FC2ブログ

道頓堀 2020年7月

道頓堀の今。

2020-07-04_DSC00856.jpg
4月2日に続き、三ヶ月ぶり7月4日(土)の昼下がり。だらだらと続く梅雨で、この日もあいにくの空模様。

2020-07-04_DSC00881.jpg
約1時間後。所用の後、雨はほぼ上がっていたが、この後も終日降ったりやんだりは続いた。

2020-07-04_DSC00857.jpg
アーケード通りに入れば関係ないが。

2020-07-04_DSC00883.jpg
今日もいた ! スーパーヒーロー君。今日はほぼマネキン状態で頑張ってた。( ´ー`)

2020-07-04_DSC00892.jpg
通行人のいたずらにも微動だにせず。大した精神力です。(;`ー´)

2020-07-04_DSC00885.jpg
終日の雨模様である事を差し引けば、一年前の半分弱程度は人出が戻っているような感じかな。
関連記事

新幹線なう

とうの昔に死語になっている事くらいは認識してはいるが、けっこう好きなのでタイトルに使ってしまった。
さすがに「ナウい」なんてのはこっ恥ずかし過ぎて使えませが・・・大して変わらんか。( ´ー`)

2020-06-25_IMG_0623.jpg
6月25日木曜日10時過ぎの「のぞみ号」自由席の車内風景。満席が当たり前の東海道新幹線にしてこの有様が続いているのだな・・・
所要で関東に出向く機会があり、少し前からその現状に関心を持っていた東海道新幹線を体験出来た。
これまでそれなりに東海道新幹線を利用して来たが、どの曜日でどの時間帯であろうと、"自由席"の選択肢はハナからなかった。
今回は迷わず自由席を選択して余裕で特急乗車券を購入してみた。指定席ではないので乗車時刻の制約もなく気軽な旅である。
往路は念のため始発のある新大阪駅から乗車したが、ホームの自由席乗り場の行列は10人程度だった。
ちなみに、指定席列車ときたら更に乗車待ち数が少なくてほんの数名程度・・・

2020-06-25_IMG_0617.jpg
もちろん座席は選び放題状態だったので、最前列に陣取った。のぞみ号は一列5名席だが、この列の乗客は反対側に一名のみ。
最前列は目の前が壁のため、圧迫感があるといえば若干はあるのだが、乗ってしまえばそんなものはすぐに忘れてしまう。
何と行ってもACコンセントの使いやすさは他の席とは比較にならないだろう。ゴミ出しやトイレも最短距離で済む。

2020-06-25_IMG_0619.jpg
そんなわけで、愛妻の手作り弁当を広げて早速乾杯。シゴトじゃないからね。フォーカス甘いのはご愛嬌と。( ´ー`)
ちなみに、弾丸ツアーの帰路は、すべての列に乗客がいたがやはり隣り合わせはほぼ見なかった・・・
コロナのやつは、開業以来の超優良路線でさえもこんな状況にしてしまうのだという厳然たる事実に戦慄せずにはいられない。
自己チューの自分としてはありがたい状況ではある。(*´~`*)
関連記事

セカンドモニタがやって来た

2020-06-28_DSC05868.jpg
大きめのタブレットにしか見えないが、表示専用の単なる液晶モニタです。サイズは15.6インチで"ASUS MB169B+"の商品名。
新品でも3万円程度で買える品だが、運良く新品同様の美品をヤフオクで半額以下で入手出来た。
セカンドモニタは以前から欲しいもののひとつではあったが、自分の用途ではほぼ使いみちがないため所有していなかった。
A4見開き(A3)サイズを余裕で原寸表示出来る27インチモニタがあるからね。( ´ー`)

2020-06-22_DSC00838.jpg
今回仕入れたのは、セカンドビジネスの自宅ワークでの資料作成に活躍してもらうため。ノートPCとのコンビで威力絶大となる。

2020-06-22_DSC00839.jpg
一枚の板なので、きちんと固定出来るスタンドが必要なのだが、試行錯誤の結果小形のイーゼルで問題解消。
Windows10のマルチディスプレイ機能のおかげで、1台のPCで複数モニタを簡単に共用出来る。いざ使ってみたら、いやはや、目からうろこで別次元の便利さ。ブラウザで情報を調べながら資料を作成するという作業がいとも簡単に効率良く実現するのだ。
フツーのモニタを接続しても機能的には同じなのだが、こちらはiPad並に圧倒的に軽くて移動させやすい上に、何よりもUSBケーブル一本だけで動作するお手軽さが最大のメリット。いまいましいACアダプタも不要だし画面の回転も苦もなく可能。
もちろん画質は旧世代のノートPCよりも格段に美しい。自分の買い物では久々の大ヒット商品になった。( ´ー`)
関連記事

般若心経のごほうびは徳島ラーメン

2020-06-21_DSC00829.jpg
道中見つけたラーメン店は14時前だというのに、ひっきりなしにクルマがやって来る、かなり人気店のよう。

2020-06-21_DSC00830.jpg
味噌樽のお店で、自信満々の店主がお出迎え。中々順番が来ず、待つこと30分ようやくテーブルにつけた。(;`ー´)

2020-06-21_DSC00831.jpg
本物の味噌ラーメンなんて何年ぶりかな・・・行列の出来る人気店で、こってりスープがとても美味でした。

2020-06-21_DSC00835.jpg
"特製黒ニンニク付き北海道百年味噌ラーメン"をいただいた。少食派につき、3名で二人前を注文。
食べざかり年代の愚息は"特盛ラーメン"を余裕で平らげるぞとうそぶいていたが8割方進んだところであえなくギブアップ。( ´ー`)

2020-06-23_tokushima_mennokuni.png
ごちそうさまでした。たしかに笑顔になれましたよ、「麺屋國丸」さん。大阪梅田にも二店あるようです。
関連記事

ご先祖様をお墓にお迎えの準備

これまでの自分の人生は無宗派というより神仏そのものに無関心でここまで来たのだが、数年前から自分の身辺に起き続けている諸事情により、徐々に信仰心が芽生えて来ていた。
自分としてはこれは驚くべき心境の変化だが、割とフツーの事なのだろうろなという気もしている。
ちなみに、ちょうど5年前に決意した先祖ルーツ探しは早々と頓挫し、またいつかトライしようとは考えているがそれは今ではない。

2020-06-21_DSC00825.jpg
とりあえずは祖父さまが祀られている墓地へという事で、出かけたのは徳島県にある父方家系のお墓。
正しくは、先祖の墓に参らねばならないのだが、不明な場合は「出来る範囲で」という事になっている。
簡単な門構えがあり、しかもツインになっていてけっこう立派である。( ´ー`)
祖父さまは左側、右側は父方の長兄(つまり叔父さまやな)のお墓となっていた。この時は右が祖父さまと思っていたのだが、ルーツ探しの時に作成した家系図で確認したのでたぶん間違いない。もちろん今回の目的地は左側、本当の祖父さまの方。
※この時は曾祖父さまだと思い込んでいた・・・

2020-06-21_DSC00809.jpg
「お迎えにまいりました」のごあいさつの後に、持参した"般若心経"を5回繰り返し読経しなければならない。
写真では真面目に取り組んでいるように見えるのだが、お気楽家族にこれを繰り返し読ませるのはそれなりに苦労したのだ。( ´ー`)

2020-06-21_DSC00805.jpg
「この後は旨い徳島ラーメンが待ってるぞ。」というエサを与えつつ、何とか持ち回りで読経終了。

2020-06-21_DSC00815.jpg
墓の周りで10cmほど穴を掘って土を取り出すというミッションなのだが、墓の前方はコンクリート敷きとなっていて手が出せないため、墓と墓の間から土を取り出す事にした。持参したさらしの巾着にお清めした土を収納して持ち帰るだけ。

2020-06-21_DSC00827.jpg
この墓地には母方の家系の墓もあるのだが、何と更に立派なセットにリニューアルされていてびっくらこいてしまった。( ; ゜Д゜)
そんなわけで、指南役の先生の教えに従って今回の一連の作業を無事終了。
後は御霊の宿ったはずの土を持ち帰って、自分の墓に「魂入れ」をすれば完了である。この日は徳島県日帰りプランという、それなりの強行軍だったので、魂入れは後日実施する事にした。
関連記事

| NEXT≫