FC2ブログ

すごい300円スピーカー

すっかり月イチ更新になりさがってしまったな。それはさておき・・・( ´ー`)

2019-08-06_DSC05559.jpg
最近、ちと必要があり小さくて安めのスピーカーを探していたら、ネットでやたらと高評価なスピーカーが目についた。
冗談のような超低価格なのだし、ダメ元で買ってみて音出ししたらぶったまげた !! ウワサは本当だったのだ。( ; ゜Д゜)

2019-08-07_DSC05565.jpg
オーディオの記事で良く見かける「ヌケの良い音」。つまり全体にこもっていたりネボけた音ではなく輪郭がボヤけていない「爽やかなサウンド」なのである。低コスト一辺倒の安物スピーカーでこれを実現している製品は多くはないだろう。

2019-08-06_DSC05561.jpg
メーカーも品番もない、"ダイソーで売ってる300円"の製品。
「ダイソーなのに300円!?」と今更驚く事もないだろう。"高級路線"のラインナップはかなり以前から存在しているし。
店舗で実際に手にとって更にオドロキだったのがこのサイズ。2個入りのパッケージでこれなのだ。重量だって300gもないかも。
一昔前だったら、というより現代でもこんなものを"オーディオ製品"と称する事など考えられないだろう。

2019-08-06_DSC05562.jpg
極小サイズといっても良いくらい小さい。
デザインがどうこういう製品ではないが悪くもない。とにかく水準以上のサウンドにしてこの超低価格は驚異である。

2019-08-07_DSC05567.jpg
既存のデスクトップスピーカーは昔ながらのオーディオ用製品。これだって破格の安さだったのだが。(;`ー´)
まぁ、ちょっと真剣に聴いてみると300円スピーカーとは次元の違う本格的なサウンドである事は間違いない。
300円の方は高域も低域もまるでまともに出ていないし音の緻密さも感じられないのだが、気楽に聞き流すBGMとしての用途では文句なしの気持ちの良いサウンドでこちらを常用したくなるほど。
要は、スカスカの音であっても"音造り"がキチンと出来ているので、一聴した場合はこっちの方が音が良いと感じてしまうのだ。

2019-08-06_DSC05560.jpg
低価格で軽薄短小ではまともな音のスピーカーにならないというムカシの常識は完全に消え去った。( ´ー`)

シック5枚刃が驚異の高品質 !!

男の必需品について。( ´ー`)

2019-07-12_DSC05558.jpg
別に新製品でもない、数年前からの定番品なのだが、使うたびに感心させられるのが"シック ハイドロ5"。
ホルダーのエルゴノミクスデザイン(死語か・・・)もとても気に入っているが、何といっても剃り味が素晴らしい。

2019-07-12_DSC05550.jpg
一昔前の"二枚刃"にも驚かされたが、今は実に"5枚刃"なのである。しかし・・・
5枚刃だから二枚刃の二倍以上の切れ味なのかといえばその逆で、実にジェントルな肌ざわりで正に「安全カミソリ」。
ムカシの二枚刃の時は怖いくらいに良く切れて、いわゆる"深剃り"でヒゲを根こそぎ剃り落とした後はお肌がツルツルになった程。
5枚刃にはそのような"スパッと切れる"快感ではなく、軽く滑らせるだけで自然に剃れてくれる。
で、どこが「驚異の高品質」なのかだが、それは 1個の替え刃で軽く 3ヶ月 は使えるという耐久性。今使っている替え刃は 4月に入ってすぐに交換したもので、4ヶ月目に突入しているがまだまだ交換の必要性を感じない。
二枚刃の頃までは切れ味が二週間もてば良い方だったので、10倍近い耐久性なのである。

2019-07-12_DSC05550t.jpg
刃の素材そのものも改良されているのだろうが、とにかく目詰まりしない。使用後に軽くすすぐだけでこの通り。
ヒゲの痕跡もないし刃こぼれも感じない。二枚刃では必ずといって良いくらいに細かなヒゲが刃の隙間に詰まって手入れが面倒だった。
"ハイドロ5"は、交換直後も100日経った今も、切れ味にほとんど差が感じられないのが凄い。自分は特に剛毛ヒゲではない事も幸いしているのかもしれないが、それでも毎日剃っていてこれである。

2019-07-12_DSC05554.jpg
この 1パッケージで一年以上も使えてしまう事になるが、ここまで高品質だとかえってメーカーの採算性が心配になって来る。
それは余計なお世話で、たぶん自分以外のユーザーは、少し切れ味が落ちただけで交換してしまうのだろう。
ライバルの"ジレット"でも似たような製品を販売しているが使用経験がないので分からないが同様の性能なのだろう。

二枚刃の時のような使用後の爽快感はないが、その分確実に「お肌に優しい」わけで、文句なしの「神」アイテムです。( ´ー`)

iPhone7

こっそりとスマホデビューを果たしたのは昨年11月、機種は iPhone7(32GB)である。
妻子にはそれ以前からスマホデビューさせていたので、自分が最後となっていた。
ちなみに妻は実用性重視で iPhone6、愚息は iPhone7Plus、自分のは iPhone7。そして、新品購入は愚息のみである。
お値段は両親の中古品が3万円台半ば、愚息は"ジェットブラック"と称する128GBのスペシャル版で実に約11万円。( ≧Д≦)
となると「何や、どこにでもいる親バカやな。」なんですが、難関を突破しての志望校入学祝だったもんで・・・

2019-03-11_DSC05101.jpg
昨今は小学生でもスマホ所有者が少なくないらしいし、「スマホデビュー ? それがどうした。」と嘲笑される事を予想される中、今さらの記事アップもどうかとは思うが、ま、単なる更新ネタですわ。( ´ー`)
これまでスマホを所有しなかった理由だが、外出時はずっと iPad とガラケーをケイタイしていたので必要を感じなかったし、スマホの小さな画面でニュースや雑誌などを読む気になれなかったというのが最大の理由。

2019-03-11_DSC05103.jpg
一目瞭然。これは"dマガジン"アプリだが iPhone では拡大しないと文字がまったく読めない。iPad 9.7インチなら何とか読める。
ただし、たいていのアプリはスマホ画面サイズに最適化されているので実際に不自由を感じる場面はほとんどない事も分かり、ジョジョに iPad 必須ではなくなっている。以前に記事にしたが、必要性を実感したのがポタリングであり、スマホなしでの遠出は考えられなくなったのがデビューの最大の理由。もちろんそれ以外の用途でも有用だしすぐに手放せないツールになった。( ´ー`)

さて。月額料金の報告もしておかないとホンマにひとり言で終わってしまうな。(;`ー´)
契約先はすべて楽天モバイルで、妻子の料金は 2,775円+1,838円+ 2,140円(自分) = 6,753円。
このように三名とも契約内容が異なるのだが、その詳細についての說明はややこしくなるので今回は省略する。
愚息には、"LINEでんわ"しか使わないようにしつけてあるので、通話料はずっとゼロである。( ´ー`)
問題は、うっかりと電話を使うと上記料金に通話料金が加算されてしまう事。
具体的には、スマホ標準の通話アプリから発信すると、楽天モバイル経由とならずそのまま割高な通話料が発生する。
そして、「うっかり」が多発する理由は・・・(二年前の記事と重複するが)
着信履歴が"通話"アプリでしか分からない("楽天でんわ"では機能しない)
という仕組みにある。
基本的に"楽天でんわ"アプリから発信すると10分間無料なのだが、慣れるまで時々「うっかり」をやらかしてしまっていた。

2019-03-11_電話アプリ
このように、着信履歴が残るのは標準通話アプリだけ。"楽天でんわ"アプリには表示されない。
ケイタイ電話の大きな利便性のひとつである「着歴からそのまま相手に発信」という操作が出来ないのだ。とはいえ実際には出来るのだが、割高通話料金が発生するために使用を控えねばならないという事。
無料通話とするには、「通話アプリを開いて着信電話番号をコピーし、楽天でんわアプリを開いてペーストして発信」となる。
10分以内無料で、その後も10円/30秒という有利な料金で利用するにはこれしかないわけ。※着歴返信の場合
着歴からの直返信を多用するユーザーには面倒くさくてやってられないかもしれない。
現状では楽天モバイルに限らず、大手キャリア(ドコモ)から回線を借りている"格安SIM"業者にとって共通の宿命のようだ。
安さと引き換えとはいえ「面倒くさくてやってられない」人には勧められないという事になる。( ;´・ω・`)

しかし、ハナシはここで終わらない。最近では"ワイモバイル"の安値攻勢によりほとんど差がなくなって来ているうえ、条件によっては本体価格を含む総合的な料金が逆転してしまうという情勢になっているのだ。
このあたりは、比較記事のブログなどがいくらでもあるので、関心を持った人は検索してみて下さい。それこそ「面倒くさくてやってられない」ので、当ブログではやりません。( ´ー`)

デロンギオイルヒーターの使い方

2018-12-27_DSC09434.jpg
イタリアの銘品である「デロンギオイルヒーター」。
実は20年間近く前からのユーザーなのだが、今年になってようやく使い方が分かったという恥ずかしいネタを披露しよう。( ;´・ω・`)
オイルヒーターの魅力は、何といっても「自然な暖かさ」と控えめな空気乾燥。
送風しなければ室内が温まらないエアコンやファンヒーターと異なり、暖炉のような輻射熱で室内の空気をじんわりと温めてくれる。
この機種は初代からの改良型で、操作パネルの中程にあるふたつのスイッチで任意にヒーターのオンオフと強弱の切り替えが出来る。

2018-12-27_DSC09440.jpg
極小書斎 & 仕事場スペースに設置している、改良型とはいえ10年以上前に購入した旧式の小型機。しかし今でも実力十分。
オイルヒーターの良さは理解しても、小型機でも最大1200Wの消費電力である。これで一日中運転なんて出来るはずがない、と考えていた。
実際に、デロンギを使うとかなり電気代がかさむので「それくらないならエアコン!!」だと、ここ数年はほとんど使わなくなっていた。
長年、古いジョーシキにとらわれていて、狭いスペースだからと"MED"と"MIN"のうちの"MED"だけで運転していたのだった。
しかも、電気代を気にしてこまめにタイマーでオンオフをしていたのでどれだけ運転してもとにかく室温が上がらない。
とにかく、それほど外気温が低くない場合は"MIN"で運転したりもしていたのが致命的な大間違い !! これで電気代の節約になるはずなのに、実際には逆だった。( ≧Д≦)

そして、最近になって気がついた。エアコンだって同じなのだが、エネルギー弱めの運転で使い続けると本当に寒い日にはいつまで経っても室温が上がらずにずっと電気を使い続ける事になり、結果として翌月の電気代に目玉が飛び出るわけなのだ。( ≧Д≦)

そして、この冬になってようやく理解したのだ。デロンギオイルヒーターの正しい使い方を。
本来はものすごく寒い環境で一日中運転する事を前提に開発されていて、長年その地位を保っている製品である。その事実を良く考えてみた。
上の写真は、運転開始後30分ほど経ってからの状態。いったん室温が上がって設定温度に達すると、その後は何時間経過しても室内の空気温度そのものが下がりにくくなり、時々運転を再開する程度となりほとんど休止状態(電気代ゼロ)のままである事についに気がついた。(^◇^)

2018-12-27_DSC09430.jpg
そして、満を持して設置した最新の「ドラゴンデジタルスマート DDQ0915WH 」。約10畳のシアタールームなのでこちらは1500W機。
同程度の能力の旧型機では、厳しい寒さの時期には大して室温が上がらないのに膨大な電気料金が発生したために請求額をみては驚愕の繰り返しで、数年前から使用を取りやめた経緯があるがそれは使いこなせていなかっただけの事。
今はまったくの余裕運転。室温が設定温度に経ってからはやはりほとんどの時間が電気を使わないスタンバイ状態である。

2018-12-27_DSC09439.jpg
設定温度は19度で、パワーは三段階あるうちの最大能力としている。外気温5度程度なら設定室温に達するまで一時間かからない。
本体モニタ下のLEDインジケーターは三個あり、真ん中が電源オンオフを表す。これは室温が設定値を維持して消えている状態。
ついにコンピュータ制御となり、温度設定も感覚ではなくて具体的な数値で行えるようになり、リモコンも付くようになった。
まぁ、リモコンは必需品ではなくおまけに過ぎないのだが。なくても全然困らない。( ´ー`)

それでは、使いこなしのまとめ。
※大前提として、高気密の部屋である事。隙間だらけの旧形式日本家屋ではまったく実力を発揮出来ません (;`ー´)
  • 部屋の広さに応じた機種(フィン数)選定
  • 「寒くない」程度の温度設定にする
  • 最大パワーで運転して短時間で室温を上げる
  • それでも電気代が気になるならタイマーをフル活用
これで電気代を気にせずに快適暖房を享受出来るようになる。
ちなみに、"ドラゴンデジタルスマート"はヤフオクで 1万円そこそこで落札したのを愛用している。
耐用年数の長い製品なのだから新品にこだわる必要はないのだ。( ´ー`)

魔法のタオルがついにやって来た

「浅野撚糸」さんの超人気商品「エアーかおる」シリーズ。

2018-11-24_DSC09289.jpg
フェイスタオル3本ととバスタオル2本の計本。送料込みで合計8,276円と、お値段は高級タオルの部類に入るのだろう。
一見ふつうのタオルなのだが、楽天市場で注文したのが 9月3日。実に納期3ヶ月なのだった。

2018-11-24_DSC09290.jpg
特にこの「ハワイアンブルー」色が一番人気で、メーカーがいくら量産しても受注に追いつかないらしく現時点でも即納のショップがないほど。
元々人気商品だったのが「カンブリア宮殿」で紹介されるや、爆発的に売れだしたらしい。

2018-11-30_about_02.jpg2018-11-30_about_03.jpg
番組を見逃した人は残念でした。完全な成熟商品であるタオルに"イノベーション"を起こした不屈の努力は感動的だった。
売れる商品に育って良かったね、と共感したくなるくらい立派なメーカーさんです。
商品は評判通りの素晴らしい品質でウチのユーザーさんも大満足です。( ´ー`)

| NEXT≫