新車試乗 - ダイハツ・タント

2017-03-02_DSC06120.jpg
最新型の「軽」を試乗する機会があったので軽くレビュー。
この種のクルマにマイカーとして食指が動く事はないが、せっかく今の軽の実力を体験出来たので一応ご報告を。( ´ー`)

2017-03-02_DSC06124.jpg
クルマは、"N-BOX"と人気を二分する"タント"。自動スライドドア(助手席側)を装備するスゴいヤツである。

2017-03-02_DSC06129.jpg
インテリアは明るいカラーリングで、広々感があるのは好印象。見た目も座り心地も悪くないし、ヘッドレストもちゃんと後頭部をサポートしてくれる。一昔前の「軽」とは雲泥の差である。ダッシュボードなども良くある"女子供"向けではなく好感が持てるデザイン。

2017-03-02_DSC06131.jpg
スライドする後席も余裕たっぷり。これは最後部に下がった状態だが中間位置でも問題ない。もちろんこの位置だと荷物室はないに等しいくらいになってしまうが、スライドドアの恩恵もあり、ここが普段使いでの実質的荷室になるだろうから使い勝手もパーフェクト。
ムカシの「軽」とは別世界の余裕ある空間である。これだけみても国内自動車市場での「軽」の占める位置が実感出来る。

2017-03-02_DSC06136.jpg
前席に乗り込んでみても、狭苦しさはまったく感じず、広大な頭上空間のため余裕たっぷりとすら感じる。やはり背の高さの体感上の恩恵は三倍くらいありそうである。当然のように小物入れはそこら中にあるし。実用車はこうでなくっちゃね。
"安っぽい"イメージもない。さすがはベストセラーカーである。もう日常のアシとしてみればこれで十分ではないかと感じさせてくれる。

2017-03-02_DSC06141.jpg
・・・というのは、時速ゼロ、すなわち走り出すまでのおハナシでした。(;`ー´)
発進直後は想像を遥かに上回るジェントルでスムーズ、しかも静粛な印象で「これはスゴいではないか。ここまで進歩したのか !!」と驚かされたのだが、それはつかの間の事。阪神高速道路の走行もふくめ、総体的にはイメージ通りだった。
たしか"新車レビュー"シリーズで唯一体験した軽自動車である"N-ONE"の印象はまだ残っているが、評価はほぼ変わらない。
とはいえ"打てば響くようなレスポンス"さえ要求しなければ、高速走行もふくめて実用品として特に問題のない性能である。クルマに必要以上の関心がない人々からすれば、エンジンパワーを含めほとんど不足を感じる事はないだろう。それは実に良い事である。( ´ー`)

しかし、クルマに少しこだわりを持ってしまった身としては、アクセルを踏み込んだ時の例の"CVT"の特性や軽いばかりでまっすぐ走行するのに緊張を強いられるステアリング、そして段差がある度にタイヤがドタバタするのを感じると思わずため息が出る。
何よりも、少し速度が上がってくるとやはり小さな心臓のハンディはいかんともしがたく、大きくはなくともうなり音のようなエンジン音と微振動が必要以上の疲労感を生む・・・その理由は比較対象が"ゴルフ"だから。(;`ー´)
「比べるほうがどうかしてる。」のは間違いないが、いつも乗ってる愛車がそうなのだから仕方がない。

とはいえユーザーの方も多いだろうし、"タント"の名誉にために一言添えておこう。何しろ乗り出し価格(支払総額)が150万程度と格安なのだし、ふだんから軽自動車に乗り慣れている生活であると仮定した場合は、100点満点をあげても良いと思います。( ´ー`)

フィット 1.3G

突然の取材敢行となったため、今回の撮影機材は、"iPad Air"であります。
え ? 「いつもの写真と対して変わらんがな。」って ? ・・・ (*´・ω・)

2016-07-15_IMG_0232.jpg
ゴルフがやって来るまでの愛車だった"フィット"。2013年に現行型にフルモデルチェンジされたのだが、これまで乗ったことがなかった。
ほとんど関心を持たなかったその理由だが、それまでの愛嬌や親しみやすさを排除した奇をてらったようなスタイリングがまず気に入らなかったし、「どうせ走りはゴルフとは比較にならないだろう。」という慢心もあった。結果はもちろんその通りだった。(*´~`*)
だが、本当に無関心だったというほどでもないので、機会をみつけて試乗してみた。外観はかなり見慣れているので当初の抵抗感は薄れてしまい、「これはこれでアリかもしれない。」とまで感じるようになって、人の感覚の適応力に感心したりする。( ´ー`)

2016-07-15_IMG_0227.jpg
ダッシュボードも相当変わっている。"高級感"云々がこのクラスの車種には関係ないのは当然だが、何となく"新しさ"は感じさせる。
そこら中に小物入れがあるし、その使い勝手も良いという点において、ゴルフやポロに圧勝という状況は変わらない。

2016-07-15_IMG_0233.jpg
シートはそのサイズを含め、元々高品質だったので大きく進化した印象はない。とにかくこのクラス(※)の小型車にありがちだった、余裕のないサイズと貧弱な感触と安っぽいクッション性を大幅に改善したのがフィットだった。・・・と思う。(;`ー´)
※小型車といったって、室内スペースは、もはや一昔前のクラウンと同等以上なのである

2016-07-15_IMG_0228.jpg
Webカタログで調べたら、このクルマは"13G・Fパッケージ"と呼ばれるモデルだった。空調操作部がタッチパネルになっている。
思っていたよりもずっと視認性が良いし、操作性も悪くない。しかし、このパネルが完全な平面であるという点が明らかな欠陥デザイン。
すなわちスイッチのサイズのメリハリや凹凸がなく、感触による各機能の識別が不可能である。手探り操作が出来ないという宿命のタッチパネルであるため、操作パネルに視線を移動せずに操作する事も不可能に近いという致命的な欠点も併せ持つ。つまり、このクルマを運転中に空調関係の操作をするにはフロントウィンドから大きく視線を下方に移動しなければ出来ないし危険ですらある。
最近のホンダ車はみなそうだが、ナビの位置だって、なんでこんなに運転者から離れた左側に配置してあるのか理解不能。
その上、相変わらずナビ画面付近のパネルはかなり上向きの角度になっていて直射日光の影響が大きい欠点もそのまま。
何よりも安全性第一が最優先のはずの自動車でこのようなデザインが許されないのは明白のはずだが、これをやってしまうのがホンダというメーカーの悪しき伝統であると断言してしまってもかまわないだろう。

2016-07-15_IMG_0231.jpg
"GE型"と呼称される、以前の愛車であったモデルよりもスクエアなエクステリアデザインによって、全幅が変わらずとも居住性が 1ランク上がった事は間違いない。リアデザインも当初は「ボルボのパクリか ?」と思わせたものたが、見慣れた今となってはどうでも良い事だ。

ところで。肝心の"試乗レビュー"だが、短時間で20kmほど市街地を走行しただけでの印象は「変わってないな。」
そして「もっと走ってみたかった。」とも思わない。すなわち「走りに関しては進化が感じられない。」という結論。
アクセルを踏んでもリニアに反応せず、安っぽいエンジン音だけが先に増大してズルズルという感じの加速しかしないCVT。
中央付近で特にレスポンスの悪い、ヌルヌルとしたステアリングの操作性。静粛性と乗り心地は少し良くなったかなという程度。

加速のレスポンスについては、DCT採用の本命のハイブリッドタイプではかなり印象が改善されるかもしれないが、あえて試してみたいとも思わない。ちと残念だが、もうフィットは購入対象のクルマではなくなった事の確認になってしまった。

この記事を読んで現在フィットを愛用されているユーザーの方々は不愉快になられたと思うが、もちろんこのような感想は"ゴルフかぶれ"の一個人の主観に過ぎないものなので、ご容赦下さい。( ´ー`)

BMW 218d アクティブツァラー / まるで"i3"!?

2016-04-17_DSC04829.jpg
脈絡なく、新車試乗レポート。( ´ー`)
今回の主役は"アクティブツァラー"の二回目である。前回は「何の感銘もなし」と散々こき下ろした事もあり、少々気にしていた。
走りに関する不満の最大の原因はやはりエンジンにあったと認識している。そこで、今回は最新型クリーンディーゼル搭載の"218d"。
結果は大満足。体感的には倍以上のパワフルさを感じたし、非常に静かでスムーズな加速ぶりは"i3"を彷彿とさせるほど。
"320d"のような豪快でダイナミックな加速感という印象ではなく、マツダ車で感じたようなマイルドな上質さである。
特筆大書すべきは、"320d"で問題にしていた、アイドリングストップからの再始動時のセルモーター音と振動が殆どなく、まったく自然な挙動で、気を付けていないと分からないほど。ファミリー用途なのだからこのようなチューニングは当然とはいえ、文句なしに素晴らしい。

※引き合いに出した"320d"だが、2年前の体験である。最新型との比較ではないので悪しからず

2016-04-17_DSC04876.jpg
定番のテストコースである「フラワーロード」。中速コーナーと長い直線を兼ね備えたアップダウンの連続するコース。試乗にはうってつけである。前回の"218i"でここに来る気はしなかったが、今回は存分に気持ち良い走りを楽しめた。"FF"がどうとかは関係なし!!(^◇^)
これほどエンジン性能が向上すると、コーナーリング性能までが同様に良くなった気がするのが不思議。実際、ちょっと活発に山道を駆け回ったくらいではタイヤが鳴くような気配が感じられなかった。"Fun to Drive"といえる、余裕で合格である。

唯一の課題は、停車中のアイドリング状態で相変わらずコロコロ音と微振動が解消されていない点。これも"320d"よりは更に改善されている事も間違いないが、気にならないというレベルまでは達していない。とはいえ、アイドリングストップが作動すれば完全に無音になるし、再始動が極めて自然に動作するので決定的な弱点とも言えなくなった。

2016-04-17_DSC04844.jpg
前回とちょっと異なる部分は、このポケット。コンデジやスマホ程度なら楽に収納できる。以前のモデルではここがなぜかカバーされていて何も入れられなかった。日本からのクレームが多かったのだろうな・・・

2016-04-17_DSC04845.jpg
そして、BMW車で最も不満だった点のひとつがついに改善された。エアコンのオンオフが専用のスイッチによって、ワンタッチで行える。それはフツーのクルマでは当たり前なのだが、BMW車では長らくこの当たり前の事が出来なかったのだ。
エアコンをオフにするには、風量調節ボタンを押し続けるという面倒な操作を強いられていた。BMWユーザーはエアコンオンで走行するのが当然という思想だったのか知らないが、ようやくこの当たり前の機能が手に入るのだ。
ただしそれは次の新車からとなるので、自分がその恩恵を得られるかどうか定かではない。(*´~`*)

2016-04-17_DSC04846.jpg
パーキングブレーキは電気式。おぼろげな記憶では、解除するためにはいちいちスイッチを押してやらねばならなかった。
今回のモデルは、ロック状態からアクセルを踏みだすだけで自動解除するようになっていた。これも出来て当たり前ではあるのだが。

2016-04-17_DSC04880.jpg
一応採点してみると、総合評価は"ゴルフ6"を100として、"218i"が85点。この"218d"は110点くらいとなる。つまり、めでたく次の愛車候補リストに入ったのである。おっと、忘れないうちに「平板なシートは減点対象」とメモしておこう。(;`ー´)

しかし、後席に陣取った妻子からは走行中に「乗り心地が悪い !! 何だかバタバタしてる !!」とクレームの嵐だった。前席は問題なく快適だったので、想定外のクレーム。自分で体験出来なかったので何とも言えないが、「これが次の愛車なんてペケ !!」とまでこき下ろされてしまったのでした・・・(*´~`*)

フォルクスワーゲン・ポロ コンフォートライン

2015-12-16_DSC04064.jpg
久々の新車レビューは二度目の「フォルクスワーゲン・ポロ」。一週間ほど体験出来たのでごく簡単にレポートしてみよう。

2015-12-16_DSC04070.jpg
別に積極的試乗ではなく、ゴルフ車検の代車としてチョイスし、ちょうど二年ぶりの再会となった。
"チョイス"とはいっても、何でもOKではなく「ポロかUP!」との事なので消去法でポロにしただけであった。

2015-12-16_DSC04075.jpg
走行 8000kmに満たないほぼ新車だが、最新型というわけではない。"試乗車あがり"とか"○○登録"という経歴だろう。

2015-12-16_DSC04072.jpg
今回も阪奈道路の山道ドライブは快適だったが、最近では以前ほどポロには魅力を感じなくなっていた。ほぼ新車に乗った今でも同じ。
旧型フィットを所有していた頃は、「実用品としてはフィットが上だが、自動車としての基本性能は圧倒的に優れている。」と評していたがそれは今も変わらない。だが、今や比較対象基準が"ゴルフ"になってしまっているのでどうしたって分が悪くなる。(;`ー´)
ポロは「小さなゴルフ」としての成り立ちなので、どうしたってゴルフよりも良いところなどほとんど感じられなくなってしまったのだ。
加減速レスポンスの動力性能に差は感じないが、乗り心地、静粛性、快適性、居住性、収納力、装備品等等・・・
とにかく「小さいし狭苦しい。今どきの軽自動車の方がマシ。」は言い過ぎかもしれないが、以前に試乗した時は動力性能の素晴らしさに感嘆してコンパクトなサイズ感さえもプラス評価になっていたのが、文字通り"手のひら返し"の自分に驚いてしまう。
サイズの小ささゆえのメリットはもちろんあるが、最早新車購入の選択肢には入らなくなってしまった。

2015-12-16_DSC04078.jpg
ゴルフの身体にしっとりと馴染むシートに比べて、サイズも座り心地も完全に一ランク下。※いや、あくまでゴルフとの比較です(;`ー´)
この一年間で自分の評価基準がすっかり変わってしまった事を痛感する。以前の試乗レポートランク表は完全に過去のものとなった。

2015-12-16_DSC04079.jpg
「素晴らしく活発で気持ち良い」と評したエンジンパワーも、一回り大きなサイズのゴルフ6でも評価は同じ。

2015-12-16_DSC04081.jpg
プラスチックむき出しのフィットなどに比べれば、ベーシックグレードであっても、ちゃんとパッドで覆われたダッシュボードや本革巻きステアリングにシフトレバーにテレスコピック(前後調整)機能、それにエアバッグの完全装備など、値段の差以上の機能充実ぶり。

更に、フィットやヴィッツやアクアやデミオに比べると次元が異なるほどの操縦性に乗り心地のレベルの高さも変わらぬ評価。
ただし、今あげた車種はいずれも旧型の体験。最新型は知らない。きっと相当レベルが上がっているだろう。おそらくかなり差は小さなものになっていると思われる。すると、50%以上もの価格差があるポロの存在価値というのはキビシイものがある・・・

2015-12-16_DSC04089.jpg
昨年"ゴルフ6"さえ家にやって来ていなければ、今でもポロに対する評価はずっと良かっただろう。
しかし、時の経過とともに自分の価値観が変化するのも当たり前の事である。

2005-08-21_POLO.jpg
ポロが次の新車としてガレージに収まることは最早考えられないのは、ちょっと寂しい気もする。あの日々はもう戻らないのだ。
しかし、過去の良き想い出はそのままに、まだまだ輝かしい日々がこれからも待っているのだと信じている。

BMW i3

ゴルフにはすぐに飽きたので乗り換える事にした。

20150225-36.jpg
・・・って、そんな事があるわけないぞ。(;`ー´)
現在最も関心の高いクルマの中の一台なので、もう一台の愛車の12ヶ月点検の代車として指名してあったのである。
※正確には代車ではなく試乗車である。大型連休前でサービスセンターの代車に余裕がなかったため、営業担当者が希望の車種を手配してくれたのである。
ゴルフより圧倒的にスゴイやつ。「BMW謹製の電気自動車」である。未体験のメカなので、走行前に基本的な操作方法のレクチャーを受けて、ひとり乗車に若干の不安を抱きつついざ発進。目指すは阪奈道路近くの定番スポット。

20150225-26.jpg
恐る恐るのおっかなびっくりで、ノロノロと走りだしたが、5分もしないうちに慣れて来てフツーのペースで走行してみた。その感想は「何やこれは!?」。
驚愕である。まさに新時代の乗り物。近未来のクルマがもう実現したのだって感動さえ覚える。
内外のデザインは、キドニーグリルだけは残っているが、伝統あるビーエムラインを捨て去り、ゼロベースから創られている。さぞかしデザイナーはやりがいがあっただろうな・・・
たいていのクルマはそうですが、このクルマも写真より実物の方が数段カッコいいです。

20150225-19.jpg
インパネ中央上部から、タブレットのようなモニタが突き出したスタイルは、現行の"3シリーズ"が最初だった(と思う)。当初はかなり違和感があったが、見慣れるとこれで当たり前という気になって来るのだな。
"i3"の場合は、突き出しているというよりポータブルナビの後付けにしか見えないが。(;`ー´)
別に説明の必要もないとは思うが、変則レイアウトの目的はダッシュボード全体を低くするためである。(と思う)
ここ数年間はこのスタイルのクルマが続々と現れているので、「オレのが最初なんだぜ。」と少々鼻が高くなる。
そして、"i3"は何と「ツインタブレット」や。(;`ー´)

20150225-34.jpg
もはや変速用のシフトスイッチも存在せず、ハンドル型のスイッチレバーを"D"に合わせるだけ。

20150225-43.jpg
走行感覚は"異次元"はさすがに言い過ぎだが、そう表現してみたくなるようなスゴイ性能である。
停止時の無音の状態からアクセルを踏み込むと、文字通り一直線の加速を始める。
山も谷もなく一直線に突き進む、しかも音もなくである。ディーゼルの豪快な加速感ともまるで違うスムーズネス。
モーターの回転音などまるで聞こえない中、無音・無振動で目の覚めるようなパワーが無限に湧き出るような感覚。
コイツは本当にスゴイ。まるでスロットカーのようだ。(;`ー´)

20150225-47.jpg
停車すれば完全に無音となるというのは、最近のアイドリングストップ装備車に慣れていれば驚きでもなんでもないが、もちろん"i3"の場合はアイドリングなどは無関係。再発進時も音も振動もまったく無縁で、実に快適。
ボンネットを開けてみると、フツーのクルマでない事が実感出来る。
エンジンや補機類はどこにも存在せず、その位置には充電用ケーブルが収納されているだけ。
ところで、モーターはどこにあるんだろうと一瞬思ったが、すぐにそんな事はどうでも良くなった。

20150225-28.jpg
給油口の位置には、充電用コネクタ。う~ん、こんな無骨なアイテムにさえ"未来"を感じてしまう。(人´∀`)

20150225-46.jpg
ビーエムには珍しく、かなり収納に気を配っているようだ。グローブボックスには分厚いマニュアルケースがすっぽり収まった上にもかなりスペースの余裕がある。

20150225-44.jpg
センターコンソール後部の収納スペースも十分。シフトレバーやハンドブレーキを排除した恩恵か。

20150225-08.jpg
未来的なスタイリングに見とれていて気が付かなかったが、後部座席への出入りが相当やりにくそうだと感じて内部をのぞいてみたら、目立つ位置にレバーが。「これはひょっとして・・・」

20150225-31.jpg
こうなるのでした。そういえば、雑誌の写真か何かで見かけたのを思い出した。
完全フルオープンは、我が国の誇る軽自動車の世界では珍しくも何ともないわけだが、ビーエム車でこれをやられると、やはり驚嘆してしまう。とにかく、大人四名に必要十分なスペースが確保されている。
おっと、この仕組みは"MINI クラブマン"でも体験したような記憶もかすかにあるような・・・

20150225-11.jpg
背の高いズングリムックリのスタイリングにもかかわらず"駆け抜ける歓び"も十分備えているのが最大の長所。
"エンジンブレーキ"ならぬ"モーターブレーキ"の効きもすさまじく、ブレーキペダルを踏むのは止まる直前くらい。
その他にも色々あって、とても一本の記事では収まらない。
二日間試乗した後の評価は 返したくないなぁ・・・ という最高ランクのものになった。
採点簿に載せたらどうなるかな。ぶっちぎりの最高得点間違いなしの予感。これで"たったの 499万円"かぁ。
また貯金しなくっちゃ。何年かかるかな。いや、ムリやな。"320i"と交換にしてくれないかなぁ。(*´~`*)

いや、でもちょっとそれは時期が早いな。満充電でせめて 200kmは走ってくれないと困ります。
公表値は229kmとなっているが、ガソリン車以上に運転の巧拙が大きく影響するようだ。
山道を遠慮なく飛ばしたりした今回は100kmちょっとくらいの感じ。"電費"を意識してノロノロとエコランすればかなり改善するのだろう。日常使いの実用車としてみれば十分ではあるが、ちょっと悩ましいかな。

今回は、前回の"アクティブツァラー"とは天地の差。久々にワクワクさせてもらいました。ヽ(゚∀゚)

| NEXT≫