FC2ブログ

オドロキの情報「大阪市が世界で最も住みやすい都市」のトップ5に !?

ネットのまとめサイト"Gigazine/ギガジン"が好きで良く眺めてるのだが、何と !!

>"イギリスの経済紙である「エコノミスト」の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が、
>2019年度版「世界で最も住みやすい都市ランキング」を発表しました"

との記事中で、我が大阪市が「世界第4位」にランクされたとの事。
詳細は元ネタを参照してもらうとして・・・

1位:オーストリア・ウィーン
2位:オーストラリア・メルボルン
3位:オーストラリア・シドニー
4位:日本・大阪
5位:カナダ・カルガリー

ちょっと信じられないランキングになってるではないか !?
ほとんど海外旅行経験のない身としては、この結果をどうこう評価する事は出来ないのだが・・・
4位以外は順当なのかなと・・・いや経験豊富な方々にとっては異論噴出でしょうが。(;`ー´)

「世界でもっと美しい女性」なんかもそのようだが、この種のランキングがごく少数者の主観によるものらしいがね。
大阪生まれの大阪育ちで、まさかの奈良県在住の一住民より。

何の脈絡もなくブログ記事が更新されてる事の方がオドロキなのかもしれませんが・・・( ´ー`)
関連記事

{あのころ、電話線の向こうには“未来”があった}

最近はひまな時にパソコンでは「Yahoo!ニュース」をつらつらと眺めている事が多い。
今日も何となく眺めていたら標題のような面白い記事が目に入った。

pasokontuusin.jpg

もちろん、知らない人からすると実感なんて出来ないだろうし面白くもなんともないはずだが。( ´ー`)
「今では“ネット”といえば、ほとんどの人がインターネットを思い浮かべるでし。しかし、まだインターネットが一般的でなかったころ、“ネット”といえば「パソコン通信」が主流でした。」で始まる記事は、何で今頃こんなのが唐突に出てきたのか不明だが、とても懐かしいし、当寺を思い出して嬉しくもあった。
記事中では単に"インターネット"となっているが正確にはフェイスブックのような"SNS"だろう。
当ブログでもだいぶ前にシリーズネタにしたのだが、とても楽しみながら記事を書いた記憶が鮮明にある。コメントもたくさんもらった。
狭い世界のハナシだが、懐古趣味もいいもんですわ。年をとったって事やな。それもまぁ悪くない。( ´ー`)
関連記事

すごい300円スピーカー

すっかり月イチ更新になりさがってしまったな。それはさておき・・・( ´ー`)

2019-08-06_DSC05559.jpg
最近、ちと必要があり小さくて安めのスピーカーを探していたら、ネットでやたらと高評価なスピーカーが目についた。
冗談のような超低価格なのだし、ダメ元で買ってみて音出ししたらぶったまげた !! ウワサは本当だったのだ。( ; ゜Д゜)

2019-08-07_DSC05565.jpg
オーディオの記事で良く見かける「ヌケの良い音」。つまり全体にこもっていたりネボけた音ではなく輪郭がボヤけていない「爽やかなサウンド」なのである。低コスト一辺倒の安物スピーカーでこれを実現している製品は多くはないだろう。

2019-08-06_DSC05561.jpg
メーカーも品番もない、"ダイソーで売ってる300円"の製品。
「ダイソーなのに300円!?」と今更驚く事もないだろう。"高級路線"のラインナップはかなり以前から存在しているし。
店舗で実際に手にとって更にオドロキだったのがこのサイズ。2個入りのパッケージでこれなのだ。重量だって300gもないかも。
一昔前だったら、というより現代でもこんなものを"オーディオ製品"と称する事など考えられないだろう。

2019-08-06_DSC05562.jpg
極小サイズといっても良いくらい小さい。
デザインがどうこういう製品ではないが悪くもない。とにかく水準以上のサウンドにしてこの超低価格は驚異である。

2019-08-07_DSC05567.jpg
既存のデスクトップスピーカーは昔ながらのオーディオ用製品。これだって破格の安さだったのだが。(;`ー´)
まぁ、ちょっと真剣に聴いてみると300円スピーカーとは次元の違う本格的なサウンドである事は間違いない。
300円の方は高域も低域もまるでまともに出ていないし音の緻密さも感じられないのだが、気楽に聞き流すBGMとしての用途では文句なしの気持ちの良いサウンドでこちらを常用したくなるほど。
要は、スカスカの音であっても"音造り"がキチンと出来ているので、一聴した場合はこっちの方が音が良いと感じてしまうのだ。

2019-08-06_DSC05560.jpg
低価格で軽薄短小ではまともな音のスピーカーにならないというムカシの常識は完全に消え去った。( ´ー`)
関連記事

シック5枚刃が驚異の高品質 !!

男の必需品について。( ´ー`)

2019-07-12_DSC05558.jpg
別に新製品でもない、数年前からの定番品なのだが、使うたびに感心させられるのが"シック ハイドロ5"。
ホルダーのエルゴノミクスデザイン(死語か・・・)もとても気に入っているが、何といっても剃り味が素晴らしい。

2019-07-12_DSC05550.jpg
一昔前の"二枚刃"にも驚かされたが、今は実に"5枚刃"なのである。しかし・・・
5枚刃だから二枚刃の二倍以上の切れ味なのかといえばその逆で、実にジェントルな肌ざわりで正に「安全カミソリ」。
ムカシの二枚刃の時は怖いくらいに良く切れて、いわゆる"深剃り"でヒゲを根こそぎ剃り落とした後はお肌がツルツルになった程。
5枚刃にはそのような"スパッと切れる"快感ではなく、軽く滑らせるだけで自然に剃れてくれる。
で、どこが「驚異の高品質」なのかだが、それは 1個の替え刃で軽く 3ヶ月 は使えるという耐久性。今使っている替え刃は 4月に入ってすぐに交換したもので、4ヶ月目に突入しているがまだまだ交換の必要性を感じない。
二枚刃の頃までは切れ味が二週間もてば良い方だったので、10倍近い耐久性なのである。

2019-07-12_DSC05550t.jpg
刃の素材そのものも改良されているのだろうが、とにかく目詰まりしない。使用後に軽くすすぐだけでこの通り。
ヒゲの痕跡もないし刃こぼれも感じない。二枚刃では必ずといって良いくらいに細かなヒゲが刃の隙間に詰まって手入れが面倒だった。
"ハイドロ5"は、交換直後も100日経った今も、切れ味にほとんど差が感じられないのが凄い。自分は特に剛毛ヒゲではない事も幸いしているのかもしれないが、それでも毎日剃っていてこれである。

2019-07-12_DSC05554.jpg
この 1パッケージで一年以上も使えてしまう事になるが、ここまで高品質だとかえってメーカーの採算性が心配になって来る。
それは余計なお世話で、たぶん自分以外のユーザーは、少し切れ味が落ちただけで交換してしまうのだろう。
ライバルの"ジレット"でも似たような製品を販売しているが使用経験がないので分からないが同様の性能なのだろう。

二枚刃の時のような使用後の爽快感はないが、その分確実に「お肌に優しい」わけで、文句なしの「神」アイテムです。( ´ー`)
関連記事

コミットし過ぎて・・・


2019-07-07_DSC05542.jpg
毎朝続けている、"Wii FitU"での体重測定。安定して62kgを下回るようになって来た。BMI も21を軽く切っている。
長年の間体重減少が悲願だったのだが、さすがにここまで来ると「何か深刻な病気か・・・??」と自分でも心配になるほど。( ´Д`)

2019-07-07_DSC05545.jpg
ブログをさぼるようになってからの、直近一ヶ月間の推移。

2019-07-07_DSC05543.jpg
ちょうど一年前、体重増加に悩んだあげくに真夏の自転車修行を敢行した時期には72~73kgだった。

2019-07-07_DSC05546.jpg
つまり一年前から体重が10kg、ウエストも10cm減少。88cmでギリギリだったサイズが今や78cmなのだ。
痩せるのが悲願だったとはいえ、コミットし過ぎではある。(;`ー´)

2019-07-07_DSC05547.jpg
こぶしが楽に入るどころか、縦に入れてもまだ余裕があるくらい。
この間、どれほどの努力をして来たかというとたしかに大量の汗を排出しながらの自転車修行は効果があったのは間違いない。
しかし、ブログのスランプと並行してこの一ヶ月間以上は自転車にも乗っていないのに体重減少が続いている。( ゚д゚ )
食生活も変わっていないのにである。
このまま行くと、まさかの60kg切りもあるかもと危惧さえしていたのだが、さすがに下げ止まった感じはある。
64~65kgが理想体重とされているので、食欲の抑制も撤廃してはいるが、今は少々余分に食べても 体重が増えなくなった。
以前は、少し余分に食事量が増えると直ちにリバウンドしていたのに、今はほとんど効果がないのが不思議。
節制を続けたせいか、もうドカ食いも出来ない体質になってしまっている。何とか体重を増やしたいという、生涯初の悩み・・・
関連記事

| NEXT≫