FC2ブログ

ホテルバイキング !

2019-02-07_DSC09555.jpg
いつも"B級"ばかりなので、たまにはと大阪梅田茶屋町の「ホテル阪急インターナショナル」へ。

2019-02-07_DSC09558.jpg
1Fにあるレストランの「ナイト&デイ」。気軽なビュッフェスタイルレストランで、料金もホテルとしてはリーズナブルだし、メニューも"A級"とはいえないが"AB級"くらいかな・・・( ´ー`)

2019-02-07_DSC09563.jpg
17時ぴったりに着席すると同時にロールカーテンが静かに上がり、イルミネーションが顔を出す。

2019-02-13_mainimg20[1]
メニューはこんな感じ。
自分の好みとしては、料理のレベルが同じとするとコースよりも断然バイキングである。落ち着いて座ってるだけでバランスの良い食事が提供される代わりに、食事の一部始終を他者に支配されるのが面白くないのだ。せかせかと立ったり座ったりには抵抗がないし、何よりも「好きな時に好きなだけ好きな料理が食べられる」事が優先。要するに貧乏性なだけですが。( ´ー`)

2019-02-07_DSC09561.jpg
後輩が転職 & 東京に転勤のための、プチ送別会である。こうだと分かってたらもうちょい正装しとくんだった。(;`ー´)

2019-02-07_DSC09566.jpg
全然うまそうに撮れてないな・・・
今夜はシェフがカットしてくれるローストビーフが最大の売りだが、ライブキッチンの担当は「ホンマにシェフか ?」という20代の女子だった。いや、年齢ではなく、その手付きに手際が良いとはとても思えなかったのでやや疑っただけ。どのみち薄切りするだけなのだし材料が良ければ文句はいえない。ポテトの配置が乱雑だが、これも受け取ったのをそのままテーブルに置いただけ。この手抜きではとうてい"シェフ"とは呼べるわけもない。とはいえ、ローストビーフ自体はとても美味でした。一枚目は。( ´ー`)

2019-02-07_DSC09567.jpg
一息入れてから、口コミで非常に評価が高かったビューシチューを。

2019-02-07_DSC09571.jpg
大きめでゴロゴロと塊感のあるのビーフはたしかに口の中でとろけるほどのジューシー感ではあるし、シチューももちろん美味いのだが"絶品"って称賛するほどではないなぁ・・・

2019-02-07_DSC09573.jpg
2019-02-07_DSC09574.jpg
ハーゲンダッツのアイスクリームも食べ放題。

2019-02-07_DSC09576.jpg
2100円のフリードリンクをオーダーしたので、生ビールやワインも気兼ねなく何杯でもOK。生ビールが1050円なので、飲めない人以外は断然お得、なのだが単品料金が高過ぎるだけかと。( ;´・ω・`)

2019-02-07_DSC09577.jpg
平日のためか、19時を過ぎても客の入りは50%程度だった。姉妹店の「オリンピア」は連日予約が取れないほどの人気なので、茶屋町という区域が大阪駅からちょっと離れているのがハンディになっているのか。

2019-02-07_DSC09582.jpg
今回の料金はフリードリンク付きの二名で12,120円。このロケーションのちゃんとしたホテルとしてはリーズナブルでしょう。
料理は全般的に「すごく美味い」と感動するようなメニューはなかったものの、「これはアカン」というものもなかった。
施設ランクと料金を考えれば極上メニューでなかったとしても、とても文句は言えないがリピーターとなるかは微妙かな。

2019-02-07_DSC09585.jpg
退店時はすっかり夜。こんな時刻に都会にいるというのは実に久しぶり。

2019-02-07_DSC09587.jpg
この季節で当たり前とはいえちと寒いが、やっぱり都会も良いもんだね。( ´ー`)

「快活クラブ」レポート

国道24号線沿いにある「24号奈良店」は公共交通の便が悪いロードサイド店であり、徒歩の来店はほぼないだろう。
至近距離にある紳士服大手の「AOKI」の子会社として全国チェーン展開して来たが、最近になって系列別会社に変わっている。
直近の決算内容を見ると、"複合カフェ事業"が黒字となっている事に驚いた。驚いた理由は、"漫画喫茶/ネットカフェ"という業態はすでに成熟産業であり、大きな成長など見込めない上に、何よりもこのビジネス事態が低収益なのだと思っていたためである。
大企業が新たに進出するなどありえないはずだったがこれまで怒涛の勢いで店舗数を増やして来ていて、奈良県にも4店舗ある。
収容人数の多さに加え、ビリヤード・ダーツ・カラオケなどと併設するなど、資金力にものをいわせて一人勝ちになってしまえばそれなりに経営が成り立つという事なのだろう。

2019-01-21_DSC09488.jpg
それにしても、「快活クラブ」の利益構造はどうなっているのだろう。何しろ基本的に客一人あたり3時間500円程度の料金。
どんな計算をしても経営が成り立つはずもないのだが、そこは種々の施策で単価を上げる事に成功しているのだろう。

2019-01-21_DSC09533.jpg
何度か通っているが、中規模の店とはいえ従業員は常時 3~ 5名はいてそれなりに皆忙しく働いている。
この業種は小規模な店ではワンオペなど当たり前で、しかもそれはバイト。それくらいでないと採算が取れないはずなのだが・・・

2019-01-21_DSC09511.jpg
スタッフが手を抜いていない証拠のひとつとして、店内は常に清掃が行き届いて清潔さが保たれている。奥に見えるガラス張りの向こうは喫煙ルームとなっていて、一般客は不快なタバコに悩まされる事のない完全分煙である。

2019-01-21_DSC09525.jpg
"オープンシート"ルームは個室感覚で仕切られているが、適度に囲まれ感であり閉塞感はまったくない。

2019-01-21_DSC09491.jpg
とにかく、はじめて利用した時には、このゆったりスペースに心底驚かされ、そして感心した。

2019-01-21_DSC09493.jpg
全体の雰囲気的にはファミレスなのだが、ひとりで過ごせる占有スペースは圧倒的にこちらが上。もっとも、ファミレスで 4人テーブルを独り占めするような場合は別だが、そんな厚かましさは持ち合わせていない。(;`ー´)

2019-01-21_DSC09497.jpg
客単価をアップさせる最上の策がフードサービスなのだろう。ファミレスに匹敵する充実メニューリストと料金である。
店には悪いけど、自分がこれらをオーダーする事はまずない。(*´~`*)

2019-01-21_DSC09505.jpg
各ブースにはUSBとAC100Vコンセントが完備されている。

2019-01-21_DSC09506.jpg
もちろん、通路も良く整備されていてチリひとつ落ちていない。木部のツヤツヤが保たれているのも大したもんである。

2019-01-25_DSC09543.jpg
フリードリンクなら欠かせないはずのこんな設備がちゃんと用意されているのも高得点。

2019-01-21_DSC09517.jpg
奥の方に、いわゆる"ネットカフェ"らしい個室タイプのブースが沢山並んでいる。

2019-01-21_DSC09516.jpg
こんな狭いスペースを自分が利用する事はないが、外と遮断された自分だけのスペースを求める人はまだまだ少なくないようだ。

2019-01-21_DSC09518.jpg
雑誌コーナーも充実していると最初は感じていたが、やはり書店のようなわけにいかない。何度か通ううちに、しょせん手にとって読んでみたくなるのは数冊に過ぎないという残念な事実が分かってくる。( ´ー`)

2019-01-21_DSC09524.jpg
ベースが"漫画喫茶"なのでコミック数は充実している、といいたいところだが、この規模の店としては非常に少ない。ざっと見て2万冊くらいしかないのではないか。"ジョジョ"や"バキ"や"キングダム"や"寄生獣"などが全冊揃っているのは当然だが、その他自分が関心のあるちょっとマイナーな作品はひとつも見つからなかった。
とにかく、この限られたスペースで在庫管理もかなり工夫しているのだろうな。

2019-01-21_DSC09522.jpg
とはいえ数万冊のコミックである。パソコンによる検索システムが常備されていて、収納棚の位置まで分かるようになっている。
コミック在庫はネット上からも検索出来るので、出かけてみたら目当ての作品がなくてガッカリという心配もない。

2019-01-21_DSC09531.jpg
店内に騒がしい雰囲気はまったくなく、非常に静かに保たれているし、最大の問題となるケイタイ通話用に専用室まであるのだ。

2019-01-21_DSC09534.jpg
ビリヤード・ダーツルームは、出入り口横の部屋で、禁煙室同様にガラス扉で完全に分離されている。時間貸しの店にとっては長時間の滞在が見込めるととはいえ、カラオケもそうだがグループでやって来て騒々しい客層は本業とは相容れないはずだがこのように完全に分断出来るのであれば問題ないのだろう。

開店後10年位経っているようだが、この店はたしかに新しいハイブリッドな店ではある。ファミレスとネットカフェの欠点を極力排除し、それぞれの長所だけをキープしているというイメージ。
自分の目的からすると、表面的には普通のファミレスでも用が足りるのだが大きな違いがいくつもある。
  • ヒマな若者やおばさまたちのような騒々しい他の客に悩まされる心配がない
  • ゆとりのスペースの指定席
  • 気兼ねなく長時間の滞在が出来る
  • 無料でしかもじっくりとコミックや雑誌が読める
  • 並のファミレスよりもスタッフのレベルが高い
  • 望めば専用パソコンでネットやゲーム三昧も自由
  • 料金がリーズナブル、というより安すぎるほど

そんなわけで、この店は"ネットカフェ"がベースになってはいるが、自分にとってはたしかに新しいイメージの"複合カフェ"である。

最後の「安すぎる料金」についてだが、3時間弱くらいの滞在でフリードリンクに無料のモーニングサービスまでついた上に"シニア割引10%"もあり支払額はたったの 463円で済んでいる。毎週購入していた350円の"ヤンジャン"の事を思えばホントにタダ同然。
しかも、入店ごとに100円相当のポイントが自動付加されるので 5回に一回は無料利用出来る事になる。これほど設備の整った店で。
それでも黒字経営出来ているようなので、自分のような儲からない客ばかりではないだろうとはいえ、本当にこの店の収益構造はどうなっているのか興味津々である。その観点からもしばらく通う事になりそうです。( ´ー`)

快適カフェ体験

週に一度はモーニングカフェを楽しんでいるのだが、ここしばらく気に入って通っているのはちょっと毛色の変わった店。

2019-01-25_DSC09539.jpg
知ってる人は知ってる「快活CLUB」。この店"24号奈良店"は何と無料モーニングサービスがある。
見ての通り当然セルフサービスではあるが、まずはトーストとフライドポテトが食べ放題。なくなればスタッフが補充してくれる。

2019-01-25_DSC09536.jpg
ドリンクはフリードリンクバーでコーヒーやココアがいただける。コーヒーはきちんと豆挽きから全自動抽出の本格派。

2019-01-25_DSC09538.jpg
セルフサービスにはメリットもある。そのひとつはトーストの焼き加減などを自由に調整出来る事。ふつうのカフェだと、朝の時間帯ではなかなか焼き加減の注文を言い出しにくいので、気兼ねなく好きにトースターを使えるのがありがたい。

2019-01-25_DSC09540.jpg
ポテトが在庫切れだったのでスタッフに知らせるとすぐに補充してくれたので揚げたてのホッカホカ。
少食派としては、食べ放題ではあってもバカ食いなどしない。トースト一枚にポテトもこの程度の分量で満足である。
とにかく無料サービスなので、トーストもポテトも極上の品質ではもちろんないが、別にまずくもないしこれで納得。
さすがに無料サービスになるはここまでであり、これまで通っていたカフェのようなグリーンサラダや目玉焼きやウインナーなどは一切ないので物足りなくはあるのだが、慣れてしまえばどうという事もない。

2019-01-25_DSC09544.jpg
各種のソフトドリンクもすべて無料で飲み放題。

2019-01-25_DSC09542.jpg
ファミレス的な苦いコーヒーの後は、中華スープを追加。意外や、これがすごく美味いのだ。( ゚∀゚)

2019-01-25_DSC09545.jpg
そして、お席はというと、何と半個室のゆったりスペースなのだった。めちゃくちゃ余裕がある上に完全禁煙でしかも指定席。
BGMは騒々しいJ-POPなどではなく、ごく静かな音量で流れるスムースジャズと完璧。ドリンクのシメはオレンジジュース。

2019-01-25_DSC09541.jpg
食後はゆったりと集英社のコミック週刊誌"ヤングジャンプ"。これが週に一度のお楽しみである。( ´ー`)
これまでのカフェモーニングでは、コンビニなどで購入して持参していたのだが、それも不要になった。
ここは一見ファミレスのようだが、「快活CLUB」は"漫画喫茶"であり最大の魅力が最新の雑誌やコミックも読み放題である事。
しかも、2時間や3時間の滞在は当たり前の世界なので時間を気にする必要がない。

2019-01-25_DSC09554.jpg
"漫画喫茶/ネットカフェ"のネガティブイメージがまったくなく、駐車場も十分完備しているしいう事なし。
誰も期待してないかもしれないが、次号はもう少し詳細なレポートをお届けしよう。( ´ー`)

お好み焼きランキング

大阪で生まれ育った身としては、"大阪"でイメージする食べ物は粉もんの王者である「お好み焼き」。もちろん大好物です。

2019-01-19_okonomi.jpg
画像はここから借りました。
とにかく、市内どこに行っても店があるので、いったい何店舗くらいあるのだろうかとの疑問がたまに浮かぶがすぐに忘れてしまう。( ´ー`)
奈良県民となってからもお気に入り店に良く通っていたのだが、その店が閉店してからはほとんど出かけなくなってしまった。
大きな理由は、自家製でそこそこの味のお好み焼きが作れるようになったからである。いや、自分では作ってないが・・・(;`ー´)

そして、ふと思い出して「大阪の店舗数はどのくらいあるのか・・・」とちょいと調べてみたらすぐに見つかった。
参照したのは"都道府県別何でもランキング"サイト。引用自由となっているので早速使わせてもらった。
やはり、店舗数は大阪府が堂々の第一位だった。約5年前の調査結果となっているが、今でもそんなに変わらないだろう。
第二位は意外な事に広島県ではなく兵庫県となっている。分からんもんやなぁ・・・( ゚д゚ )
このランキング表では"偏差値(人口10万人当たりの店舗数)"順に並んでいるので広島県がぶっちぎりのトップなのだが、総数ではダブルスコアに近い大差となっている。人口で3倍以上もの差があるので当然といえば当然の結果だろう。

お好み焼・焼きそば・たこ焼店店舗数 [ 2014年第一位 広島県 ]https://todo-ran.com/t/kiji/13448
お好み焼・焼きそば・たこ焼店店舗数 [ 2014年第一位 広島県 ]

この種の雑学データというのは、時たま気になりだすとあれこれといくらでも知りたくなるもの。
この「都道府県別統計とランキングで見る県民性」にはかなり変態的なランキングもたくさん収録されているので暇つぶしには最適。
"林先生"はどのくらい答えられるのだろうか・・・( ´ー`)

星乃珈琲店 大東店

2018-05-26_DSC07957.jpg
大阪府大東市の「星乃珈琲店」でモーニング体験。ただし、訪問したのは5月です。
たまった写真在庫を整理していたら出て来て思い出した。(;`ー´)

2018-05-26_DSC07941.jpg
ずっと気になっていた「星乃珈琲店」の一番近場な店がここなのだ。

2018-05-26_DSC07953.jpg
店はクラシックなイメージでコストも掛かっており、好みのタイプ。

2018-05-26_DSC07950.jpg
おつれさまは定番のフレンチトースト。

2018-05-26_DSC07949.jpg
こっちはサラダトーストセットかな。今見るとメニューの写真と微妙に違うようだが、別にどうでも良いよな。( ´ー`)

2018-05-26_DSC07947.jpg
新し目の店で設備にはコストをかけていて高級イメージを押し出している割にはリーズナブルな料金なのでその点はポイント高いと思う。
そしてこの店に期待していたのはモーニングセットそのものではなくて、最大の売りにしているはずのコーヒーの品質。
しかし、ハッキリいってそのお味は大したことなかったので、これ以降は行ってません。ごめんね。( ´ー`)

| NEXT≫