FC2ブログ

キャッシュレス消費者還元事業の闇 2

謹賀新年だが・・・ペイペイの残高は年を越しても状況変わらず。

IMG_0349.png
12月6日に決済した 59,110円の 1.5%にあたる 886円が 1月7日頃に加算される見込みというのみ。ひどいもんや。
問題はこの状況に対してどこに文句言うべきなのか分からない事でもあるのだが、大元である経済産業省の分は還元が実行されているので、あとはペイペイの問題である。とはいえペイペイに問い合わせてもおそらく時間の無駄になりそうな予感がするため、とりあえずは取扱事業者である光洋自動車さんに問い合わせてみた。
すると、光洋自動車さんも寝耳に水との事で大至急ペイペイに問い合わせてくれたのだが、担当窓口の対応が杜撰(ずさん)の一言で、呼びつけた営業マンは「経済産業省からのチラシが届いていれば有効なはずで・・・」などと言い訳するばかりで話にならなかったらしい。審査の結果やその認可日時を聞いてもまったく答えられなかったそうである。信じられんハナシ・・・(´д`)

原因は、ペイペイ等の事業者とのキャッシュレス契約とは別に 店舗から消費者還元事業への申込みが必要 なのだという重要なポイントを、ペイペイ営業マンが最初の売り込みの際にきちんと説明していなかった事にあるらしい。
店舗(光洋自動車さん)はその事を良く知らなかったため、ペイペイが申込みをやってくれていると思いこんでいたので申込みをしていない・・・すなわち 3.5%分が還元されないのは当然 という事になる。
営業マンは兎にも角にも新規契約の獲得が最優先で、付帯説明をおろそかにするというのは良くあるハナシ。
とはいえ、店としてもホームページで"ペイペイで決済すれば5%還元"を大きくうたっていたのだからやはり責任はあると認識し、ペイペイへの責任追及が不調に終わった場合には何かのカタチで返金しますと約束してくれた。
まったくの新しい制度で、店舗側の知識不足が問題だったのだとはとても云えない。すごく良心的なお店であり、賠償の負担をしてもらうのは自分としてはまったく本意ではないので、そこまでは望んでいないと伝えておいたのだが。
その後、光洋自動車さんのホームページからは"5%還元"のキャッチコピーは削除されているようだ。
この続きは結果が出たあとでまた。( ´ー`)
関連記事

キャッシュレス消費者還元事業の闇

cl01_s.jpg

「キャッシュレスで(最大) 5%還元」というPOPを多くの人が目にしているだろう。
これは、消費税増税の影響を和らげようという国による目玉施策のひとつであるが、実は要注意である。

消費者が恩恵を受けるには下記のような条件がある
❏ 中小零細事業者支援のための制度なので大企業が運営するスーパーやコンビニ等は対象外
❏ 期間限定(決済日時が2019年10月~2020年6月までの9カ月間)
❏ 現金払いは対象外であり、クレジットカードやQRコードによる決済のみ恩恵がある
❏ 店舗が"消費者還元事業"加盟店である

ここまでは分かるが、しかし、問題はこの後の条件
❏ クレジットカードはともかくとして、QRコード決済の普及率が低い(20%程度 ?)
❏ 店舗が消費者還元事業の加盟店でないと無効だし、消費者は自分の利用する店舗が加盟店であるかどうかが分かりにくい
❏ POPが貼られていても、店舗が消費者還元事業に登録申請していなければ無効
❏ 店舗が消費者還元事業の登録審査を通過して認可されていなければ無効
❏ しかも、加盟店の申込みから審査完了まで実に 1 ~ 2ヶ月間以上もかかる !!
❏ 「5%のポイント還元」とされているが、いつどんなカタチで手に入るのかが良く分からない

最大の問題は、最後のふたつの項目だろう。消費者にとっても店舗にとってもとにかく分かりにくい。(´д`)
実は、2台の愛車の車検を依頼した地元整備工場を選択した理由が「キャッシュレスで 5%」還元をうたっていたのも大きい。
正規ディーラーの半値以下で済ませる事が出来たので大成功だったのだが、消費者還元事業加盟店なので、さらに合計額約20万円の 5%すなわち10,000円相当のポイントが得られるというのも魅力的だった。
誘惑に負けて、支払いに慣れない"ペイペイ"を利用したのもそのためだった。

さて、その結果はというと・・・ペイペイアプリで確認すると、現時点で得られたのが わずか 1,009円 !!
これは、10月28日に"BMW523i"の諸費用 67,310円をペイペイで決済した分の、たったの 1.5%である。(。゚ω゚)
12月7日にゴルフの諸費用決済した 59,110円に対する「還元処理中 886円」も 1.5%に過ぎない。
どうも、実際に還元されるのが決済してから丸一ヶ月間を要するらしい。この事がきちんと広報されていないのも大問題。
それでも、QRコード決済ならスマホアプリで状況確認できるのだが、クレジットカードの場合は調べる方法すらない(と思う)。

ちょっと事情(チャージが面倒くさい)があってペイペイで統一する事が出来なかったため整備料金はクレジットカード決済としたのだが、ともかくペイペイによる決済は諸費用合計 126,420円で、その 1.5%しか還元がない事になる。
これは一体どうなっているのか !?
続きは次号。
関連記事

ゴルフ6に惚れ直し / 二度目の車検もお得だった

2年毎の12月はクルマの購入が重なっため車検時期が続いてしんどい期間。

2019-12-16_IMG_0343.jpg
初年度登録から8年目に突入するも、この優等生は我が家に来てから相変わらず完全ノートラブルで、まったくカネも手間もかからない。世間を騒がせているらしい「DSG」問題もカンケーなし。
・・・かどうかはまだ断定出来ない。単にディーラーの順次処理の順番が来ていないだけなのかもしれないので。
何度か書いてるが、このゴルフ6トレンドライン・ブルーモーションはゴルフ"7"までのワンポイントの予定だったのだが、機能的にも使い勝手にも何の不満もないので、乗り換える理由がないのである。
浮気する気が起きないのは前回の車検時にゴルフ7を代車として試乗した時にほとんど感銘を受けなかったという体験が大きい。

2019-12-16_IMG_0341.jpg
とはいえ理由はそれだけではなく、すでに倹約人生に突入しているため、数年前までのように衝動的な買い替えなど出来なくなっているのという冷徹な事実もある。(;`ー´)
それにしても、ようやく走行4万kmに達したばかりである。実用車のカガミには不具合など起こりようがないのだ。

今回も"BMW523i"に引き続き、地元の整備工場「光洋自動車」さんに依頼した結果、実に 総額10万円 が実現した。
内訳は、公的諸費用 51,630円+車検手数料 7,480円+ 整備費用40,920円で、正確には100,030円で済んだ。
とはいえもちろん手抜きなどあるわけがない。必要最小限の安全整備をしてもらっただけだし、各種割引も適用してもらった結果。
おまけに、この総額に"ペイペイ"の 5%ポイント還元まで付いてくる事になってるのでたまりません。( ゚∀゚)

2019-12-16_IMG_0342.jpg
そして、ますますゴルフ6から離れられなくなってしまった。
代車でお借りしたのは同じ"車格"の某国産車セダン。年式もほぼ同じで内外装もキレイなのだが、乗ってみると何もかもが雲泥の差。
久々に味わった、軽薄なドアの開閉音に始まり、きちんと身体を支えてくれないシートに手触りの良くないウレタンハンドルに、いかにも古臭いセンスのダッシュボードなどなど。何よりも、アクセル・ステアリング・ブレーキ・加速性能すべてのレスポンスがあまりに鈍すぎて、お決まりのステアリング中立での過大なアソビなど、運転するのが苦痛な事に加えて走行距離の割にサスペンションも劣化していて軽トラックかと思うくらいの最悪な乗り心地。
久々の試乗記のネタにしてみるかと考えていたのだが、走り出して 3分もしないうちに嫌気が差して車庫に戻ってしまった。( ´ー`)
とはいえ、クルマそのものの感想であり光洋自動車さんには何の落ち度もない。自分が勝手に比較しているだけなのは明記しておく。

車検完了の連絡を受け、30分間ほどの距離を我慢して工場にたどり着き、完調に仕上がったゴルフに乗り換えると別世界の高級車感に感動。胸のすくレスポンスにしっとりとした快適な乗り心地に静粛な室内。あらためて素晴らしい愛車に惚れ直したのでした。
何しろ、こいつときたらそもそも"BMW523i"から乗り換えても何の不足も感じないくらいのスゴイ実力なのだから。
もう、ここまで来たら20年くらいいけそうな気さえして来たのでした。( ´ー`)
関連記事

2019年最後の紅葉

すっかり頻度が減ってしまったポタリング。この日は最高の秋日和に誘われて、今ならまだ間に合うかもと紅葉めぐり。

2019-12-01_DSC00305.jpg
定番コースの途中に世界遺産「法隆寺」がある事を思い出し、久々に入場してみた。ここの境内はすべて無料なので気軽に訪れる事が出来る。今日は撮影が主目的なので iPhone ではなく"RX-100M3"を背中に忍ばせて来た。

2019-12-01_DSC00307.jpg
iPhone との差は歴然・・・と言いたいところだがこのようなお気軽スナップだと自分の眼力では違いが分からない。(;`ー´)

2019-12-01_DSC00308.jpg
12月に入り温暖気候に戻ったためか見頃は終わりかけていたようだが、辛うじて間に合った。

2019-12-01_DSC00314.jpg
2019-12-01_DSC00319.jpg
どの角度から撮っても絵になる五重の塔であります。

2019-12-01_DSC00321.jpg
若い頃はまるで無関心だったのが、明るい日差しに照らされる紅葉を目にすると何度でもカメラを向けたくなるように成長(?)した。

2019-12-01_DSC00327.jpg
「ならクル"C7"せんとの道ルート」にて。短距離なのが残念だが、最も快適なサイクリングロードのスタート地点。

2019-12-01_DSC00330.jpg
秋篠川サイクリングロードにて。自撮りではなく、フロントバッグに収納してあったゴリラポッドによるセルフタイマー撮影。
当たり前だが、構図の自由度は圧倒的に上である。
ヘルメット姿は当初は撮る気がしなかったのだが、ようやくキノコヘッドにも抵抗がなくなって来たので堂々と被写体に。

2019-12-01_DSC00334.jpg
2019-12-01_DSC00343.jpg
2019-12-01_DSC00348.jpg
自己愛が過ぎる・・・と嘲笑されるのを覚悟の三連発。(;`ー´)

2019-12-01_DSC00353.jpg
ポタリングも紅葉めぐりも今年はこれでおしまいです。
関連記事

スシローに満足 ??

長い間足が向かなかった回転寿司店だが、パートナーに誘われて「スシロー」に出かけてみたら・・・

2019-11-30_DSC05633.jpg
この前いつ来たのか思い出せないくらい間隔が空いていた間にかなり進化している事に感心させられた。
今や安いだけではなく、何よりも「回転寿司」という注釈がもはや意味を持たないくらいに"普通の寿司屋のスシ"に限りなく近い品質になっている事に驚かされた。競争の激しいジャンルとはいえ大した企業努力である。
怖いもの見たさに近い感覚でやって来たのは、12月1日(日)までの一週間の期間限定で、何と 三貫100円(税抜) という出血大サービスキャンペーンを行っていたのだ。
しかし「安かろう悪かろう」ではない、まったくその逆だった。

2019-11-30_DSC05634.jpg
この"まぐろ三種盛り"だけは 300円なのだが、実にそのうち二貫が大トロと中トロなのだった。殺人的お得メニュー。😨

2019-11-30_DSC05636.jpg
破格の安さだけではなく、そこそこのネタの厚みがあり安っぽさがまったくない。並のスーパーの"お寿司屋さんのおすし"とはまるで異なり、鮮度も十分。口の中でとろけるような食感にトロ特有の上質な甘さ加減が実にフツーに旨いではないか。

2019-11-30_DSC05635.jpg
これは150円のサーモン三種盛り。

2019-11-30_DSC05637.jpg
そして100円のイカの三種盛りも文句なしに旨い ! スシローの寿司って、いつからこんなに旨くなったのだろう。密かに回転寿司最大の弱点と考えていた寿司メシだって、かつての無味乾燥なものと打って変わって、不満のない品質に進化していた。

2019-11-30_DSC05639.jpg
この組み合わせで何と550円也 !! その品質からして利益が出てるとはとても思えんが・・・スゲェの一言・・・😨
残念だったのが、サンマやサバの"青魚三種盛り"にも期待していたのだが、17時過ぎの入店にもかかわらず売り切れだった事。

2019-11-30_DSC05641.jpg
2019-11-30_DSC05640.jpg
三貫盛りが一段落したところでレギュラー商品も食してみたが、こちらは「こんなもんでしょ」のお味だった。( ´ー`)

2019-11-30_DSC05642.jpg
赤だしは色の割にちょっと薄味だが、それでも具もたっぷりで十分に旨い。

2019-11-30_DSC05650.jpg
会計もものすごく進化していて、スタッフが確認に来るのは同じだが、正にあっという間の短時間で集計完了してしまった。スタッフの仕事は集計内容の復唱程度。その秘密は皿のカウントをしなかった事。からくりを聞いてみたら皿を裏返して見せてくれた。
すべての皿や容器にセンサーが取り付けられていて、端末機は通路からでも一瞬で読み取り集計出来るのだった。😨

2019-11-30_DSC05653.jpg
お会計もセルフ方式で、キャッシュレスならあっという間もなく完了。

2019-11-30_DSC05651.jpg
今やスマホからの予約が可能でほとんど待ち時間なしで着席出来るようになったのは当たり前とはいえ、知らない間にこんなに進化していたのだなぁ・・・(;`ー´)
客席の様子をざっと観察すると、ほとんどの客はやはりオレンジ色の100円皿を積み上げていた。
回転寿司店に来て初めて「また来よう。」という気にさせられた貴重な体験でした。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫