FC2ブログ

iPhone7

こっそりとスマホデビューを果たしたのは昨年11月、機種は iPhone7(32GB)である。
妻子にはそれ以前からスマホデビューさせていたので、自分が最後となっていた。
ちなみに妻は実用性重視で iPhone6、愚息は iPhone7Plus、自分のは iPhone7。そして、新品購入は愚息のみである。
お値段は両親の中古品が3万円台半ば、愚息は"ジェットブラック"と称する128GBのスペシャル版で実に約11万円。( ≧Д≦)
となると「何や、どこにでもいる親バカやな。」なんですが、難関を突破しての志望校入学祝だったもんで・・・

2019-03-11_DSC05101.jpg
昨今は小学生でもスマホ所有者が少なくないらしいし、「スマホデビュー ? それがどうした。」と嘲笑される事を予想される中、今さらの記事アップもどうかとは思うが、ま、単なる更新ネタですわ。( ´ー`)
これまでスマホを所有しなかった理由だが、外出時はずっと iPad とガラケーをケイタイしていたので必要を感じなかったし、スマホの小さな画面でニュースや雑誌などを読む気になれなかったというのが最大の理由。

2019-03-11_DSC05103.jpg
一目瞭然。これは"dマガジン"アプリだが iPhone では拡大しないと文字がまったく読めない。iPad 9.7インチなら何とか読める。
ただし、たいていのアプリはスマホ画面サイズに最適化されているので実際に不自由を感じる場面はほとんどない事も分かり、ジョジョに iPad 必須ではなくなっている。以前に記事にしたが、必要性を実感したのがポタリングであり、スマホなしでの遠出は考えられなくなったのがデビューの最大の理由。もちろんそれ以外の用途でも有用だしすぐに手放せないツールになった。( ´ー`)

さて。月額料金の報告もしておかないとホンマにひとり言で終わってしまうな。(;`ー´)
契約先はすべて楽天モバイルで、妻子の料金は 2,775円+1,838円+ 2,140円(自分) = 6,753円。
このように三名とも契約内容が異なるのだが、その詳細についての說明はややこしくなるので今回は省略する。
愚息には、"LINEでんわ"しか使わないようにしつけてあるので、通話料はずっとゼロである。( ´ー`)
問題は、うっかりと電話を使うと上記料金に通話料金が加算されてしまう事。
具体的には、スマホ標準の通話アプリから発信すると、楽天モバイル経由とならずそのまま割高な通話料が発生する。
そして、「うっかり」が多発する理由は・・・(二年前の記事と重複するが)
着信履歴が"通話"アプリでしか分からない("楽天でんわ"では機能しない)
という仕組みにある。
基本的に"楽天でんわ"アプリから発信すると10分間無料なのだが、慣れるまで時々「うっかり」をやらかしてしまっていた。

2019-03-11_電話アプリ
このように、着信履歴が残るのは標準通話アプリだけ。"楽天でんわ"アプリには表示されない。
ケイタイ電話の大きな利便性のひとつである「着歴からそのまま相手に発信」という操作が出来ないのだ。とはいえ実際には出来るのだが、割高通話料金が発生するために使用を控えねばならないという事。
無料通話とするには、「通話アプリを開いて着信電話番号をコピーし、楽天でんわアプリを開いてペーストして発信」となる。
10分以内無料で、その後も10円/30秒という有利な料金で利用するにはこれしかないわけ。※着歴返信の場合
着歴からの直返信を多用するユーザーには面倒くさくてやってられないかもしれない。
現状では楽天モバイルに限らず、大手キャリア(ドコモ)から回線を借りている"格安SIM"業者にとって共通の宿命のようだ。
安さと引き換えとはいえ「面倒くさくてやってられない」人には勧められないという事になる。( ;´・ω・`)

しかし、ハナシはここで終わらない。最近では"ワイモバイル"の安値攻勢によりほとんど差がなくなって来ているうえ、条件によっては本体価格を含む総合的な料金が逆転してしまうという情勢になっているのだ。
このあたりは、比較記事のブログなどがいくらでもあるので、関心を持った人は検索してみて下さい。それこそ「面倒くさくてやってられない」ので、当ブログではやりません。( ´ー`)

楽天モバイル vs ドコモ

楽天モバイルはいわゆる"格安SIM"である。それを煽るようなネット情報だけでなく雑誌も書店にたくさん並んでいる。
ドコモやソフトバンク・AUという大手キャリアより圧倒的に割安なはずなのだが、ちよっと計算してみたら・・・あれれ !? (。゚ω゚)

No. 契約内容 ドコモ 楽天モバイル 楽天(3GB)
1 かけ放題(5分間) 1,700 850 850
2 5GBプラン 5,000 2,150 1,600
3 SPモード 300 0 0
4 学割 -1,000 0 0
5 小計(税抜) 6,000 3,000 2,450
6 消費税 480 240 196
7 端末代金(月払い) 4,509 0 0
8 月々サポート -2,808    
9 端末代金(一括)   104,544 104,544
10 総合計(税込/24ヶ月) 196,344 182,304 168,048
11   差額 -14,040 -28,296

機種は"iPhone 7 Plus 128GB"で5分間かけ放題オプション付きの24ヶ月間の総コスト。
前提条件の"24ヶ月間"というのは、いわゆる"2年しばり"。ドコモではそうゆう契約しか出来ないようになっているため。
同条件で比較すると、何と 14,000円ほどしか安くならないのだった。ドコモ、かなり努力してるようだ。(。゚ω゚)
※もし3GBで良しとすればその差は 28,296円になる(ドコモに 3GBプランはないのが大手キャリアのいやらしいところ)
実質値引きである"月々サポート"の他、"学割"が効いている。もし学生でなければここで更に24,000円の差が開く事になるのだが。
ドコモなら初期コストの端末代金10万円ほどが不要な分、差額を金利手数料とみれば有利といえば有利かもしれない。
しかし、24ヶ月経過後はドコモ6,000円に対し、楽天モバイルは3,000円(いずれも税抜き額)とやはり圧倒的な差が発生するので、さっさと解約して楽天モバイル(とは限らないが)に変更してしまえば良いのだ。
・・・と、今頃分かったってもう遅いけど。
1ヶ月強経過観察の結果、愚息の使用状況ではたぶん 3GBで済みそうなので後悔はない。( ´ー`)

それにしても、2年間で20万円近い出費となるのだ。
あらためてスマホとは何と高額なおもちゃなのだとため息が出るではないか。"iPhone"にこだわらねばもっと安くはなるが。
それでも、ウチは一人で済むのだが、これが二人とか三人になると・・・考えたくもない( ≧Д≦)

楽天でんわ「5分間かけ放題」のワナ

以前から要望されていたワイフのスマホデビューは昨年9月から。契約先は"5分間かけ放題"等を重視して"楽天モバイル"を選択した。
当時も今も、通信コストで圧倒的に割高な大手キャリアはまったく選択肢に入らないというのは同じ。
特に、普及型のスマホ本体が実に980円というタダ同然のキャンペーン価格で手に入る時期でもあったので飛びついた。( ´ー`)
元々我が家では全員が通信料金にシビア。電話を自分からかけてダラダラとおしゃべりする習慣がないので、最適な選択だった。
プラン選定もカンタン。本人の用途では外でネットをだらだら眺める事もないので最小の"3.1GBプラン(1,600円)"で十分。
そして、毎月の支払額はこれに"5分間かけ放題オプション(850円)"をプラスした 2,450円 で済む・・・と思ったら大間違い。
残念ながらそれでは済まない。楽天ではWebでの表示金額はすべて「税抜き表示」なのだ。
すなわち、実際の支払額は 2,646円 となる。※当時は、大手キャリアより間違いなく格安だった
しかし、ハナシはこれで終わらない。(*´・ω・)

利用月 合計支払額 楽天モバイル 楽天コミュ
2017年2月 3,371 2,313 1,058
2017年1月 3,630 2,356 1,274
2016年12月 3,016 2,098 918
2016年11月 3,781 2,863 918
2016年10月 3,033 2,083 950
2016年9月 4,161 3,243 18

実際の請求額(支払額)はこうなった。契約手数料を含んでいる16年9月はともかく、2,646円で済んだ月が一度もないのだ。(;`ー´)
「何や、詐欺まがい商法か !?」と色めき立ちたくもなるのだが、まぁ通信料金なんてどこともこんなもんなのかも。
もちろん余計なオプション契約はひとつもないのだが。それにしてもこの微妙な差額はいったい何なのか・・・
楽天の場合、特に分かりにくいのが「楽天モバイル」と「楽天コミュニケーションズ」の双方から毎月引き落としがある事。
まず、「モバイル」の方だがこれは単純に5分間以上通話したための超過料金が加算されている。まぁこれはいいだろう。
"楽天でんわ"は、超過した分も 10円/30秒と他の格安業者と比較しても割安なのだ。
問題は「コミュニケーションズ」の方で、こちらは固定料金なので 850円+税で918円 でなければならないはず。
サポートにクレームをつけて判明したのだが、着歴からそのまま返信すると規定の料金が発生する のだそうだ。(。゚ω゚) 調べてみたらば、あちこちのブログなどにもそう書かれている。
本人の記憶をたどってみたら、たしかにそんな事があったらしい。しかし、サイトでの広告にも契約前にもそんな説明は一切なかったのが問題である。それが分かっていたら気軽に着信から発信などしないのだ。(*`Д´*)
もちろん、このからくりに気が付いた 3月以降は余計な料金は発生していない。それにしても、クレジットの明細をチェックしていなかったらずっと無駄な料金を支払い続ける事になっていた。エラそうにこんな事を書いてる自分自身も 4ヶ月間も知らなかったのだ・・・
楽天モバイルのサービス全般には特に不満はなく、選択が間違いではなかったと思っているが、皆さん気をつけましょう !!
「そんな事も知らなかったお前がマヌケなだけ」というコメントは受け付けません・・・(;`ー´)

iPhone デビュー

2017-04-30_P1060636.jpg
ついに我が家に"iPhone"がやって来た。通話機能のない"iPod Touch"や"iPad"はずっと使い続けて来たものの"iPhone"はなかった。
愚息に、「志望校に合格したら欲しいものは何でも買ってやろう。」と豪語していたのでとうとう買う羽目になったのだ。(´∀`)
もちろん「何でも」といったって、10万円をめどにしていたし、欲しいのはこれに決まっていたのである。
我が家の教育基本方針により、中学生まではスマホを持たせない事にしていたのでようやく解禁というわけである。
しかし・・・

2017-04-30_P1060637.jpg
しかし、いざ購入の段になって「ジェットブラックが欲しい。これ以外はイヤ !!」とごねられてひと悶着あったのだ。( ;´・ω・`)
そんなものがあるのは知らなかった。当然事前に情報収集をしていて、SIMフリーの32GB版(72,800円+税)を予定していたのだ。
あまりこだわりはなかったはずなのに、まず「Plusでなきゃイヤ !!」と言い出して、しぶしぶ"7 Plus"を受け入れたのだが、これで予算ギリギリ(85,800円+税)。しかも、これだけで済まなくなったため難航したのだった。
何と、直前になってスペシャル版の"ジェットブラック"が出現しやがって、カモネギもいいとこや。(´д`)
とにかく更に予算がはね上がり、これが実に 96,800円+税の 104,544円 !! 一気に限界突破なのだった。
価格を吊り上げるため勝手な付加価値でメモリが128GBになるのだが、愚息の用途では32GBで十分なので余計に不満なのだ。

2017-04-30_P1060639.jpg
「どうせフルカバータイプのカバーを付けるのだからあまり関係ないとは思ってるけど・・・」と反省しつつも、「とにかく質感がぜんぜん違うし!!」などといっちょまえなセリフを吐いて譲らないので最後には負けてしまった。約束は約束だし・・・( ´・ω・`)
電話をかけない・自宅外でアプリのダウンロードをしない・動画は一切見ない・家では Wi-Fiのみの条件付きである。

そんなわけで、ドコモ等の大手キャリアは最初から想定外。"楽天モバイル"の 5GBプランで 2,150円+税でSIMを入手。
今のところ、あちこち電話をかける習慣がないし、友達とは全部LINEで済ませるという事で"5分かけ放題"もなし。
与えてから約1ヶ月経過しているが、今のところはすべて守っているので追加料金は発生していない。
通信料金については、他にも色々ネタがあるのだが、長くなるので続きは次号。( ´ー`)

iPad Air のリニューアル / さらばモバイルルーター

毎日愛用している"iPad Air"には、性能にも機能にも何の不満もないのだが、リニューアルする事にした。

2017-04-15_DSC02426.jpg
"iPad Air" 二台。この種のツーショットをこれまで何回か記事ネタにしたが、それらはすべて新機種購入時だった。
しかし、今回は訳あってまったく同型なのである。現行型ではないので当然新しい方も中古品。(;`ー´)

2017-04-15_DSC02424.jpg
そして、唯一にして最大の相違点が"SIMカードスロット"。これまでの歴代愛機にはこれがない。

2017-04-15_DSC02425.jpg
"iPad"や"iPhone"のユーザーにはお馴染みの、この"docomo"(とは限らないが)の文字。長らく渇望していたのだ。
これまで愛用してきた"iPad"はすべて"Wi-Fi"仕様であり、外での通信にはモバイルルーターが必須だった。
使用の度にモバイルルーターの電源オンオフをする事が当たり前で、それに慣れてはいたが、最近になって急速にうっとおしく感じるようになって来た。その最たる理由は、家族が全員スマホユーザーとなり、スマホ本体の電源オンオフだけで使えるのを横目でみていて、自分のモバイルルーターが次第に疎ましくなって来たのだった。( ;´・ω・`)

メンドくさいモバイルルーターを併用していた理由はただひとつ。「通信料金の節約」である。
いわゆる"格安SIM"搭載のモバイルルーターなので、ずっと月額1,620円(5GB)のみ。
そして、モバイルルーター併用せざるを得なかった理由は、とにかく"SIMフリーのiPad"が非常に割高だったため。( ;´・ω・`)
最近うじうじと悩んでいたところに突然朗報が ! 最新型が何と40,824円で発売されたのだ。もちろん歴代最安。
ボディサイズは"Air"とまったく同一なので、旧製品の生産設備流用で安くあげたという事なのだろう。
しかし、ヤフオクを調べてみたら、旧型機が軒並み暴落・・・とはなっていなかった。それどころか、"Wi-Fi"機は程度の良さそうなのが 3万円前後で取引されていてオドロキだった。何と"SIMフリー"機種の方が安いのだが、何でこうなってるのか不思議・・・(。゚ω゚)
そんなわけで、今は"docomo"版の"iPad(32GB)"が、2万円台半ばくらいで手に入る事が分かり、飛びついた。
なぜか割安な"docomo"機は実質的にSIMフリーなので、他のキャリア版には目もくれないのだった。
今回の品はかなり美品の状態で 25,000円。( ´ー`) ※記事中の機種はすべて"Air"が対象で、"Air2"ではない

2017-04-15_DSC02427.jpg
機種は変われど、 5年以上もの間長らくお世話になりました。モバイルルーターさん。それと、1年ちょっと愛用の"Air"も出品である。
やっかいな事に、モバイルルーターのSIMと"iPad"のナノSIMとはサイズが合わないので、契約先の"IIJ"に追加発行してもらった。
ラッキーな事に「もう一枚無料キャンペーン中」ということで無料で発行してもらえたのだった。

2017-04-15_IMG_0355.png
1週間後に届いたナノSIMを挿入してちょいちょいと"APN登録"すると、あっさりと"DOCOMO機"に変身してくれた。( ´ー`)
やはり電源操作ひとつで使えるのは快適。ようやく、常時携帯するアイテムをひとつ減らすことが出来て気分上々であります。
我が家のスマホとSIMについてはたくさんネタがあるが、まぁぼちぼちと・・・

| NEXT≫