衝撃的な BMW 118i (vs ゴルフ6)

2017-12-24_DSC07450.jpg
走行距離わずか 770km というバリバリの新車に乗る機会があったので簡易レポート。

2017-12-24_DSC07443.jpg
"BMW 118i" 初体験。積極的な新車試乗ではなく、例によって点検時の代車です。( ´ー`)
同じボディの"116i"には、3年ほど前に試乗しており、全体的に悪くない印象だった。あの情けないフロントマスク以外は。(;`ー´)
やはり不評だったのだろう、今回のモデルではちゃんと今時のビーエム顔になっている。

2017-12-24_DSC07448.jpg
もちろんインテリアも細部のデザインに差異はあっても基本的にまったく同じ。見慣れた車である上に、ブラックボディにブラック内装色という最悪の組み合わせで、まじめに写真を撮ろうというモチベーションも湧くはずがない。
こうなると、顔が変わっただけのようであえて試乗レポートする意義するもないのだが、しかし・・・
走り出してみてぶったまげた !!
知らぬ間に とてつもなく上質な車になっていた のだった !! (。゚ω゚)
車内の静粛性・乗り心地・剛性感が、"116i"とは別物になっている。もちろん最大のウリである軽快な操縦性はそのまま。
どれくらい上質かというと、クルマとしての基本性能と快適性が先日プチ試乗した最新型"523d"と大して変わらないのである。
※とまぁ、いくら何でもそれは言い過ぎで、冷静に両車を振り返ってみるとやはり 1ランクくらいの差があるのも確か
しかも、後で調べてみたら更にぶったまげた事に、エンジンが 1.5Lの 3気筒なのだった。まさに衝撃である。
3年前に失望させられた"アクティブツァラー 218i"と同形式とはとても思えない。3気筒というネガティブイメージが微塵もない。
実際に二日間の試乗でまったく気が付かなかったのだ。それどころか静かでスムーズだしパワーも必要十分、レスポンスにも不満なしどころか回転のなめらかさに"シルキー"とさえ感じていた。唯一、アイドリング時にかすかな振動を感じたくらい。
しかし、それは"523d"だって同じレベルだったので、いかにスゴいエンジンなのかという証明である。"3シリーズ"にこのエンジンを載せた時には「何を考えてるのやら・・・」と嘲笑していたのだが、これなら十二分にアリである。
もう、ホントにさすがは「エンジンのビー・エム・ダブリュー」と絶賛しよう。

2017-12-24_DSC07465.jpg
ここ 3年位前から、モニタ画面は格段に明るく見やすく進化している。サブ画面に時計を表示する事も出来るようになっている。

2017-12-24_DSC07463.jpg
「これ、ゴルフのパクリやんけ・・・」と思わず笑ってしまったのが、このリアゲートオープナー。前からこうだった !?

2017-12-24_dsc07442.jpg
実は、新春企画としてタイトルを"ゴルフ6"との対決にしていたのだが、すべての面で"118i"が上回っていて勝負にならないため、カッコ付きに変更したのだった。"ゴルフ7"の試乗機会があればまたあらためて・・・( ;´・ω・`)

2017-12-30_DSC07474.jpg
もちろんお気に入りの愛車の価値が下がったわけではない。今回は相手が悪かったという事で・・・( ´ー`)

ビーエム遍歴シリーズ終了

2006年3月から始まり、2013年5月の"320i Luxury"までのBMW遍歴ネタはこれで打ち止め。

2017-11-03_2017-11-3-BMWStory.jpg
この期間に発生した自分の旺盛な買い替え意欲を総括しておこうと始めたのだが、実は書いてる内に気分が悪くなって来た。( ;´・ω・`)
全てのクルマが長く乗り続ける価値のあるものばかりで、短期間で浮気されたクルマたちに申し訳ない気持ちで一杯なのだ・・・
いちおう言い訳しておくと、クルマ自体の魅力が低下すなわち飽き飽きして手放したのは一台もないというのも事実。
これだけ低年式の中古外車を乗り継いだというのに故障が頻発して困らされた体験が一度もなかったという事実も特筆しておこう。

BMWHistory_Interier.jpg
ちなみに。全て新車という資金力などあるわけがなく、この中で新車は二台のみというのがわずかな救いではある。
実際には、この間"フィット"と"ゴルフ"もクルマ遍歴に存在しているが、今回はあくまで"BMW"特集のため登場は控えた。
シリーズとしてもう少し続けるつもりだったのだが、早くも意欲が低下してきたので、個々のクルマに関するコメントは省略。
二度とこんなバカな真似をしてはならないと猛省しつつ、これで終わります。お粗末でした。( ´ー`)

※インテリアデザインもBMWの大きな魅力なので、内装写真を追加しました

Z3 バージョンアップと 525i との最初の別れ

自分のデタラメで行き当たりばったりのクルマ遍歴を整理するために始めたシリーズだが、やはり冷や汗もの・・・(;`ー´)

2008-03-12_IMG_2006.jpg
2008年3月。"Z3"初期型から2002年式最終型に乗り換えた。もちろん中古車。いずれもヤフオクではなく専門業者から。
特に不具合に悩まされていたわけではないが、いくらカッコ優先とはいえ動力性能の不足がガマンならなくなったのだった。
やはり、売却はともかくヤフオクでビーエムを購入する勇気(というより度胸)は持てなかったのだ。
前車の売却に手間取った事もあり、1日間だけ併存となったのを逃さず記念撮影としゃれこんだ。

2008-12-30_IMG_4098.jpg
この頃はまだ愚息ではなく愛息だった。ホイール担当専門だが洗車のお手伝いも喜んでしてくれていた。
1,900cc(SOHC !)から一気に 2,200ccDOHC六気筒に格上げされた"Z3"。これでパーフェクトである。( ´ー`)

2010-05-15_IMG_6247.jpg
ところが、しばらく経って子供の成長とともに今度はファミリーカーの模範生である"フィット"の存在が気になり出して・・・
BMW中毒になるまでは一貫して"ホンダ党"で、ずっとホンダ車ばかりを乗り継いでいたのだが、この頃のホンダ車は大企業病そのもので、ありきたりなモデルばかりまったく魅力を感じなくなっていた。
そんな中で唯一光っていたのが、"シビック"の正統的後継車の"フィット"だった。初めて買ったクルマが初代シビックだったのだ、"フィット"はその精神を受け継いでいて、すべてがオリジナリティにあふれていたしデザインも素晴らしかった。
などと気になりだして 1ヶ月ほどで・・・
旧知の営業マンの破顔一笑に協力する事になったのだった。結局、これが最後の国産車所有となった。

2010-05-15_IMG_6239.jpg
そして・・・2010年5月。
さすがに三台を同時所有するほどの経済的余裕があるはずもなく、究極的に気に入っていた"Z3"と"525i(E39)"のいずれかを処分せざるを得なくなり、「究極の選択」で悩みに悩み断腸の思いで"525i"に犠牲になってもらったのだった。( ;´・ω・`)
5年落ちの中古車であっても、まったくの故障知らずで何の不具合もなく快適な最高の愛車だった。
"フィット"のために、この素晴らしいクルマを手放すなど、今から思えばあり得ない選択だったのだが、やってしまった。(´д`)
「どうしても欲しくなったらまた買えば良いさ・・・」と軽く考えていたのだが、結果としてその通りになったのだった。
しかも何度も・・・(;`ー´)

怒涛の"BMW5シリーズ"シリーズがスタート

2006-12-17_Z3と525i (3)
文句のつけようがなかったはずの"318i(E46)"を手放す事になったのは、"Z3"と同じ理由。
ほんの少しのささやかな不満のために生じた心の隙を見透かしたかのようににわかに浮上して来たのが・・・

2006-12-17_Z3と525i (10)
どうしても一度はマイカーにしてみたかった、BMWの真の高級車である"5シリーズ"。

2006-12-17_Z3と525i (6)
安物のコンデジで撮ったため、まったく眠たい画で色合いも正確ではない。当時はカメラにも写真にもこだわりがなかったのだ。(*´・ω・)
ボディカラーは"オリエンタル・ブルー"と呼ばれる濃紺色でインテリアはグレー。最高にクールなコーディネートのクルマだった。

2006-12-17_Z3と525i (4)
当時、やはり"5シリーズ"は高嶺の花で新車を買う資金力が足りなかったという事もあるが、この"E39"型のスタイリングがいかにも保守的に過ぎてあまり魅力を感じていなかったのが「ムリをしてでも」と決意しなかった理由。
その価値に気がついた時には新車販売はとっくに終了していたのだった。いや、やっぱり600万オーバーは現実的ではなかったのだ。

しかし、意を決して神奈川県の中古車店「アトラス」に出向いて試乗したとたん、トリコになってしまった。
※このカラーコンビネーションでそこそこリーズナブルな値付けをしていたのがこの店だったため
ドアを開けてシートに腰を下ろした瞬間から別世界だった。静かでなめらかなエンジン音、広々とゆとりのある空間に配置された、ゆったりサイズでしっとりと身体にフィットする極上のシートなどなど・・・やはり何もかもが"3"とは違う世界だった。
あまりにも異なる"3シリーズ"との格の違いというものを痛感した。「すべるような極上の走り」だった。20分くらいの試乗が済んでも「このクルマから降りたくない。このまま乗って帰りたい。」と駄々をこねたくなったほどだったのが昨日の事のよう。
当然、試乗が終わって10分後には迷う事なく注文書にサインしていた。時は2006年10月。( ´ー`)

2008-01-03_IMG_1682.jpg
それから一年後。このままずっとつづくはずだったビーエム・ライフ・・・

衝撃 !! ビー・エム・ダブリュー大阪が消滅 ( ゚д゚ )

2017-10-28_dsc02953.jpg
珍しく、ビー・エム・ダブリュー大阪からきっちりした書面が届いた。しかも差出人が「代表取締役」やて !?
開けてびっくり。その内容が「弊社株式の全てを双日株式会社に譲渡」なのだった。
早くいえば 買収された って事になる・・・しかも、その期日が 11月1日 となっている。(。゚ω゚)
だいたい「双日」って、プラント設備の会社くらいの漠然としたイメージしかなかったのだが。

昨年初めには、千葉県の有力ディーラーが ガリバーに買収された というニュースが記憶に新しいのだったが。
といってもこちらも知らなかった。たまたま最近ガリバーの社員から聞かされても、ガセネタだろうと信じていなかったくらい。
大したニュース価値でもないのか、マスメディアでもネット上でもこれらに関する情報はほとんど出ていない。
BMWが日本での直営方針を変えつつあるという事になるな。BMWは業績好調ではなかったのか ?
先月久々にディーラーに寄って店長としばし懇談したが、買収計画の事なんてまったく知らなかったようだ・・・
店舗やサービス工場がなくなるわけではないが、何となく気分が良くない秋の夕暮れ。( ;´・ω・`)

| NEXT≫