FC2ブログ

PC-9801F2

"PC-9801F2"は、日本のパソコン史に燦然と輝く名機である。
けっきょくはホビー機に過ぎなかった"X1"とは完全にレベルの違う本格的なビジネス機であった。

ところで。カタログの名称は"PC-9801F"となっている。末尾の数字によって搭載FDDの数が区別されていたのだが、"PC-9801F1"は 7万円も安いにもかかわらず、一般小売市場ではほとんど売れていなかったと記憶している。
せっかくのFDD(フロッピィディスクドライブ)も一台だけでは使い勝手が悪すぎる事が明白であったためと思われる。

PC-9801F.jpg
"PC-9801F"は、当時のライバル機と比較しても、初代"PC-9801"との比較でも文字通り抜群の性能を有していた。
"高速CPU・5インチFDD・漢字ROMの内蔵。"640×400dotの高解像度表示"に、最高性能のワープロソフト"松"!!
その後から現在に至るまでのパソコン人生に決定的な影響を与えてくれたマシン。
本体だけで398,000円という価格にもかかわらず、けっきょくは後日自分でも自宅用に購入するほどに惚れ込んだ。
その評価ゆえ「ハードに関心はない」とうそぶきつつ、このカタログだけは長年大切に保管し続けているのである。

間接的にとはいえ、ようやく実用品たる"パーソナルコンピュータ"が手に入ったのは実に大きな喜びであった。
会社の規模からすれば大金を投じたとはいえ、格安で本格的な文書作成機が実現したのである。
何しろその頃は、親会社である某大企業でさえ"和文タイプライター"と専属タイピストを有していた時代である。

勤務していた"S無線"は、規模の小さな会社にもかかわらず、大量の文書を管理する必要のある業種でもあった。
当然、それまでは社内で作成する文書や社内で保管してある文書は例外なく手書き。
一部は親会社が提供してくれたタイプ文書のテンプレートも利用しながら、しかし基本は手書き。( ´ー`)

「ペーパーレス」という言葉がぼちぼちと独り歩きをし始めた時期でもあった。
ようやく最強のマシンとソフトが手に入り、それを実現すべく燃えていた・・・

月刊ソフト情報の事(感謝をこめて)

ワードプロセッサもどきのソフトにもBASICプログラミングにも愛想をつかした後は、懸念していた通り"X1"はテレビ付きゲームマシンに成り下がってしまった。
しばらく経って、更に性能を向上させた"X1ターボ"シリーズが発売された時には、既に"X1"そのものに対する興味が失せてしまっていた。
"X1"はアーケードゲームにも勝るとも劣らないほど、TVゲームマシンとしては素晴らしい性能だったのでそれなりにオモチャとしては楽しめたのだが、自分の信条としてそもそもゲーム自体を避けていたため、電源を入れる機会はどんどん減っていった。

DSC06806.jpg
「避けていた」理由は、TVゲームが嫌いなのではなく、"はまりやすい"性格を自覚していたからである。「ゲームのために大金を投じてパソコンに向き合っているのではない」との自制が常に働いていて、実用品になりえない事が明確になった"X1"との決別は時間の問題であった。そしてまたしばらく雌伏の時が流れ・・・

DSC06810.jpg
既にビジネス用途のパソコンが電機メーカー各社から出揃っていた。当時の最大の情報源は「月刊コンピュータ/ソフト情報」という雑誌で、ホビーやオモチャではなくあくまで実用品としての観点から編集されたハードウェアとソフトウェアの硬派な記事が満載で、毎月発売日を首を長くして待っていた。

DSC06844_20130103201521.jpg
どの記事も新鮮で面白かったが、特にソフトウェア製品に関する評価記事が秀逸であった。
「月刊ソフト情報」はどの記事も「良いものは良い。悪いものは悪い」と歯に衣着せずクールに書かれていた。
とりわけ興味深かったのがソフト評価記事と「コピープロテクト論争」。前者については「日本語ワードプロセッサ"松"」の存在とその価値を知る事が出来たのが最大の収穫となった。

DSC06846.jpg
後者についてはグレーな問題を含んでいるので、ここでくどくどと書き連ねる事は控えておく。ソフトメーカーとしての正論を管理工学研究所が堂々と主張していた事は有名なので、もし興味があれば各自で調べてもらいたい。
まぁ、そんな内容の雑誌だったので、メーカー等の広告はほとんどなく(ゼロ?)、非常に薄い雑誌であった。

※もちろん、"薄い"のは紙数の事であり、記事の中身は飛び抜けて濃い内容であった事は云うまでもない。
パソコンを扱った雑誌は多数出版されていたが、ほとんどが"オタク用"またはメーカーの提灯持ち記事しかないカタログ雑誌的内容に過ぎず、文字通りユーザー視点の「ソフト情報」だけが頼りであった。
長い間全号保管してあったのが、もう読み返すことはあるまいと、他の書籍とともに処分してしまったのが残念。

DSC06857.jpg
さて。当時勤務していた会社の社長が新しもの好きであり、"そろそろパソコンを買おうか"と言い出したのはとにかくラッキーであった。社員の中でパソコンに詳しい(もちろんあくまで当社比)のは自分だけだったので、製品の選定を任されたのである。自分用の新機種もソフトも長期に渡る情報収集によって既に決めていたが、自費で購入する決意がつかないでいた頃に最高のタイミングであった。この機会を逃してなるものか !! ヾ(o´∀`o)ノ

DSC06837.jpg
社長の気が変わらない内にと、翌日には現金60万円とともに日本橋にクルマで出かけて購入し、その日中に事務所に持ち込んでいた。購入した製品名は「PC-9801F2」と「松86」。もちろんカラーモニタも。
数日後には当時珍しかった熱転写式24ドット漢字プリンタ「LPR-24T」も購入。

DSC06838_20130103201523.jpg
今から思い返しても、たかがワープロ一式に70万円もの大金を投じた事になるが、当時としてはそれでもリーズナブルな金額なのであった。もちろん業務利用としての必然性があった事はいうまでもない。
ようやく本格的なスタートラインに立つ事が出来たと、わくわくの毎日が始まった。ヽ(゚∀゚)

ソフトがなければ・・・

「コンピュータ、ソフトがなければただの箱」という言い回しが、かつてもてはやされた事があった。
しかし、生来のへそ曲がりの自分としては・・・
その頃から認識していた事は、「アホか。コンピュータ、ソフトがあっても(使えねば)ただの箱や!!」であった。

DSC06777.jpg
BASIC を卒業してしばらくは、ゲームソフトマシン、すなわち"X1"をゲーム機として楽しんでいた。
当時、秀逸なグラフィック画面の表示機能はもとより、標準仕様でちゃんとしたサウンドを奏でることが出来たのは"PC-8001"など足元にも及ばない。おそらく"X1"だけだった。※自分の記憶では
それはゲームの世界でも非常に有効であった。中でもいちばんのお気に入りは「ぺんたんの野良仕事」。
シンプルなゲームそのものも面白かったが、ステージ毎に異なる音楽が演奏されるのが感動的であった。
もちろん、メディアはカセットテープでしたがね。( ´ー`)

DSC06783_20130103201517.jpg
だが、ゲームなどは過渡的な楽しみに過ぎない事は分かっていた。
自分がコンピュータに本当に望んでいたものはすでに明確であった。後に"三種の神器"と呼ばれる事になる"ワードプロセッサ"、"スプレッドシート"、"データベース"である。

"X1"では、そのうち"ワードプロセッサ"だけを体験することが出来た。
もうソフトの名称も忘れてしまっが、電源ON またはシステムリセット後にカセットテープを3分以上もかけてローディングしたあげくに、ラインエディタ形式で"学習機能なしの単漢字変換"という、すさまじい仕様であった。
しかし、元々鉛筆やペンで自分の書く文字に不満があったので、そんな劣悪な環境であっても、タイプライターよろしく、画面上に入力したものが活字もどきのスタイルで文章が出力(印字)出来るのは大変な快感であった。
ちょっとした文章を入力しては、別のカセットテープにデータとして保存しなければならない不便など、それに比べれば何ほどのものでもなかった。しばらくは嬉々として文章を入力する事に没頭していた。
とはいえ、BASIC のカンタンプログラムと同様、すぐに興味の限界すなわち、飽きが来た。

原始的なワードプロセッサでやる事といえば、しょせん小説の丸写しや、続かない日記や、いきたありばったりのメモ書きなどしかなく、最初の歓びの体験が過ぎれば、それ以上には何の価値も生まないのであった。

DSC06791_20130104113743.jpg
その上残念な事に、"X1"の実用市販ソフトには、けっきょく"ワードプロセッサ"もどきの他は、"スプレッドシート"も"データベース"も最後まで存在しなかった。
せっかく生まれた、ほとばしるような情熱も、わずかばかりの自己満足で終わってしまうのか。

DSC06803_s.jpg
いや、そんなはずがない。自分が体験したのとは別の世界で、大きな大きな流れが生まれようとしていたのである。
※最後の写真は、画質向上のため出稿した時のものと差し替えてあります