ビートルズのLPレコードが絶賛発売中・・・( ´・ω・`)

知ってる人は知ってると思うが、数か月前に休刊となっていたビートルズのLPレコードが 9月から再発売されている。
前回とは異なり、プロモーションや宣伝活動も行われているし扱い書店も限定されてはいない。
今回はさすがにデアゴスティーニのサイトでもラインナップとしてきちんと載っている。

2017-10-15_IMG_0382.jpg
近所のいつもの書店でも 9月から展示が完全復活している。しかも前回と同じく一等地でかなりのスペースを占めている。

2017-10-15_IMG_0383.jpg
・・・のだが、しかし。すでに第4号の「ホワイトアルバム」まで出ているのだが、展示数がほとんど変化していない。(;`ー´)
書店に確認したわけではないが、売れたらすぐに補充という感じではおそらくない。
なぜなら、この書店には週に一度くらいの頻度で通っていて、毎回このコーナーをウォッチしているので分かるのだ。

2017-05-31_IMG_0369.jpg
ちなみに、5ヶ月前に休刊情報が広まった直後はたちまちこうなっていたし、なぜかこの状態で 2周間近く放置されていたのだ。

もちろんローカルな書店一店のみでどうこう言って良いわけはないが、近場の別チェーンの数店舗でも状況は変わらない事を確認済み。
しょせん奈良の片田舎とは異なり、都会ではちゃんと売れているのだろうと思いたいのだが。とっても心配。
とにかく、いちばんお買い得なはずの「アビイ・ロード」がまったく売れていないようにみえるのが不安を募らせる。
休刊からの再発売は異例の措置のようだが、もしもこれが大失敗という事にでもなれば、他のアーティストのシリーズなどはまず企画すらされなくなるだろうから、全国的には好調なセールスなのだと祈りたいのであります。( ´ー`)

2017-10-15_dsc02929.jpg
ここでターンテーブルに乗っているのは、以前からのコレクションだった「アップルの赤盤」でデアゴスティーニ盤ではない。(;`ー´)
別に何の意味もないが、何となくムカシの赤いレコード盤を乘せてみたかっただけ・・・
とにかくデアゴスティーニとしても、かなりの決意での再発だろうからカンタンに撤退はしないと思いたい。
当面の判断基準としては、第6号の「リボルバー」が隔週火曜日の予定通り11月7日に発売されるかどうかである。
その根拠は、前回の"テスト販売"が第5号で終わってしまったから。
休刊直後の問い合わせで、窓口担当者も「テスト販売の結果、予想以上に売れなかったから。」と言ってたし・・・。( ;´・ω・`)
ちゃんと発売されたかどうか。その結果はまたレポートしよう。( ´ー`)
関連記事

鹿の角きり / 春日大社

本日は徒歩で、近鉄奈良駅から春日大社までテクテク歩きの途中で行列店発見。

2017-10-08_P1080025.jpg
外国人向けのガイドブックに定番店として載っているらしく、休日はいつも大行列が出来ているのが釜飯屋の「志津香 」。
釜飯食うのに 1時間以上もの行列待ちなど自分には考えられないので、毎回横目でちら見しつつスルー。( ´ー`)

2017-10-08_P1080026.jpg
東大寺はちょっと一服して、本日は春日大社に出撃した。目的は年に一度のイベントである"鹿の角きり"。
「うげっ。こんなに人気のイベントだったとは・・・!?」こちらも 1時間待ちは覚悟しなければならない大行列だった。
そのままUターンしようかとも思ったのだが、念のため警備スタッフのおっちゃんに聞いてみたら、「第一回目はこんな調子だが、いつもは三回目くらいから空いてくる。」との情報を得て、時間つぶしの後で出直す事にした。

2017-10-08_P1080031.jpg
ちょっと奈良公園に足を延ばして、"浮見堂"でも撮ってみるかとひまつぶし。

2017-10-08_P1080134.jpg
たしかに三回目の少し前に戻ってみると行列はほとんどなくなっていたのだが、入場してみるとこの通り。細切れに入場制限しているようだ。14時の開始前には立ち見もあふれる満席となったが早めに入場したので良い席をゲット出来た。( ´ー`)

2017-10-08_P1080039.jpg
観客は総入れ替え制で、13時から30分毎の開催なので三回目は14時。シカは一回につき 3頭ごとの出演である。
入場したスターたちは、何も知らず元気良く場内を駆け回っている。いや、分かっててイラついてるのかも・・・(;`ー´)

2017-10-08_P1080045.jpg
捕獲隊の"勢子(せこ)"さんたちも入場。

2017-10-08_p1080065t.jpg
実は、角きりそのものよりも"勢子"さんとシカたちの追っかけっこの方がずっと楽しめた。※ここからは一部を除いて拡大画像付き

2017-10-08_p1080069t.jpg
実際、角きり自体は 1頭につき 5分程度なので、追っかけっこで間を持たせていると思われる。(;`ー´)

2017-10-08_P1080071.jpg
とはいえ、鹿の角は立派な凶器。危険を伴う真剣勝負である事に変わりはない。

2017-10-08_P1080079.jpg
おそらく本気でやれば一発で決まるのだろうが、2回失敗して 3回めに成功というパターンになっていた。( ´ー`)

2017-10-08_P1080085.jpg
かなり細長い場内なので、観客の視界を配慮してか一頭づつ三箇所に分けて順番に儀式が執り行われた。

2017-10-08_P1080117.jpg
抵抗むなしく、逮捕されて連行。この時はちょっとシカに同情してしまう・・・

2017-10-08_P1080121.jpg
今回は何枚かトリミングしているが、これは強力望遠レンズの威力でノントリミング。( ´ー`)

2017-10-08_P1080122.jpg
使っていたのはフツーのカネノコのようだが、場内アナウンスではかなり高級なノコギリであると連呼していた。

2017-10-08_P1080126.jpg
ようやく三頭の六本分が完了。ちなみに、奥に見える紅白の幕は、処置中に他のシカに現場が見えないようにするためだった。

2017-10-08_P1080129.jpg
必死で逃げ回っていたシカさんだが、角きりが終わると何だかせいせいしたという感じで退場して行った。( ´ー`)

2017-10-08_P1080137.jpg
天候も気候も良いし、思ったより楽しめました。また観たいとは思わんが。( ´ー`)
関連記事

東大寺 2017 その3

2017-10-04_P1070947.jpg
ご存知だろうが、大仏さまの正式名は「盧遮那仏(るしゃなぶつ)」。
「あらゆるものに行き渡る智慧と慈悲を光にたとえ、その光を具現化した仏さま」とされている。

2017-10-04_P1070955.jpg
座高15m、耳の長さだけでも2.54mという堂々たる体躯。延べ260万人の労力によって 3年がかりで造り上げられた。
国宝指定は意外と遅く、1958年となっている。

2017-10-04_P1070954.jpg
大仏さまの両脇を固める脇侍(きょうじ)たち。"侍"という字にはなっているが、れっきとした仏さまなのである。
向かって左手は「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」。無限の智慧を持った仏様で、智慧の象徴となる仏さまだそうである。
ソフィー・マルソーばりの美女がおられたのでついフレーム内に入れてしまった。(;`ー´)

2017-10-04_P1070958.jpg
この位置からでは見えないが、反対側に鎮座するのは「如意輪観音(にょいりんかんのん)」像。
一般庶民が祈りを捧げると財宝を与えられ、僧侶が祈りを捧げると福徳を授けてくださる、とある。
「そんなご利益があるなら、もっとマジメにお祈りするんだった・・・」と後で知っても遅いのだ。(*´・ω・)

2017-10-04_P1070961.jpg
着衣のしわさえも綿密に表現されているのだが、垂れ下がっているこれは何を表してるんでしょう ?
知ってる人がいたら教えて下さい。( ´ー`)

2017-10-04_P1070964.jpg
毎年8月の「大仏さまお身拭い」。二月堂の湯屋で身を清めた僧侶120人等が総掛かりで行われるというが、さすがに背面までは手が回らないのだろうか。( ´ー`)

2017-10-04_P1070967.jpg
裏手にもいつも人だかりが出来る場所がある。

2017-10-04_P1070975.jpg
「柱の穴くぐり」。大人になると、かなり小柄でないとくぐれなくなる。柱の穴は大仏さまの鼻の穴と同じサイズらしい。

2017-10-04_P1070973.jpg
ところで、関西人にとって「大仏」とは東大寺の大仏さまの代名詞のようなものだが、要するに「でかい仏像」なので、盧遮那仏だけを指すわけではない。と指摘されてすぐに思い浮かぶのは、鎌倉や浅草かな・・・
仏さまの本名「釈迦」の背丈が 1丈6尺(4.85m)とされていて、これより大きい仏像を「大仏」と呼ぶようだ。
いや、それにしても元々が 5m 近くというのも、ものすごい長身ではないか。(。゚ω゚)

さてと。うんちくもそろそろ息切れして来たので、後はアルバム系で・・・(;`ー´)

2017-10-04_P1070980.jpg
2017-10-04_P1070981.jpg
2017-10-04_P1070983.jpg
2017-10-04_P1070986.jpg
2017-10-04_P1070989.jpg
「大仏殿」編はこれにて終了。
関連記事

東大寺 2017 その2

地元民というのに、何となく写真を撮って帰って来るというのも芸がなさ過ぎだし、たまには俄(にわか)仕込みのうんちくも少し。

2017-10-04_P1070922.jpg
大仏殿の手前にある"鏡池"。時期が時期なら水面には美しい紅葉が映えるのだが、今はまだこんな状態。
ところで、設営中の舞台だが、これは年中行事として10月15日に行われる「大仏さま秋の祭り」で使用される能舞台なのだ。
10月15日という日は、東大寺を建立した聖武天皇が「盧遮那仏造顕(ぞうけん)の詔」を出された日にちなむとされている。
知ってるはずなのに思い出せない、読めそうで読めない"詔"の読みは「みことのり」。( ´ー`)
その日は華麗な飾り付けがされているはずだし、今年は日曜日。さぞかし大賑わいになるのだろうな。じゃなくて行かなきゃ。(;`ー´)

2017-10-04_p1070924.jpg
華厳宗大本山の「東大寺」の表玄関である日本最大の威容を誇る"南大門"は今回はスルー。
その"南大門"から通じる大仏殿の玄関口である"中門"までは石畳が敷きめられており、人々と鹿との交流も随所にみられる。

2017-10-04_P1070927.jpg
"中門"といっても十二分に威風堂々である。ここをくぐればすぐに大仏殿にたどり着けるのだが、その門は閉ざされていて、参拝者・観光客は左手に回って外壁に沿って進む事になる。すぐですがね。

2017-10-04_P1070929.jpg
回廊の端が拝観受け付けになっている。唯一有料である大仏殿の参拝料は 500円と、とっても良心的。( ´ー`)

2017-10-04_P1070933.jpg
全幅57mで「世界最大級の木造建築物」とされる"大仏殿(金堂)"だが、平安時代と戦国時代の二度に渡って消失していて、現在のものは江戸時代に再建された三代目なのだそうだ。コストとの兼ね合いか、全体のサイズも三分の二程度に縮小されているらしい。
ま、そんな事知らずとも 1200年前の由緒ある建物と思っていても別にバチは当たらないだろう。( ´ー`)

2017-10-04_p1070935.jpg
50歳そこそこで崩御した聖武天皇は悲運を絵に書いたような生涯であったようだ。そしてそれは度重なる天災や飢饉などで苦しんだ民衆も同様で、それらを克服するため大仏建立を決意したそうである。
何しろ、7歳で父と死別し母も同時期から重病にかかり37歳まで会うことすら出来ず、身内の権力争いのごたごたで即位したのが遅れに遅れて実に24歳。前天皇の文武天皇の第一子であったにも関わらずである。その上、せっかく授かった第一子を 1歳の誕生日を待たずに失っている。この時に追悼のため作った「山房」が東大寺の前身となったそうである。

2017-10-04_P1070938.jpg
即位して天皇となってからも、度重なる政変や干ばつ・飢饉・凶作・大地震に疫病蔓延など、とても貴族の頂点としてのほほんとした生活を送る事は出来なかっただろう。そして、政変の最たるものが教科書にも出てくる「長屋王の変」の悲劇。
自宅のとなり町に「長屋王の墓」があるので、特に馴染み深い事件ではある。( ´ー`)
しかし、終わりなき悲運に見舞われる中で「神も仏もあるもんか !!」と自堕落になる事もなく、34歳の時から万物平等を唱える仏教に傾倒し、天災や凶作に苦しむ民衆に対して「責めはわれ一人にあり」と"詔"に記された。何と崇高で強靭な精神の持ち主だったのだろうか。

2017-10-04_P1070943.jpg
「人も動物も植物も、生きとし生けるものすべてが繁栄するように」との願いから「盧遮那仏造顕の詔」は、743年に発令されたが、この時も天皇の財力だけではなく広く民衆の協力を呼びかけ、これに呼応した人々の働きによって 752年に「大仏開眼供養会」をもってついに完成。
この四年後に、聖武天皇は崩御されている。合掌・・・(。-∧-。)

2017-10-04_P1070944.jpg
その造形美に思わずため息がもれるほどの、見事な建築技術。
大仏殿は、その名も"大仏様(よう)"と呼ばれる中国伝来の建築方法で作り上げられている。クギなどの金物を使わず、木材のクサビのみで柱や梁などを固定しているだけ。このためにサビなどの劣化と無縁でいられるのだろう。

2017-10-04_P1070941.jpg
一般観光客とともに、カメラ小僧にとって実にありがたいのがこの注意書き。"三脚禁止"という事は、左側にちゃんと書かれているように、手持ちなら撮影制限なしを意味する。国宝級文化財の内部はほとんどが撮影禁止なので、東大寺の太っ腹には敬意を表さねばならないな。
もちろん、他の参拝者の邪魔にならないようマナーを守って、というのは当然ですが。( ´ー`)
関連記事

東大寺 2017

"東大寺"でシュギョーして来ました。今回の機材は久々の"DMC-FZ1000"。( ´ー`)

2017-10-04_P1070910.jpg
紅葉の季節にはちと早過ぎるのだが、その分観光客でごった返す事もなく落ち着いて散策する事が出来た。

2017-10-04_P1070914.jpg
言わずと知れた、法隆寺と並ぶ古都奈良の最重要スポット。
「この間訪問したばかり。」と思っていたのが、既に 1年近く経っていたのだった。(;`ー´)

2017-10-04_p1070915.jpg
意外と少ない、スカッとした秋晴れに恵まれた一日。

2017-10-04_p1070918.jpg
電車でもドアトゥドアで 45分程度。クルマなら 30分弱というロケーションにしては通う回数が少な過ぎだったと反省。(*´・ω・)

2017-10-04_p1070920.jpg
2017-10-04_p1070921.jpg
この日は平日の昼前というのに、この人出。
やはりというか、聞こえてくる言葉がほぼすべて外国語で、何だか自分が"ここに迷い込んだ外国人"と錯覚しそうになった。(;`ー´)

2017-10-04_p1070925.jpg
「鏡池」には、本日は残念ながら前回のような舟はいなかった。代わりにこんな舞台が準備中でした。
以下、延々と続く予定。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫