったなぁ。
辞書を読みに行く時や文書読み込みや保存時のフロッピーディスクのカチカチ音さえも快感。
それまでに体験したのは、"X1"での、テープベースのおもちゃのようなワープロもどきのソフト。入力も文章の編集もすべてインラインで、しかも学習機能のない単漢字変換というだけでも、とても実用にならないものだったが、それでも喜んで使っていた時期があった。
なので「松86」によって初めて、文書のカーソル位置で高精度の漢字変換が出来ただけでも感動ものであった。

ようやく手に入れた本格的なワードプロセッサはとにかく面白く、毎日が刺激的な日々となり、寝食忘れるほどの熱意で書類を大量生産し、一ヶ月もしないうちに手書き文書の大半を駆逐してしまった。会社としても、訂正や新しい書式が必要になるたびに元請会社にお願いする必要もなくなり、事務処理が格段にスピーディーになった。

「松86」の機能と処理能力は期待通り、いや期待以上だった。

すごく多機能なのに、洗練されたシンプルな操作性と全くストレスのない高速処理がかけがえのない宝物となった。機能的にも元請会社の10倍近く高価な装置と同等以上だった。
負けていたのは、モニタに表示される文字が24ドット明朝体だった事と縦型画面。あれは本当に羨ましかった・・・

そして、それまで意識した事はなかったのだが、初めて"ソフトの処理能力の重要性"というものを実感させてくれたのが、しばらくして現れた、かのジャストシステム製「一太郎 Ver.2」のおかげである。
ソフトバンクの強力なプッシュによる鳴り物入りの登場だったが、ちょっと触ってみただけで、そのスローモーな動きに驚き落胆し、二度と使う気がしなくなった。ESCキーによるメニュー表示も気に入らなかった。
どんなに沢山の広告や提灯持ち記事が出ようと、「あんなのはまがい物」と蔑んでいた。
新しもの好きのM社長は"一太郎"に関心を示していたが、却下し続けた・・・ってエラそうに。(;`ー´)

その後PCも"PC-9801VM"となり、待望の「新松」も当然のごとく発売直後に購入。※もちろん会社でね。

DSC_SHINMATUS.jpg
「松86」の、というよりPC98環境で最大の不満点であった"黒地背景に白文字"を、カスタマイズ機能によって"白地背景に黒文字"というMACイメージの画面にしたりしてみては自己満足していた。
それにしても、この頃の管理工学研究所のコマーシャルに関するセンスというものは当時は理解不能であった。
一体、センスがあるのかないのか、両極端のイメージで、それはどう見てもプラスに働いているとは思えなかった。
"初心者にもやさしい高性能エディタ"・・・って。いや、そもそも初心者はエディタなんて理解不能なんですが。

ともあれ本格的パソコン生活スタートは完全に「松ひとすじ」、「管理工学研究所」の名も心に刻みつけられた。
そして、使い込めば使い込むほどに、「松」の文書を量産すればするほどに「しょせんワープロだけでは本物の業務改善にはならない」という厳然たる事実を、あらためてひしひしと感じる毎日となった。

「松」との蜜月の終わりと最初の「作品」

今から思い返せば「松」との蜜月は三ヶ月ほどだった。
ワードプロセッサとしては十二分に活用出来ていたのだが、自分ではストレスが溜まりつつあった。
「松」には"データベース機能"がないのである。
いや、自分でもアホな事を書いている。「松」はワードプロセッサソフトである。
ごく簡単な計算機能は備えていたが、データベース機能などあるはずがない。
そんな事は最初から分かってはいた。しかし・・・使えば使うほどに歯がゆくてたまらなかった。
しょせん文書の清書機にしかならなかったとはいえ、それを使える社員も少しずつ増えて来て、会社としては一応目的は達成出来ていたのである。
しかし、自分としてはその状況が徐々に歯がゆくてたまらくなって来ていた。
せっかくの高機能で高価なコンピュータシステムが、ただの文書清書機で終わって良いはずがなかった。

"データベース"。業務利用としての本当のコンピュータ活用方法はこれしかない、と確信していた。
誰に教わったわけでもなく、本能的にそう感じていた。"自分で使えるデータベース"に憧れていた。
・・・たぶん、自分の記憶力が人より劣っているのでは、という劣等感を常に抱えていたためもある

勤務していた三和無線では、官公庁の庁舎屋上に設置されている大型アンテナを使う無線システムから、下は車載無線機や携帯型無線機まですべて扱っていた。

それらに関する業務で、どうしても解決したいふたつの問題があった。
ひとつは"回線設計書"である。新規の無線システムを構築するために、通信対象地域内の多数の地点でテスト受信を繰り返し、その結果を集計して設計書を作成する。
・・・と書くと大した事はなさそうだが、これが当時はすべて"手書き"。(;`ー´)
もちろんお役所への提出時にはワープロできれいな文書にはなるのだが、あくまで結果を清書していたに過ぎない。
複雑で高度な計算を"電卓で"何度も繰り返し、結果をレポートとして出力するわけだが、何度も試行錯誤する必要があり、測定データや使用機材が変わる度にすべて一から計算し直しとなるため、膨大な手間がかかっていた。
基本的には元請会社である日本無線の範疇なので、自分がその面倒くさい業務に関わる事はほとんどなかったが、その作業を見ているだけでも、何とももどかしい思いをいつもしていた。

当然、普及し始めた"パソコン"によって、これを何とかしたいというのは、自分以上に日本無線の技術者たちであったので、何人かが"Basic"によってシステム化しようと悪戦苦闘していた。
もちろん彼らは無線技術者であり、プログラマーではないので、ほとんどが業務時間外でのプログラミング作業だったので遅々として進まず、数ヶ月かかってようやくカタチになって来たのを見せてもらった。計算作業が劇的にラクになったので、彼らは喜んでいたが、それを見て自分自身のモチベーションに火が点いた。

一応目的は果たしているけど、自分の評価出来るレベルではない、と心のなかでうそぶいた。

やたらとカラフルな画面デザインは不細工で見にくく、データ入力は煩雑でやりにくいし、いったん入力したデータの修正も不可。ちょっとした操作ですぐにプログラムが止まるし、出力されるレポートは不細工で見にくい。
プログラムの中身(コード)もつぎはぎだらけでやたらと行数が多く、まったく洗練されていない。
とはいえ、もちろん自分の評価など彼らには何の関係もない。目的が達成出来たのでそれで良いのである。
ほとんど業務時間外でこれを完成させた元請社員の努力と熱意は承知しているので、感じた事を一切表に出さず、その代わりに同じものを作る事を思いついた。
ツールはやはり"Basic"しかなかった。当時市販されていたデータベースソフトはあまりに高価で、そもそも使いこなせるかどうかすら分からなかったためである。当時は"試用版"もなかったし。

その事以上に意識したのは、彼らと同条件でやってみたかったためである。本業では自分など足元にも及ばない優秀な技術者たちと、この分野では対等以上の能力がある事を示したかったのである。
誰にって!? それは自分自身にや。( ´ー`)
その結果は、自分にとっては大成功であった。大変な自信になった。
「松」で文書を量産していた時とは比較にならないほどの熱意と鬼神のような集中力をもって、一週間ほどで完成させた"回線設計"ソフトは素晴らしい出来であった。上の方で掲げたような問題はすべてクリアし、シンプルで入力しやすい画面に、罫線を駆使した美しいレポートも出力出来た。これなら、もうワープロで清書する必要もない。
もちろん自分のプログラミングも、ほとんどは就業時間外での作業。完成した時は身震いするほどに嬉しかった。

dBASEⅡVer2.4

得意満面で意気揚々とM社長に"回線設計ソフト"を初披露した瞬間が、三和無線での「終わりの始まり」となった。
評価も何もなし。忘れもしない「ふぅん・・・」の一言。それが社長の感想の全てであった。
脱力であった。この人にはこのソフトと、自分の能力の価値が理解出来ないのか・・・

だが、それから少し日数が経ってようやく気が付いた。馬鹿なのは自分自身なのだった。
自分のやっていた事は、自己満足に過ぎなかった のだ。少なくとも今のこの環境では。
前回も書いた通り、日本無線の社員の努力によって既に「省力化」という大目的は達成されていたのだ。
商品として販売するわけではないのだから、プログラムが洗練されたとか、画面の見栄えが良くなったなどという事には何の価値もないのだと理解するまでには時間が必要だった。

社長から褒め言葉のひとつももらえず落胆はしたものの、しかし性懲りもなく既に次の課題にむけて燃えていた。
当時、飛躍的に増加しつつあった商用車用のMCA車載無線機の納入が大幅に増えていた。
アマチュア無線機とは異なり、無線機の管理責任は実質的に販売納入者側にあったのである。
商用車、早く云えばタクシーや運送会社のトラック用無線機がほとんどなので、一回納入・施工をする度に数十台単位で増加していくのである。加速度的に増加する無線機の管理はとても手作業では出来ない。
・・・と焦っていたのは実は自分だけだった。
まぁ、今から思い返しても、販売日付や製造番号や納入先などの基本的な情報だけを残しておけば済む事ではあったので手書き台帳でも良かったのである。実際、事務員の手書き台帳で会社としては何も困っていなかった。
しかし、当時の自分は、責任感にかられていたというよりも、好奇心の方が先走っていた。
「今度こそデータベースや。データベースソフトでなければ多数の製品の管理など出来るはずがない。」

"Basic"には、とっくに見切りをつけていた。データベースもどきのものを作ろうとはしたが、"最初の作品"の経験で、しょせんは学習用ソフト。膨大な労力に見合う成果がとても得られない事が分かっていたためである。

そして、上手い具合に市販のデータベースソフトも出揃いつつあった。"The Card"・"Presse"・"Success"・"Rbase"・"dbMagic"・"Paradox"・"DbZaurus"・"Eve"・"桐"・etc・・・
どれもこれも高価な製品だった。一番安いのでも 58,000円から最高は 268,000円まで。

もう時効だろうから書けるのだが、自己負担で次々とそんな買い物が出来るはずもなく、レンタルソフト屋で作ったコピーソフトで各ソフトの研究を始めた。HPから試用版をダウンロードなんて想像も出来ない時代だったから。
ヒマさえあれば、日本橋のレンタルソフト屋に通う日々が続いた。

後ろめたい思いをしつつ、業務で活用出来ると判断すれば高くても正規製品を購入するという決意を免罪符として、とにかくデータベース研究に没頭する日々が続いた。

dbaseII.jpg

そして、使えそうだと判断出来たのはこれだけだった。268,000円也の"dBASEII Ver 2.4"。
「リレーショナル・データベース」。何という甘美で魅惑的なキャッチフレーズなのだろうか。
試行錯誤の末である。そこに到達するまでにはデータベースソフトの検討を始めてかなりの期間を費やしていた。

皮肉にもその事が自分を窮地に陥れているのだと認識しつつ、データベース研究を止める事が出来なかった。

"皮肉"の理由は、当時の勤務先の規模では、"システム"と称するような高度なものは必要なかったためである。
分かってはいたが、データベースに没頭する自分を制御出来なかった。当時の自分にとって、これほど知的好奇心を喚起し、満たしてくれるものはなかった。"業務に活用"ではなくほとんど"趣味"になってしまっていた。

本業である無線機器や設備に関する勉強は完全に後回しになってしまっていた。中途入社の身としては相当にハードルの高い職種であった。本末転倒。このままでは、一人前の無線技術者になれないかもしれない。
M社長はそんな事を当初から見抜いていたからこそ、落ちこぼれつつある自分を冷ややかに見ていたのである。
いや、それは正確ではない。M社長はとても心優しく、人情味のある誠実な人柄である。
本業よりも他のものに情熱を傾けている不良社員に困り果てて、半ば諦めつつあったのだろうと思う。

徐々に自分の立ち位置が怪しくなっていくのを認識しつつ、データベースへのこだわりは深くなる一方だった。
完全な「ミスマッチ」である。三和無線での自分の存在価値が低下、すなわち終わりの時が近づいていた。

みじめな「空回り」。
しかし、この時に得た教訓が、後には何者にも代えがたい貴重な財産ともなったのである。

新天地へ

10年間近く勤務した三和無線を退職する事にした。
前回書いたような問題もあったが、それが転職を決意する決定的な要因というほどではなかった。
ここで書き連ねるつもりはないが、居づらくなる要因もいくつか発生していたし、専門技術者として生きて行く事への疑問符にも悩まされていた。それは自分が望んでいる人生ではないという焦り。既に時間の問題だったのだ。

DSC08416s.jpg
"dBASEⅡ"は、直球ど真ん中の感じで自分の求めていたものをほぼ満たしてくれた。参考書を買いあさり、無線機器管理システムのみならず、事務処理で考えられる限りの管理システムを片っ端から試す日々が続いていた。

DSC08418s.jpg
人生の転機は「スカウト」だった。"dBASEⅡ"に凝りはじめた頃から知人を通じて、ある会社への転職を誘われていたのである。会社の業務改善に並々ならぬ熱意と才能を持っているという事で、管理職として迎えたいと。
それは、生まれてからそれほど経っていない若い会社であったが、「バブル期の始まり」という時流に乗って日の出の勢いで急成長しつつあるという荒々しさと希望に満ちあふれてていた。
ま、今から思えばそれほどでもなかったのだが当時はそう感じていた・・・( ´ー`)

三和無線は社長の人柄もあり、家族的な良い雰囲気の堅実経営の会社であったが、裏を返せば何時まで経っても成長が期待出来ずこじんまりとまとまったままである事へのストレスが溜まりつつあった
「居心地は良くてもここは本当に自分が望んでいる環境ではない」という結論に達した。

DSC08465s.jpg
半年間の逡巡を経て、転職を決意した。それほど時間を費やしたのは会社への愛着と社長への恩義も感じていたためであるが、今よりも自分の資質と能力を発揮出来る環境が得られそうだと確信した後は迷いはなかった。

DSC08501s.jpg
度重なる勧誘に「Yes」と答え、人生最後の転職となった。

DSC08529s.jpg
しかし、新天地に飛び込んだものの、別の意味での苦難の日々が待ち受けていた。
人生はそう甘くないのであった・・・

「プレッセ」の事

これを覚えている人はどれくらいいるのだろう。

Presses.jpg
「データベースは dBASEⅡで決まり!!」として習得に邁進していた当時も、どうも心にひっかかったままで常に意識の隅にあったのが、この一風変わった"プレッセ"であった。
後に、自分の人生に決定的な影響を与える事となった、あるソフトウエア製品に酷似しているのである。
いや、製品として世に出ていたのはこっちが先だったはずだが・・・とにかくそっくり。
常に表形式画面でデータが表示されている事や「表定義・表編集・整列・選択・射影・結合」など、やたらと日本語表記にこだわっているところ、ファンクションキー主体の操作性などその最たる部分。
ひょっとして開発者が同じ!? なわけはないと思うが今でも真相は分からない。知ってる人がいたら教えて下さい。

気になっていたとはいうものの、当時は"dBASEⅡ"に夢中で、真剣に取り組まなかった事もあり、使いこなすには至らなかった。
"プレッセ"をものに出来ていたら、余分な回り道をせずに済んでいたのかも、と時折思い出すのである。

| NEXT≫