FC2ブログ

般若心経のごほうびは徳島ラーメン

2020-06-21_DSC00829.jpg
道中見つけたラーメン店は14時前だというのに、ひっきりなしにクルマがやって来る、かなり人気店のよう。

2020-06-21_DSC00830.jpg
味噌樽のお店で、自信満々の店主がお出迎え。中々順番が来ず、待つこと30分ようやくテーブルにつけた。(;`ー´)

2020-06-21_DSC00831.jpg
本物の味噌ラーメンなんて何年ぶりかな・・・行列の出来る人気店で、こってりスープがとても美味でした。

2020-06-21_DSC00835.jpg
"特製黒ニンニク付き北海道百年味噌ラーメン"をいただいた。少食派につき、3名で二人前を注文。
食べざかり年代の愚息は"特盛ラーメン"を余裕で平らげるぞとうそぶいていたが8割方進んだところであえなくギブアップ。( ´ー`)

2020-06-23_tokushima_mennokuni.png
ごちそうさまでした。たしかに笑顔になれましたよ、「麺屋國丸」さん。大阪梅田にも二店あるようです。

「きじ」は今がチャンス

2020年6月2日火曜日12時過ぎ。

2020-06-02_DSC00766.jpg
要するに平日のランチタイムである。ついでがあったので大阪駅前の「新梅田食道街」を調査してみた。

2020-06-02_DSC00767.jpg
真っ昼間でも居酒屋はそこそこ(50%程度)の客の入りだった。ここだけは「コロナはどこに行った?」という雰囲気。

2020-06-02_DSC00768.jpg
しかし、やはり大半の飲食店では閑古鳥。
そして常に大行列が絶えなかったお好み焼きの人気店「きじ」でさえも行列ゼロだった。
ちなみに、「きじ」の真向かい側の店は串カツのこれまた人気店である「松葉本店」。
この人気店がランチタイム真っ最中にこんな状態になるなんてあり得なかったのだが、厳しい現実を目の当たりにする事になった。
せっかくの大チャンスなのだが、間の悪いことに、珍しく昼食を済ませた後だったので店内には入らなかった。
まぁ、しばらくはこんな調子だろうから応援の意味も込めてまた出直そう。
この店に待たずに入れるチャンスはめったにないはずなので。まさか閉店はないだろうが、今月中には報告出来る予定。

「ル・レーヴ」さん絶賛営業中・・・

5月9日(土)朝。天理市にあるお気に入りのカフェ「ル・レーヴ」さんへ。

2020-05-09_IMG_0481.jpg
自宅からはクルマで約40分という程よい距離である。4月下旬からご多分にもれず休業されていたようだが、久々に Webサイトをのぞいてみたら、「5月2日からモーニングとランチタイムのみ営業再開」となっていたので迷わず出撃。

2020-05-09_IMG_0473.jpg
再開後間もないためか、めったにとれない特等席がゲット出来た。

2020-05-09_IMG_0480.jpg
といっても、開店時間直後の入店時は貸切状態だったのでそりゃ当たり前。次の来店客まで30分くらいこの状態だった。
そして退店時もこの様子は変わらず。人気店にしてこの有様なのだな・・・・・
やはり店が無期限で休業するのは怖いものだと他人事ながらしみじみ感じる。

2020-05-09_IMG_0472.jpg
ともあれ、しーんと静かな店内でいつも以上にゆったりと過ごせたのは言うまでもない。

2020-05-09_IMG_0475.jpg
相変わらずリーズナブルな"モーニングCセット"はこの内容にコーヒーお代わりサービスまでついて650円 !!
お連れ様の"モーニングBセット"は550円。

2020-05-09_IMG_0479.jpg
満足。
けっきょく、90分ほど滞在して他の来店客は二組だけだった。土曜日というのにこの店でこんなに客数が少ないのは初めての体験。
この素晴らしいお店が存続出来るよう、祈念しておしまい。もちろん近いうちにまた来ますよ。( ´ー`)

スシローに満足 ??

長い間足が向かなかった回転寿司店だが、パートナーに誘われて「スシロー」に出かけてみたら・・・

2019-11-30_DSC05633.jpg
この前いつ来たのか思い出せないくらい間隔が空いていた間にかなり進化している事に感心させられた。
今や安いだけではなく、何よりも「回転寿司」という注釈がもはや意味を持たないくらいに"普通の寿司屋のスシ"に限りなく近い品質になっている事に驚かされた。競争の激しいジャンルとはいえ大した企業努力である。
怖いもの見たさに近い感覚でやって来たのは、12月1日(日)までの一週間の期間限定で、何と 三貫100円(税抜) という出血大サービスキャンペーンを行っていたのだ。
しかし「安かろう悪かろう」ではない、まったくその逆だった。

2019-11-30_DSC05634.jpg
この"まぐろ三種盛り"だけは 300円なのだが、実にそのうち二貫が大トロと中トロなのだった。殺人的お得メニュー。😨

2019-11-30_DSC05636.jpg
破格の安さだけではなく、そこそこのネタの厚みがあり安っぽさがまったくない。並のスーパーの"お寿司屋さんのおすし"とはまるで異なり、鮮度も十分。口の中でとろけるような食感にトロ特有の上質な甘さ加減が実にフツーに旨いではないか。

2019-11-30_DSC05635.jpg
これは150円のサーモン三種盛り。

2019-11-30_DSC05637.jpg
そして100円のイカの三種盛りも文句なしに旨い ! スシローの寿司って、いつからこんなに旨くなったのだろう。密かに回転寿司最大の弱点と考えていた寿司メシだって、かつての無味乾燥なものと打って変わって、不満のない品質に進化していた。

2019-11-30_DSC05639.jpg
この組み合わせで何と550円也 !! その品質からして利益が出てるとはとても思えんが・・・スゲェの一言・・・😨
残念だったのが、サンマやサバの"青魚三種盛り"にも期待していたのだが、17時過ぎの入店にもかかわらず売り切れだった事。

2019-11-30_DSC05641.jpg
2019-11-30_DSC05640.jpg
三貫盛りが一段落したところでレギュラー商品も食してみたが、こちらは「こんなもんでしょ」のお味だった。( ´ー`)

2019-11-30_DSC05642.jpg
赤だしは色の割にちょっと薄味だが、それでも具もたっぷりで十分に旨い。

2019-11-30_DSC05650.jpg
会計もものすごく進化していて、スタッフが確認に来るのは同じだが、正にあっという間の短時間で集計完了してしまった。スタッフの仕事は集計内容の復唱程度。その秘密は皿のカウントをしなかった事。からくりを聞いてみたら皿を裏返して見せてくれた。
すべての皿や容器にセンサーが取り付けられていて、端末機は通路からでも一瞬で読み取り集計出来るのだった。😨

2019-11-30_DSC05653.jpg
お会計もセルフ方式で、キャッシュレスならあっという間もなく完了。

2019-11-30_DSC05651.jpg
今やスマホからの予約が可能でほとんど待ち時間なしで着席出来るようになったのは当たり前とはいえ、知らない間にこんなに進化していたのだなぁ・・・(;`ー´)
客席の様子をざっと観察すると、ほとんどの客はやはりオレンジ色の100円皿を積み上げていた。
回転寿司店に来て初めて「また来よう。」という気にさせられた貴重な体験でした。( ´ー`)

名店「ル・レーブル」さん再訪

2019-03-31_DSC09717.jpg
奈良県天理市のカフェレストラン「ル・レーブル」さんを一年ぶりに再訪した。今回も650円の素晴らしいモーニングセット。
前回は目玉焼きだったが、今回はモーニングセットの卵料理にスクランブルエッグをオーダーしてビックリ。
ゆうに二個分の卵を使用しているようなボリューム感で、今や少食派となった胃袋には完食するのが荷が重いくらいだった。

2019-03-31_DSC09720.jpg
お連れ様はフレンチトーストのセット。粉砂糖にメープルシロップをかけると絶妙の甘さになるようで、「久しぶりに美味しいフレンチトーストに出会ったわ。」と大層ご満悦だった。しかも、この店のグレードでこのセットが 720円というリーズナブルさ。
その上、コーヒーのお代わりまで無料サービスとなっていて、しっかりと追加注文しておられました。( ´ー`)

2019-03-31_DSC09722.jpg
2019-03-31_DSC09726.jpg
トイレの撮影をする趣味はないのだが、手洗い場もこんなクラシカルな雰囲気。

2019-03-31_DSC09728.jpg
水栓も真鍮製の蛇口に木製ハンドルという、細部にまで手を抜かないこだわり。

2019-03-31_DSC09730.jpg
エントランスホールと客席の境目にはこんなのも。

2019-03-31_DSC09731.jpg
前回訪問は5月中旬だったが、今回は桜の開花に間に合い、こんな風景。ちょっと時期が早すぎたが・・・
一週間後にまた来ようと思わせてくれる、いいお店です。( ゚∀゚)

2019-03-31_DSC09734.jpg
2019-03-31_DSC09738.jpg
2019-03-31_DSC09749.jpg
日曜日という事もあってか、入店時に八割方埋まっていた駐車場は退店時には、ランチタイム客が続々と詰めかけて満車で大混雑状態となっていた。前回は平日とはいえ貸し切り状態で経営状態が少し心配だったので一安心。( ´ー`)

| NEXT≫