沖縄ツァー その6 / 首里城~国際通り

2017-04-05_DSC06356.jpg
朝食後満腹状態で「ホテルムーンビーチ」にて。

2017-04-05_P1060328.jpg
定番の「首里城」から「国際通り」。特に書く事もないので、以下単なる記念スナップの羅列です。( ´ー`)

2017-04-05_P1060335.jpg
2017-04-05_P1060337.jpg
2017-04-05_P1060351.jpg
2017-04-05_P1060352.jpg
2017-04-05_P1060354.jpg
2017-04-05_P1060356.jpg
2017-04-05_P1060359.jpg
2017-04-05_P1060362.jpg
2017-04-05_P1060365.jpg
2017-04-05_P1060366.jpg
2017-04-05_P1060390.jpg
2017-04-05_P1060389.jpg
2017-04-05_P1060385.jpg
2017-04-05_P1060384.jpg
2017-04-05_P1060382.jpg
2017-04-05_P1060381.jpg
2017-04-05_P1060380.jpg
2017-04-05_P1060378.jpg
すみませんが、おきなわシリーズはまだ続きます。(;`ー´)
関連記事

沖縄ツァー その5 / 古宇利島

2017-04-04_P1050924.jpg
名護市にある「森のガラス館」。

2017-04-04_P1050925.jpg
良くある実演ショーで、ガラス玉から一瞬にして動物などを造形してしまう神業である。

2017-04-04_P1050930.jpg
一体どうやってるのか、まるでマジックのよう・・・

2017-04-04_P1050932.jpg
あっという間に生み出される作品。

2017-04-04_P1050936.jpg
ガラス玉がこうなるまで 2分とかかってなかった。ホンマに見事です。(。゚ω゚)

2017-04-04_P1050937.jpg
ショーの後はお決まりのコースで売店内へ。

2017-04-04_P1050945.jpg
とはいえ、売り場にはさほど心を動かされる作品には出会えなかった・・・じゃなくて、目の前で造形されてたらいちいち感動してたかも。

2017-04-04_P1060298.jpg
「古宇利島」をつなぐ"古宇利大橋"。撮る時にちょっと小細工してます。

2017-04-04_P1060303.jpg
フツーに撮っても「あぁ、キレイだな。」で終わってしまうので、ちょっと幻想的なイメージで。

2017-04-04_P1060302.jpg
フツーに撮ったのがこれ。( ´ー`)

2017-04-04_DSC06350.jpg
本日の宿泊地は、昨日のマンションタイプから本格的リゾート感覚満載の「ホテルムーンビーチ」。
関連記事

沖縄ツァー その4 / 蝶の園

2017-04-04_P1060032.jpg
「海洋博公園」内にある「熱帯ドリームセンター」の散策。

2017-04-04_P1060022.jpg
2017-04-04_P1060026.jpg
2017-04-04_P1060027.jpg
2017-04-04_P1060029.jpg
やはりじっとしていてくれる花を撮るのはラクです。これのみクリックで拡大写真付き。( ´ー`)

2017-04-04_P1050949.jpg
「海洋博公園」の前に寄った、手乗り文鳥のように蝶が手のひらに乗ってくれるというふれこみの「蝶々園」。

2017-04-04_P1050957.jpg
2017-04-04_P1050956.jpg
しかし。なぜかオバサマ方ばかりに愛想をふりまく蝶たち。

2017-04-04_P1050961.jpg
"蝶寄せ"アイテムも全然効果なし。(;`ー´)

2017-04-04_P1050964.jpg
諦めかけて園を出ようとする頃にようやくちらほらと。

2017-04-04_P1050969.jpg
そして、ついに来た !

2017-04-04_P1050970.jpg
来た来たキタ~。

2017-04-04_P1050990.jpg
ご満悦。

2017-04-04_P1050979.jpg
最後に一匹(でいいのか?)はずっと残っていてくれた。

2017-04-04_P1060002.jpg
2017-04-04_P1060003.jpg
2017-04-04_P1060295.jpg
2017-04-04_P1060292.jpg
今回のシメは三年ぶりのおバカポーズで。(;`ー´)

2017-04-04_DSC06335.jpg
非常に中身の濃い激安ツァーなのだが、食事もしっかり朝夕二食付いて来る。しかもこの日はランチも。
少食派のファミリーにはこれでボリュームとしては十分なメニューだが、"沖縄ラーメン"は半分しか食べられなかった。いわゆるご当地ものだが、この味のレベルでは率直に言って全国展開は到底ムリだなと感じました。率直過ぎて申し訳ないが。(;`ー´)
関連記事

沖縄ツァー その3 / 珍生物

2017-04-04_P1060040.jpg
こんな顔で失礼します。( ´・ω・`)

2017-04-04_P1060045.jpg
有名な水族館「美ら海(ちゅらうみ)水族館」の名物"コブシメ"君です。※沖縄名は"クブシミ"らしい

2017-04-04_P1060046.jpg
イカの一種で、"食用になり重要な水産資源"だそうである。おとぼけ顔を見てると食べる気はしないが・・・(;`ー´)

イルカもそうだが、カメラ小僧となってからは初体験となった水族館での撮影は案外手強い事が分かった。どこへ行っても薄暗いし分厚いガラス越しだし、ほとんどの生物はせわしなくチョロチョロと気ままにしかもすばしっこく動き回るしで、数十枚撮った中でジャスピンは一枚もなかった。かろうじて出せるのはゆったりのんびりのこの3枚くらい。シュギョー足りません。( ;´・ω・`)

2017-04-04_P1060064.jpg
いちおう、看板スターも。

2017-04-04_P1060047.jpg
撮るのがヘタで大きさが表現出来ていないが、最近の水族館は強度の確保や奥行き感を強調するためか、巨大な一枚ガラスでありながら大きく湾曲していてそれ自体が見事な展示物(作品)であり、賞賛に値すると思ってます。
※実際にはガラスではなくアクリル製だそうで、"日プラ"という、世界に冠たるオンリーワンの会社の作品
関連記事

沖縄ツァー その2 / ジェット便

2017-04-03_P1050905.jpg
大阪国際空港の展望デッキで搭乗前の時間つぶし。
4月3日から、愛息の中学校卒業を祝って沖縄ツァーを敢行した。"ビリギャル"や"下克上"ほどではないが、それなりに努力して奈良県内で指折りのAランク高等学校に合格してくれたので、しばらく"愚息"とは呼ばない事にする。( ´ー`)

2017-04-03_P1050914.jpg
何となく「合格したら沖縄ツァーがいいかな。」と意見が一致していたところ、二ヶ月前に"阪急トラピックス"の驚異的なお得パッケージを発見してすかさずゲットしたのだった。そのお値段は「ヒ・ミ・ツ」(^◇^)
数年ぶりのジェット便ツァーなので、いやが上にもワクワク感が高まってます。( ´ー`)

2017-04-03_P1050904.jpg
ジェット機は、やはり画になるな・・・

2017-04-03_DSC06291.jpg
格安ツアーなのだが往復ともJAL便で、サイズの小ぶりなエコノミークラスではあるが立派なレザーシート。おまけに・・・

2017-04-03_DSC06311.jpg
見よ、足元のこの広々感。というより、何もない。(;`ー´)

2017-04-03_DSC06298.jpg
何というラッキー。思いっきり足を組んでも余裕たっぷり。これはファーストクラス以上だろう。(乗った事ないけど)
そのわけはというと、3人連れという事で非常脱出口脇の座席になったようだ。

2017-04-03_DSC06315.jpg
ふと見上げると、この表示板があるのだった。

2017-04-03_DSC06314.jpg
メカニカルな厨房、かっこいいです。離陸後はここでスッチーさん達が慌ただしく作業されるのです。
ドリンクサービスには、お気に入りの"JALコンソメスープ"をいただいた。

2017-04-03_DSC06313.jpg
離陸後 2時間ほどでもうここまで・・・

2017-04-03_DSC06319.jpg
着陸後の出口大移動で待機している間、気を利かせたチーフパーサーさんが撮ってくれたスナップ。
ぼかした理由は・・・( ;´・ω・`)

2017-04-03_DSC06334.jpg
宿泊施設は何と90平方メートル近いスィートルーム。広々としてまるで高級マンションの雰囲気で一同大満足。( ゚∀゚)

2017-04-03_DSC06331.jpg
格安ツァーの常で、初日は午後からの移動と夕食でおしまいでした。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫