FC2ブログ

iPhone7

こっそりとスマホデビューを果たしたのは昨年11月、機種は iPhone7(32GB)である。
妻子にはそれ以前からスマホデビューさせていたので、自分が最後となっていた。
ちなみに妻は実用性重視で iPhone6、愚息は iPhone7Plus、自分のは iPhone7。そして、新品購入は愚息のみである。
お値段は両親の中古品が3万円台半ば、愚息は"ジェットブラック"と称する128GBのスペシャル版で実に約11万円。( ≧Д≦)
となると「何や、どこにでもいる親バカやな。」なんですが、難関を突破しての志望校入学祝だったもんで・・・

2019-03-11_DSC05101.jpg
昨今は小学生でもスマホ所有者が少なくないらしいし、「スマホデビュー ? それがどうした。」と嘲笑される事を予想される中、今さらの記事アップもどうかとは思うが、ま、単なる更新ネタですわ。( ´ー`)
これまでスマホを所有しなかった理由だが、外出時はずっと iPad とガラケーをケイタイしていたので必要を感じなかったし、スマホの小さな画面でニュースや雑誌などを読む気になれなかったというのが最大の理由。

2019-03-11_DSC05103.jpg
一目瞭然。これは"dマガジン"アプリだが iPhone では拡大しないと文字がまったく読めない。iPad 9.7インチなら何とか読める。
ただし、たいていのアプリはスマホ画面サイズに最適化されているので実際に不自由を感じる場面はほとんどない事も分かり、ジョジョに iPad 必須ではなくなっている。以前に記事にしたが、必要性を実感したのがポタリングであり、スマホなしでの遠出は考えられなくなったのがデビューの最大の理由。もちろんそれ以外の用途でも有用だしすぐに手放せないツールになった。( ´ー`)

さて。月額料金の報告もしておかないとホンマにひとり言で終わってしまうな。(;`ー´)
契約先はすべて楽天モバイルで、妻子の料金は 2,775円+1,838円+ 2,140円(自分) = 6,753円。
このように三名とも契約内容が異なるのだが、その詳細についての說明はややこしくなるので今回は省略する。
愚息には、"LINEでんわ"しか使わないようにしつけてあるので、通話料はずっとゼロである。( ´ー`)
問題は、うっかりと電話を使うと上記料金に通話料金が加算されてしまう事。
具体的には、スマホ標準の通話アプリから発信すると、楽天モバイル経由とならずそのまま割高な通話料が発生する。
そして、「うっかり」が多発する理由は・・・(二年前の記事と重複するが)
着信履歴が"通話"アプリでしか分からない("楽天でんわ"では機能しない)
という仕組みにある。
基本的に"楽天でんわ"アプリから発信すると10分間無料なのだが、慣れるまで時々「うっかり」をやらかしてしまっていた。

2019-03-11_電話アプリ
このように、着信履歴が残るのは標準通話アプリだけ。"楽天でんわ"アプリには表示されない。
ケイタイ電話の大きな利便性のひとつである「着歴からそのまま相手に発信」という操作が出来ないのだ。とはいえ実際には出来るのだが、割高通話料金が発生するために使用を控えねばならないという事。
無料通話とするには、「通話アプリを開いて着信電話番号をコピーし、楽天でんわアプリを開いてペーストして発信」となる。
10分以内無料で、その後も10円/30秒という有利な料金で利用するにはこれしかないわけ。※着歴返信の場合
着歴からの直返信を多用するユーザーには面倒くさくてやってられないかもしれない。
現状では楽天モバイルに限らず、大手キャリア(ドコモ)から回線を借りている"格安SIM"業者にとって共通の宿命のようだ。
安さと引き換えとはいえ「面倒くさくてやってられない」人には勧められないという事になる。( ;´・ω・`)

しかし、ハナシはここで終わらない。最近では"ワイモバイル"の安値攻勢によりほとんど差がなくなって来ているうえ、条件によっては本体価格を含む総合的な料金が逆転してしまうという情勢になっているのだ。
このあたりは、比較記事のブログなどがいくらでもあるので、関心を持った人は検索してみて下さい。それこそ「面倒くさくてやってられない」ので、当ブログではやりません。( ´ー`)

デロンギオイルヒーターの使い方

2018-12-27_DSC09434.jpg
イタリアの銘品である「デロンギオイルヒーター」。
実は20年間近く前からのユーザーなのだが、今年になってようやく使い方が分かったという恥ずかしいネタを披露しよう。( ;´・ω・`)
オイルヒーターの魅力は、何といっても「自然な暖かさ」と控えめな空気乾燥。
送風しなければ室内が温まらないエアコンやファンヒーターと異なり、暖炉のような輻射熱で室内の空気をじんわりと温めてくれる。
この機種は初代からの改良型で、操作パネルの中程にあるふたつのスイッチで任意にヒーターのオンオフと強弱の切り替えが出来る。

2018-12-27_DSC09440.jpg
極小書斎 & 仕事場スペースに設置している、改良型とはいえ10年以上前に購入した旧式の小型機。しかし今でも実力十分。
オイルヒーターの良さは理解しても、小型機でも最大1200Wの消費電力である。これで一日中運転なんて出来るはずがない、と考えていた。
実際に、デロンギを使うとかなり電気代がかさむので「それくらないならエアコン!!」だと、ここ数年はほとんど使わなくなっていた。
長年、古いジョーシキにとらわれていて、狭いスペースだからと"MED"と"MIN"のうちの"MED"だけで運転していたのだった。
しかも、電気代を気にしてこまめにタイマーでオンオフをしていたのでどれだけ運転してもとにかく室温が上がらない。
とにかく、それほど外気温が低くない場合は"MIN"で運転したりもしていたのが致命的な大間違い !! これで電気代の節約になるはずなのに、実際には逆だった。( ≧Д≦)

そして、最近になって気がついた。エアコンだって同じなのだが、エネルギー弱めの運転で使い続けると本当に寒い日にはいつまで経っても室温が上がらずにずっと電気を使い続ける事になり、結果として翌月の電気代に目玉が飛び出るわけなのだ。( ≧Д≦)

そして、この冬になってようやく理解したのだ。デロンギオイルヒーターの正しい使い方を。
本来はものすごく寒い環境で一日中運転する事を前提に開発されていて、長年その地位を保っている製品である。その事実を良く考えてみた。
上の写真は、運転開始後30分ほど経ってからの状態。いったん室温が上がって設定温度に達すると、その後は何時間経過しても室内の空気温度そのものが下がりにくくなり、時々運転を再開する程度となりほとんど休止状態(電気代ゼロ)のままである事についに気がついた。(^◇^)

2018-12-27_DSC09430.jpg
そして、満を持して設置した最新の「ドラゴンデジタルスマート DDQ0915WH 」。約10畳のシアタールームなのでこちらは1500W機。
同程度の能力の旧型機では、厳しい寒さの時期には大して室温が上がらないのに膨大な電気料金が発生したために請求額をみては驚愕の繰り返しで、数年前から使用を取りやめた経緯があるがそれは使いこなせていなかっただけの事。
今はまったくの余裕運転。室温が設定温度に経ってからはやはりほとんどの時間が電気を使わないスタンバイ状態である。

2018-12-27_DSC09439.jpg
設定温度は19度で、パワーは三段階あるうちの最大能力としている。外気温5度程度なら設定室温に達するまで一時間かからない。
本体モニタ下のLEDインジケーターは三個あり、真ん中が電源オンオフを表す。これは室温が設定値を維持して消えている状態。
ついにコンピュータ制御となり、温度設定も感覚ではなくて具体的な数値で行えるようになり、リモコンも付くようになった。
まぁ、リモコンは必需品ではなくおまけに過ぎないのだが。なくても全然困らない。( ´ー`)

それでは、使いこなしのまとめ。
※大前提として、高気密の部屋である事。隙間だらけの旧形式日本家屋ではまったく実力を発揮出来ません (;`ー´)
  • 部屋の広さに応じた機種(フィン数)選定
  • 「寒くない」程度の温度設定にする
  • 最大パワーで運転して短時間で室温を上げる
  • それでも電気代が気になるならタイマーをフル活用
これで電気代を気にせずに快適暖房を享受出来るようになる。
ちなみに、"ドラゴンデジタルスマート"はヤフオクで 1万円そこそこで落札したのを愛用している。
耐用年数の長い製品なのだから新品にこだわる必要はないのだ。( ´ー`)

魔法のタオルがついにやって来た

「浅野撚糸」さんの超人気商品「エアーかおる」シリーズ。

2018-11-24_DSC09289.jpg
フェイスタオル3本ととバスタオル2本の計本。送料込みで合計8,276円と、お値段は高級タオルの部類に入るのだろう。
一見ふつうのタオルなのだが、楽天市場で注文したのが 9月3日。実に納期3ヶ月なのだった。

2018-11-24_DSC09290.jpg
特にこの「ハワイアンブルー」色が一番人気で、メーカーがいくら量産しても受注に追いつかないらしく現時点でも即納のショップがないほど。
元々人気商品だったのが「カンブリア宮殿」で紹介されるや、爆発的に売れだしたらしい。

2018-11-30_about_02.jpg2018-11-30_about_03.jpg
番組を見逃した人は残念でした。完全な成熟商品であるタオルに"イノベーション"を起こした不屈の努力は感動的だった。
売れる商品に育って良かったね、と共感したくなるくらい立派なメーカーさんです。
商品は評判通りの素晴らしい品質でウチのユーザーさんも大満足です。( ´ー`)

悲願のオートプレイヤー実現

"Luxman PD131 + SME3009 Series2/improved"は、何度見ても見飽きる事のないグッドデザイン。

2018-06-09_DSC04602.jpg
この「珠玉のレコードプレーヤー」はレコードを聽く悦びを再びもたらしてくれたのだが、一点大きな問題も抱えたままだった。
愛好家なら「うんうん、あるある。」とニヤリとする話だが、レコードを聴いているうちに気持ち良くなっていつの間にか眠ってしまう、という事態が時々発生するのだ。最内周の溝に入って延々とエンドレスで回転し続け、その間プチノイズも発生し続けるので大変困る。
「せいぜい20分程度なのだから気合を入れて !」と思いたいが、最近聴いているのは気合を入れねばならないようなジャンルの音楽が少ないのでどうしても"寝落ち"が避けられないのだ。(*´・ω・)
初めて所有した"フルマニュアル・プレーヤー"はこの点に関しては想像以上に不便なのだった。

2018-06-05_DSC04538.jpg
そこで、「あなたの大切な思い出を傷つけない」とニクいキャッチコピーの"アームメイト"をポチッとやってしまった。
この種の悩みを解消してくれる製品がある事は分かっちゃいたものの、完璧なデザインを誇る愛機に何も付け加えたくなかったので見て見ぬふりをして来たのだが、だんだんと"寝落ち"の頻度が増えてきてついに決心するに至ったのだった。

2018-06-09_DSC04603.jpg
見れば分かるシンプルな構造のオート・アームリフター。控えめなデザインで、想像していたような違和感はあまり感じない。

2018-06-09_DSC04590.jpg
レコードをかける前にアームリフター部を押し下げるという一手間が増えたが、すぐに慣れるので問題はない。
といいつつ、慣れない間は何度か失敗したわけだが、針先が盤上に降りないだけなので実害はない。

2018-06-09_DSC04600.jpg
レコード演奏が終了して最内周のエンドレスループに入ろうとすると、アームがリフターの検知レバーを押すようになる。
最大の難関はこの位置決めだった。そんなのカンタンと舐めてかかっていたのだが、かなり手こずってしまった。
十数回もトライ・アンド・エラーを繰り返すうちに付属の両面テープはすぐにだめになってしまい、手持ちの"超強力両面テープ"を動員する羽目になったが何とか完了。この作業はもうやりたくない・・・って最近もつぶやいた気がするな。(´д`)

2018-06-09_DSC04597.jpg
アームが最後にリフトアップするだけでターンテーブルの回転も止まらないし、実際には"オートプレイヤー"とは呼べないが、動作はスムーズで高級感も損なわないし"寝落ち"を気にしなくて良くなった効果は絶大。これで一万円は安いくらいのもんである。( ´ー`)


「何だか良く分からない」という方はメーカーの広報用ビデオをどうぞ。
これでレコードの終わりを気にしなくても良くなったのだが、今はリフターの動作が面白くて演奏終了直前に"アームメイト"の動きをじぃっと見つめている。そんなわけで、見飽きるまでは"寝落ち"の心配もないというオチでした。(;`ー´)

補足
本文ではカンタンに取付が出来たように書いている。実際にカンタンなのだが、実はどんなに位置調整を完璧にやっても、動作時にアームがリフトアップする直前に検知レバーに押し戻されてしまい何度も冷や汗をかかされたのだった。
これでは取り付けた意味がないというより、動作のたびに針とレコードを傷つけてしまう極悪パーツでしかないではないか !? ( ≧Д≦)
丸二日間にわたってトライしたが改善せず、「もう返品じゃ !!」とショップに申し入れる事にした。しかし、期待が大きかっただけに一言クレームをつけてやらねば気が済まずメーカーの"アイコール"さんに電話してみた。
小規模メーカーらしく、気の良さそうなおじさんが話しを聞いてくれて「使用条件によっては正常動作しない場合もあるようなので、調整してみますから製品を送って下さい」との回答だった。「送料着払いでいいよね」と確認を忘れず宅急便で送ったら翌々日朝に戻って来た。
さっそくチェックしてみたら、明らかに検知レバーの反発力が軽くなっていて、問題なく動作するようになったのでした。
迅速な対応をしてくれてありがとう、"アイコール"さん。( ´ー`)

AVアンプをリニューアル

趣味嗜好の品であるにもかかわらず、長年使い続けていても愛着が湧かないものがいくつかある。

2018-05-23_DSC04450.jpg
その代表であるのが、約10年前に買ったマランツ社のAVアンプ。半年ほど熟考の末にようやくこいつを買い替える事にした。
このジャンルの製品の宿命とはいえ、図体のデカさが最初から気に入らなかったが他社も大同小異、他に選択肢がなかった事もあり我慢して使い続けて来たのだ。加えて、同一のラックの中にプリメインアンプの機能を持った製品が三台も共存するというのも不満のタネだった。

2018-05-23_DSC04453.jpg
機能的にも性能的にも、この小型ネットワークレシーバーの「M-CR611」一台あれば済むのだが・・・なぜか三台・・・(;`ー´)

2018-05-23_DSC04456.jpg
後方のスピーカーを鳴らすためだけに置いていたAVアンプだが、薄型でしかも「M-CR611」の機能をほぼ備えた製品がある事を知り、決意したというわけ。上に乗っているのが最新鋭機である「NR1608」。

2018-05-23_DSC04458.jpg
上左が「NR1608」、上右がHDDレコーダーの「DIGA」。品番は ? 思い出せない。えぇい、どうでも良いや。(;`ー´)
そして、手前がどうしても断捨離を決意出来ない巨大なマッキントッシュのプリメインアンプ。

2018-05-23_DSC04467.jpg
マイクによるサラウンドの自動調整中。以前の「SR5003」よりもビジュアルがはるかに進歩していてセッティングもラクラクだった。
今回もマランツ社の製品なのだが、実のところブランドに対する思い入れやこだわりはまったくない。三台とも「今の自分のニーズにフィットする製品」を考え抜いたあげくにこうなったというだけ。マランツ社のマーケティングに自分のニーズがはまっているわけである。
「M-CR611」は性能的に何の不足もないのだが、どうしてもインターネットラジオの受信(?)の不安定が解消されず、結局ほとんど使わなくなっていたのと、やはりシルバーのフェイスパネルという違和感がずっと気になっていたため同時に処分する事にした。
見積もりでは、二台処分して15,000円ほどの投資で「NR1608」が手に入る予定だったので気軽にリニューアル出来たのだ。

2018-05-23_DSC04471.jpg
「NR1608」のインターネットラジオは今のところ安定して聴けている。その上電源オンから出音までの時間も圧倒的に速くなり、使い勝手も格段に上がったし、テレビ画面を使う事で「M-CR611」以上に選局などがスムーズに行えるようになった。
それにしても、最新鋭の製品のはずだったのに何と納品翌日に「NR1609」という新製品が発売されて凹んでしまった。( ≧Д≦)
調べてみたら毎年モデルチェンジしているようで、いきなり旧製品なったとはいえそれなりに価格も安かったし、追加された機能で関心を引いたのはついにPHONO入力が装備された事くらいなのでさっさと忘れよう。(*´・ω・)
何しろ前の二台をヤフオクで処分して、1万円ほどの出費で済んだのだった。

2018-06-06_DSC04548.jpg
スッキリとラックに収まったニューラインナップ。今は半分ガラガラ状態となったが、もちろんこれ以上増やす予定はない。( ´ー`)
左下にひっそりと置かれているのは、リニューアル前までテレビの裏側に隠してあった小型PC。
PCがこの場所にある理由についてはまた後日・・・

2018-06-06_DSC04552.jpg
スマートに収まった二台。下段はただの置き物ではなく、レコード演奏の時のみ電源が入るマッキントッシュ「MA6450」。
快調な「NR1608」は期待通りの使い勝手の良さで、在室中はほとんどインターネットラジオとテレビの音声出力でフル稼働している。

「NR1608」と「M-CR611」との音質の差(あるのか ?)については何も感じない。つまり不満はない。ほぼテレビの外部アンプとしての用途とインターネットラジオしか聴いていないし、時々iTunes からの AirPlay 再生をしてみるくらい。今のところ満足してます。
そもそも評論家先生やオーディオマニアのような音に対する繊細な文学的表現などとても出来ませんし。( ´ー`)

あっ ! 今頃気が付いたのが、また CDプレーヤーがない生活 に逆戻りとなったのが唯一の誤算。
なのだが、実際にはCDの直接再生はほとんどしてないし、まぁいいか・・・(´д`)

| NEXT≫