FC2ブログ

AVアンプをリニューアル

趣味嗜好の品であるにもかかわらず、長年使い続けていても愛着が湧かないものがいくつかある。

2018-05-23_DSC04450.jpg
その代表であるのが、約10年前に買ったマランツ社のAVアンプ。半年ほど熟考の末にようやくこいつを買い替える事にした。
このジャンルの製品の宿命とはいえ、図体のデカさが最初から気に入らなかったが他社も大同小異、他に選択肢がなかった事もあり我慢して使い続けて来たのだ。加えて、同一のラックの中にプリメインアンプの機能を持った製品が三台も共存するというのも不満のタネだった。

2018-05-23_DSC04453.jpg
機能的にも性能的にも、この小型ネットワークレシーバーの「M-CR611」一台あれば済むのだが・・・なぜか三台・・・(;`ー´)

2018-05-23_DSC04456.jpg
後方のスピーカーを鳴らすためだけに置いていたAVアンプだが、薄型でしかも「M-CR611」の機能をほぼ備えた製品がある事を知り、決意したというわけ。上に乗っているのが最新鋭機である「NR1608」。

2018-05-23_DSC04458.jpg
上左が「NR1608」、上右がHDDレコーダーの「DIGA」。品番は ? 思い出せない。えぇい、どうでも良いや。(;`ー´)
そして、手前がどうしても断捨離を決意出来ない巨大なマッキントッシュのプリメインアンプ。

2018-05-23_DSC04467.jpg
マイクによるサラウンドの自動調整中。以前の「SR5003」よりもビジュアルがはるかに進歩していてセッティングもラクラクだった。
今回もマランツ社の製品なのだが、実のところブランドに対する思い入れやこだわりはまったくない。三台とも「今の自分のニーズにフィットする製品」を考え抜いたあげくにこうなったというだけ。マランツ社のマーケティングに自分のニーズがはまっているわけである。
「M-CR611」は性能的に何の不足もないのだが、どうしてもインターネットラジオの受信(?)の不安定が解消されず、結局ほとんど使わなくなっていたのと、やはりシルバーのフェイスパネルという違和感がずっと気になっていたため同時に処分する事にした。
見積もりでは、二台処分して15,000円ほどの投資で「NR1608」が手に入る予定だったので気軽にリニューアル出来たのだ。

2018-05-23_DSC04471.jpg
「NR1608」のインターネットラジオは今のところ安定して聴けている。その上電源オンから出音までの時間も圧倒的に速くなり、使い勝手も格段に上がったし、テレビ画面を使う事で「M-CR611」以上に選局などがスムーズに行えるようになった。
それにしても、最新鋭の製品のはずだったのに何と納品翌日に「NR1609」という新製品が発売されて凹んでしまった。( ≧Д≦)
調べてみたら毎年モデルチェンジしているようで、いきなり旧製品なったとはいえそれなりに価格も安かったし、追加された機能で関心を引いたのはついにPHONO入力が装備された事くらいなのでさっさと忘れよう。(*´・ω・)
何しろ前の二台をヤフオクで処分して、1万円ほどの出費で済んだのだった。

2018-06-06_DSC04548.jpg
スッキリとラックに収まったニューラインナップ。今は半分ガラガラ状態となったが、もちろんこれ以上増やす予定はない。( ´ー`)
左下にひっそりと置かれているのは、リニューアル前までテレビの裏側に隠してあった小型PC。
PCがこの場所にある理由についてはまた後日・・・

2018-06-06_DSC04552.jpg
スマートに収まった二台。下段はただの置き物ではなく、レコード演奏の時のみ電源が入るマッキントッシュ「MA6450」。
快調な「NR1608」は期待通りの使い勝手の良さで、在室中はほとんどインターネットラジオとテレビの音声出力でフル稼働している。

「NR1608」と「M-CR611」との音質の差(あるのか ?)については何も感じない。つまり不満はない。ほぼテレビの外部アンプとしての用途とインターネットラジオしか聴いていないし、時々iTunes からの AirPlay 再生をしてみるくらい。今のところ満足してます。
そもそも評論家先生やオーディオマニアのような音に対する繊細な文学的表現などとても出来ませんし。( ´ー`)

あっ ! 今頃気が付いたのが、また CDプレーヤーがない生活 に逆戻りとなったのが唯一の誤算。
なのだが、実際にはCDの直接再生はほとんどしてないし、まぁいいか・・・(´д`)

マランツ M-CR611 相変わらず不調 ( ;´・ω・`)

インターネットラジオに期待して、熟考の結果せっかく買った"M-CR611"だったが・・・

2017-10-17_dsc06890.jpg
とうとうこんな事になりやがった・・・今度はアフリカかよ !! ( ≧Д≦)
しばらくネタにしていなかったのは、症状が改善したわけではなく、もうあきらめていたから。(*´・ω・)
※フロントパネルの色は、明るい昼間はシルバーなのだが、夜の電球の下でははたしかにこんな感じにみえる(色温度の違いです)

2017-10-17_DSC06895.jpg
もうヤフオクで売っぱらおうかと、何度衝動が起きた事か・・・
しかし、インターネットラジオ以外は機能的には何ら問題ない、というより購買価格を考えるとこのサウンドは十二分に及第点どころか、大大満足な優れた製品なのである。音質的にはもうマッキン要らんよな、というくらい評価している。(;`ー´)

2017-10-17_dsc06909.jpg
インターネットラジオの不調はまったく訳がわからない。有線でも Wi-Fi でも状況は変わらないし、同じスイッチングハブに接続しているHDDレコーダーやPCの機能には何の問題もないのだ。もちろんLANケーブルも交換したが効果なし。
ただし救いはある。「再起動」すれば、しばらくは快調に動作してくれるのである。ただし、本体裏側の手の届きにくい位置にある電源コードを抜き差ししなければならない。そこで、専用の電源オンオフ可能なアダプターを取り付けた。
これで、気軽に「再起動」が可能になったので、不調になっても安心・・・って、情けないけど。( ;´・ω・`)

2017-10-17_DSC06896.jpg
「再起動」すると、少し時間はかかるが・・・

2017-10-17_DSC06901.jpg
何食わぬ顔でラジオを流してくれる。
有効期間は一定しない。半月でダメな事もあれば、数ヶ月経って忘れた頃に再発するという具合。
今回は後者の方で、本当にこの問題を忘れかけていた頃に再発したのだった。今度はいつもで持つかな。( ´Д`)

マランツ M-CR611 インターネットラジオの怪現象が(ほぼ)解決

マランツの万能レシーバーアンプ"M-CR611"のインターネットラジオが不安定な現象が解消したと以前の記事に書いたが、実は直っていなかった。その後やはり不具合が頻発するようになって、もはやさじを投げた状態だったのだ。

2016-10-05_DSC01609.jpg
"M-CR611"は、何度かファームウェアアップデートがあり、その度に「今度こそ直るかも・・・」と期待しつつ裏切られていた。( ´Д`)
それが、気がついたらいつの間にかここ一ヶ月ほどは安定して受信(?)するようになっていた。
電源オンで、直前に受信していたラジオ局が問題なく再生されるようになったのだ。これは嬉しい・・・って、それが当たり前なのだが。
どうも、8月末にもファームウェアアップデートがあり、その後は正常になったようだ。まぁ、メーカーの常で、マランツの広報記事をみても、インターネットラジオ関係の不具合を修正したとはどこにも書かれていないのだが・・・
とにかく、アップデートの前後をしっかりチェックしていたわけではないので断定は出来ないが、今日に至るまで問題なく動作しているので間違いないだろう。とにかく、快適にインターネットラジオが楽しめるようになってめでたい事ではある。

※タイトルに"ほぼ"と付記したのは、それでも10回に 1回程度は症状が再発する事があるため。( ´・ω・`)

マランツ M-CR611 インターネットラジオの怪現象が(一部)解決

2016-05-31_P1020315.jpg
以前に書いた、"M-CR611"の不可解な症状について、ひとつ分かった事があるので報告。
実は当初から「ひょっとして・・・」という思いもなくはなかったのだが・・・

2016-05-31_P1020311.jpg
「電源オンでインターネットラジオが再生されない」と、メーカーのサポートに問い合わせても「そんな不具合報告は他にないのですが。」という反応で、新品交換してもらってもほとんど改善しなかった事も前に書いたとおり。
しかし、 特定のラジオ局では問題なく正常に再生される 事が分かったのだ。ここ一週間ほど観察して現象を確認した。

2016-05-31_P1020313.jpg
インターネットラジオは、"ABC Lounge Radio"を常用していたのだが、これが原因だった。"ABC Jazz"などでも同じ。
おそらくは、高音質なラジオ局でこの問題が発生するようだ。
特に高音質をうたってはいないラジオ局に変更すると、問題なく再生するようになった。
これらのラジオ局のビットレートが判明したわけではないが、特定のラジオ局で怪現象が起き、それ以外では正常なのだ。

2016-05-31_P1020320.jpg
パソコンでは、どのラジオ局でも正常に再生されるので、"M-CR611"の処理能力によるものなのだろう。
・・・と、勝手に結論付ける事にした。カンケイないが、マッキントッシュのビジュアルはやはり素晴らしい。( ´ー`)

iPod 復活 (^◇^)

2016-04-20_DSC04903.jpg
"iPad"を常用するようになるまでは寵愛を受けていた"iPod Touch"。ふと振り返ってみると、「第4世代」と称される5年前の製品である。
長らく車載音楽プレーヤーとして延命はしていたが、最近になって部屋に持ち帰って来た。"AVリモコン"として再活用するためである。
ネットレシーバーアンプの"M-CR611"の操作がアプリで快適に行えるはずなのだった。
しかし、そのためにはバッテリー交換が必須。購入後4年が経過して、今では満充電でも 1時間も持たない状態。
これではとてもリモコンになど使えない。(;`ー´)
アップルでは、すでにポート対象外になっているし、そもそも料金が非常に高価。
そこで、探してみるとサービスショップがいくらでもあるわあるわ。中でも信用出来そうなイメージのショップに決定。

applerepair.jpg

「Applerepair」。どうみても、アップルのサポート部門にしかみえないが、何の関係もない、おそらくは中華系独立ショップである。
送料はすべて無料だし、ダメ元で送ってみたら、たどたどしい日本語で「交換費用は 7,000円。ただし、充電機能の劣化もあるので新品時の品質までは保証出来ない。」との割りと丁寧な説明を受けて作業を依頼した。
うたい文句どおり仕事が早い。その翌々日にはもう返送されて来た。ショップに発送してからわずか 4日目である。( ゚Д゚)

2016-04-20_DSC04901.jpg
さて、早速フル充電してみたらば。問題なく初期の性能になっていた。
一抹の不安はあったが見事復活である。思い切って依頼してみて良かった良かった。
「Applerepair」さん、ノープロブレムの良い会社でした。少なくとも今回は。(^◇^)

| NEXT≫

FC2 Management