なぜブログに自分の写真を載せるのか ?

本人がいやがるのでブログに子供の写真を載せない時期があった。思春期ど真ん中に入ろうとしている時期で、自意識が高くなって来れば当たり前の反応ととらえて、尊重していたのである。とはいえ最近軟化して来ていたのだが、「ブログに出すならイヤ !!」という姿勢は変わらず、ご機嫌が良い時は割りと素直に応じてくれる事もあるので、そんな時に撮った写真以外は載せないようにしている。

10年前にブログを始めた頃とは世の中も様変わりし、第三者の混じった写真の扱いも慎重にならざるを得なくなった。「個人情報」という概念がまたたく間に定着したためである。それが良い事か否かといえば良い事に決っているだろうが、"窮屈"になってしまったというのが実感。
そして今では、家族であろうがなかろうが、自分以外のすべての人に肖像権があるはずであり、勝手な理屈で強引にブログに載せてはならない事くらいはわきまえているつもりである。そんなわけで、自分の写真だけは誰からも何の制約も受けないので堂々と出している。

2017-05-24_DSC02516.jpg
さてと。ビジネス関連以外のハナシだが。世の中にゴマンとある一般個人のブログの中で自分や家族の"顔出し"をしている例はかなり少数派だと認識している。これまで見聞した範囲の事なのでもちろん具体的な根拠などないのだが・・・( ´ー`)
ブロガーが自分の顔を出したくない気持ちは何となく良く分かるが、それでは「お前はなぜ出すのか !?」と自問自答しなければならない。
まず、生来のへそ曲がりの性格により「多くの他人がしていないから。」という理由がひとつあるが当然それだけではない。

2017-05-24_DSC02520.jpg
「そんなに自分の容姿に自信があるのか ?」といえば、もちろんそんな事はない。冗談でもイケメンとはいえないが、さりとてとても他人に見せられないというほど悪くもない。"人並み"なわけで、わざわざ見せびらかすようなレベルではまったくない事くらいは自覚している。
特にここ数年は年輪が目立ち始め、ちょっと気取ってモノクロにでもしようものなら「うわ、もう見たくない !」になってしまう。( ;´・ω・`)
自分が見てそう感じるのだから、他人さまの感想など聞いてみるまでもない。そんなの分かってて載せている。今回は自分のための作例の意味合いもあるため、恥を忍んでというわけ。悪しからずご了承下さい。(;`ー´)
さて。「なぜ平然と顔を出せるのか ?」なのだが、理由を端的に書くと・・・

2017-05-24_DSC02517.jpg
作者を表現するものとしてどこを見てもこんなものしか写っていなければ、何より大事なモチベーションが維持出来ないためである。
顔をさらす事によって生じる、記事に対する責任感とプライドの維持のためにも重要な要素と考えている。
何度も書いているが、このブログは誰よりも自分のためのものである。取るに足りない内容の個人的な公開日記とはいえ、10年以上も続けば立派な"自分史"でもある。つまり誰よりも良く読み返しているし、誤字脱字の訂正はもちろん、文章の気に入らない部分などはこっそり加筆訂正もしているのである。既に"ライフワーク"に近いものになっているのだから、そこに"自分のカオ"があるのは必然なのだ。

2017-05-24_DSC02519.jpg
・・・などと強弁はしても、自分が見ても嬉しくないものを不特定多数の方々に公開するのは迷惑なだけだし、たまにはこんな風に小細工してみるのも悪くないかなと、"ソフトフォーカス"。弱点をごまかす常套手段ではあります。( ´ー`)

時折り、この"顔出し"問題に自問自答する事もあるので、この辺できちんと考え方を整理しておこうと書き残す事にした。
だいたい、今さら方針変更しようったって、既に世界中に拡散しているのだから痕跡を消すのは不可能なくらいジョーシキでもあるし、これまでに何かデメリットがあったかというと何もなかった。これからもないと思っている。少なくとも"老醜"にならなければね。(;`ー´)

それよりも今後は、顔出しに協力してくれている愛妻をより良く撮る努力も惜しんではならないと気を引き締めている。
例え自称「カメラ小僧」の端くれであっても、女性を実物以上に美しく撮れて一人前ですからね。
「そんな定義あったっけ ?」いや、今何となくふと思いついただけですけど・・・(;`ー´)
関連記事

葛城山のツツジ満開 その2

2017-05-21_P1060937.jpg
愚息の撮影拒否は二年ほど前からは収まっていたのだが、最近になってまた再発したのを何とかなだめて何枚かゲット。

2017-05-21_P1060948.jpg
撮られるのはいやがるが、「撮らせてやろうか。」というと喜々として撮ってくれる身勝手さ。( ´ー`)
まぁ、撮影そのものよりカメラへの関心からである。ちょっとメカメカしい"FZ1000"なのでそれなりに興味は持っているのだ。

2017-05-21_P1060952.jpg
こちらの被写体は指先のみ。( ´ー`)

2017-05-21_P1060953.jpg
一応補足ですが、マウスカーソルが"手のひら"に変わる写真はクリックで拡大します。( ´ー`)

2017-05-21_P1060973.jpg
2017-05-21_P1060986.jpg
2017-05-21_P1070003.jpg
2017-05-21_P1060968.jpg
我が子であっても子供の成長は早い。女性として決して背丈の低くはない母親にとうとう追いついたのはつい最近。
一年後には自分も追いつき追い越されるのかも・・・( ´・ω・`)

2017-05-21_P1070005.jpg
2017-05-21_P1070011.jpg
2017-05-21_P1070025.jpg
一応、山頂に来たので証拠写真ならぬ記念写真を観光客に撮ってもらった。

2017-05-21_P1070027.jpg
サルの曲芸をやっていたが、特に見たいわけでもなかったので上から目線でスナップ一枚だけ。

2017-05-21_P1070031.jpg
2017-05-21_P1070036.jpg
2017-05-21_P1070042.jpg
2017-05-21_P1070043.jpg
早起きのご利益で、午前中に帰宅出来るゆったりペースとなり、帰りも乗車率の低いゴンドラ内で余裕の表情。

2017-05-21_P1070051.jpg
10時前だが、すでに整理券なしでは乗車不可能の状態・・・

2017-05-21_P1070053.jpg
早めに撤収してAM10時前の駐車場。もちろんとっくに満車状態だが、よく見ると一台空いてるがすぐに埋まる。
これからやって来る方々には地獄の空き待ち行列が迎えてくれるのだ。ご苦労さんです。( ´ー`)
関連記事

葛城山のツツジ満開

レコードネタにも飽きたので一旦お休み。( ´ー`)

2017-05-21_P1060845.jpg
レジャー報告です。奈良県御所(ごせ)市の葛城山は「一目百万本」のキャッチコピーで有名な山ツツジの群生が圧巻な人気スポット。
"櫛羅(くじら)の滝コース"と"北尾根コース"と名付けられた、良く整備されたハイキングコースが二本あるのだが、"北尾根コース"の方はハイキングではなく中級者向けの登山コースらしい。当然そっちはパス。
今回は諸般の事情により、いずれのコースもとらず安直な第三の"ロープウェイ"コースとした。(´∀`)

2017-05-21_P1060838.jpg
葛城山までは、自宅から一時間弱の距離なのだが、「朝ごはんを済ませてからのんびりと...」などと出かけると、今の観光シーズンでは地獄のような駐車場行き行列とロープウェイ行列地獄が待っているのだ。
この日も、ロープウェイ待ちの大行列はもちろん帰り道の下山ドライブで目撃した駐車場待ちの大行列に至っては最後尾からだとゆうに 3時間はかかると思わせるレベルだった。
何しろ、国道からの登山道入り口である"櫛羅(くじら)"交差点から少し入っただけでもう"動かない車列"が待っているのだ。
毎度の事ながら、人気観光スポットでの地獄の行列待ちに黙々と参加する人々の途方もない忍耐力に感心する。( ´ー`)

2017-05-21_P1060846.jpg
ハイシーズンとは、正に本日5月21日の日曜日。ドンピシャの見事に満開である。

2017-05-21_P1060850.jpg
もちろんハイシーズンの地獄の行列待ちは調査済みなので、この日は数日前から気合を入れて朝 5時起床で 6時前に出発、コンビニで飲料などを仕入れた後 7時10分前に駐車場にラクラク入れて、始発のロープウェイにも余裕で乗車する事が出来た。
ハイシーズン時の始発は7時10分のはずだが、客足をみて早めに動かしているのだそうだ。今回は7時 1分発だった。
それでは時刻表と合わなくなるという余計な心配は無用。反対側の車両が 6分後に到着なのでそれで問題ないのだろう。
それにしても、このロープウェイ料金が往復1,250円と、ラク出来る代償とはいえとっても高いとなぁ思うのだ。( ;´・ω・`)

2017-05-21_P1060852.jpg
ぐちりつつ久々のロープウェイ、やはり気分が良いです。たったの 6分間だが。(´∀`)

2017-05-21_P1060856.jpg
ハイカーさんにもご挨拶。向こうからもカメラを構えているのが見えるかな。

2017-05-21_P1060858.jpg
2017-05-21_P1060867.jpg
あっという間に山頂駅までたどり着くと、後は15分ほどのゆるいハイキングコース。

2017-05-21_P1060874.jpg
2017-05-21_P1060879.jpg
「つつじ園」に到着。ここで一気に眺望が展開する。

2017-05-21_P1060882.jpg
2017-05-21_P1060883.jpg
2017-05-21_P1060901.jpg
2017-05-21_P1060903.jpg
それではと。とにかくこれが楽しみ。いつものレジャーハイキングでは行程を昼食時に合わせるのだが、何しろこの日は早朝出動なので、この時点でまだ 7時50分。いつもながら(?)朝のビールも同行者の白い目を気にしつつであるがとっても旨いです。(;`ー´)

2017-05-21_P1060909.jpg
2017-05-21_P1060913.jpg
眼下に見える「自然つつじ園」。「ツツジのじゅうたん」と評されるとおり、山肌一面に咲き乱れるている様子。

2017-05-21_P1060914.jpg
同じ場所から光学ズーム目いっぱいの 400mm。ビールのせいで手ブレがなかなか収まらなくて難しい。( ;´・ω・`)
・・・なわけがない。"金麦"程度で手が震える事はないが、高倍率ズームはなかなか神経を使わされる。これ以上の倍率になれば三脚必須と感じるが、自分の中にそのニーズは今後ともおそらくないので、"FZ1000"で十分。

2017-05-21_P1060920.jpg
2017-05-21_P1060923.jpg
たくさん撮ったので、次号に続きます。
関連記事

"アメリカン・モーニング" 500円 ( ´ー`)

長年に渡り、欲しかったのに手に入れられなかった"アメリカン・モーニング"。
あえて思わせぶりなタイトルを付けたが、もちろんカフェのサービスメニューの事ではない。( ´ー`)
この曲は、俗に云ういわゆる「一発屋」である"ランディ・ヴァンウォーマー"氏の一世一代のヒットソング。たしか何度かCMにも使われた事があるし、知ってる人は知ってるはずの、"さわやかミュージック"系の今ではやや隠れた存在の名曲のひとつである。
イーグルスの"ニュー・キッド・イン・タウン"や"テキーラ・サンライズ"のイメージ。まぁいずれも歌詞は全然爽やかではないが。(;`ー´)

2017-05-14_P1060816.jpg
何が"500円"かというと、この曲が収録されている"Greatest Hits"がヤフオクのおかげでその価格で手に入れられたから。

"一発屋"というのは、説明不要と思うが和洋ポピュラー音楽の世界で、キャリアの中でたった一曲しかヒットソングを持てなかったアーティストを揶揄する言葉なのだが、それでもその"たった一曲"さえも残せない無数の存在からすればはるかに幸運だともいえるだろう。
何しろこのランディ氏だって、"たった一曲"を生み出したおかげで四枚ものアルバムを作らせてもらっているのだから。(※脚注)
その上、そのたった一曲しかヒット曲がないにも関わらず、こんな"Greatest Hits"まであるわけだし。( ´ー`)

意地悪な表現になってしまったが、"Greatest Hits"にも関わらず本アルバムに収録された11曲のうち、心を動かされるのはけっきょく"アメリカン・モーニング"の一曲のみで、他に「まぁ悪くはないかな」というのが 1~2曲程度しかないという厳然たる事実があるのだ。

41VXC1R8QXL.jpg上記のアルバムタイトルも堂々と"AMERICAN MORNING"となっているが、原題はまったく異なる"Just When I Needed You Most"。まぁ良くある事ですが。(;`ー´)
←元はこのデビューアルバムの中に入っていたのが、運良く大ヒット曲となったのである。
もう、少し聴いただけで好きになる、一目惚れ状態にさせる上、何度聴いても聴き飽きない素晴らしい名曲です。あくまで自分的にですが。( ´ー`)
とはいえ、たった一曲のためにLPレコードを買う気にはなれず、いつの間にか長い年月が過ぎ去ってしまっていたのだった。
何しろこの曲が旬だったのは実に1980年前後。既にアナログレコードは時代遅れとなりつつあり、CD全盛時代になろうとしていた時期でもあった。
あらためて手に入れたいと思ったときには既に手遅れ。、特大レベルのヒットではない"一発屋"さんではレンタルCDさえ存在しなくなっていた。(*´・ω・)
今やデジタル音楽であれば「あの曲だけが欲しい」と思えばカンタンに検索して250円程度で入手出来るのだが、アナログレコードに凝りだした身としては、それではつまらないし、静かに回転する30cmの黒い円盤で好きな曲を聴きたいのだから仕方がない。
そして、"一発屋"さんの曲をレコードで聴きたいとなったら、もうヤフオク以外の手段を思いつかない。
大きな中古レコード屋に出かけたとしても、よほどメジャーな"一発曲"でなければ探し当てるのは不可能だろう。
そんなわけで、けっこう出回っている中で見当をつけて落としたのが、今回のお題の"Greatest Hits"なのだった。中古レコードはノイズまみれのハズレ品に出くわすリスクがあるのだが、"アナログ洗浄液"のおかげで少し気は楽である。今回は幸い"当たり"だった。(´∀`)
中古レコードに関しては色々書きたいネタがあるので別記事にするとして・・・



知らない人には言葉で説明したって分かるはずがないのでこれをどうぞ。「あぁ、この曲の事だったのか・・・」とうなずけるでしょう。
もちろん、全曲をそのまま再生させるとヤバイのでイイところで切れますが悪しからずご了承下さい。(*´・ω・)
曲名を覚えてられたのは、原題を無視した分かりやすい邦題を付けた企画の大勝利でしょうな。( ´ー`)

※当たり前の事だが一応補足
作品の質が高ければ固定ファンも生まれ、ヒット曲など関係なく制作活動を続けられる例もたくさんあるのも常識ですね
関連記事

アビイ・ロード 1,990円 !

2017-05-13_P1060804.jpg
一ヶ月くらい前のある日。近所の行きつけ店「三洋堂書店」に忽然と出現した"アビイ・ロード"。本物の新品LPレコードである。
驚いたぜぃ。(。゚ω゚) 長年欲しかったのでもちろん飛びついた。
名盤中の名盤だし、もちろん所蔵レコードコレクションの中にあるのだが、それこそ数え切れないくらいの回数をかけていたのでさすがにノイズがかなり気になる、"状態の良くないレコード"の仲間入りをしていた。
結局ここ10年くらいはほとんど死蔵状態だったが、そろそろ新品レコードをと思いつつ、長い年月が経ってしまっていたのだ。

2017-05-13_P1060807.jpg
やはりというか、これは半年ほど前にネタにした"ディアゴスティーニ"の新シリーズなのだった。何の前宣伝もなく本当に突然現れたので驚いたのだ。パンフレットによると、国内発売のオリジナルアルバムを順次発売となっている。

2017-05-14_DSC02484.jpg
ところがその後、近隣の他のいくつかの大型書店では見た事がない。「三洋堂書店」では現在も大きなスペーで陳列されているのだが。
それではと調べてみたら、不思議な事にいまだに同社のHPのどこを見ても載っていない
実験販売という事なのか、良く分からない。ちゃんと買えたのでそれはどうでも良い事ではあるが・・・

2017-05-13_P1060813.jpg
自分にとってはラッキーだった。実に久しぶりのチリパチノイズのない"アビイ・ロード"。CD版だってあるのだが、レコード盤に針を下ろした直後から「シュッ !!」と始まる"Come Together"、やっぱ何回聴いてもシビレます。(´∀`)
この"1,990円"というお買い得価格は残念ながら初回のみで、以降のアイテムは1,000円アップの"2,980円"となる。
高品質の新品レコードの2,980円は"高い"とは決して感じないが、折角の機会なのでそれでは全品買い直すのかといえば、いかに名盤揃いのビートルズとはいえ、そこまでの思い入れもないので、購入はたぶんこの"アビイ・ロード"で終わるだろう。と思われる。( ´ー`)
関連記事

| NEXT≫