FC2ブログ

やはりすごかった、クロスバイクの実力 ( ゚∀゚)

2018-08-15_サイクルマップ0814
日常的なサイクリング行程は30km程度と決めているが、今回はもうちょっと延ばしてみようかと考え、ターゲットを「奈良公園」にした。
片道約18-19kmで、40kmになる。シティサイクルの50kmは無謀と分かったが、少なくとも1.5倍の能力があるはずのマシンではどうか。
この北向きのコースは、出発時から6km地点くらいまで20分間近くも4-8%の登り坂が延々と続く辛いコース。帰りも同じ。
これだけで出発前から気が重くなる。しかしシュギョーだから仕方ない。( ´Д`)

2018-08-14_DSC08586.jpg
その辛い区間を過ぎれば、その後はほぼ平坦路で気分良く走行が出来る。25km/hでケイデンス70-80くらいも無理なく維持が可能。
のんびりペースではないが特に急ぎもせず、目的地の奈良公園手前の「興福寺」向かいにある「大仏館」に到着。

2018-08-14_DSC08585.jpg
何と、タイムはジャスト60分だった。(;`ー´)
平均速度約19km/hだから特に悪くはないのだが・・・いや、良く考えると"METRO"では、24kmの距離に2時間かかっていたのに「極めて快調」と喜んでいたのだった。しかも"久宝寺コース"より格段に登板条件がハードな事を考慮すると二倍近いペースともいえる。
そして、到着した時の疲れ具合(体感)もほとんど変わらず余裕十分である。二週間も経ってないので体力向上効果はあまり関係ないだろう。

"シティサイクル"と"クロスバイク"の乗り物としての能力の差は想像以上だったわけです。( ´ー`)
関連記事

クロスバイクにした理由

スポーツ型シティサイクルからのステップアップに、ロードバイクではなくクロスバイクを選択した理由。

2018-08-13_Bike01.jpg
一ヶ月前までは、このように並べられてもハンドルの形状以外の相違点が理解出来なかった。今でも良く分かってないかも。( ´ー`)
※タイヤのサイズや形状は車種によって変わる

後日ふたたび迷いが生じた時のために一応まとめておこう。あくまで現時点での話だが、最大の理由が自分の心の中に

「ロードバイクへの憧れや強い関心」というものが存在しない

という事実。そして、実用品としてではない自転車の魅力に目覚めてまだ一ヶ月にしかならないし、たとえ半年後に乗り換えるような事があるとしても時間的にも経済的にも大して回り道をした事にはならないだろう。

  • 最優先の目的が「減量とエクササイズ」である
  • 片道最大50kmの範囲内でお気楽・気ままなライドを楽しみたい
  • 近所のちょっとした買い物ライドなど、日常生活でも活用したい
  • 駐輪の度に高価なロードバイク盗難の危険性に神経を使いたくないし、室内保管もしたくない
  • 初期投資が50,000円と安い(ロードバイクは15-20万円以上)
  • 出かける度に服装や装備に気を使いたくない
  • 走行環境をあまり気にしなくても良い
  • 近い将来ロードバイクへの乗り換えがあるとしても、クロスバイクは併用出来る

そして、ロードバイクの特長である以下の機能を望んでいない

  • スポーツマシンとしての性格
  • 高速性能、ヒルクライム力
  • 片道100km以上のロングツーリングやキャンプ
  • ライダー仲間とのツーリング
  • レースやロングライド大会等への出場
  • 高性能パーツへのこだわり
  • マシンの組み立てやカスタマイズの追求
  • 自分の限界への挑戦 (;`ー´)
関連記事

ケイデンス90の世界

今日は定期シュギョーの日なのだが、天気予報をチェックしたら何と「9時から15時まで雨」。( ≧Д≦)
最近はちょっと天気予報を信じるようになって来ていたので、シュギョーを断念して代わりにジムに出向いた。
何度か書いている、愛妻が通う近所のスポーツジムなのだが、実に半年ぶりくらいである。ジムなら天候に関係なくトレーニングが出来る。

2018-08-12_エアロバイク
お目当てはこのマシン。ジム内は撮影禁止なのでこれはイメージ画像。
たぶん誰でも目にしたことがあるはずの、"エアロバイク"とか"フィットネスバイク"と呼ばれるマシン。

少しはスポーツとしての自転車に理解が深まったので、以前とは別のアプローチでこいつを試してみようと思い立ったのだ。
耳学では、スポーツバイクの代名詞である"ロードバイク"の分野では ケイデンス90が当たり前 らしい。
これを基準として「低ケイデンス」とか「高ケイデンス」とか表現されているようだ。
自分としては、以前に書いたがジムに通っていた時には「ケイデンス60」で自己満足していた。それが余裕を残したマイペースなのは間違いないが、本日の目標と来たら、実に1.5倍 やんけ ! クロスバイクでもまだ巡航80も行ってないのに・・・(;`ー´)

自信らしきものが芽生えていたのを打ち砕かれたのは先日の記事で書いたばかりだが、サンクルコンピュータのおかげで定量的データも把握出来たはずなので、自分の体力が本当に"ロードバイク"を所有する資格があるのかどうか試してみたのだ。

ケイデンス90を維持して30分間連続走行出来るのか ?

・・・結果は、一応出来ました。ただし、かなりしんどかった。終わったらヘロヘロ。1時間なんてのは絶対ムリ。( ≧Д≦)
そもそも、専用サイクリングロード以外では交差点や信号などの障害があり、どうしたって10分間の連続走行さえほとんど不可能なのだ。
つまり、実走行程度の負荷のかかった状態での持久力テストという、経験した事のないハードなシュギョーになったわけ。
そんなわけで三度トライしてみた結果報告。

  1. 負荷110W / 30分 / 心拍数 125 - 130
    ※この後20分の休憩
  2. 負荷110W / 15分 / 心拍数 130-135
    ※この後10分の休憩
  3. 負荷 90W / 20分 / 心拍数 140- 145

やってみたら、このジムで経験した事のない "玉の汗"がダラダラと吹き出し続けた・・・ 。しかも空調の効いた室内での出来事。
以前に通っていた時にもこのバイクでそれなりに頑張っていたつもりだったが、しょせん"ケイデンス60"ペース。何時間やろうとも、まったく減量の効果がなく、"トレーニング"になどなっていなかった理由が分かった。(*´・ω・)

ひとつ覚えたのは、同じペダル負荷であっても"ケイデンス70"程度と"ケイデンス90-100"ではペダルの軽さがぜんぜん違うという事。もちろん高回転のほうがペダルが断然軽いというのも体感出来た。辛い坂道攻略やロングライドの答えもここにあるのだろう。
ケイデンスの重要性とはこの事を指しているのか・・・とはいえ、90回転なんて続けてたらやっぱり疲れるのには変わりない・・・
ひょっとして自分は健脚になってる ? という慢心は消えて、どうみたって"貧脚"なのだった・・・そんな甘くないよな。(*´・ω・)

でも、こんな記事も見つける事が出来て救われた思いではある。( ゚∀゚)

ケイデンス90の維持はロードバイクに乗り慣れた人でないと不可能な数字です。ロードバイク初心者がケイデンス90を維持しようとするのは現実的ではありません。
ロードバイクのベテランでも低ケイデンスが好みの人もいれば、100rpmを超える高ケイデンスで走る続ける人もいます。ケイデンス90はあくまでも理想といわれている数値であって、絶対的な数値でないことを知っておきましょう。
関連記事

ライドレポート その1

自転車では"ドライブレポート"ではなく"ライドレポート"の方がふさわしいだろう。とのあえずはそう表記する事にした。
※「気分次第でちょっとそこまで」というのは"ポタリング"と呼ばれているようだが

2018-08-11_activity0808.png
これは、ガーミン社のサイクルコンピューター用アプリである"Garmin Connect"のパソコン版の画面。
自転車にまじめに取り組むには"サイクルコンピューター"はやはり欠かせないという事実を痛感している。
現在利用しているのは素晴らしい有用な多機能の一部でしかないが、走行軌跡を記録しておいてGoogleマップに表示するなんて朝飯前で、同時に各種のデータも保存していくなんてのも当たり前のようだ。最重要の"心拍計"は前向きに検討中。( ´ー`)

2018-08-08_DSC08537.jpg
自転車としては20年ぶりの新車である"ESCAPE R3"。やっぱり新車は気分がいいし、もう二度とシティサイクルには戻れない。( ´ー`)
試乗のおかげで、クルマでは気付かなかった、地元に近い富雄川に一応ちゃんとしたサイクリングロードが整備されているのも発見出来た。
専用路とはいえ路面は特にきれいに整備されているわけではないのだが、乗り心地抜群の"R3"ならまったく苦にならない。
シュギョーについて当面は 週に三回、合計3時間、走行距離30km の"トリプルスリー"をノルマと決めた。
前任のシティサイクルでも無理なく達成出来ていたレベルなので、この程度のノルマは余裕のはず。
ただし、"合計3時間"には寄り道や休憩も含んでいるので平均巡航速度はかなり遅くなる。( ´ー`)
これに 巡航速度30km/h を加えたいところだが、今はムリ。しばらくシュギョーを積まないとしんどいので・・・(;`ー´)

2018-08-08_DSC08541.jpg
自慢の愚息が通う学校の正門にて。一年ちょっと前に合格発表を確認に来て静かな感動を覚えた場所である。自転車でカンタンに(といっても今は所要時間1時間くらいですが)来れるようになるとは当時は想像も出来なかった。( ´ー`)

2018-08-11_activity0808-2.png
初ライドはきっちりと"目標をコミット"出来た。最も欲しかったデータがきっちりとレポートになっている。
平均速度の16.8km/h(kph) というのは、走行環境からするとまぁまぁの出来ではないだろうかと自己満足している。
平均ケイデンスが低すぎるようだが、高性能バイクになったとはいえ例によって自宅近くの地獄坂での悪戦苦闘も含んでいるので・・・
最高速度の 42.8km/h は、安全確認出来たサイクリングロードでちょっと頑張ってみた記録。
これも、今はこんなもんでしょ。近い将来に慣れたからといっても実際 50km/h 以上も出す気はないし。
そんな事を望むんなら最初から"ロードバイク"に行ってるって。( ´ー`)
関連記事

初のスポーツバイクは"クロス" !! ( ゚∀゚)

2018-08-11_DSC04679.jpg
"クロス"と"ロード"で迷いはあったが、自分の利用シーンを熟考し、クロスバイクに決定した。

2018-08-11_DSC04676.jpg
クロスバイクの大定番らしい、ジャイアント社の"ESCAPE R3"。
先日ジャイアントストアに行ってみたら、2018年型のこのブルーの在庫が既にこれ一台のみという事だったので飛びついた。(;`ー´)

2018-08-11_DSC04682.jpg
ハンドルに載っているのは"METRO"から移設した"Gamin Edge130"。

2018-08-11_DSC04683.jpg
変速機はフロント3段、リア8段の24速。ブレーキは二流ブランドらしいが、性能は問題なし。

2018-08-11_DSC04684.jpg
この季節の必需品である、ペットボトル等を固定するボトルケージ。ネットの評判を見て一番人気のものを選択。近所の自転車ストアをのぞいてみたらネット通販よりはるかに安い1,130円だった。機能も優れていて素晴らしい。( ゚∀゚)

2018-08-11_DSC04686.jpg
「保冷18時間・保温10時間」というふれこみのサイクルボトルはアマゾンでゲット。

2018-08-11_DSC04688.jpg
新しい車庫には仲良く三台とも余裕で収まっているが、乗るのは一名のみ。どれを処分するかは家族会議中・・・( ;´・ω・`)
試乗レポートは次号にて。
関連記事

| NEXT≫