FC2ブログ

唐招提寺

2018-09-02_DSC08793.jpg
近場の名所旧跡で未訪問の場所はまだまだあるので楽しみは尽きない。( ´ー`)

2018-09-02_DSC08795.jpg
「東大寺」に比肩する世界遺産の「唐招提寺」。言うまでもなく建立したのは大偉人の鑑真和上。
中国(唐)の僧侶でありながら、5度にも及ぶ渡航の失敗と失明というすさまじい苦難にも負けずついに来日を果たし日本に仏教を確立された、という逸話は日本人なら誰でも知っている ? ・・・はず。( ´ー`)

ただし、なぜそれほどまでの使命感を持って来日されたのかという背景事情と、晩年の10年間を日本で過ごし、その前半を「東大寺」と後半をこの寺で過ごして生涯を終えたという事くらい学んでないと、"世界遺産"だからというだけではこの寺院に拝観する意味はあまりないだろう。
とエラそうに書いたって、自分でもすっかり忘れていたので事前にネットでさらっと学習し直してからやって来たのだった。(;`ー´)

2018-09-02_DSC08797.jpg
600円の拝観料を払って、金堂へ。屋内は重要文化財を保管するほとんどの寺院と同様撮影禁止なので、撮りたい衝動をなだめながら、ここに安置される三体の仏像をおごそかに拝観しよう。

2018-09-06_唐招提寺金堂
隠し撮りするわけにもいかないので、Wiki から借用した。「東大寺」と同じく"盧舎那仏"がここにも安置されている。"東大寺版"とは異なり、背後に864体(元は1000体あった?)の仏を従えている。良く見ると手のポーズも違いますな。
見事な仏像は左から"千手観音立像"、"盧舎那仏坐像"、"薬師如来立像"。いずれも身長5メートル超の大きな仏像である。
写真を撮れないストレスは間違いなくあるが、しかしこのおごそかな空間の中、すぐそばで動き回ってシャッター音を立て続けるヤツが何人もいるという様子を想像したら、たしかに"撮影禁止"としたくなるという矛盾も感じる。( ´ー`)
それはそれとして、例外的に撮影自由となっている「東大寺」の英断にも感心するばかりである。

2018-09-02_DSC08800.jpg
「開山堂(かいさんどう)」。ここには"御身代わり像"がある。
「御影堂」に安置されている、国宝指定の"鑑真和上坐像"が年に数日間しか拝観出来ないためにいつでも拝観出来るようにと、現代の渾身の技術力により、コピーでもクローンでもない分身のような見事な作品となっている・・・らしい。

誰でも知ってるような上っ面だけのウンチクはこれくらいにしてと・・・(;`ー´)

2018-09-02_DSC08801.jpg
鑑真和上が永眠する「開山御廟(かいざんごびょう)」への道。

2018-09-02_DSC08805.jpg
2018-09-02_DSC08807.jpg
以下、公式HPからの引用

同時期の高僧の中では唯一、1250年の永きに亘って、参拝する人が途絶えません。現在は御廟前に和上の故郷・揚州から贈られた瓊花が植えられ、初夏にその可憐な花を咲かせます。

2018-09-02_DSC08814.jpg

2018-09-02_DSC08815.jpg
再び「開山堂」。"御身代わり像"であってもやはり撮影禁止は変わらず。
おそらく、遠方から撮影しようとする不届き者を排除するための偏光ガラス(?)によって守られている。

もちろん「唐招提寺」に限らず、寺院建立の背景を少しでも知ってるのと全然知らないのとでは、拝観する行為の意味合いに大いなる差異がある事は言うまでもない。予習は欠かせないな、とあらためて肝に銘じて今回はおしまい。( ´ー`)

カメラの日付設定をチェックしろ

2018-07-16_DSC04665.jpg
時が経つのが早いといえば、"RX100M3"を手に入れた記事を書いたのがちょうど四年前になる。
ちゃんと写るカメラなのに"小さくて軽い"というメリットは健在で、トレッキングやサイクリングでなくとも手放せないアイテムである。
最新型で、このサイズのまま超望遠ズームまで実現しまったのはSONYの執念には大拍手であるが、まぁ今はお値段もそれなりなので手を出す気にはなれない。もし手に入れたら"FZ1000"の存在価値はほぼなくなるので早めに処分という手もあるが、ぼんやり検討中。( ´ー`)

2018-07-15_DSC04664.jpg
そして。常用機であるがゆえに、全然気にしていなかった日時設定に重大な問題が発生していた事が判明した。
先日のトレッキングの写真を整理している時に、時刻が変だという事に気づいたのだ。最近はカメラの撮影日時によって行動の記録代わりにしていたのが、どうも節目節目で記憶していた時刻とかなりずれている事が分かった。
振り返ってみれば、購入時に設定して以来一度も時刻設定を見直していないのだった。( ≧Д≦)
設定しようとした時刻は"PM6:45"。すなわち時刻のずれは約 30分の進みすぎ だったので、これまで写真の撮影日時を元に書いていた記事の時刻部分は、30分戻さなければ事実に反する事になる。
とはいえ、そこは個人のお気楽日記の気安さのおかげで、さかのぼって記事を訂正するつもりはない。記事を読み返した時にアタマの中で時刻補正すれば良いだけだし、だいいちどこまでさかのぼって訂正すれば良いかの見当もつかないし。(;`ー´)

身の回りの機器で、一度設定した時刻を再調整せねばならないというなどという事態には長らく経験していなかった。
ちなみに、より古い"NEX-7"では約5分の遅れで、"FZ1000"のずれはゼロだった。
というわけで、これからはこのカメラに関しては時々チェックする事を忘れないように、記録として残しておく。

(今頃)バラが咲いた ( ´ー`)

庭の管理人に依頼されて撮ってみた。今回はすべて拡大写真付きです。

2018-06-09_DSC04554.jpg
2018-06-09_DSC04556.jpg
2018-06-09_DSC04559.jpg
2018-06-09_DSC04564.jpg
2018-06-09_DSC04558.jpg
2018-06-09_DSC04569.jpg
2018-06-09_DSC04571.jpg
2018-06-09_DSC04573.jpg
2018-06-09_DSC04576.jpg
2018-06-09_DSC04578.jpg
2018-06-09_DSC04581.jpg
2018-06-09_DSC04582.jpg
2018-06-09_DSC04585.jpg
2018-06-09_DSC04611.jpg

5月のバラ Ⅱ 中之島公園 / 拡大写真追加

すべての写真に拡大版を追加しました。

やはり大きい方が見応えがあるので。見たい写真をクリックしてみて下さい。( ´ー`)

2018-05-16_DSC07822.jpg
5月16日。大阪市中心部に位置する中之島公園のバラ園は真っ盛りの見頃です。( ´ー`)
例年ならこれからが見頃になっていくはずが、温暖気候の影響か12日頃から既にピークに達していたようです。

2018-05-16_DSC07829.jpg
2018-05-16_DSC07838.jpg
2018-05-16_DSC07841.jpg
2018-05-16_DSC07842.jpg
2018-05-16_DSC07849.jpg
2018-05-16_DSC07850.jpg
2018-05-16_DSC07865.jpg
2018-05-16_DSC07867.jpg
2018-05-16_DSC07870.jpg
2018-05-16_DSC07871.jpg
2018-05-16_DSC07888.jpg
2018-05-16_DSC07887.jpg
2018-05-16_DSC07895.jpg
以上。旬のリポートでした。( ´ー`)

5月のバラ ( ´ー`)

ご近所でキレイに咲き誇るバラたちを撮ってみた。

2018-05-05_DSC04250.jpg
2018-05-05_DSC04253.jpg
ここまでは、これまで通り手間をかけてぴったりサイズの写真にしているので画質良好なのだが・・・

2018-05-09_DSC04254_L_201805091347469e0.jpg
このままではイマイチですがクリックして拡大すると見違えるように良くなります。以下同様。( ´ー`)

2018-05-09_DSC04256_L.jpg
2018-05-09_DSC04257_L.jpg
2018-05-09_DSC04258_L.jpg
2018-05-09_DSC04260_L.jpg
そうそう、ウチにもありました。( ´ー`)
久々に FC2 のサムネイルイメージを利用してみたが、やっぱり画質低下問題は放置されたままだった。
その上、サムネイルサイズを"水平900"pxにしても勝手に"742"に落とされてしまうし、やはり使えんな・・・(´д`)

| NEXT≫