FC2ブログ

悲願のオートプレイヤー実現

"Luxman PD131 + SME3009 Series2/improved"は、何度見ても見飽きる事のないグッドデザイン。

2018-06-09_DSC04602.jpg
この「珠玉のレコードプレーヤー」はレコードを聽く悦びを再びもたらしてくれたのだが、一点大きな問題も抱えたままだった。
愛好家なら「うんうん、あるある。」とニヤリとする話だが、レコードを聴いているうちに気持ち良くなっていつの間にか眠ってしまう、という事態が時々発生するのだ。最内周の溝に入って延々とエンドレスで回転し続け、その間プチノイズも発生し続けるので大変困る。
「せいぜい20分程度なのだから気合を入れて !」と思いたいが、最近聴いているのは気合を入れねばならないようなジャンルの音楽が少ないのでどうしても"寝落ち"が避けられないのだ。(*´・ω・)
初めて所有した"フルマニュアル・プレーヤー"はこの点に関しては想像以上に不便なのだった。

2018-06-05_DSC04538.jpg
そこで、「あなたの大切な思い出を傷つけない」とニクいキャッチコピーの"アームメイト"をポチッとやってしまった。
この種の悩みを解消してくれる製品がある事は分かっちゃいたものの、完璧なデザインを誇る愛機に何も付け加えたくなかったので見て見ぬふりをして来たのだが、だんだんと"寝落ち"の頻度が増えてきてついに決心するに至ったのだった。

2018-06-09_DSC04603.jpg
見れば分かるシンプルな構造のオート・アームリフター。控えめなデザインで、想像していたような違和感はあまり感じない。

2018-06-09_DSC04590.jpg
レコードをかける前にアームリフター部を押し下げるという一手間が増えたが、すぐに慣れるので問題はない。
といいつつ、慣れない間は何度か失敗したわけだが、針先が盤上に降りないだけなので実害はない。

2018-06-09_DSC04600.jpg
レコード演奏が終了して最内周のエンドレスループに入ろうとすると、アームがリフターの検知レバーを押すようになる。
最大の難関はこの位置決めだった。そんなのカンタンと舐めてかかっていたのだが、かなり手こずってしまった。
十数回もトライ・アンド・エラーを繰り返すうちに付属の両面テープはすぐにだめになってしまい、手持ちの"超強力両面テープ"を動員する羽目になったが何とか完了。この作業はもうやりたくない・・・って最近もつぶやいた気がするな。(´д`)

2018-06-09_DSC04597.jpg
アームが最後にリフトアップするだけでターンテーブルの回転も止まらないし、実際には"オートプレイヤー"とは呼べないが、動作はスムーズで高級感も損なわないし"寝落ち"を気にしなくて良くなった効果は絶大。これで一万円は安いくらいのもんである。( ´ー`)


「何だか良く分からない」という方はメーカーの広報用ビデオをどうぞ。
これでレコードの終わりを気にしなくても良くなったのだが、今はリフターの動作が面白くて演奏終了直前に"アームメイト"の動きをじぃっと見つめている。そんなわけで、見飽きるまでは"寝落ち"の心配もないというオチでした。(;`ー´)

補足
本文ではカンタンに取付が出来たように書いている。実際にカンタンなのだが、実はどんなに位置調整を完璧にやっても、動作時にアームがリフトアップする直前に検知レバーに押し戻されてしまい何度も冷や汗をかかされたのだった。
これでは取り付けた意味がないというより、動作のたびに針とレコードを傷つけてしまう極悪パーツでしかないではないか !? ( ≧Д≦)
丸二日間にわたってトライしたが改善せず、「もう返品じゃ !!」とショップに申し入れる事にした。しかし、期待が大きかっただけに一言クレームをつけてやらねば気が済まずメーカーの"アイコール"さんに電話してみた。
小規模メーカーらしく、気の良さそうなおじさんが話しを聞いてくれて「使用条件によっては正常動作しない場合もあるようなので、調整してみますから製品を送って下さい」との回答だった。「送料着払いでいいよね」と確認を忘れず宅急便で送ったら翌々日朝に戻って来た。
さっそくチェックしてみたら、明らかに検知レバーの反発力が軽くなっていて、問題なく動作するようになったのでした。
迅速な対応をしてくれてありがとう、"アイコール"さん。( ´ー`)

AVアンプをリニューアル

趣味嗜好の品であるにもかかわらず、長年使い続けていても愛着が湧かないものがいくつかある。

2018-05-23_DSC04450.jpg
その代表であるのが、約10年前に買ったマランツ社のAVアンプ。半年ほど熟考の末にようやくこいつを買い替える事にした。
このジャンルの製品の宿命とはいえ、図体のデカさが最初から気に入らなかったが他社も大同小異、他に選択肢がなかった事もあり我慢して使い続けて来たのだ。加えて、同一のラックの中にプリメインアンプの機能を持った製品が三台も共存するというのも不満のタネだった。

2018-05-23_DSC04453.jpg
機能的にも性能的にも、この小型ネットワークレシーバーの「M-CR611」一台あれば済むのだが・・・なぜか三台・・・(;`ー´)

2018-05-23_DSC04456.jpg
後方のスピーカーを鳴らすためだけに置いていたAVアンプだが、薄型でしかも「M-CR611」の機能をほぼ備えた製品がある事を知り、決意したというわけ。上に乗っているのが最新鋭機である「NR1608」。

2018-05-23_DSC04458.jpg
上左が「NR1608」、上右がHDDレコーダーの「DIGA」。品番は ? 思い出せない。えぇい、どうでも良いや。(;`ー´)
そして、手前がどうしても断捨離を決意出来ない巨大なマッキントッシュのプリメインアンプ。

2018-05-23_DSC04467.jpg
マイクによるサラウンドの自動調整中。以前の「SR5003」よりもビジュアルがはるかに進歩していてセッティングもラクラクだった。
今回もマランツ社の製品なのだが、実のところブランドに対する思い入れやこだわりはまったくない。三台とも「今の自分のニーズにフィットする製品」を考え抜いたあげくにこうなったというだけ。マランツ社のマーケティングに自分のニーズがはまっているわけである。
「M-CR611」は性能的に何の不足もないのだが、どうしてもインターネットラジオの受信(?)の不安定が解消されず、結局ほとんど使わなくなっていたのと、やはりシルバーのフェイスパネルという違和感がずっと気になっていたため同時に処分する事にした。
見積もりでは、二台処分して15,000円ほどの投資で「NR1608」が手に入る予定だったので気軽にリニューアル出来たのだ。

2018-05-23_DSC04471.jpg
「NR1608」のインターネットラジオは今のところ安定して聴けている。その上電源オンから出音までの時間も圧倒的に速くなり、使い勝手も格段に上がったし、テレビ画面を使う事で「M-CR611」以上に選局などがスムーズに行えるようになった。
それにしても、最新鋭の製品のはずだったのに何と納品翌日に「NR1609」という新製品が発売されて凹んでしまった。( ≧Д≦)
調べてみたら毎年モデルチェンジしているようで、いきなり旧製品なったとはいえそれなりに価格も安かったし、追加された機能で関心を引いたのはついにPHONO入力が装備された事くらいなのでさっさと忘れよう。(*´・ω・)
何しろ前の二台をヤフオクで処分して、1万円ほどの出費で済んだのだった。

2018-06-06_DSC04548.jpg
スッキリとラックに収まったニューラインナップ。今は半分ガラガラ状態となったが、もちろんこれ以上増やす予定はない。( ´ー`)
左下にひっそりと置かれているのは、リニューアル前までテレビの裏側に隠してあった小型PC。
PCがこの場所にある理由についてはまた後日・・・

2018-06-06_DSC04552.jpg
スマートに収まった二台。下段はただの置き物ではなく、レコード演奏の時のみ電源が入るマッキントッシュ「MA6450」。
快調な「NR1608」は期待通りの使い勝手の良さで、在室中はほとんどインターネットラジオとテレビの音声出力でフル稼働している。

「NR1608」と「M-CR611」との音質の差(あるのか ?)については何も感じない。つまり不満はない。ほぼテレビの外部アンプとしての用途とインターネットラジオしか聴いていないし、時々iTunes からの AirPlay 再生をしてみるくらい。今のところ満足してます。
そもそも評論家先生やオーディオマニアのような音に対する繊細な文学的表現などとても出来ませんし。( ´ー`)

あっ ! 今頃気が付いたのが、また CDプレーヤーがない生活 に逆戻りとなったのが唯一の誤算。
なのだが、実際にはCDの直接再生はほとんどしてないし、まぁいいか・・・(´д`)

SME3009/S2 improved "ライダーウエイト"の秘密

2018-03-14_DSC03768.jpg
"Luxman/ラックスマン"社の不朽の名作であるレコードプレーヤー"PD131"は、弱点をすべて解消して現在極めて快調。( ´ー`)
"SME3009/S2 improved"とのデザインの調和は、何度観ても見飽きる事がない惚れ惚れする見事さである。

2018-03-14_DSC03742.jpg
さて。今回のお題は針圧調整用"ライダーウエイト"。その脱着方法について解決はしたが、"SME3009"のメンテで最も謎だったパーツ。
1年前の記事の中で説明不足の部分があり、そのままではネタにした価値がないと反省して再度取り上げる事にした。
理由は不明だが、ネット上でこのパーツの脱着方法について解説している記事を見た事がないのと、非公式の質問も受けたので。
自分としても、先輩ユーザーの記事で少なからず助けられているし、情報共有は大事ですからね。( ´ー`)

2018-03-14_DSC03753.jpg
"ライダーウエイト"はこのふたつのパーツで構成されている。手前にある小さなスプリング付きのパーツが難物だった。
何となくウェイトを引っ張り出すと、このパーツが「ビョ~ン」とどこかへ飛んでいってしまって探し当てるのが大変なのだ。( ; ゜Д゜)
"ライダーウエイト"を取り外す理由というのは、クリーニングのためだけであるが、またいつかの時のためのメモ代わりに。

2018-03-14_DSC03745.jpg
さてと。問題を解消してくれるのが、この串揚げ用の串。爪楊枝よりも一回り太くて、ライダーウエイトシャフトの径にドンピシャなのだ。
このツールさえあればもう心配はいらない。どこの家庭でもあるだろうし、なければ100均で手に入るはず。

2018-03-14_DSC03759.jpg
外す時には、とがった方をシャフトに当てて、シャフトの先端部から離れないようにしてウェイトをずらすと難なく串の方に移動してくれる。
この時、小孔が真上に来るようにしておかないと外せないのでご注意。その理由は後で分かる。( ´ー`)

2018-03-14_DSC03755.jpg
三ヶ月も悩みに悩んで苦労していたのがウソのようにあっさりと完了。もちろん問題のパーツもそのまま移動してくれる。( ゚∀゚)

2018-03-14_DSC03757.jpg
もとに戻す時には、ウェイトを反対側の先端までずらして、逆の要領でスライドさせればOK。この時、串の先端がウェイトの小穴位置よりも前になるよう注意する。

2018-03-14_DSC03754.jpg
穴の内部はこうなっているのだった。黒い頭が少し出っ張っている。これをじっと見ていてさっさと気付くべきだったのだが。(*´・ω・)
スプリング付きパーツの頭部分がシャフトの下側から持ち上がり、ウェイトの固定とともにスライド時の適度な抵抗力を生んでいるのだ。
良くこんなのを考えついたなぁと今でも感心している。たしかに合理的である。ウェイトの調整にあたっては適度に摩擦抵抗があり、しかもパーツにキズがつかず長期的な機能維持も実現出来ている。まぁ、少しキツめの穴にするだけでも良さそうなものだが・・・
いや、単なる小細工ではなく、ウェイトの所定位置がシャフトの断面が半円形になっている範囲内というのが本当の理由だろう。
つまり、通常の使用時は小穴が真下を向いた状態であるというのが正しい使用方法といえるのではないかと思われる。
これまで、何も考えず無意識に小穴が真上になるようにセットしていたのだ。ホント、おバカですね。( ´ー`)

当初は、ウェイトの一部に穴があいているのだから、そこにスプリング付きパーツを入れてネジ止めとなるはずと思い込んでいた。
しかし、実際にはパーツの頭部分にも上部の穴内部にもネジが切ってあるわけではなく、単純に素通しとなっていて、それはパーツを落とし込むためでの通路であり、パーツはそこを通過して下側の穴にまで達するのだった。そして頭の先端は少し穴の中心に出る程度。
これにより、ウェイトがシャフトに差し込まれた後は下端からスプリングの力によって双方を適度な圧力で密着させているというわけ。

2018-03-14_RiderWeight.png
それだけでは分かりづらいので、ライダーウエイトの断面図を描いてみた。こんな仕組みは初めて見た。他にもあるのだろうか ?
フツーに考えると、ウェイトの中心穴の内部にフェルトのような素材を巻いて、前後の調整をしやすくしようとするだろう。
こんなパーツだけをみても、やっぱりこのアームの設計者は只者ではないという事が良く分かる。

2018-03-14_DSC03772.jpg
おっともうひとつ。"ライダーウエイト"を支持する L字型シャフトとアーム基部との固定も基本的には同じ仕組みになっている。

2018-03-14_DSC03770.jpg
この次に外すのは何年後か、ひょっとして二度と外さないかもしれないが、その時のためにもみっちり記事にしてみた。

今回の撮影は、高級"感"を醸し出そうと少し照明を工夫してみた。成功しているだろうか ? ( ´ー`)

PD131+SME3009/S2 improved ようやく完成 !

2016年9月に愛機となった「珠玉のレコードプレーヤー」だったが、実は大きな問題点がいくつも残っていた。(*´・ω・)
アームリフターの機能回復に成功し、外観上はクリーニング等に励んだ甲斐があり、針交換も済ませて一応満足出来る状態にはなった。
それでも残る大きな問題点とは、「回転不安定・ストロボランプ不点灯・ターンテーブル腐食」の三点。
中でも、たまに発生するだけとはいえ「回転不安定」が致命的。"ターンテーブル"なのだから・・・( ≧Д≦)
資金に余裕が生まれたらメーカーにオーバーホールを依頼する事も考えてはいたが、なかなか踏み切れなかったのは「回転不安定は現物を実際にみてみないと判定出来ない」および「パーツがないためストロボライトの復旧は不可能」との回答だったのだ。

2018-02-21_DSC03663.jpg
そんな中、上記の問題を一気に解決出来そうなヤフオク出品を発見し、迷わず落札した。
しかも、ラッキーな事に品番が"PD131"ではなくキット商品だった"PDK131"であり、圧倒的格安でゲット出来た。(´∀`)

2018-02-21_DSC03665.jpg
そして。届いてからいそいそと梱包をあけると思わず「おぉっ !!」と声を上げそうになったくらい想像以上の美品で驚いた。
ターンテーブルをはじめトッププレートもシャーシもほとんど劣化がなく、極上品といっても良いくらいの状態である。
その差は一目瞭然。手前が新しいターンテーブルで右側のものが現用ターンテーブルである。
そう遠くない過去に汚いターンテーブルを磨き上げようとして挫折した苦い経験が蘇る。(´д`)
廻りだしてしまえばプレーヤーからは離れるので気にならない(性能には関係ないしと気にしないようにしていた)とはいえ、レコードを載せる度にどうしても目に入るので苦々しく感じていたのだった。これで気分良くレコードを載せられるようになった。( ´ー`)

2018-02-21_DSC03676.jpg
とりあえず、"PDK131"をひっくり返して10数本のボルトを取り外し、トッププレートとシャーシを分離してみると、実にきれいな配線がされていて、再度の驚き。とてもシロートが組み立て配線したとは思えない出来なのだ。※もちろん自分もシロートですが (;`ー´)
ひょっとして、キット形式が予想外の不人気で、倉庫に積み上がった在庫品に不憫を感じたメーカーの技術者が組み上げてこっそり完成品として格安では売り切ったのでは、と邪推してみたくもなったくらい。それくらいのレベルの品質である。
まいったな~。急ぐ仕事でもないし、じゅうぶん時間をかけて慎重にパーツの載せ替えをすべく気合十分で望んでいたのだが。
中身をのぞいてみても主要部品はコネクタ接続となっており、ハンダ作業も不要のようで、難易度は特に高くなさそうである。
予想よりはるかに良い状態なので、そのまま使用するかすべてのパーツを取り外して"PD131"に移植するかで悩むこと小一時間・・・

2018-02-21_DSC03678[1]
"PD/PDK131"の内部。図示した三ヶ所が特に劣化しやすく、代替パーツも存在しないため所有者を悩ませている。
"PDK131"の方は、外見も機能もまったく問題ないし「コンデンサ類は全数交換済み」となっていたため安心感倍増でもある。
さて。"PD131"と"PDK131"は、部材も各種パーツも完全に同一でありキット製品として販売されていたか否かだけの違い。
そして、愛機の最大の悩みのタネであった「不定期にターンテーブルの回転が不安定になる」のは、これまでのネットリサーチの結果、モーターそのものではなく、各種の制御回路がその原因だろうと勝手に断定していたのだが、しかしモーターが原因の可能性もやはりゼロではない。
熟考の結果、"PDK131"のシャーシとパーツをそのまま流用し、"PD131"のトッププレートとトーンアームのみを移設する事に決定。
自力で完全移設する自信がない事もないのだが、せっかく正常動作している個体である。万が一にも失敗があってはならないのだ。
・・・などとカッコつけているが、現物を前にやはり気後れしてしまっただけなのでした。何しろ一生もののお宝ですからね。(;`ー´)

2018-02-21_DSC03717.jpg
そうなると、難物となるがこの芸術品のようなトーンアームと、それを固定しているアームベース(円形の方)。アームペースがアンダーシャーシと一体化しているため、トーンアームをいったん取り外さないとトッププレートの載せ替えが出来ないのである。
この製品は、手軽にアーム交換が可能なようにアームベースは小さなピンを押してベースを少し回転させるだけで取り外す事が出来る・・・はずなのだが、予想はしていたものの例によって経年劣化のためか固着していてびくともしない。( ;´・ω・`)

2018-02-21_DSC03683.jpg
何しろ、腫れ物に触るように大切に扱ってきた名機のトーンアーム様である。心のなかで冷や汗をかきつつ慎重に慎重にアームベースから取り外した後、作業用手袋を右手に装着し、エイヤッとアームベースを回転させ・・・三回目でようやく廻す事が出来た。(´д`)
固着状態さえ脱すれば後はどうって事はない。最後に小さなボタンを押してやるとウソのようにカンタンに外れてくれた。( ´ー`)

2018-02-21_DSC03684.jpg
"SME3009/S2 imp"の舞台裏。写真では良く目にしていたが自分で体験するのは初めてである。右手にみえる黒いコードはアース用なのだが、これを接続する部分がどうしても分からず、これだけで30分は浪費する事になってしまった。
もちろん、分かってみればカンタンなのだが、それにしても機能美の極致のような姿のトーンアームだというのに、その裏側は実にいい加減な造りである事にあらためて感心した。(;`ー´)

2018-02-21_DSC03685.jpg
ヤワな構造に苦しめられつつようやくカバーを装着したと思ったら、逆向きだった・・・( ≧Д≦)

2018-02-21_DSC03686.jpg
間違い記念にもう一枚。このコネクタ部分がアームウエイト側にならねばならないのだ。
その他、細々とした苦労はあったが、無事にシャーシの載せ替えが完了。音出しテストも問題なし。
もうこの作業をする事はおそらくないとは思う中で最大の収穫は、お宝トーンアームを平気でいじれるようになった事。(´∀`)

2018-02-21_DSC03690.jpg
今度こそ完成品となった"PD131+SME3009/S2 improved"。

2018-02-21_DSC03695.jpg
美しいターンテーブルにうっとり・・・でもないが、腐食が目に入るというストレスは完全に解消した。

2018-02-21_DSC03712.jpg
"PD131/PD121"の持病である、ストロボライトの不点灯。今回はLEDに交換されているのでもう心配無用のはず。
これまで見えなかった腹いせもあり、つまらんギミックと思っていたが、やはりちゃんと機能するととても気分が良いものではある。
ここまで来れば最後の課題はトーンアームの分解メンテナンスだけとなったが、それはずっと後の楽しみにとっておくつもり。

珍しく冬季オリンピック観戦にはまっていた事もあり、更新のモチベーションが沸かなかったが、またぼちぼち書いて行きます。
長続きする日記の秘訣は「ムリしない事」ですからね。( ´ー`)

SHURE V15 TypeⅣ再び復活 !! の衝撃的理由

2018-02-03_DSC03604.jpg
本日届いたレコード針。タイトルとともに「これ、見た事あるな・・・」と気付いた人はかなりの記憶力の持ち主と思う。( ´ー`)
2014年2月23日。ちょうど約 4年前の記事ネタだったのだが、もう 4年間も経っていたなんて自分でも信じられないほど記憶に新しい。
あれから若干値上がりして 安いショップでも 11,800円になっているのだが、これで高性能カートリッジが新品同様の品質に蘇ってくれるのだから、格安である。メーカーの「JICO」さん、毎度ありがとう。( ゚∀゚)

実は最近LPレコードを聴くのがおっくうになって来ていた。理由は、もちろん飽きたのではなく再生音に不満があったから。
いつの頃からか、時々音が歪むようになっていた。平たくいうと「音が割れる」症状。レコードによっては、大きな音の部分で音楽にまとわりつくようにビビリ音が発生するため、盛り上がってきたところで白ける事になる。
こんな時には針の状態を疑うのがイチバンなのだが、針を新品に交換してからそれほど経っていないとの思い込みで、疑いの目はもっぱら、トーアームの"SME 3009S2 improved"に向けていたのだった。しかし何度調整し直しても事態が改善せず、「やっぱりこのアームの使いこなしは難しいのかも・・・」とすっかり意気消沈していた。( ;´・ω・`)

2018-02-03_dsc03608t.jpg
そして、長い間気になっていたお宝レコードをつい先日手に入れたのを機に、何とか解決しなければと改めて真剣に考え直してみて思い出したのだった。「4年前の記事でも同じ事を書いてたぞ ! やっぱり犯人は針や !!」・・・(;`ー´)

2018-02-03_dsc03608t.jpg
目視では針先の状態など判別不可能なので、ほぼ死蔵状態だったマクロレンズを引っ張り出してきた。
これは今回購入した"VN-45HE"。針先はもちろんキレイな三角形の形状である。

2018-02-03_DSC03621.jpg
いそいそと交換してレコードに載せてみたら、みずみずしいサウンドが蘇り、これでまた気分良くレコードが聴けるようになった。( ゚∀゚)

2018-02-03_DSC03614t.jpg
さて、一応現用品のチェックと・・・超拡大して初めて分かった。こんなに汚かったのか・・・( ≧Д≦)

2018-02-03_dsc03614t2.jpg
針先の形状もいびつに劣化しているようにみえたが、念のためさらに拡大してみたら、何とこんな状態だった・・・(。゚ω゚)

2018-02-03_DSC03625.jpg
本当の原因はこれだったのか !! そういえば、ここ数年間は刷毛によるホコリ落としくらいしかしてなかった。
買い置きしてあったスタイラスクリーナーで、丁寧に針先をクリーニングすると・・・

2018-02-03_dsc03626t.jpg
全然すり減ってなかった !! (。゚ω゚) 新品のような正三角形ではないが少なくとも先端部は劣化していないように見える。

2018-02-03_dsc03628.jpg
ビビリ症状がひどくて聴く気がしなかった愛聴盤も正常に演奏してくれるようになった。新品との音質差異は分からない。( ´ー`)
ちなみに、今回購入した製品では先端部の"45HE"の文字がなくなっている。

まとめると、「基本的なメンテナンスを怠っていたための不具合」という間抜けな事実が判明した事になる。(;`ー´)
メーカーによると、針先寿命は 200時間程度と公表しているが、丸 3年間で間違いなくそれ以上に使用している。
環境にもよるだろうが、少なくとも自分の使用環境でははるかに長く持ちそうである。
当面ムダな出費にはなったが、これで当分の間針先の心配をする必要がなくなったのが最大の収穫。( ´ー`)

| NEXT≫